北欧周遊の日程・費用・旅行記まとめ

北欧周遊旅行計画

こんにちは!

2013年9月に北欧を周遊しました。
各都市での旅行記と費用、宿泊ホテル、周遊してみた感想を
まとめたいと思います。

とっても長い記事になってしまったので、目次をご活用頂けたらと思います。

スポンサードリンク

旅行概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行。
    平均年齢50歳につき、体力的に無理のないゆったりした日程。
  • 旅行時期は2013年8月末~9月初旬
  • フィンエアー利用(コペンハーゲンINヘルシンキOUT)

9泊11日でデンマーク⇒スウェーデン⇒フィンランドの順に訪問しました。
フィンランドからはエストニアのタリンにも日帰り。

私たちの北欧周遊ルート

北欧旅行計画

番号順に周りました。各所での日程は後述します。

日程と旅費のまとめ

予約時にかかった費用

航空券とホテルは約1か月前にエイチ・アイ・エスにて予約。

予約時の費用

  • 1人当たりの航空券代:約182,000円
    (母や叔母とは1日だけ別行動したので、母たちの旅費は約142,000円。
    私よりも4万円ほど安くなっています。)
  • 1人当たりの船移動客室代:約4,000円
    (夕食4,000円、朝食1,300円のオプション追加)
  • 1人当たりのホテル代3ヶ国合計:約31,000円

予約時点で22万かかってしまいました。
これに現地での移動や食事、観光などの料金が追加されていきます。

10日間どんな旅行をして、旅費はいくらかかったのでしょう?

訪れた場所と費用明細を公開します。

※費用は2013年旅行時の価格。お土産・買い物代は省いています。

1日目:日本⇒コペンハーゲン

  • 関空 ⇒ ヘルシンキ乗換え ⇒ コペンハーゲン
  • 着後、夜のチボリ公園へ
  • コペンハーゲン泊 夕食は日本から持参の食料
フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
コペンハーゲンの空港で荷物が届かないというトラブル発生!対応方法や反省点をまとめています。フィンエアー利用。
ライトアップがきれい!コペンハーゲンカードで夜のチボリ公園を散歩
ライトアップがきれい!コペンハーゲンカードで夜のチボリ公園を散歩
デンマーク・コペンハーゲンの駅前にあるチボリ公園に訪れました。到着した当日の夜だったので1時間だけの散歩ですが、イルミネーションや屋外劇を見たりしました。コペンハーゲンカードで入場。

この日の出費

  • コペンハーゲンカード購入:359DKK(約5,000円)
    ※翌日夕方まで有効

2日目:コペンハーゲン観光

コペンハーゲンの衛兵交替式

  • 朝トーヴァルセン広場の蚤の市
  • 午前コペンハーゲン観光
  • 午後フレデリクスボー城
  • コペンハーゲン泊 夕食は日本から持参の食料
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
デンマークのコペンハーゲン駅近くで開催されるトーヴァルセン広場の蚤の市を訪れました。オーデンセで偶然見かけたマーケットも紹介☆
ニューハウン・人魚姫・衛兵交替式!半日で周ったコペンハーゲン観光
ニューハウン・人魚姫・衛兵交替式!半日で周ったコペンハーゲン観光
デンマーク・コペンハーゲンを半日観光したルートを紹介。ニューハウン・人魚姫の像・デザインミュージアム・アメリエンボー宮殿の衛兵交替式など。24時間コペンハーゲンカードを使用しながら、基本は徒歩、途中船にも乗りました。
デンマーク人もイチ押し☆フレデリクスボー城の絶景ポイントとは?
デンマーク人もイチ押し☆フレデリクスボー城の絶景ポイントとは?
コペンハーゲンから電車で40分、フレデリクスボー城へ半日観光した時の話です。行き方やお城の内部、地元の親切なおじさんが教えてくれた写真スポットを紹介します。
コペンハーゲンカードって?お得?いくら節約できたか計算してみた
コペンハーゲンカードって?お得?いくら節約できたか計算してみた
コペンハーゲンカード利用で観光して、いくら節約できたか計算してみました。お得な交通チケットについても触れています。

この日の出費

  • 運河ツアー代:95DKK(約1,400円)
  • 昼食代:60DKK(約840円)

3日目:オーデンセ日帰り観光

オーデンセ町並み

  • 電車でオーデンセ(デンマーク)へ日帰り
  • コペンハーゲンでスモーブローの夕食
  • コペンハーゲン泊
コペンハーゲンからの日帰りに☆オーデンセはまさに童話の世界だった
コペンハーゲンからの日帰りに☆オーデンセはまさに童話の世界だった
コペンハーゲンから日帰りで訪れやすいオーデンセ。行き方と町並み写真を紹介します。アンデルセンの故郷として有名なこの町は、まさに童話の世界☆カラフルな家々が可愛いです!
コペンハーゲン駅近カフェでデンマーク名物スモーブローを食べてみた
コペンハーゲン駅近カフェでデンマーク名物スモーブローを食べてみた
コペンハーゲンでデンマークの名物料理・スモーブローを食べに行きました。感想と、お店の紹介も少し。
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
デンマークのコペンハーゲン駅近くで開催されるトーヴァルセン広場の蚤の市を訪れました。オーデンセで偶然見かけたマーケットも紹介☆

この日の出費

  • オーデンセへの往復電車代:648DKK(約9000円)
  • 夕食代:125DKK(約1,800円)

4日目:コペンハーゲン⇒ストックホルム観光

  • 飛行機でコペンハーゲン ⇒ ストックホルム
  • 夕方ガムラスタン観光
  • ストックホルム泊
コペンハーゲン~ストックホルムへ飛行機で移動した1日を記録します
コペンハーゲン~ストックホルムへ飛行機で移動した1日を記録します
コペンハーゲンからストックホルム市内まで移動したときの旅行記です。スカンジナビア航空利用。
ガムラスタンで訪れたスウェーデン料理レストランを紹介します
ガムラスタンで訪れたスウェーデン料理レストランを紹介します
ガムラスタンのレストラン「ジレット」で食べたスウェーデン料理の感想。サーモン・海鮮スープ・ミートボール。エステルマルム市場で食べたザリガニの話も。
『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
スウェーデンの首都ストックホルム【ガムラスタン】とゴットランド島【ヴィスビー】。ジブリ映画『魔女の宅急便』のような景色を探してカメラ散歩しました。
ストックホルムのホテル「テグネルルンデン」に宿泊した感想
ストックホルムのホテル「テグネルルンデン」に宿泊した感想
北欧周遊の際にストックホルムで2泊したホテル「テグネルルンデン」の感想。内装、朝ごはん、立地、駅からの移動について。

この日の出費

  • コペンハーゲン市内⇒空港 電車代:36DKK(約500円)
  • 空港⇒ストックホルム市内 バス代:110SEK(約1,400円)
  • 夕食代:215SEK(約3,000円)

5日目:ヴィスビー日帰り観光

魔女の宅急便の舞台・ヴィスビー

  • 私はゴットランド島のヴィスビーへ日帰り
  • 母・叔母はストックホルムで買い物
  • ストックホルム泊 夕食は日本から持参の食料
ストックホルムからゴットランド島ヴィスビーへ。飛行機での行き方は?
ストックホルムからゴットランド島ヴィスビーへ。飛行機での行き方は?
スウェーデン・ストックホルムの南東に浮かぶゴットランド島の町、ヴィスビーへ日帰りで訪れた移動方法。飛行機利用です。空港への行き方、市内への移動方法など。
美しい教会廃墟の島。スウェーデン・ゴットランドのヴィスビーを観光
美しい教会廃墟の島。スウェーデン・ゴットランドのヴィスビーを観光
スウェーデンのゴットランド島にあるヴィスビーを観光したときの旅行記。たくさんの廃墟をめぐったり、薔薇がキレイなフィスカ―グレンという路地を歩きました。
『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
スウェーデンの首都ストックホルム【ガムラスタン】とゴットランド島【ヴィスビー】。ジブリ映画『魔女の宅急便』のような景色を探してカメラ散歩しました。

この日の出費

  • ストックホルム中央⇔ブロンマ空港:155SEK(約1,900円)
  • ヴィスビー市内⇒空港(帰り)タクシー:137SEK(約1,700円)
    ※空港⇒市内(行き)は親切な地元人に送ってもらった
  • お茶代:61SEK(約750円)

6日目:ストックホルム観光⇒フェリー泊

  • 午前ストックホルム市庁舎
  • 夕方から船でヘルシンキへ移動
  • タリンクシリヤライン船中泊・食事あり
魔女の宅急便の景色みたい!ストックホルム市庁舎の塔に登ってみた
魔女の宅急便の景色みたい!ストックホルム市庁舎の塔に登ってみた
中央駅近く、ストックホルム市庁舎に行きました。高さ106mもの塔からは旧市街ガムラスタンや周りの島々が一望できました。
ストックホルム⇔ヘルシンキはタリンクシリヤラインで船移動がお得!
ストックホルム⇔ヘルシンキはタリンクシリヤラインで船移動がお得!
ストックホルムからヘルシンキの移動にタリンクシリヤラインを利用した時の旅日記です。おすすめポイントや予約方法、船内の様子など。

この日の出費

  • 塔の入場料:40SEK(約500円)
  • 24時間トラベルカード:120SEK(約1500円)
  • サラダ150SEKを3人でシェア:50SEK(約600円)

7日目:フェリー泊⇒ヘルシンキ観光

  • 朝ヘルシンキの港着
  • 午前ヒエタラハティのフリマ
  • 午後デザイン・ディストリクトとマリメッコ・ファクトリー
  • 夕方テンペリアウキオ教会
  • 夕方かもめ食堂
  • ヘルシンキ泊 夕食は日本から持参の食料
【ヘルシンキのトラム利用方法】観光にはデイチケットがお得!
【ヘルシンキのトラム利用方法】観光にはデイチケットがお得!
ヘルシンキ観光に乗り放題券・デイチケットを購入しました。デイチケットの買い方、利用方法やトラムの乗り方など。
ヘルシンキの監獄ホテル・カタヤノッカの宿泊感想。周辺観光情報も!
ヘルシンキの監獄ホテル・カタヤノッカの宿泊感想。周辺観光情報も!
ヘルシンキで監獄を改装したホテル・カタヤノッカに泊まりました。ホテル内の感想と近くのおすすめ観光スポット。
ヘルシンキのフリマ「ヒエタラハティ・マーケット」が楽しい!
ヘルシンキのフリマ「ヒエタラハティ・マーケット」が楽しい!
ヘルシンキのヒエタラハティで月~土に開催されているマーケットに行った時の感想ブログ。日本のフリマのような雰囲気でムーミンやマリメッコなどの掘り出し物が安く買えました。
ヘルシンキでサーモンクリームスープをお手頃に食べられるレストラン
ヘルシンキでサーモンクリームスープをお手頃に食べられるレストラン
大好きなフィンランド料理・サーモンクリームスープ。ヘルシンキのラヴィントラ・シ―ホースというレストランと市場で食べた感想です。
ヘルシンキのテキスタイル店へ。マリメッコファクトリーの行き方も☆
ヘルシンキのテキスタイル店へ。マリメッコファクトリーの行き方も☆
ヘルシンキのテキスタイルめぐり。デザインディストリクトにあるカウニステと、郊外にあるマリメッコ・アウトレットの感想。マリメッコファクトリーへの行き方も追加しました!
ヘルシンキのおすすめ観光スポット!岩の教会・テンペリアウキオ教会
ヘルシンキのおすすめ観光スポット!岩の教会・テンペリアウキオ教会
北欧旅フィンランド編。ヘルシンキ駅の北側にあるテンペリアウキオ教会(通称:岩の教会)に行きました。行き方や周辺観光情報も。
『かもめ食堂』をめぐるヘルシンキ旅行♪映画に出てきた6つのロケ地
『かもめ食堂』をめぐるヘルシンキ旅行♪映画に出てきた6つのロケ地
ヘルシンキで映画『かもめ食堂』のロケ地めぐり。かもめ食堂、カフェ・ウルスラ、アカデミア書店、ハカニエミマーケット、エテラ港、公共プールなど6カ所のロケ地を訪れました。

この日の出費

  • 昼食のスープ代:€9.5(約1,150円)
  • かもめ食堂でのお茶代:€5(約600円)
  • 市内交通デイチケット代:€9(約1,100円)

8日目:日帰りエストニア観光

  • 日帰りタリン(エストニア)
  • カフェ・ウルスラ
  • ヘルシンキ泊 夕食は日本から持参の食料
ヘルシンキに行くならエストニアのタリンも!おすすめする3つの理由
ヘルシンキに行くならエストニアのタリンも!おすすめする3つの理由
ヘルシンキからの日帰りにおすすめしたいエストニアのタリン。高速艇リンダ・ラインでの行き方と他のフェリーを紹介します。訪れたお店の感想と旧市街の町並み写真も。
『かもめ食堂』をめぐるヘルシンキ旅行♪映画に出てきた6つのロケ地
『かもめ食堂』をめぐるヘルシンキ旅行♪映画に出てきた6つのロケ地
ヘルシンキで映画『かもめ食堂』のロケ地めぐり。かもめ食堂、カフェ・ウルスラ、アカデミア書店、ハカニエミマーケット、エテラ港、公共プールなど6カ所のロケ地を訪れました。

この日の出費

  • タリンへの往復フェリー代:€62(約7,440円)
  • 教会搭の入場料:塔:€2(約250円)
  • 昼食代:€8.85(約1,100円)
  • お茶代:€3(約360円)
  • カフェでのビールとおつまみ代:€7(約840円)

9日目:日帰りタンペレ観光

  • 日帰りタンペレ
  • スーパーめぐり
  • カフェ・アアルト
  • ヘルシンキ泊 夕食は日本から持参の食料
ムーミン美術館以外はどこ行こう?ヘルシンキ~タンペレ日帰り旅行
ムーミン美術館以外はどこ行こう?ヘルシンキ~タンペレ日帰り旅行
ヘルシンキから電車でフィンランド第二の都市・タンペレへ。サルカニエミ・アドベンチャーパークの展望台、フィンレイソン地区のタリピハを訪れた旅行記です。

この日の出費

  • タンペレへの往復電車代:€73(約8,800円)
  • ムーミン谷博物館入館料:€8(約960円)
  • 展望台入場料:€10(約1,200円)
  • タリピハカフェでのお茶代:€5(約600円)
  • 市内交通デイチケット代:€9(約1,080円)※翌日AMも有効
  • カフェ・アアルトでのお茶代:€10(約1,200円)

10日目+11日目:ヘルシンキ観光⇒日本

  • ヒエタラハティマーケット
  • ハカニエミマーケット
  • スーパーでお土産
  • 午後ヘルシンキ発⇒関空へ翌朝着
ヘルシンキのフリマ「ヒエタラハティ・マーケット」が楽しい!
ヘルシンキのフリマ「ヒエタラハティ・マーケット」が楽しい!
ヘルシンキのヒエタラハティで月~土に開催されているマーケットに行った時の感想ブログ。日本のフリマのような雰囲気でムーミンやマリメッコなどの掘り出し物が安く買えました。
ヘルシンキ駅近スーパーで買える!フィンランド美味しいお土産10選
ヘルシンキ駅近スーパーで買える!フィンランド美味しいお土産10選
ヘルシンキのスーパーはムーミンなどパッケージの可愛いもの、チョコやコーヒーなど美味しい物がいっぱい。おすすめをご紹介します♪
ヘルシンキの駅近スーパーで買える!お土産にぴったりな日用品3選
ヘルシンキの駅近スーパーで買える!お土産にぴったりな日用品3選
ヘルシンキのスーパーはムーミンやマリメッコなどパッケージの可愛いものがいっぱい。買った日用品をご紹介します♪
ヨーロッパ旅行が近くに感じる!フィンエアー5つのおすすめポイント
ヨーロッパ旅行が近くに感じる!フィンエアー5つのおすすめポイント
私が旅行でよく利用しているフィンエアー。おすすめの理由を書きました。市内からの移動や空港、機内食の写真も。
この日の出費ヘルシンキ市内⇒空港 バス代:€6.2(約750円)

9泊11日の北欧周遊でかかった総額:約284,800円

以上、買い物代をのぞいた旅費合計は約284,800円でした!

外食を控え、ホテルは駅から離れたところを選んで安く抑えようと頑張りましたが、
私の中では新婚旅行(アイスランド)に次ぐ高額旅です。

北欧周遊するには、
ある程度お金はかかってしまうということですね・・

何をするにもとにかく高い ‼

ちなみに一緒に旅行した母と叔母は
スウェーデンでヴィスビーに訪れてないので、総額約24万円でした。

ヴィスビーに飛行機で行かなければ
旅費抑えられたんじゃ…?

って言われそうですが、
ジブリと廃墟が好きな私にとってヴィスビーはどうしても外せない町だったんです(笑)

教会廃墟も有名!『魔女の宅急便』モデルの町ヴィスビー

サンタ・カーリン教会

宿泊ホテル

今回宿泊したホテルをご紹介します。
外食回数を減らすため、全て朝食付きにしました。

コペンハーゲン:ファースト ホテル G & スイーツ

ファースト ホテル G & スイーツ

First Hotel G & Suites Copenhagen

駅から歩いて10分ぐらい。アパートのような1LDKの広い内装。
調べたところ現在は別のホテルに変わっているようです…。

ストックホルム:ホテル テグネルルンデン

テグネルルンデン

Hotel Tegnerlunden(Tegnérlunden 8, 113 59 Stockholm)

中央駅から徒歩約15分と少し距離ありますが、
住宅街の公園前に位置する可愛い雰囲気のホテルです。

 私が宿泊した感想はこちら

 Booking.comで料金チェック

ヘルシンキ:ホテル カタヤノッカ

Hotel Katajanokka(Merikasarminkatu 1, 00160 Helsinki)

監獄を改装したユニークなホテル。
中央駅からは遠いですがホテル前からトラムが出ています。

 私が宿泊した感想はこちら

 Booking.comで料金チェック

北欧3カ国共通で良かった点

北欧を旅行してみて私なりに感じた
「良かった点」「困った点」を記録したい思います。

まずは良かった点です。

チップの習慣なし

料金にサービス料が含まれています。

チップは何か特別なことを頼んだ時のみで良いので
通常気にする必要がありません☆

カード社会

コンビニやバスなど、少額でも嫌な顔されず使用できました。
フリマではさすがに無理でしたが、
屋内の常設マーケットでは利用可能でした。

もし旅行用にカードを作る予定でしたら
費用かからず海外旅行保険も付いてくるエポスカードがおすすめ

ネット環境問題なし

2013年当時でも殆どのホテルやフェリー内でWi-Fiが使えました。

英語が通じる

北欧の国にはそれぞれ母国語がありますが、多くの人は英語も話せます。
きれいな英語で話してくれるので聞き取りやすかったです。
※稀に年配の方には通じないことがありました。

治安が良い

「世界の治安ランキング」などを見ると
日本よりも上位に入っている北欧諸国。

もちろん夜中の一人歩きとか最低限の注意はするけど、
他の海外に比べて安心感がありました。

余裕があっておだやかな人が多いです。
人々に対して感じた印象は、長くなるのでラストで☆

北欧3カ国共通で困った点

夏のみの営業が多い!

冬が長くて厳しい北欧。

ガイドブックを見ると驚くのですが、
「夏季のみの営業」とされている観光スポットが本当に多いです。
遊園地も 市場も 教会も 、
冬季クローズという文字をよく見かけました。

しかも「夏季」の感覚が日本より短く、
6月中旬~8月中旬のみのオープンなんて事もあるので
営業日・運行日は要注意!

私たちが訪れた9月初旬でも
既に営業期間外のスポットがいくつかありました。

わたし
9月はムーミンワールドやってないの!?
叔母
そうそう、9月から翌年6月までムーミン達が冬眠するから営業できないらしいよ

冬眠‥ながくない?

ということで、
オーロラや雪景色など冬しか体験できない目的がある場合を除いては、

北欧旅行は夏場を強くおすすめします!!

旅行費用は高くなってしまうけど、
そのぶん白夜なので遅くまで景色を楽しめるし

日本の夏よりずっと涼しくて快適なのも嬉しいところ。

9月初旬なら夜の21時頃まで明るいです。

公衆トイレ問題

他のヨーロッパでも言えることですが、公衆トイレが有料でした。
多くのトイレは硬貨を入れてドアを開ける仕組みになっています。
しかも€1~2となかなか高い。トイレ借りるのに200円って・・

かなり脱線しますが、ここで北欧の公衆トイレの思い出話をさせてください!

スウェーデン・ヴィスビーの公衆トイレに行ったときのこと。

ヴィスビーの公衆トイレ

‼‼

わたし
男女マークがない…

 の表示がなくて、ドアに書かれているのはスウェーデン語らしき言語のみ。

TOALETTが「トイレ」なのは分かるけど、
問題は HERRDAM

どっちが女子トイレか全く分かりません(笑)

調べる余裕ないぐらい急いでたけど、
10秒ほど考えてひらめきました。

わたし
あ!HERRって英語の Her に似てる!

てことは左のHERRTOALETTが女子トイレなはず…!

ばんっ!!!

勢いよく開けたら男子トイレでした。

誰も入ってなかったのが救いでした、ほんとに。

女性がDAM、男性がHERR。忘れられない単語です。
スウェーデンに行かれる方は覚えていて損ないかもしれません(笑)

全くもって関係ない話題失礼しました ^^;

やっぱり物価は高かった!

費用の欄でも散々嘆きましたが、
やっぱり物価の高さに悩まされました。

・デンマーク

通貨はデンマーク・クローネ。
1DKK=約14~15円(2017年7月時)

小銭のハート柄が可愛いですが
物のお値段は可愛くないです。

ホテルや食費、移動代がいちいち高額…!
税も驚愕の25%…(一定金額で払い戻しされるお店もあり)

スーパーに行ってもペットボトルや食品などの相場が、
日本の2~3倍ぐらいの感覚です。

救いだったのが、空港~市内が近かったこと。
電車で約15分、運賃も36DKK(約500円)なのは助かりました。

・スウェーデン

通貨はクローナ。
1SEK=約13円(2017年7月時)
スウェーデンも税は25%…

地下鉄初乗り400円にびっくり。
2駅、3駅なら「頑張って歩こうか」と思ってしまいます。

レストランの食事も1品2000円越えは当たり前。

街なかで気になったお饅頭サイズのお菓子が1個約600円。

グレッドブッレ
スウェーデン菓子グレッドブッレ。美味しかったけど高すぎて3人で1個に控えました。

ただストックホルムの場合、都会なのでチェーンのお店が結構あります。

2016年に訪れた時は
マクドナルドの大きめハンバーガーセットが約700円で食べられました。

食費を浮かせるには利用するのも手かもしれません。

また、これはスウェーデンに限りませんが
地方に行くと少し物価が下がります。

ヴィスビーではスーパーの商品やカフェでのお茶代が
ストックホルムの相場よりも安めでした。

ヴィスビーのカフェ

ケーキとハーブティーセット61SEK(約750円)

これなら日本と比べてもそこまで高くはないですよね・・?
食費はお店の選び方しだいで抑えられる国かなと思いました!

・フィンランド

通貨はユーロ。
1€=約120~130円(2017年7月時)

税は23%(食料品は13%)

ちなみにヘルシンキから日帰りで行けるエストニアも
ユーロが通貨です。

食費、交通費など日本の1.5培ぐらいの感覚でした。

もちろんお高いのですが、
コペンハーゲンとストックホルムを旅行した後だと
不思議とほっとしました。

まだ、手が出ない値段ではないので…。

日本でも見かけるマリメッコやイッタラが
日本より安く買える点も良かったです。
買い物を楽しむことが出来ました!

北欧の中でも
アイスランド>ノルウェー>デンマーク>スウェーデン>フィンランドの順で
物価が高いって聞いたことがあります。

ノルウェーは行ったことがないから分からないけど、
それ以外は実際に旅行して納得です!

まとめ

今回訪れた北欧の国に共通して言えるのは

治安の良さとゆったりした空気感、そして穏やかな人が多いこと。

自然も町並みもキレイで都会すぎず、
それでいて不便を感じることはありませんでした。

観光客目線では物価の高さに悩まされるけど、
住んでいる人の福祉などが豊かな証拠なんだと思います。

治安ランキングや幸福度ランキングでも常に上位を占める北欧。
心に余裕があり他人にも優しいように感じました。

みんなドアは次の人が通るまでずっと押さえて待ってるし、

例えば満席のトラムに1人のおばあちゃんが乗ってくると、
乗客が一斉に立ち上がって席の譲り合い開始!

フィンランドでダチョウ倶楽部みたいな「どうぞどうぞ」が見れました

おばあちゃんが降りる時も、
手助けしようと何人もの乗客がついてあげていました。

以前テレビ番組で「北欧は個人主義の人が多い」って見たことがあります。
道端で物を落とした人がいても誰も拾ってくれないとか。

でも実際訪れてみると、
全然そんなことなかったです!

確かに相手から声をかけて来ることは少ないけど、
こちらから何かを聞いたりすると
私たちが理解するまで丁寧にしゃべってくれます。

ホテルの共用サウナに行くと、たまたま一緒になったOLさんが
「サウナはじめて?」って言って
入り方を教えてくれて、入ってる間もずっと世間話してくれました。

出会う人みんなが優しくて、人に恵まれた旅行でした。

「お金がかかっても、
安心してゆっくり快適に旅行できる場所に行きたい。」

そんな方に北欧はおすすめです!

この旅行は個人旅行ですが、似た行先のパッケージツアーもあります。

おすすめのタリンクシリヤライン利用なので
北欧や船移動に興味のある方は、ぜひ。