コペンハーゲンからの日帰りに☆オーデンセはまさに童話の世界だった

オーデンセ散歩

こんにちは!

北欧旅行の3日目はコペンハーゲンから日帰りで
デンマーク第3の都市、オーデンセに訪れました。

この旅行の全体概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行。
    平均年齢50歳につき、体力的に無理のないゆったりした日程。
  • 旅行時期は2013年8月末~9月初旬
  • 9泊11日でデンマーク・スウェーデン・フィンランドを訪問。
    フィンランドからはエストニアのタリンにも日帰り。
  • フィンエアー利用(コペンハーゲンINヘルシンキOUT)

全体の日程や費用はこちら

童話作家・アンデルセンの故郷という予備知識しかないまま訪れましたが
期待以上に素敵な町!

どこを切り取っても絵になる、まさにおとぎの国のような場所でした☆

スポンサードリンク

まずはオーデンセの町並みをご紹介

とにかくカラフルな家々!

オーデンセ町並み

町の中心に着くなり3人とも

可愛い~~!!

の連続でした。

オーデンセ町並み

カラフルでいびつで、童話のような家々。
オーデンセでは建物の高さが条例で決められているそうで、
この背の低さとゆがみが「童話らしさ」を手助けしています☆

オーデンセの町並み

デンマーク・オーデンセの町で見かけた猫

ふと見ると、ショーウィンドウで猫がお昼寝。
通りがかる人がみんな笑顔で覗いてました☆

オーデンセ町並み

道行くおじさんまでもがカラフル!!

オーデンセの町並み

オーデンセの町並み

町中がアンデルセンだらけ

童話作家アンデルセンの故郷、オーデンセ。
登場人物の像が町中にあります。

デンマーク・オーデンセ『おやゆび姫』像オーデンセのすずの兵隊さん像 オーデンセのアンデルセン像

おやゆび姫に、すずの兵隊さん。
アンデルセンの像もいっぱい。

オーデンセの信号機はアンデルセンのシルエット!

なんと信号機までアンデルセン!

このかんじ、日本でいうところの水木ロードですね。
境港のメルヘンバージョン!(なんでも西日本で例える癖。)

7月~8月上旬には
アンデルセン童話の登場人物によるパレードも行われるそうです。

アンデルセンの博物館とか幼少期の家など観光スポットもたくさんあるのですが、
登場人物を探したり街並み見ながら散歩するだけでも楽しかったです。

小さい頃にたくさん読んだアンデルセン童話。
旅行前に読み直しておけば良かったなぁ。

オーデンセ市庁舎横に建つ聖クヌート教会

アンデルセンが洗礼を受けたという聖クヌート教会。

アンデルセン公園

町の南に広がるアンデルセン公園。
ここを流れる川ではアンデルセンの母親が洗濯ものをしていたそう。

夏の土曜日ならマーケットに出会える可能性も…?

この日はちょうどファーマーズマーケットと蚤の市が開催されていたので
人通りが多く、楽しさも倍増でした♪

オーデンセでファーマーズマーケットが開催されてました

オーデンセ市庁舎前の蚤の市

マーケットの話はコペンハーゲンとまとめて別記事にしますが、
夏場の土曜に不定期で開催されているようです☆

コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
デンマークのコペンハーゲン駅近くで開催されるトーヴァルセン広場の蚤の市を訪れました。オーデンセで偶然見かけたマーケットも紹介☆

コペンハーゲンからの行き方

そんなオーデンセにはコペンハーゲンから電車で行けます。

デンマーク国鉄DSB・コペンハーゲン中央駅

デンマークの電車は主に国鉄DSBが運営☆

都市間への移動は、ほとんど国鉄が網羅しています。

色んな鉄道会社が入り組んでいると外国人にとっては難しいので、
一社のみなのはシンプルで分かりやすいですね。

切符はコペンハーゲン中央駅構内のチケット売り場で当日購入しました。

銀行みたいに番号札を取って、自分の番号が表示されるのを待ちます。
北欧のチケット売り場はこの形式が多い気がします。

混んでて10分以上待ったので
予定が決まっている場合は事前にチケット予約をおすすめします。

デンマーク国鉄からの予約はこちら

日本語対応の予約サイトはこちら

コペンハーゲン中央:København H ⇔ オーデンセ:Odense St.

ひとり往復648DKK (約9000円/2013年9月当時)。

わたし

覚悟はしてたけど、やっぱり高い・・・!

コペンハーゲン中央駅

ICという特急列車の2等車でしたが、土曜の昼間でも混雑なくて快適☆
所要1時間20分ほどでオーデンセ駅に到着。

途中見える海にはしゃいでたらあっという間でした。

オーデンセの見どころは駅の南側に広がっていて、
駅前のKongens haveという広い公園を抜けると中心街に出ます。

11時ごろに到着して、帰りは17時頃オーデンセ発の電車。

5時間ちょっとの滞在でしたが、
中心地はじゅうぶん周り切れるコンパクトな街でした。

まとめ

以上、
観光地よりも街並み写真ばかりになってしまいましたが
オーデンセの紹介でした!

個人的に街並み可愛くてもひと気のない町は
あまり印象に残らないのですが、

オーデンセには大きな公園や教会もあって
地元の人たちの生活感というか賑わいが感じられました。

季節が良かったのと市場が開催されていた影響もあるのだろうけど。。

かわいい建物やカメラ散歩が好きな方にはオススメの町です!

オーデンセの朝市