ヘルシンキ駅近スーパーで買える!フィンランド美味しいお土産10選

ヘルシンキのスーパー




物価が高い北欧での強い味方、スーパーマーケット。

地元民気分で買い物できるスーパーは海外旅行の楽しみのひとつです☆

ボリュームあるディスプレーや その国らしい食材。
店内を歩いているだけでも あっと言う間に時間が過ぎちゃいますよね。

特にフィンランドのスーパーは

  • パッケージデザインが可愛い
  • 他の北欧諸国に比べると手が届く価格設定
  • ベリー、きのこ、サーモンなどヘルシーな食材が充実
  • お菓子が甘すぎず食べやすい

という点でとってもオススメです。

ムーミンパッケージのお菓子もいっぱい!

ヘルシンキのスーパー

今回は私がヘルシンキで毎回訪れるスーパーと、
そこで買ったおみやげの中で特に美味しかったものをご紹介します。

スポンサードリンク

ヘルシンキの大きなスーパー

フィンランドの2大有名チェーン、Sマーケットと Kマーケット

観光客も利用しやすい駅近店舗が下記です。

中央駅そばのSマーケット

S-market  Sokos Helsinki

中央駅前、Sokosデパートの地下にあります。
なんと24時間営業!

広い売り場のKスーパーマーケット

K-super market  kammpi

中央駅前にも店舗ありますが
広くて品数豊富なのはカンッピショッピングセンター店。
こちらも中央駅から歩いて5分ほどで行けます。
営業時間は7:00~22:00(日曜は10:00~22:00)

空港から行けるハイパーマーケット

さらに広さや品数を求めるなら、
郊外にはスーパーマーケットより大きいハイパーマーケットなる存在も!

ヘルシンキ・ヴァンター空港からバスで10分ほどで行ける
jumboショッピングセンター内には、Kマーケットの巨大店舗が入っています。

Jumboに訪れた詳細

サウナもスーパーも☆ヘルシンキ乗り継ぎ時間はユンボに行ってみて♪
サウナもスーパーも☆ヘルシンキ乗り継ぎ時間はユンボに行ってみて♪
ヘルシンキ・ヴァンター空港近くにあるショッピングセンターJumboユンボに行った時の話です。フィンランドブランドのお店やスーパーで買い物が出来て、プールやサウナもあるのでフィンエアー利用の乗り換え時間におすすめ!

ヘルシンキでの乗り換えに時間がある時や、
空港近くのホテルに宿泊する時にぴったりです

おすすめの10商品を公開

それでは私が買ったお土産の中から、おすすめ食品10選をご紹介します!

おすすめの日用品はこちらの記事をどうぞ

ヘルシンキの駅近スーパーで買える!お土産にぴったりな日用品3選
ヘルシンキの駅近スーパーで買える!お土産にぴったりな日用品3選
ヘルシンキのスーパーはムーミンやマリメッコなどパッケージの可愛いものがいっぱい。買った日用品をご紹介します♪

ファッツェル Fazer 社のお菓子

10選のうち6選は
青いロゴが目印のお菓子メーカー、ファッツェル社からです。

決して10選ピックアップが面倒になったわけではなく、
このメーカーの商品は本当にどれも美味しいのです♪

チョコレート、ビスケット、グミ、飴、アイスやパンなど、とにかく幅広く展開。

わたし
フィンランドのお菓子って、全部この企業の商品なのでは?

と、疑いたくなるぐらい見かけます 

特にチョコレートはお土産にすごく喜ばれました。
海外のチョコは甘すぎて苦手って言っていた同僚が
これを一口食べて撤回したほど。

まろやかで、程よい甘さは日本人好みだと思います。

ゲイシャチョコ

フィンランド航空 FINN AIR では
よく機内食に添えられてFazer のチョコレートが出てきます。

私は初めてフィンランドを訪れたとき機内で頂いて、
想像以上の美味しさにびっくり。
フィンランドに上陸する前におみやげが決定しました(笑)

①カール・ファッツェル チョコ

創業者の名前がつけられた定番のミルクチョコレート。
ミルクたっぷりでまろやかな甘さ!

②ゲイシャ チョコ

日本的名前とピンクのパッケージ。
「桜味とかかな?」と思いきや
普通にヘーゼルナッツチョコでした。
①のKarl Fazerよりも甘さ控え目です。

ファッツェル

ちょっと余談ですがヘルシンキ市内にはFazerのカフェがあり、
お土産らしい綺麗な包装のチョコレートが売られています。

ファッツェルファッツェル

量り売りもあるので
ここで色んな種類を少しずつ買ってみて、
気に入った味を箱買いするのも良いかもしれません☆

ファッツェル

Fazerのチョコを使ったケーキも食べられますよ~~

  • Karl Fazer Café DATA
  • Kluuvikatu 3, 00100 Helsinki
  • 月~金曜日 7:30~22:00
    土曜日 9:00~22:00
    日曜日 10:00~18:00
  • 公式サイトはこちら
③マリアンネ ミントチョコキャンディ

スーパーの話に戻って、引き続きファッツェルのおすすめ品です!

爽やかなミントキャンディの中に濃厚なチョコレートという
珍しい組み合わせがクセになります。
キャンディらしい斜めボーダーの包み紙にキュンとします♪

④ムーミンビスケット

ムーミンパッケージのビスケット。
ひとつずつムーミンキャラクターの形になっています☆
あまり甘くない、素朴な味でした。

缶に入ったタイプがお土産らしくて可愛いですね。
自分がもらったら、きっと捨てられないです 

⑤キシリトールタブレット
  • フィンランド発祥であるキシリトール配合。
  • パッケージはフィンランドと言えばの ムーミン。 というかミィ。
  • 味はこれまたフィンランドと言えばの ブルーベリー。

フィンランド名物を凝縮したようなお土産です。

番外:リコリス菓子

日本へのお土産はFazer商品を選べばハズレなしと思ってたのですが、
コイツだけは苦手な方が多いので要注意です‼

可愛いムーミン柄に惹かれてパッケージ買いしたお菓子の正体は、

リコリス でした…

リコリス菓子(リコリスかし、licorice candy)とはスペインカンゾウ(リコリス、甘草の一種)の根およびアニスオイルで味付けされた菓子である。日本語では、英語名のリコリスまたはリコリッシュ、スウェーデン語 (lakrits) やデンマーク語 (lakrids) などからラクリッツとも呼ばれる。

出典 Wikipedia

見た目からして手強そうなこの食べ物。

例えるならタイヤのような味と食感です。 (好きな方すみません!)

世界一まずい飴として有名なサルミアッキ
リコリスとアンモニウムを混ぜて作られています。

わたし個人的には苦手なリコリスですが、
北欧ではとにかく大人気!

かなりの割合でスーパーの売り場を占めているうえに
パッケージデザインがめちゃくちゃお洒落。

ついカゴに入れそうになってしまうんですよね。

わたし
お土産にする場合はネタとして渡せる間柄じゃないと気まずい事になります!
いえ、なりました…!

(実体験による)

ロバーツコーヒー Robert’s Coffee

続いてのおすすめは、コーヒーです。

フィンランドは 1人あたりのコーヒー消費量が、なんと世界一位

世界トップだけあって
スーパーのコーヒー売り場も充実しています。

ムーミンのパッケージが目を引くRobert’s Coffeeは
フィンランド国内外に店舗を構えるコーヒー店の商品。

ヘルシンキ市内では、スタバよりも Robert’s Coffee をよく見かけました。

⑥おなかコーヒー

コーヒーの実を特許焙煎した「おなかコーヒー」。
たくさん飲めるように苦味、酸味を抑えて
胃に負担をかけにくくしています☆

他にフレーバーコーヒーの種類も多いです。
チョコ、バニラ、ブルーベリー、オレンジ味など様々!

その中でも珍しくて、個人的にすごく好きだったのはコチラです。

⑦チョコミントコーヒー

爽やかなグリーンのパッケージが目印のフレーバーコーヒー。

まるでチョコミントアイス食べながらコーヒーを飲んでるかの様に、
ミントの香りが口いっぱいに広がります。

コーヒー後なのに口の中がすっきり爽快!!
アイスコーヒーにして飲んでも美味しかったです。

もしチョコミントアイスが好きな方ならお好きなはず。
おすすめです。

※現在フィンランドで販売されてるものは
パッケージが変更になってる場合があります。

ロバーツコーヒーは嬉しいことに日本にも店舗があります。

店舗情報はこちら

福岡はムーミンカフェがいち早くにオープンしていたし、
夏季限定ですがフィンエアーが就航されるようになったし、

フィンランド好きには注目の街ですね♪

フィンランドのお酒

寒い国はお酒もさぞ豊富だろうと思っていたのですが、
現地に行ってみると意外な事実が分かりました!

フィンランドにはお酒販売に関する厳しい法律があり、
スーパーで販売されるのはアルコール度数4.7%未満のもの。

しかも朝9:00から夜21:00までの販売と決まっています。

この時間外はお酒コーナーだけシャッターが閉まって買えなくなるのです…!

時間内に買う場合も身分証の提示を求められる事があるので、
パスポートは携帯しておくほうが良いです。

「では市内で強いお酒は買えないのか?」
というと、
お酒販売許可を受けたAlkoという酒屋さんなら購入できます。

Sマーケットが入っている駅前のSokosデパート内に店舗がありました☆

ただ、こちらもお店自体が早い時間に閉まるので
市内でお酒を買う予定の方は要注意です!

Alkoの店舗情報はこちら

(メニューボタンから英語表示に変更可)

⑧フィンビール

そんな厳しいお酒事情のフィンランドですが
ビールなら比較的度数が低いため、スーパーでもたくさん売られています。
缶ビール€1~1.5ほどと価格もお手頃☆

フィンランドのビールはあっさりとしていて苦味が少ないものが多い印象でした。

画像はKARHU(カルフ)というフィンランドNo1ブランドのラガービールです。
2017年から日本でも手に入るようになりました♪

⑨ロングドリンク(通称:ロンケロ)

水色×白のストライプ柄が可愛い
ジンをグレープフルーツソーダで割ったカクテルです。

いろんな度数と味のバリエーションが発売されていますが、
スーパーで扱われているのは法律上4.7%のものに限ります。

リンクは5.5%なのでヘルシンキのスーパーでは売られてません

ロンケロはお酒好きの女友達へお土産として渡したところ、
大好評でした!

フルーティで飲みやすく、それでいて甘すぎず。
しっかりとお酒の味もします。

かつては禁酒令まで定められていたフィンランド。
オリンピック開催時に外国人観光客のため
特別に製造されたロンケロは、今も国内外で大人気なんだそうです。

ベリー製品

フィンランドの名産といえば、森の恵み・ベリー。

私はヘルシンキの市場で食べたブルーベリーの美味しさがいまだに忘れられません。

生のブルーベリーを日本へ持って帰るのはNGだけど、
ドライフルーツやジャムなど加工品なら 日本にも持ち帰れます☆

ちょっと重たいけどブルーベリージュースなんかも美味しいですよ。

⑩ベリーミックス

ビルベリーや黒フサスグリのドライベリー。
ヨーグルトやシリアルと混ぜても合います。

まとめ

以上、ヘルシンキのスーパーで買ったおすすめ食品でした

フィンランドのスーパーでは他にも
きのこスープの素やフレーバーティーなど
美味しいものがたくさん売られています。

なんとなく気になったものを買い物しても
美味しい物に出会えるはずなので、お土産調達に利用してみてはいかがでしょう♪

その際は、リコリス licorice lakrits の文字にだけはご注意を(笑)

今回ご紹介した商品をはじめ、フィンランドの食品は
どんどん日本でもネット販売されるようになってきています。

値段は割高ですが、
フィンランド行く予定がない方や現地で食べた味が懐かしい方は
チェックしてみてくださいね ✨

まだまだ買い物が続きますが、日用品編は次回に。