河川越しの町並みが素敵!ポルトガルの大学都市コインブラって?

コインブラの行き方
スポンサードリンク

ポルトガル第3の都市・コインブラ

こんにちは!

今回から再びポルトガル旅行記に戻ります。

私たちのポルトガル旅行概要

  • 旅行時期は2014年8月初旬。価格情報は当時のものです。
  • 夫(当時は彼)とのカップル旅
  • エクスペディアで航空券+ホテルを予約(約16万円)
  • フィンエアー利用でヘルシンキ乗換え
  • リスボンのホテルに6連泊

ポルトガルには、リスボンやポルト以外にも
魅力的な町がたくさんあります。

私達のベスト・オブ・ポルトガル☆漁師町ナザレ

リスボン~ナザレ日帰り観光!無一文になったけど町は素晴らしかった
リスボン~ナザレ日帰り観光!無一文になったけど町は素晴らしかった
ポルトガル中部の港町、ナザレへ日帰り観光。絶景や住人の伝統衣装が楽しめる素敵な町でした。行き方や市場・観光で撮った写真、食べた料理も。

夏場におすすめ!傘祭りの開催地アゲダ

ポルトガル・アゲダの傘祭り☆アンブレラスカイプロジェクトが可愛い
ポルトガル・アゲダの傘祭り☆アンブレラスカイプロジェクトが可愛い
ポルトガル中部の小さな町アゲダで毎年夏に開催される傘祭りAgueda umbrella sky projectに行ってきました!アゲダにはリスボンから日帰りで。行き方や写真を紹介します。

今回は、アゲダの帰りに寄り道したコインブラ
とても綺麗な町だったので紹介したいと思います。

コインブラって?

コインブラはポルトガル第3の都市。
名門コインブラ大学を中心に発展した町です。

今回も横顔みたいな地図で位置確認!

アゲダの記事の時に「アゲダの位置は目のあたり」って書いたけど、
コインブラの方がピンポイントに目の位置ですね。

電車での行き方

リスボンからはサンタ・アポローニャ駅 Lisboa – Santa Apoloniaや
オリエンテ駅 Lisboa – Orienteから列車が出ていて、
所要約2時間~2時間半

高速列車 AP-Alfa Pendularまたは急行列車 IC-Inter Cityが便利です。

ポルトガル鉄道CPの公式サイトから英語で時刻表検索・予約ができます。

日本語での予約は下記のサイトで可能☆

駅を入力する際の注意点ですが、
APやIC利用の場合、電車はコインブラB駅に着きます。

町の中心はコインブラ駅なのでB駅から5分ほど電車を乗り継ぐ必要があります。

大阪で例えると、

  • コインブラが大阪駅(街の中心地・新幹線は乗り入れてない)
  • コインブラBが新大阪(中心地から少し離れている・新幹線駅)

というイメージかと!

私たちはアゲダからアヴェイロ経由の普通列車で訪れたので、
B駅での乗り換えはなくコインブラ駅に到着しました。

帰りはコインブラ駅から乗車してB駅で乗り換えてリスボンへ。

コインブラ駅ーコインブラB駅間の運賃は無料でしたが
B駅での接続が悪かったので、
あらかじめ時刻表をチェックしておくと効率良いです。

高速バスでも行けます

もっとお得に行くにはバスもあります!
所要時間はほぼ変わらないのに、運賃は電車より安いです。

高速バスREDE EXPRESSの時刻表検索

リスボンのセッテ・リオスターミナルから出てます。

都会すぎず田舎すぎず居心地よい町の雰囲気!

コインブラの第一印象は、爽やかな地方都市

駅近くのポルタジェン広場 Largo da Portagem。

駅から出ると程なく川沿いでくつろぐ人たちが見えて、のんびりした雰囲気。

でもメイン通りに入るとお店や出店がずらっと並んでいて、賑わいも感じられます。

私は都会すぎず田舎すぎない町が好きなので、
コインブラの雰囲気はとても居心地良かったです。

人の生活が感じられて、ふらっと歩きやすい雰囲気☆

モンデゴ川越しの町並み

川の対岸からの町並みを見るために、
写真右端に見えるサンタ・クララ Ponte de Sta.Clara橋を渡ってみます!

橋から見るモンデゴ川 Rio Moundego

コインブラの丘は、
大学のまわりに建物が折り重なるように並んでいます。

川の対岸からは、その全景を眺めることが出来ました☆

わたし
すごい!!
魔女の宅急便の町みたい!!

…前にスウェーデンがモデル地だって
言ってなかったっけ?ココ

町並みに感動すると、
ついジブリで例えてしまいます

アズレージョがキレイな修道院

全景を目に焼き付けたあとは、実際に町を歩いてみることにしました。

橋を渡って大学側へ戻って、
メイン通り(Rua Ferreira BorgesとRua Visconde da Luz)を抜けると
サンタ・クルス修道院 Mosteiro de Santa Cruzがあります。

教会部分は無料で入れるので見学しました。

壁面下部に装飾された装飾タイル・アズレージョはポルトガルならでは!
祭壇の彫刻も綺麗な教会です。

  • DATA
  • サンタ・クルス修道院 Mosteiro de Santa Cruz
  • Praça 8 de Maio, 3001-801 Coimbra
  • 公式サイト(ポルトガル語)
  • 入場料:€2.5(教会は無料)

エレベーターで大学の丘へ

丘の上には歩いて登れるのですが、

コインブラには3時間ほどの滞在だったので
時間短縮のためエレベーターを利用。

乗り場はこちら。
サンタ・クルス修道院から東に進むと
市場の奥にガラス張りのエレベーターらしきものが見えてきます。

横にあるSMTUCのオフィスでチケットを購入。

わたし

有料…エレベーターなのに…

まず垂直に真上へのぼるエレベーターに乗って、
斜面を進むエレベーターに乗り換えます。

斜面のエレベーターから。
ガラス越しに景色が見えて、ケーブルカーみたいで楽しい!

エレベーターの到着口には展望スペースがあります☆

坂になった細い路地が入り組んでいる町並みは
首都リスボンに似ています。

エレベーターから歩いてまず見えてくるのが新カテドラル。

さらに進むと旧大学への入り口「鉄の門」が見えてきました。

こちらが鉄の門。

コインブラ大学はポルトガル最古の大学。
校舎も歴史ある建築なので、大学全体が中世の町みたい。

各施設の入場料と開館時間

旧大学敷地内にあるジョアニア図書館
2017年公開『美女と野獣』に登場した図書室のモデル☆

図書室のシーンは物語の中でも特に印象的だから、
コインブラ大学がモデルだったと知り嬉しくなりました♪

館内は残念ながら写真NGなのですが
公式ページで映画のシーンと一緒に紹介されています。

こちらの本にも館内の写真が記載ありました☆

創設者ジョアン3世の像。

鉄の門に掛かっている布は学生の制服であるマント。
卒業生が使い終わったマントを引っ掛けていくのだそうです。

コインブラを訪れたからには
マント姿で町を歩く学生たちを一目見てみたかったけど、
あいにく一人も見かけませんでした。

最近では卒業式など特別な時だけで、
普段から制服着ている訳ではないようです^^;

余談ですがコインブラ大学では、
女子が好きな男子のマントの裾を裂いてもらうという風習があるそう。

なのでマントがボロボロなのはモテ男子の証。

日本の第2ボタンみたいな風習ですね

まとめ

アゲダの帰りにどこか寄り道できる町を探して、
たまたま知ったコインブラ。

3時間の滞在では足りないぐらい見どころ多かったので、
コインブラだけで丸一日訪れても良かったなぁと思います。

毎年5月第2週の火曜日には、
コインブラ大学の卒業生たちによるお祭りが開かれます。

その年の卒業生たちが学部のシンボルカラーをつけて
町中を練り歩くケイマ・ダス・フィタス Queima das Fitas。

正装のマントを身にまとった学生たちを見るため、
次回はお祭りの日に訪れてみたいです☆