旅行前の荷造りでお土産スペース確保!私のスーツケースパッキング術

スポンサードリンク


スーツケースのパッキング術

こんにちは!

今回は私の荷造りの話をしたいと思います。

まずは私の基本旅行スタイルを簡単にご紹介します♪

  • 旅行期間:1週間前後
  • 行き先:ヨーロッパ
  • バックパックではなくスーツケース使用
  • 旅行先の美味しいモノを買うことが好き
  • 雑貨も好き

そのため、帰りのスーツケースを広げてみると…

現地で買ったお土産(主にお菓子)の山!

毎回この買い付けのような量を、
1台のスーツケースに収めて帰って来ています。

整理整頓は苦手なほうだし、
決して詰めるのは上手ではありません。

その代わり旅行準備の段階で
帰りのお土産スペースを確保するために少しだけ工夫しています。

今回はそんな私が実践している旅行前の荷造り方法を紹介します。

バッグの準備から順番に解説していくので、

「手短にスーツケースのパッキング方法だけ知りたい」

という方は目次の4項目から記事後半へ飛んで下さってOKです☆

スポンサードリンク

旅行に必要な3つのバッグ

私は海外に行くとき、まず3つのバッグを用意します。

旅行準備

  • ①貴重品用バッグ
  • ②サブバッグ
  • ③スーツケース

は機内持ち込み。は空港でのチェックイン時に預けます。

①貴重品を肌身はなさないバッグに

  • パスポート
  • 財布(カード、現地通貨、日本円、予備の顔写真)
  • カメラ
  • スマホ
  • eチケット、バウチャーなど

これらなくして旅行はできませんよね 

肌身離さず持ち歩けるように
コンパクトなファスナー付きショルダーに準備します。

ショルダーバッグ

旅先では、このショルダーを斜め掛けした上から
カーディガンなど羽織って、引ったくり対策しています。

(特にパスポートはショルダーの内ポケットに入れて極力開けないようにします!)

私にはこの方法が一番荷物守りやすいけど、
防犯方法は人によって色々。

ポーチ派
ボディバッグやウェストポーチのほうが体にフィットして盗られにくいよ

トート派
斜め掛けはいかにも日本人観光客っぽくて狙われそう…。
私は使い慣れてる肩掛けトートで慣れてる感を装う!

などなど、人それぞれに取り入れやすい防犯方法でOKかと◎

ただ、スリ対策のためにもファスナー付きは絶対条件だと思います ‼

可愛いカバンが見つかる旅行グッズ専門サイト

②1日でも無いと困る物は機内用サブバッグに

次に機内に持ち込むためのサブバッグを準備。

KANKEN

機内持ち込みサイズには制限があるので、
利用する航空会社のサイトを確認してから用意します。

中に入れるものはこちら。

  • ガイドブック
  • 上着、ストール、スリッパ
  • カメラとスマホの充電器、変圧器&プラグ
  • 化粧品、メイク落とし、コンタクト、歯ブラシ、常備薬など

機内で必要な物はもちろん、
ロストバッゲージに遭った時のために
1日でもないと困るものはサブバッグに入れています。

私は以前の旅行でカメラの充電器が入ったスーツケースが届かず、
充電できなくて本当にソワソワしました><

フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
コペンハーゲンの空港で荷物が届かないというトラブル発生!対応方法や反省点をまとめています。フィンエアー利用。

ただ機内持ち込みには液体制限があるので要注意です。
化粧水などは100mlまでの入れ物に小分け。

※内容量が100ml以下でも容器自体が100ml以上だとアウトです!

こういった100ml以下の容器に詰め替えておけば持ち込めます 

私は日ごろから試供品としてもらったものを残しておいて、
それを旅行の時に持って行きます。
かさばらず、液漏れの心配ない点でオススメ。

また、液体はセキュリティチェックのため
全て透明ジップロック内に収めないといけません。
台所のやつでOKですのであらかじめ入れておきましょう。

KANKEN

サブバッグは機内に持ち込む時だけでなく、
現地で行動する時にも使います。

観光する時は

  • ①のショルダーバッグに貴重品
  • ②のサブバッグにはガイドブック、三脚、折りたたみ傘、ストール、上着、エコバッグなど 貴重ではないけど町歩きに持っておきたい物

を詰めて、2つのカバンを持ち歩いてます。
斜め掛け+リュックスタイルなら両手があいて身軽です◎

③重要度の低い荷物をスーツケースへ

さてさて、やっと本題です!

ここまでで最低限旅行に必要なものは用意出来ました。
あとは服類をスーツケースに詰めるだけ。

そう、出発時にスーツケースに入れる物って意外と少ないんですよね。
必需品はぜんぶ機内持ち込みのカバンに入れちゃうし。

スーツケースに入れるのは、
最悪ロストバゲージしても現地調達でまかなえる物ばかり。

極端な話①貴重品バッグ②サブバッグだけで旅行は可能だけど、
帰りにお土産を持って帰るためにスーツケースが必要なんです

「出発前の荷づくり段階で、
いかにスーツケース内にお土産スペースを確保するか」

これを意識しながら私流にパッキングしていきますね!

スーツケース自体の軽さが大事

パッキング術を紹介すると言っておきながら、
荷物を軽くするための1番の要素は

スーツケース自体が軽いこと だと思うのです。

多くの航空会社の重量制限23kgには
もちろんスーツケースの重量も含まれています。

それならスーツケースは軽ければ軽いだけ、
中に入る容量に余裕ができますよね。

私が使っているスーツケース(リモワのサルサ)
容量87Lで5.6kg。

空の状態なら片手で階段上り下りできるぐらい軽いです。

それでも買ったの10年以上前なので、
最近はもっと軽量化されたスーツケースがたくさん開発されています。

わたし

3.2kgのスーツケースなんて!
20kg近いお土産入れる余裕が出来ちゃいます!

スーツケースを選ぶときは容量・丈夫さ・デザインだけでなく、
ぜひスーツケース自体の重量もチェック項目に入れてみてくださいね☆

わざわざ新調するのはちょっと。。という方は
レンタルもあるので利用してみてはいかがでしょう。


スーツケースに入れるもの

私が今回の旅行でスーツケースに入れるものはコチラ。

スーツケースを荷造りする前には
世界天気予報などで行先の気温や気候をチェックしておくと
「無駄なものを持って行ってしまった‥」なんて失敗も軽減されます。

そしてこの中の半分は、帰る時には荷物じゃなくなってる予定。

どういう事かといいますと、

冬用コートと防寒具(帽子、スヌード)

帰りは着て帰るのでスーツケースからは消えます

カーディガン3種(厚手ニット・薄手ニット・綿カーデ)

帰りの荷物に入らない場合はカーデ3枚重ね着して飛行機に乗れるように、
色んな厚さのものを入れています。

また、厚さの違うカーディガンなら旅先でも温度調節しやすいです。
(海外の気温は予報チェックしてても予想を超えてくるので!)

ボトムス2着

カーディガン同様2枚履きして帰れるように、
ワイドパンツと細身パンツの2種を入れました。

ロンティー3着

部屋着

下着と靴下とインナー日数分

捨てる寸前の古いものを日数分持って行って、
日に日に処分していきます

水着セット&タオル

温泉やプールがある国には持参します。
(今回はハンガリーで温泉に入るため持って行ってます)

ヨーロッパは温泉も水着着用のところが多いです。
タオルは温泉で捨てて帰っても良いぐらい古いもの。

化粧品、歯磨き粉、整髪料など

こちらも中身が残り少ないものを持ってきています。
旅行が終わる頃にはなくなってるので容器をポイ。

現地での町歩きグッズ

折り畳み傘、コンパクト三脚、エコバッグなど。
あると便利だけど、最悪なくなっても替えがきくものはスーツケースに入れます。

以上、出発前の時点で中身重量は3.5kg。
スーツケース本体と合わせて約9kgです。

これらを旅行中に消耗したり、
自分が重ね着したりして減らした結果・・・

帰りはこうなってる予定。

これで荷物重量は約1.5kg。

スーツケース自体の重さ5.6kgを合計しても7kgほどなので、

残りのスペースには15kgぶんのお土産を詰めて帰れることになります☆

簡単!私が実践しているパッキング方法

では先ほど準備した荷物をスーツケースにパッキングしていきます!

スーツケースは、預けている間
バンバン投げられたり天地関係なく積み下ろされたりします。

わたし
いざ届いた荷物を開いてみると中身がぐちゃぐちゃ!
服もしわだらけ!

なんてことにならないように、
整理用のオーガナイザーでまとめておくと乱れにくいです。

ただ、少しでもお土産スペースを確保したい私は
「オーガナイザー自体の重量さえ省きたい」と思ってしまうので、
下着と靴下入れぐらいにしか使用していません。

オーガナイザーの代わりに、
スーツケース内がぐちゃぐちゃにならないための対策として
以下のようなことをやっています。

服は何枚かまとめてたたんで大きな塊にする

散らかりやすいインナーはスヌードでまとめて包む

ボトムスは折りたたみ傘や三脚を芯にしてくるくる。
服がシワになりにくく、傘が他の物を傷つけるのも防いで一石二鳥☆

大きな塊がいくつか完成。
これをそれぞれレジ袋に入れて、スーツケースに詰め込みます。

コツというほどでもないですが、パッキングする時には

  • なるべく隙間を作らない
  • 重くて大きい塊が下(キャスター側)にくるように詰める

という点に気をつけてます!

…見映えはすごーく残念。女子力ゼロのスーツケースですよね(笑)

でもレジ袋って、意外と便利。

海外のスーパーはレジ袋有料なお店が多いので
とっさのエコバック代わりにしたり、
濡れた傘や汚れ物を入れておいたり、旅先で大活躍!

最終要らなければ捨てて帰れるので、
たくさん持って行ってても邪魔になりません。

出発の段階でスーツケースの半分が埋まりました。

この半分が減っていくことを考えると、
帰りはスーツケースの4分の3をお土産スペースに使えそうです。

ちなみに服や防寒具は
現地で買った割れ物を持って帰るときの緩衝材として使えます。

なので持って行った服すべてを無理に捨てる必要はありません。

わたし

滞在ホテルのゴミ増やし過ぎるのは迷惑ですしね ^^;

まとめ

以上が私の荷造りの流れとパッキング方法でした!

海外旅行は、心配で何でもかんでも持って行ってしまいがち。

私の場合、初めてのヨーロッパ旅行では重量制限オーバーして
空港で慌ててスーツケースの中を整理しました。

だからと言って全く何も持って行かないと、
旅行自体を楽しめません。

2回目の旅行では、とにかく出発時の荷物を軽くしたくて
服も靴下も下着も1~2種類しか持っていきませんでした。
(極端な性格なもので;)

毎日ホテルで手洗いして、乾かして、着まわす。

そんな方法を取りましたが、

わたし
  • 写真見てもずっと同じ服…
  • 観光後も毎日ホテルで洗濯が待ってる…
  • 朝起きて、洗濯物が乾いてなかったら急いでドライヤー… 

 という憂鬱さがありました。

それで結局、今回の記事で書いた方法に落ち着いています。

ポイントとしては

  • 消耗品は使う量だけを持参
  • インナーや靴下は捨てても良いものを持参
  • アウターやボトムスは薄手+厚手など
    重ね着しやすい服の組み合わせを選ぶ。

出発時点で無理に軽くしなくても
帰りの飛行機に乗るまでに減っていけばOKで、
スーツケースに入らない服や衣類は身に着けて帰ることも出来ます。

お土産でスーツケースをいっぱいにして帰りたい方にも、
帰りのスーツケースを少しでも軽くしたい方にも、
おすすめな方法です☆

「それでもやっぱりスーツケースだけじゃお土産入るか心配・・」

という方は、折りたたみ式のボストンバッグを持って行っておくのも手段です☆

軽量なのに大容量。
スーツケースの上に固定も出来て便利です。

帰りの荷物の心配なく、
旅行先での買い物を楽しみたいですね

アイスランドに行く方にはこちらの記事もおすすすめです。

アイスランド旅行の準備録♪夏場の服装は?両替は?ガイドブックは?
アイスランド旅行の準備録♪夏場の服装は?両替は?ガイドブックは?
2016年夏にアイスランドを1週間旅行しました。服装・持ち物・両替・ガイドブック・持って行って良かった物など旅行の荷造り、準備の記録です。