白ソーセージ食べるなら午前中?ミュンヘンの素敵なビアレストラン

スポンサードリンク


ミュンヘンで白ソーセージ

こんにちは!

ドイツ~ハンガリー旅行初日。

ミュンヘンで訪れたドイツ料理レストランが
素敵だったので、ご紹介したいと思います。

記事後半ではミュンヘン名物・白ソーセージの情報も

スポンサードリンク

ミュンヘンの人気店ツム・フランツィスカーナー

私たちが訪れた
ツム・フランツィスカーナー ZUM FRANZISKANER
は1363年創業の歴史あるビアレストラン。

数々のガイドブックやグルメサイトで紹介されてる有名店で、
私もガイドブックで知りました。

マリエン広場の近くという便利な立地も魅力のお店です。

ツム・フランツィスカーナー

女性も入りやすい雰囲気

入り口付近の席はいっぱいで、カップルや夫婦が食事を楽しんでいました。

オフシーズンとはいえ土曜の夜8時に予約なしで訪れた私たち。
恐る恐る席あいてるか聞いてみたところ、
店の奥にある広い空間に案内してくれました。

ビアレストラン

わたし

なんて可愛い空間…!

私のイメージではドイツのビアレストランって
地元のおじさんがいっぱいいて、

見知らぬ人でも乾杯しよう!!! 

プローースト! !

…みたいな(笑)

雑多でワイワイガヤガヤした雰囲気を想像してたけど
(それはそれで楽しそうだけど)、

ここは大衆的な雰囲気でありながらも
内装が小綺麗で女性も入りやすいと思いました。

ツム・フランツィスカーナー

子供連れのファミリーもいっぱい☆

ツム・フランツィスカーナー店内

バイエルン州の紋章である
ブルーと白を基調にしたテーブルセットも凝っていて、
「こんなお店で結婚パーティやってみたい!」って思いました♡

ウェイターさんも親切

私たちが案内されたテーブル以外にも
部屋はたくさんあって、

なんと300人も入ることができるそうです。

にもかかわらず、店員さんは待たせることなく来てくれて対応が丁寧。

ソーセージの種類を聞くと分かりやすく紙に書いて説明してくれたりとか
「シェアのお皿いる?」って聞いてくれたりとか、
よく気にかけてくれました。

テーブルごとに分担してるとは思うけど
この席数を管理できるってスゴイ…!!

私の写真では今イチ広さが伝わらないと思うので、
良かったらお店の公式サイトを覗いてみてください☆

出典 ZUM FRANZISKANER

お店の中の色んな部屋を探検できますよ~~

頼んだメニュー

このレストランは店名の通り
フランツィスカナーというビールメーカーの直営。

ドイツにはこのような
有名ビールの醸造所が営業するビアレストランがいくつかあります。

オリジナルビールは後ほど注文する予定で
とりあえず1杯目はのど越しの良いラドラーを注文したのですが・・

ツム・フランツィスカーナーのラードラー

ラドラーのサイズが想像以上に大きくて、
2杯目にたどり着けませんでした。

わたし
ドイツあるあるですよね

でも、ラドラーもさっぱりしていて美味しかったです。
ビールが苦手な友人もラドラーは飲みやすいって言ってました。

友人

レモンの炭酸で割っているから全然苦くない!

お店のロゴ入りグラスも可愛かったです♡

ツム・フランツィスカーナー

食事はソーセージの盛り合わせとサラダを注文。

ちなみにメニューはお店のページから写真付きで見れます♪  こちら

ドイツソーセージ

クリーミーなマッシュポテト、酸っぱいザワークラウト、
そして色んな種類のソーセージ。

最高の組み合わせです。

お会計は
ラドラー×2、ソーセージ盛り合わせ、サラダで€35.9(約4700円/2017年投稿時)

ひとり2000円ちょっと。

都会の中心地にある人気ビアレストランということを考えると、
お手頃なほうだと思いました。カード払いもOK☆

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | ミュンヘン

営業時間はテーブルによって異なるそうです。
私たちの座った席はAM9:30~PM12:00でした。

白ソーセージだけ食べ損ねる

白ソーセージは夜は扱っていないお店が多い

お店の雰囲気も味も大満足のレストランでしたが、
ひとつだけ心残りがありました。

それは 名物の白ソーセージを食べ損ねたことです。

白ソーセージとはドイツ語でヴァイスヴルスト Weißwurst
ミュンヘン名物の茹でソーセージのことで、
このお店のものは特に絶品だと有名なのです。

メニューに載っていなかったのでウェイターさんに聞いてみると、
ヴァイスヴルストは今日は終了してしまったとのこと。

というか、基本的に午前中しか提供していないんだそう。

このお店に限らず、
ヴァイスヴルストは傷みやすいので
早朝に作って朝~昼で食べるものだったのです。

店員さん

9:00~12:00の間なら扱ってるから、ミュンヘンいる間にまた食べに来てね☆

って言ってくれましたが…

私たち、翌早朝から別の町に移動してしまうんです ><

弾丸旅行の悲しさですね。。

ミュンヘン中央駅で白ソーセージに出会う

ということで今回の旅行では
白ソーセージが売られてる時間にはミュンヘンの町にいません。

友人
残念だけど白ソーセージは
またの機会にしよっか

諦めた翌朝のことでした。

ミュンヘン中央駅で電車待ちのあいだ
構内をウロウロしていると・・

ミュンヘン中央駅のインビス

まさかのインビス(立ち食いスタンド)で発見したのです‼

ミュンヘン中央駅の白ソーセージ

Weißwurst ヴァイスブルストって書いてる!!

2本セットで€4.1。これは購入です!

ミュンヘン中央駅のソーセージ

白ソーセージ以外にも色んな種類が。
駅でソーセージが売られているなんて、さすがドイツです。

ミュンヘン中央駅の構内は本当に便利☆

ホームにあるパン屋さんは電車が動き出す朝4:00とかから営業しているし、
構内のスーパーや薬局も比較的長い時間営業しています。

ドイツではめずらしいのですが日曜営業という点も助かりました☆

ミュンヘン駅の薬局ミュラー

ドラッグストアで買えるおすすめ入浴剤

ミュンヘンを旅行して「買い忘れた」「食べ損ねた」ものがあれば、
中央駅に寄ってみると見つかるかもしれません♪

念願の白ソーセージの味は?

そして肝心の白ソーセージを食べてみます。

白ソーセージ

まず買ったお店でもらったプラフォークとナイフを使って、皮をむきます。

ヴァイスヴルスト
白ソーセージ専用の甘いマスタードをつけて頂きます☆

わたし
新鮮で美味しい!

白ソーセージは、
パリっと香ばしい焼きソーセージとは異なっていて
柔らかくて優しい味。

知ってる食べ物で無理やり食感を例えるなら
「おさかなソーセージ」

おさかなソーセージにハーブを効かせて旨味出したかんじです。

美味しすぎて2本おかわりしましたw

ヴァイスヴルスト

ソーセージは肉製品なのでドイツから持ち帰れませんが、
日本でネット購入は出来ます。

気になる方はチェックしてみてくださいね♪

まとめ

駅のスタンドで買った白ソーセージにこれだけ感動したんだから、
人気レストランのものはどれだけ美味しいんだろう・・

次回ミュンヘンを旅行する機会には
午前中にツム・フランツィスカーナーを訪れて、
オリジナルビールをお供に白ソーセージ食べてみたいです☆

ツム・フランツィスカーナー

この旅行の全体概要

  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細

ミュンヘンでの宿泊ホテル