サマータイム終了日にヨーロッパを旅行して現地時間に大混乱した話

サマータイム切り替え日

ヨーロッパ旅行の準備をしていると必ず出くわす言葉、
サマータイム。

例えば日本とドイツの時差を調べると、こう書かれています。

  • 4月~10月:日本のー7時間(サマータイム)
  • 11月~3月:日本のー8時間

ヨーロッパではサマータイムである4月~10月は
11月~3月よりも時間が1時間進むのです。

日本ではあまり馴染みがないし、

わたし

なんでこんなややこしいことするの??

って思っちゃいますよね。

そもそもサマータイムとは…

緯度が高い国では、夏と冬の日照時間の差が大きいです。

そこで

日照時間が長い時期だけ
生活時間も1時間進めて、明るい時間を有効活用しよう!

という目的で、欧米を中心に導入されたそうです。

明るい時間に行動を始めることで照明などの電気使用を抑え、
明るいうちに帰宅することで余暇の時間も充実させるという訳です。

このサマータイムにはもちろん開始日/終了日が設定されていて
ヨーロッパでは基本的に毎年

3月の最終日曜日に開始/10月の最終日曜日に終了

とされています。

そして今年2017年のサマータイム終了は10/29日曜日の3:00。

今回の私たちの旅程では、ちょうどドイツ到着の翌朝でした。

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

時間が急に1時間戻るって、不思議な体験。

わたし
ややこしいけど
つまりは29日に時計を1時間戻せば良いだけだよね!

と、軽く考えていた出発前の私ですが、
いざ経験してみるとドタバタあたふた。

時空の迷子になりかけました。

今回はそんなサマータイム切り替え日のドイツに翻弄されたお話です!

私が終始あたふたしてるだけの旅行記なので
内容を読むことで逆にサマータイムが分かりにくくなるかもしれません、、

要点だけ知りたい方は目次からまとめ覧どうぞ☆

スポンサードリンク

10月28日(土)サマータイム終了前夜

空港で

まずはドイツ到着時のスマホ設定のお話から。
飛行機を降りてからいつも私がやることは、

  • 機内で切ってたスマホの電源をON
  • 通信費かからないようにデータ通信をOFF
  • 日本に到着連絡を入れるため空港のWi-fiにアクセス

この時点でスマホの時刻を見ると18:00。
空港の時計とも合っているので、自動でドイツ時刻に設定されたようです。

いつもの旅行ではこの時に腕時計も現地時刻に合わせるのですが、
今あわせてもサマータイム終了後また調整が必要なので、
翌日に合わせようと横着しました。

思えばこれが失敗でした・・

ホテルで

ミュンヘンで宿泊したホテルはこちら。

このホテルではWi-fiが有料(€4)だったので接続しませんでした。

そして翌日のアラームをスマホで設定する時に
ひとつの疑問が出てきました。

わたし
スマホの時計ってWi-fiに接続してなくても
サマータイム自動で切り替えてくれるのかな…?

明日は7:34にミュンヘンを出る電車に乗るから
2時間前の5:20に起きたいけど、

もしスマホの時計がサマータイム終了時に切り替わらなければ
5:20のアラームが鳴ることで4:20に目が覚めることになります。

考え出すと本当にややこしいですね。

でも時間が戻るということは、
時計が切り替わっても切り替わらなくても
電車に乗り遅れることはありません。

たとえば4:20に起きたとしても
1時間早く行動開始できるというだけなので、
結局5:20にアラームを設定して就寝しました。

10月29日(日)サマータイム終了日の朝

ホテルで

アラームで起床。
スマホの時計を見ると、もちろん5:20です。

でも実際の時間は4:20の可能性が大きい。

なぜならサマータイムが終了して1時間もどっていて、
それにスマホが対応してくれてないかもしれないからです。

本当の時間は5:20なのか、4:20なのか。

ひとまず部屋には時計がないので
別の確認手段を考えます。

友人
ネットの世界時計なら間違いないよ!

わたし

あ、駄目だWi-fi接続してないんだった;

友人

そうだ!朝のニュース番組なら時計表示してくれてるんじゃない?

わたし

あ~~なるほど!

部屋のテレビをつけてみます。

サマータイム終了後のテレビ画面

:24

いや「:」の左側を知りたいのですがw

わたし
05:24なの? 04:24なの?

仕方ないのでホテルの受付の人に聞きに行こうと
歯をみがきながら窓を開けました。

すると!
向かいの建物の壁に大きな時計が掲げられているではありませんか。

06:35

私はおそらく現在4時半か5時半だと思っていたのに、
街の時計の時刻が6時半。

寝ぼけた頭で必死に考えます。

…これはつまり、
そもそもの私の認識が間違っていたのでは?

サマータイムが終了すると
時計は1時間戻るんじゃなくて、1時間進むのでは!?

サマータイムの仕組みをちゃんと理解していれば
こんな間違った発想にはならないと思うのですが、

この時はすぐさま自分よりも町の時計を100%信用してしまって、

結果おかしな考えに至ってしまったのです。

わたし
ていうか現在6:35ってことは
列車の発車時刻7:34まであと1時間しかないよ!

じっくり考えるよりも
大急ぎで準備して、ホテルをチェックアウトしました。

ミュンヘン中央駅で

なんとか7:00過ぎに駅に到着して、
私たちが乗る電車が出るはずの17番ホームに行きます。

出発ホームや時刻は予め調べていました

7:34発のDonauwörthドナウヴェルト行きの列車を探しますが、
電光掲示板に書いてる発車予定にはそれらしき表示がありません。

友人
発車30分前なら
そろそろ表示されてても良さそうなのにね・・

念のため大きな電光掲示板や他のホームを見に行ってみても、
7:34のDonauwörthなんて表示されていません。

サマータイム終了後のミュンヘン駅

ていうか、この掲示板、何かがおかしい。

サマータイム切り替え日のミュンヘン駅

画像内の違和感、私たちが困惑するの分かってもらえますでしょうか?><

サマータイム切り替え日のミュンヘン駅

そう、

時計は7時過ぎを指しているのに
電光掲示板の発車予定は6時台の電車ばかり!!!

ぜったい変ですよね。

この時点でサマータイムの影響だと気づけば良かったんですが、
この日はちょうど風がすごく強かったんです。

駅に向かう道中も強風から身を守りながら必死に歩きました。

私たちはサマータイムの存在をすっかり忘れて、

わたし

暴風の影響で6時台の電車が遅延してるんじゃない?

っていう推測をしました。

駅員さんを呼び止めて状況を聞いてみます。

7:35のDonauwörth行きに乗りたいんですが、
このホームで合ってますか?

Yes.

どれぐらい遅れますか?

…え? なんで?

他の電車は遅れているみたいですが、時間通り来ますか?

遅れてる電車はありませんよ。

でも今7時すぎてるのに、6時半の電車がまだ来てないですよ。

すると駅員さんから衝撃の一言。

今6時すぎですよ。

ここでようやく全てを理解しました。

まず、電車は遅延していない。

私たちが7時だと思い込んでいた時間は実は6時だったんです。

町中の時計が全て1時間早いままになっていたんです!

駅の時計も、朝ホテルの窓から見た大きな時計も間違っていて、
スマホの時計が正しかったんです!!

まとめ

ということで、1時間も早く駅に到着してしまった私たち。

幸いミュンヘンの駅構内は早朝から色んなお店が開いているので
退屈はしなかったです。

この時間で名物白ソーセージを食べました

でも!!

これがもしサマータイム終了日じゃなくて
3月末のサマータイム開始日の出来事だったとしたら大変です。

1時間遅れてホテルを出発することになるから
電車には確実に乗り遅れるだろうし、
もしちょうど空港に向かう日だったりしたら…

考えただけで悲惨です><

私たちの様なトンチンカンな勘違いはないとしても、
サマータイム切替日は要注意!!

10月末と3月末にドイツへ旅行する方のために
今回学んだ注意点と対策をメモしておきたいと思います。

スマホと腕時計の時刻について

スマホは機種や設定にもよりますが、
サマータイム終了/開始時に自動で切り替えられるものが多いです。

この旅行中に出会った日本人の話では、
29日の朝3:00にスマホの時計を見ていると
2時59分59秒のあと2時00分00秒に戻ったそうです!

Wi-fi環境下じゃないと自動では変わらないと思っていたのですが、
私のスマホの時計はGPS機能によって調整されているため
Wi-Fiは関係ありませんでした。

つまり最初からスマホの時刻を信用して大丈夫だったのです。

海外に行く時のスマホの時刻設定については
スマホの「設定」アプリ内の「自動タイムゾーン」がオンになっていれば
国を移動した時やサマータイムが開始/終了した時にも自動で切り替わります。

うまく切り替わらない場合はチェックをはずして
「タイムゾーンの選択」から今いる地域を選ぶという方法もあります。

とは言っても、自分のスマホが本当に
サマータイムに対応してくれるの
か、ちょっと不安残りますよね。

私も朝起きた時に
スマホが本当に1時間戻ってるのか確認することが出来ないから、

「今4:30なのか5:30なのか」とっさに調べられなくて焦りました。

寝て起きて時計なしで
自分が何時間寝たかなんて分からないしですしね^^

そのため、寝る前に腕時計を変更しておくことをおすすめします。

時計なら手動で時間を合わせないといけないので、
勝手に切り替わることはありません。

到着時にきっちり現地時刻に合わせた上で
サマータイム終了日前夜に腕時計の時刻を1時間戻しておけば
起きた時すぐに正確な時間が分かります。

もしくはホテルの人に現時刻を確認するのも良いです!
アナログな方法ですが、結局それが1番確実なんだろうなぁと思いました。

町中の時計が信用できない!

サマータイムの切替日には
時計を手動で直さないといけないのは知っていました。

でもまさか
大都会ミュンヘンのターミナル駅の時計がいっさい直されていない
なんて思いもしませんでした!!

サマータイム終了日のミュンヘン駅

何も知らずにこの状況見たら

あれ?6:10の電車1時間以上遅れてる?

って勘違いする旅行者もいるはず!

ドイツだけなのか他の欧米もなのかは分かりませんが、
結局私たちが7時半にミュンヘンを出発するまで
時計が直される様子はありませんでしたw

電車で通過した他の駅の時計を見ても
多くの駅が8時過ぎても間違った時刻のままになっていました。

わたし

いやいや、駅員さん朝のうちに時計直しとこうよ!

って思ったけど、
そう思うのはきっと日本人の感覚なんですよね。

そもそもサマータイムの開始/終了日が
10/31のような固定の日にちではなく
「最終日曜日」という形で設定されているのは、

「日曜日なら皆休んでるから、朝に時刻変わって時計がずれてても混乱ないよね」
という理由からなんだそう。

ドイツでは「日曜祝日は安息の日にあてるべき」という考えがあります。

日祝はなるべく店を閉めましょうっていう
「閉店法」なる法律が定められてるぐらい!

このへんの考えが日本との違いかなぁって思います。
もし日曜の朝8時に大阪駅のホームの時計が全部間違ってたりしたら、
きっと問い合わせ殺到。プチパニックです(笑)

最後に

サマータイムの存在は知っていたのに
結局まんまと翻弄された私たち。

でもヨーロッパの人は慣れっこなんでしょう。

ミュンヘン駅では時計が1時間進んでいても全く混乱は見られなかったし、
駅員さんは7時過ぎの時計を前に
「いま6時すぎだよ」って当然のように言いましたw

(横で一部始終を聞いてたドイツ人には
「ミュンヘンでの時間が1時間増えたね!」って笑われちゃいました )

サマータイムに馴染みのない私たち旅行者が、
現地の人に聞くとか前日に時計合わせておくなどして
気をつけるしかないんだなぁって思います!

以上、文章にすると
この上なく分かりにくい内容となってしまいましたが、

とにかくサマータイム実施国を旅行する方は、
切り替え日の時計は合ってるとは限らないので要注意ですよ~~!!!

という体験記でした!