お土産にも!カフェ・ザッハーとDEMELのザッハトルテを食べ比べ

ザッハトルテ




こんにちは!

突然ですが、
オーストリアのスイーツといえば・・?

きっと、ザッハートルテ

をイメージする方が多いのではないでしょうか。

私も、オーストリアへ行ったら
老舗のカフェで本場のザッハートルテを食べるのが
ずっと憧れでした!

今回の旅行でその夢が叶いました♡

有名な老舗2店で食べ比べた感想と店舗の紹介、
日本へのお得な持ち帰り方法をレポートしたいと思います。

スポンサードリンク

ザッハー Sacher とデーメル DEMEL

ザッハートルテはオーストリアのカフェやケーキ屋に行けば
すぐに見つけられますが、なかでも有名なのが
カフェ・ザッハー Sacher とデーメル DEMELです。

両者をさっそく食べ比べてみます!

カフェ・ザッハー Sacher

ザッハートルテ発祥の店。
このカフェでフランツ・ザッハー (当時16歳!) が
考案したトルテが評判となり、ザッハートルテとして広まりました。

店舗はオーストリア国内のみ。

  • ウィーン本店
  • ザルツブルク店
  • インスブルック店
  • グラーツ店

ホテルザッハー

ウィーン本店はいつも混んでいると聞いていたので、
私たちはザルツブルクの店舗に訪れました。

カフェ・ザッハー

朝7:30だったこともあり、お店を出る直前までお客さんは私たちだけ。
ほぼ貸し切り状態です‼

カフェ・ザッハー

ザッハートルテ €6.9 (2017年旅行時)

チョコレートはすごく濃厚!砂糖のシャリシャリ感が分かるぐらい甘い☆

スポンジとチョコレートのあいだには3層のアプリコットジャム。
フルーティーな甘酸っぱさが効いてます。

砂糖の入ってないホイップクリームが添えられていて、
一緒に食べるとマイルドになりました。

カフェ・ザッハー

飲み物はホットチョコレートを注文。€4.8 (2017年旅行時)
しかもクリーム添え。味がケーキとかぶりました(笑)

ケーキが濃厚なのでブラックコーヒーや
ストレートティーの方が合ったかもしれない。。

カフェ・ザッハー

  • Café Sacher 店舗DATA
  • ●ウィーンWien本店
  • Philharmoniker Str. 4, 1010 Wien
  • 8:00~24:00 (無休)
  • 最新情報はサイトをご確認ください
  • ●ザルツブルクSalzburg店
  • Hotel Sacher, Schwarzstraße 5-7, 5020 Salzburg
  • 7:30~23:00 (無休)
  • 最新情報はサイトをご確認ください

デーメル DEMEL

ヨーロッパに大帝国を築いたハプスブルク家。
その皇帝や貴族たちも通ったという、伝統ある洋菓子店がDEMELです。

1799年にはウィーン王宮御用達菓子司に指定されました。
「オリジナルザッハートルテ」をめぐってザッハーと裁判で争ったことも。*詳細

デーメル

店舗はウィーン本店と空港にカフェが入ってるのみ。
昔あったザルツブルク店は閉店してました。

なので私たちはウィーン本店へ。
2日連続、混雑を避けて朝からケーキを食べに向かいます。

デーメル

お店に入るとまず目に飛び込んでくるのが
たくさんのケーキとお菓子たち。

デーメルは、ザッハトルテに限らず洋菓子店として人気です。
その種類の多さはウィーンで1番と言われるほど。

たしかに、ドイツの地方菓子シュネーバルまで売られてるのには驚きました!

デーメル

入り口右手にあるお土産コーナーには
皇妃エリザベート(シシィ)の好物だったスミレの砂糖漬けや、
猫のパッケージで有名なソリッドチョコなどが並んでいます。

デーメル

カフェコーナーに行くには正面奥にある階段へ。

オープンの8時に行ったので並ばず入れましたが、
私たちがお店を出る10時には7組ほど待っている人達がいました。
さすが人気店ですね。

デーメル

テーブル席へ行く途中には、ザッハトルテ作りの実演を見学できます。

デーメル

ケーキ以外にサラダやサンドイッチも食べられます。
火を通すタイプの軽食はランチからとのこと。

店内で食べる場合の注文方法に
ちょっと手間取ったのでメモしておきますね。

デーメル

  1. ザッハートルテと惣菜は1階のショーケース前で注文。
  2. 注文内容を紙に書いてもらって2階のテーブル席へ持って行く。
  3. 席へ案内してもらう。
  4. 担当のウェイターさんに紙を渡す。飲み物も注文。
  5. 会計はテーブルにて。(お会計にサービス料1割が加算されます)
  6. お土産や持ち帰り用のケーキは1階レジで別会計になります。

それでは、2階のテーブル席で食べたザッハートルテを紹介します。

デーメルのザッハトルテ

ザッハートルテ €5.5 (2017年旅行時)

チョコレートはザッハーより甘さ控えめでした。
スポンジもザッハーより少し軽い。
アプリコットジャムは1層ですが、しっかり効いています。

デメルではホイップクリーム (€1.2) は注文しなければ付きません。

メランジュ

モカにミルクを泡立てたものをいれた「メランジュ」€5.9 (2017年旅行時)。
カプチーノみたいで美味しかったです。

DEMEL

  • Café Demel 店舗DATA
  • Kohlmarkt 14, 1010 Wien
  • 8:00~19:00 (12/24は14:00まで)
  • 最新情報はサイトをご確認ください
  • ※カフェは対応がゆっくりだったので、
    時間に余裕見て行くのがおすすめ。

ザッハートルテはお土産にもぴったり!

ザッハトルテは日持ちするので、
日本にお土産として持って帰ることができます。

木箱入りのホールタイプ

ザッハーもデーメルも木箱に入ったザッハートルテを販売していて、
賞味期限は大体1週間~2週間。
ホールのサイズが大きいほど日持ちします。

基本は常温保存OKですが、
チョコなので日本の真夏は冷蔵庫入れた方が安心です!

DEMELザッハトルテ

私もDEMELで買ってみました!小サイズで€19.5 (2017年旅行時)

バラ売りを買って持って帰るのもアリ

ただ、木箱のホールタイプはファミリー向けというか、
例えば1人暮らしの友人に渡すには
お値段的にもサイズ的にも大きすぎるなぁ…と感じました。

それに、可能ならザッハーとデーメルの両方を食べてもらいたい。

ザッハー

それで思いついたのが、
ショーケースのミニザッハトルテを持ち帰りで注文するという方法でした!

普段、日本のケーキ屋さんで買って帰るようなイメージです☆

ショーケースで持ち帰り(Take away)だと伝えれば
箱に詰めてくれます。

デーメル

通常サイズだとこのように三角カットされているので、
日本に持って帰ってる間にパサパサになっちゃいますよね。
そこでおすすめなのが、カットされてないミニサイズのザッハトルテ

ミニザッハートルテ

これなら全体がチョコレートでコーティングされているから乾燥しにくいはず。

もちろん味は定番サイズと同じです☆

ザッハーにもデーメルにもミニサイズは売られていました。


  • ザッハー
  • 定番サイズ:€6.9
  • ミニサイズ:€4.9
  • デーメル
  • 定番サイズ:€5.5
  • ミニサイズ:€2.7
  • (2017年旅行時の価格)

普通サイズに比べて値段的にも買いやすい°˖✧

持ち帰りでお願いすると、
日本のケーキ屋さんと同じように紙箱に詰めてくれました。

ザッハートルテ持ち帰り

DEMELの手提げ袋、ちょっと台形になってて可愛い!
ザッハーのクラシックな雰囲気も良いですね。

店員さんに聞いたところ
「小さいぶん木箱タイプに比べて日持ちしないから、なるべく早めに食べてね」とのこと。

私が購入の4日後に食べた時点(11月)では美味しくいただけましたが、
季節や購入のタイミングにもよると思うので保証はできません><

ミニザッハートルテ

帰国の際はスーツケースに入れてひっくり返るのが不安だったので、手荷物にしました。

それでも少し形が崩れてしまいましたが、
身近な人へのお土産としてなら許容範囲ということで‼

オーストリアの2大ザッハートルテ。

自分だけでなく
日本の家族や友人に味わってもらえて嬉しかったです 

空港や日本でも手に入る?

「市内の店舗に行く時間はないけど
オーストリア土産にザッハトルテは買いたい」

という場合は、ウィーンの国際空港でも手に入るそうです。

今回の旅行では空港利用してないので価格や品ぞろえは分かりませんが、
免税店には木箱タイプのザッハートルテが並んでいます。

Terminal 1の出発ゲート(C-41近く)にはDEMELのカフェも入ってます☆

Tripadvisorの紹介ページへ

また、実はデーメルは日本でも手に入ります!

DEMEL JAPAN 公式サイト 

各地の百貨店またはネット購入もできるので、
日本で恋しくなっても大丈夫ですね♪

ザッハーとデーメルを食べ比べた感想

ザッハーとデーメル、結局どちらが美味しかったか。

答えはどちらも美味しかったです!

(ここまで読んで頂いたのに、ざっくりした感想ですみません><)

食べてもらった家族や友人に聞いても
「デーメル派」「ザッハー派」様々だったので、
きっと好みによりますよね。

強いて言えばデーメルのほうが
チョコの甘さやジャムの風味も抑えられていて、
日本人に馴染みやすそう!という印象を受けました。

でもデーメルが日本で手に入ることを考えると、
オーストリアにしかないザッハーが喜ばれるかもしれません。元祖だし 

それぞれのお店とザッハトルテについての詳細は
こちらのガイドブックにも紹介されているのでご参照ください☆

ザッハーとデーメルの3辺サイズ比較まで載ってます