2017年ANA便☆ミュンヘン⇒羽田エコノミークラス搭乗記

スポンサードリンク


ミュンヘン⇒羽田ANA

こんにちは!なっつです。

ドイツ~ハンガリーの旅行記は今回がラスト。

帰りの飛行機移動をレポートしたいと思います 

この旅行の全体概要

  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

復路はルフトハンザからのANA

航空券は往復で予約。

今回エクスペディア の「航空券+ホテル割」を利用したので、
ホテルにも安く泊まることが出来ました!

往復の旅程はこちら。

  • 往路:羽田12:35ーミュンヘン17:40【ルフトハンザ1679便】
  • 復路①:ブダペスト16:30ーミュンヘン17:45【ルフトハンザ1679便】
  • 復路②:ミュンヘン20:00ー羽田15:40+1日【ANA218便】

(プラス私は大阪在住なので、羽田⇔伊丹も購入してます。)

行きはミュンヘン着だったけど、帰りはブダペスト発。
ハンガリーと日本には直行便がないのでミュンヘンで乗り継ぎます。

往路のフライトの様子は別記事をどうぞ

2017年ルフトハンザ☆羽田⇒ミュンヘン便エコノミークラス搭乗記
2017年ルフトハンザ☆羽田⇒ミュンヘン便エコノミークラス搭乗記
2017年10月末に羽田ーミュンヘンのルフトハンザ(ANA運航)利用でドイツに行きました。機内の様子や機内食などを紹介。

ブダペスト⇒ミュンヘンのルフトハンザ便

まずはブダペストの空港で
ブダペスト⇒ミュンヘン⇒羽田⇒伊丹を
まとめてチェックイン。

スタッフ

スーツケースは目的地まで直接行くから伊丹で拾ってね!

自信満々に言い切るけど、多分そんなハズはない。

わたし

羽田で拾わなくて大丈夫?

スタッフ

It’s OK‼

なんてテキトーなスタッフだ

別のスタッフさんに確認したら、
やっぱり羽田で一度拾って国内線に乗る時に預け直すそう。

羽田で税関審査とかありますもんね… 危ない危ない。

ブダペスト空港

空港内は無料Wi-fi利用出来ました。

ここに来るまでのバス(前回旅行記参照)で疲れ果ててしまい、
買い物する元気もなく早々に搭乗ゲートへ。

ドイツとハンガリーはいずれもシェンゲン圏なので
出国審査はミュンヘンを出る時です。

機内に乗り込みます。

ルフトハンザ欧州便

3列+3列シートのコンパクトな機体でした。

ブダペストからミュンヘンは約1時間15分ほどの距離。

ルフトハンザ欧州便

なのになんと、
機体が安定するなり軽食とドリンクが配られました!

軽食はケーキかサンドイッチで選択。

近距離だとアルコールは提供してない場合が多いのに、
ここではお酒もまさかの無料。

ルフトハンザ欧州便

そして消灯。ワイン飲んで熟睡します。

完全にくつろぎモードですが、
このあと40分ほどで到着するんですよね 

ミュンヘン空港

ミュンヘン空港のターミナル2に到着。

飛行機を降りるとすぐ分かる場所に、
乗り換え情報が掲示されていました。

Tokio(羽田)行きもちゃんとありますね。
出国審査後ゲートへ向かいます。

ミュンヘン⇒羽田のANA便

ミュンヘン空港

ミュンヘン空港はとても広く、カフェや免税店も充実。

こちらの空港もWi-fi利用できました☆

ミュンヘン空港

搭乗時刻になったので機内へ。

機内について

帰りに乗ったANAの機材はボーイング787-9(789)。

出典 ANA公式サイト

新しい機材で清潔感があります。
3+3+3の全215席。

ANA機内

この写真…
これでも全員着席してから撮ったもの。

この日は幸運にも、ほとんど空席だったんです‼

近くに座った日本人女性は
よくこの便を利用してるらしいのですが、
ここまで搭乗率低いのは初めてだそう。

おかげで乗客全員が1人で3席ずつ使って寝れましたよ

設備・サービス

座席にはあらかじめイヤホン、ブランケット、枕がセッティング。
アメニティはありませんでした。

座席ごとにタッチパネル式モニタが設置されてて、
コントローラーもついてます。

さすが日本の航空会社、
邦画やJ-popがかなり充実してました。

ANAモニタ

数あるプログラムの中から私も友人も偶然同じ音楽聴いてました。

友人
さすが同世代 

あと驚いたのが、Wi-fiサービス。
有料ですが飛行機の中でWi-fiが使えます。

利用方法詳細はANA公式ページをどうぞ

機内食

離陸して安定するとすぐに
お水とドリンクとスナックが配られました。

ANA機内食

ANA機内食

ドリンクの種類が豊富!

かぼすジュースや野菜だしスープなど、
日本らしいオリジナルメニューも選べます。

ANA機内食

2017年9月からは日本酒サービスが始まったらしいです ‼
これは外国からの旅行者にも喜ばれそうですね。

ANA機内食

離陸後2時間ほどで夕食。

席が1番うしろだったせいか機内食はお肉1択のみでした。

行きも和食を選んだのですが、
正直メイン料理の味はルフトハンザのほうが美味しかったです。

でも久々に食べる枝豆やきんぴらは嬉しかった♡

ANA機内食

食後はデザートにアイスクリームが出てきました!

ANA機内食

到着2時間前にはおかゆとフルーツの朝食。

暴飲暴食を続けた今回の旅行。

最後に食べたおかゆがお腹に優しく染みわたりました。

羽田空港

着陸前には上空から
ディズニーランドやスカイツリーが見えました!

感想

今回はじめて
ヨーロッパ旅行に日系航空会社を利用しました。

ヨーロッパへ直行するANAやJALは関空から出ていないため、
羽田を経由したことでANAに乗る良い機会となりました☆

実際に乗ってみると、
やっぱり日本人CAさんが多いと安心感がありますね。
細かいことを聞く時に言葉が通じるのは助かります。

海外を旅行した後だから余計に
日本人ならではの丁寧さや細かな気配りを感じました!

その反面でやっぱり

「飛行機の時間からヨーロッパ旅行を感じたい」

という思いも個人的にあります。

ルフトハンザの
黒くてカッコ良いシートでくつろいだり、

フィンエアーのブルーベリージュース飲んだり、

英語のCAさんに要望伝えるため四苦八苦したり。

そんな時間も好きなんですよね^^

なので私の中では
これからも欧州航空びいきが続きそうです。

  • 映画などの充実度
  • 細やかなサービスや安心感
  • ネット環境
  • 和食や日本酒

これらを重視するなら、
ANAのB787便はとても快適に過ごせると思いました!