ブリュッセルのジュ-ド-バル広場&ブルージュの運河岸で蚤の市訪問

ベルギー蚤の市




こんにちは!

今回はベルギーで訪れたアンティークマーケットについてレポートします☆

この旅行の全体概要

  • 期間:2015年8月13日~8月17日
  • 4連休+午前休で3泊5日の一人旅
  • 関空発着ルフトハンザ航空利用(フランクフルト乗り換え)
  • ブリュッセルに3連泊して地方都市には日帰りで

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

ベルギーはアンティーク天国

アンティーク・マーケットというと
フランスやイギリスのイメージが強いですが、
実はベルギーも穴場なんです。

古くから交通の便が良い場所では
色んな国から色んな物が流通してるため、
アンティーク品が豊富って言われます。

ベルギーはまさにそんな国!

ロンドンから電車で2時間、
フランスやドイツ、オランダとも隣接するベルギーには
様々な国の古いモノが集まってます。

私もベルギー旅行中、
首都ブリュッセルとブルージュのマーケットに訪れてみました。

ジュ・ド・バル広場の蚤の市 inブリュッセル

ベルギーの蚤の市といえばココ!

ジュ・ド・バル広場の蚤の市

ジュ・ド・バル広場の蚤の市。Place du jeu de Balle
マロル地区の蚤の市とも呼ばれます。

ヨーロッパ各地から業者が買い付けにやって来る有名マーケットで、
ガイドブックにもよく紹介されています。

開催情報

このマーケットは嬉しいことに毎日開催されています。特に賑わうのは週末☆
時間は7時から昼過ぎ14時頃まで。

ジュ・ド・バル広場

張り切って朝6時前から訪れた時は、さすがに早すぎたようです。
出店前のトラックが数台停まってるだけでした。

また、雨の日に訪れた時はテント持参で出店している人もいますが、やっぱり通常より少ないかなという印象でした。

行き方

ジュ・ド・バル広場はブリュッセル中心部の南側。
イスラム系移民が多く住む地域です。

ジュ・ド・バル広場の蚤の市

最寄り駅である南駅から広場まで歩いて向かうルートは
あまり治安が良い印象を受けなかったので、出来れば北側から歩いて訪れるほうが良いと思います。

中央駅からノートルダム・ド・ラ・シャペル教会を経由してRue Blaesブラウ通りを南に進むと、大体歩いて20分ぐらいで行くことができます。

ジュ・ド・バル広場沿いのホテルに滞在しちゃうのも手ですね。
出店状況をチェックしてから出かけやすいし、
買い物した商品置きにホテルに帰れるのがメリットです☆

広場が見えるHotel Galia

マーケットの様子

7時前後から、徐々にお店が増え始めます。

ガラクタから王室御用達のブランド食器まで。
シートの上やカゴの中で雑多に売られています。

ジュ・ド・バル広場の蚤の市

ベルギーはレースが有名なので期待していたのですが、
ここの蚤の市では殆ど見かけませんでした。

家具・本・CD・食器・絵画・衣類小物を扱うブースが多いです。

ジュ・ド・バル広場の蚤の市

タンタンやスマーフなどのキャラクターが生まれた漫画大国・ベルギー。
マーケットにはコミックもたくさん売られてます。

食器で言うと
ベルギー王室御用達BOCH(ボック)が色んなブースに並んでました!

超親切なおじさんに出会う

さて、お値段の相場はどんなものでしょう。

気になったBOCHのお皿の価格を聞いてみます。

コチラのお皿と同じもの

出店者
1枚€20だよ!

€20!? それなら日本で買うほうが安いんじゃ…

わたし
安くならない?
出店者
うーん。€15なら良いよ。
わたし
…じゃあ止めときます。
出店者
待って!€7で良いよ!

いや、最初吹っ掛けすぎじゃないですかw

まぁ、有名ブランドの食器だし€7ぐらいなら妥当なのか?

€7で手を打とうとしていたところ、
新たな人物登場。

おじさん
おいおい!それは高くないか?
€2で良いじゃないか!!

たまたま同じブースで買い物してたおじさんが
交渉はじめてくれて…

結果、€20って言われてた食器が€2になりました。

わたし
ありがとう!!
メルシーボク!!
おじさん
ここの市場は日本人観光客に対して高い値段を言うから、
値段交渉するときは遠慮なく僕を呼んでくれて良いよ!
多分そのへん歩いてるから。

おじさん、素敵すぎる。

確かに、どのブースでも最初はかなり吹っ掛けられました。

交渉下手な私はおじさんとの出会いに感謝しかありません!!

買ったもの

購入したものの一部と値段をメモします。

ベルギーで買ったもの

スープ皿5つで€3。(こちらもおじさんが値切ってくれました)

ベルギーで買ったもの

果物フォークのセット€3。

ベルギーで買ったもの

アントワープ大聖堂が描かれた陶器のピッチャー。€3。
花瓶代わりに使っています。

ベルギーで買ったもの

タンタン作者・エルジェの漫画は€1でGET☆

ブリュッセルの蚤の市を満喫し、
午後は電車でブルージュに移動します!

運河沿いの蚤の市 inブルージュ

ブルージュはベルギー北部にある観光都市。
運河沿いにレンガ造りの建物が並ぶ、絵本のような町です。

ブルージュの運河

行き方と開催情報

ブリュッセルからブルージュへは電車で約1時間。移動方法は別記事にしました☆

ベルギー旅行ならブルージュがおすすめ!日帰りした感想と町の見所
ベルギー旅行ならブルージュがおすすめ!日帰りした感想と町の見所
ブリュッセルから電車で1時間ほどの町ブルージュを旅行しました。運河沿いにレンガの並ぶ絵本のような街並み。ベルギーに行くなら是非訪れてほしいスポットです。

ブルージュの駅

到着後、駅から町の中心マルクト広場に向かって歩いていると
ダイフェル運河の岸で蚤の市が開催されていました。

ブルージュ運河沿いの蚤の市

場所はこのあたり。

3/15~11/15の土・日・祝、
10:00~18:00のあいだ開かれてるそうです。

参考4トラベル

マーケットの様子

ブルージュの運河

マーケットと並行するように横には運河が流れます。

買い物しながらふと目をやるとボートの乗客が手を振ってくれたりして、
景色や雰囲気バツグン◎

ブルージュ運河沿いの蚤の市

貴金属やレース、お菓子の型などが
各ブースの台の上にずらっと並べられてます。
先ほどのブリュッセルの蚤の市と比べて観光客向けというか、綺麗らしい雰囲気。

人通りが多い道で、プロの常連さんによる出店がメイン。
そのためお値段は高いです。

「よしゃ!掘り出しもの買い漁るぞ!!!」というよりは「散歩がてら覗いて、気に入ったものがあれば♪」ぐらいの気持ちで行くほうが良いかもしれません。

ブルージュ運河沿いの蚤の市

ルーベンスの銅板。
この男性がお買い上げしてました。
どんなお部屋にお住まいなのか、気になる。

ブルージュ運河沿いの蚤の市

私はベルギーらしく小便小僧&少女のプレートを購入。
もちろんトイレのドアに掲げます♡

まとめ

以上、私がベルギーで訪れた蚤の市でした。

アンティークに詳しくはないけど、
古い雑貨やマーケットの空間にはつい惹かれてしまいます。

ジュ・ド・バル広場で買ったスープ皿

昔遠い国の誰かが使っていた食器で飲むスープは、
不思議といつもより美味しく感じました 

今回紹介した市場どちらも値切り交渉前提のお値段でしたが…
訪れる際はそれも醍醐味ということで楽しんでみてくださいね

最近リエージュのアンティークマーケットにも行ったので、
そちらもまたの機会に記事にしますね。