結婚式の前に新婚旅行?実際行ってみるとメリット5つも見つけたよ

こんにちは!

次回から私たちの新婚旅行(アイスランド)の旅行記を書いていきたいのですが、
合間合間で結婚式や準備の体験談なんかもお話し出来たらなぁと思っています。

今回はその第一弾、タイトル通りなんですが

結婚式の前に新婚旅行に行ってみると意外にメリットがいっぱいだった

というお話です。

スポンサードリンク

新婚旅行が先になった理由は?

私たちは2016年4月に入籍、8月に特別休暇で新婚旅行、
そして11月に結婚式を挙げました。

夫との馴れ初めは別記事にしています

出雲大社のご利益!ヨーロッパ好きの夫と出会った嘘みたいな体験談
出雲大社のご利益!ヨーロッパ好きの夫と出会った嘘みたいな体験談
新米主婦のヨーロッパ旅行ブログ。今回は同じくヨーロッパ旅行が好きな夫との馴れ初めについて書きました。出雲大社ご利益の体験談的内容です。

結婚式の後ではなく前に新婚旅行に訪れた事から

「珍しいね!」

「旅行が好きな2人だから、式終わるまで我慢できなかったんでしょ?」

ってよく言われます 

その理由は決して我慢できなかったからではなくて、
仕事の都合でした。

2016年3月末に結婚を決めて、
4月に挨拶や入籍を済ませて新生活開始。

新婚旅行の計画はこれからゆっくり決めて行こうと、
とりあえず職場の特別休暇制度の規定を確認しました。

特別休暇:連続5日

入籍日もしくは結婚式日のうち
早くおこなうほうから数えて6ヶ月以内の取得を原則とする

わたし

…半年以内ってことは
もう入籍してるから11月までに行かんと駄目じゃん。

さらにいうと夫の職場は
仕事内容的に
8月・3月・年末年始しか連休が取れません。

つまりお互いの仕事の都合を考えると、
特別休暇を取れるタイミングは8月のみ

特別休暇の内容は会社によって様々ですが、
入籍(または結婚式)から半年~1年で失効してしまう所が多いようです。
使用期限があるのは盲点でした。

もちろん無理に特別休暇を利用しなくても、
ゆっくり貯金と計画してから有給を使って旅行する
という方法もあります。

(実際、私の周りの友人にはこのパターンが多いです☆)

私たち夫婦は「もらえる権利はここぞと活用したいタイプ」なので

もし同じように
これから入籍・結婚式・新婚旅行などの日取りを考える方、
特別休暇の利用を考えてる方は、
最初に規定内容のチェックをしてたほうが決めやすいです!

そもそも結婚式の前に新婚旅行ってアリ?

それじゃあ結婚式のタイミングはどうしよう?

と、考えてる時点で4月なかば。

これから式場を探して8月の新婚旅行までに結婚式を挙げるとなると…
おそらく準備が間に合いません。

旅行テーマの結婚式をするため
準備にはたっぷり時間をかけたかったのです。

海外旅行がテーマの結婚式?私達の披露宴と準備の全部を紹介します
海外旅行がテーマの結婚式?私達の披露宴と準備の全部を紹介します
ヨーロッパ旅行が大好きな私達夫婦。結婚式も旅をテーマに準備しました。招待状・席次表などのペーパーアイテム・余興・飾りつけ・料理・プチギフト…全部が旅行を意識☆式でやったことを一挙に紹介します。

そこで

いっそ新婚旅行のあとにしちゃおう!

11月に式を挙げることなりました。

そもそも式より先に新婚旅行に行くのはNGではないのか。
それを調べるところからスタートしました。

結果から言うと、

もし入籍前に出発するなら「婚前旅行」になるけど
入籍後なら「新婚旅行」としてOKです。

出発のタイミングは年々多様化してて、
ゼクシィで発表されてるアンケートによると…

アンケート

出典 ゼクシィ

少数派ですが式の前に行くという人もいますね!

理由は私たちと同様で、
会社の特別休暇や業務の閑散期に合わせた場合が多いみたいです。

あとは「オーロラが見たい」とか
「海外のディズニーハロウィーンイベントに行きたい」とか
旅行先での目的とベストシーズンを考えて調整される方もいるようですね。

とは言っても、たったの8%。

あまり一般的ではないので両親への
理由説明は必要になってきます!

実際、親の中では
「新婚旅行といえば式が終わった足で出発」
というイメージがあったようで‥。
最初は不思議がられました。

でも上で述べた事情を話すと納得してくれました。

 私が感じたメリット5点

ここからようやく本題です!

先に新婚旅行に行ってから式を挙げたことで、
思ってた以上に良い事がいっぱいありました。

私が感じた5つのメリットを紹介したいと思います。

①旅行と式それぞれに準備期間を持てた

結婚式の準備は3ヶ月前頃からどんどん忙しくなります。
3週間前になると毎週末、打ち合わせのため式場に足を運びました。

式の直後出発する場合は
それと並行して旅行の準備も進めなければなりません。

私たちは打ち合わせ頻度が増える時期には新婚旅行を終えてたので、
結婚式前の3ヶ月は式の準備だけに集中することが出来ました。

②旅行写真をムービーやウェルカムコーナーに使用できる

結婚式で流すオープニングムービーや生い立ちムービー。

オープニングムービー

最近は手作りする方も多いと思うのですが、
新婚旅行先での写真があったので作りやすかったです。

ウェルカムコーナー

絶景の中で撮った2人の写真はムービー以外にも
ウェルカムコーナーに飾ったり、ペーパーアイテムに登場させたり、、
とにかく重宝しました!

当時は思いつかなかったのですが、
せっかく事前に新婚旅行に行くなら
手頃なドレス買って持って行けば良かったなぁと今さら思ってます。
旅行と前撮りを兼ねて。

アイスランド

こんな景色の中でウェディングフォト撮れたら最高ですよね♡

③お土産をお礼・景品・プチギフトにできる

受付やスピーチをお願いするゲストには
お礼を渡すと思うのですが、
新婚旅行が先なら旅先で珍しいギフトが探せます!

結婚式

お見送り用のプチギフトに
新婚旅行先で買ったお菓子や雑貨を渡しても良いですね。

式に来てくれた全員にお土産が配れます☆

また、披露宴や二次会では
旅先で購入したお土産を景品にした抽選会やビンゴ大会もおすすめ。

旅行テーマ結婚式

私たちは各国の名物を景品にした国旗抽選会を行いました。

受付でゲストに国旗クジを引いてもらって、
式の途中でアタリを発表して景品(その国のお菓子など)を渡すっていう。

旅行テーマ結婚式

アイスランド以外に
乗り換えでフィンランドやスウェーデンにも訪れたので、
免税店に行くと色んな国の商品が手に入りました☆

④準備中のピリピリ感がやわらぐ

結婚式を挙げるカップルが
一度はぶちあたる準備中の喧嘩やイライラ。

「え?喧嘩しなかったけど…」
という方がいましたらゴメンナサイ!
この項目ごと無視してください!

私たちも普段はめったに喧嘩しないのですが、
入籍後しばらくは結婚式のことで度々ぶつかってました。

わたし

夫が結婚式に非協力的…

私だって仕事や家事しながら準備してるのに…

自分が言いだした結婚式なのにイライラされても…

こっちも仕事忙しいのに…

わたし

こんな気持ちのまま式で永遠の愛なんて誓えない!

まさにマリッジブルー真っただ中でした。

元は他人だった人との慣れない新生活、
家事、仕事、式の準備。

気が抜けない毎日にピリピリしてたんだと思います。私も夫も。

その途中で旅行に行けたことが
かなり息抜きになりました!

アイスランド

単純だけど、海外で色んな人に出会ったり雄大な景色を見ると、
小さなことでイライラしてるのが馬鹿らしく思えてきました

いつもと違う環境のなか
楽しいことも感動もトラブルも共有できたことで、
お互い結婚を決めた時の気持ちに戻れたんだと思います。

おかげで新婚旅行後~式当日の3ヶ月は
おだやかな気持ちで準備を進めることが出来ました

⑤式当日に「おかえり」を感じられる

式直後に新婚旅行へ旅立つ新郎新婦は、
ゲストから「いってらっしゃい」って声かけられたりしますよね。
友人の結婚式で見て素敵だなぁと思ったのを覚えています。

私たちは逆に「おかえり」って言ってもらえて‥
それが何だかすごく嬉しかったです。

旅先から帰ったあとに家族や友人の顔を見ると本当にほっとします。

しかも自分の式のために
はるばる集まってくれてるという幸せな状況。

楽しい反面やっぱり不安や緊張も感じる海外旅行。

そのあとだったから余計に、
身近な人や生まれた国に対する安心感が染みました。

デメリットは?

逆にデメリットも考えてみました。

まず金銭面ですが、
旅行後に結婚式というお金のかかる行事が控えているのに
旅行代で貯金がどんどん減っていくという焦りがありました。

わたし

先月は航空券とホテル代○十万の引き落とし!

今月は現地で使ったお金○十万!

来月式場への支払いが待ってるのに…!!

もちろん式と旅行の両方おこなう時点で、
どちらが先でも かかる費用総額は同じなんですけどね^^;

たぶん引き落としの時期と気持ちの問題です!

また内祝に旅行のお土産を渡す方は多いと思うのですが、
新婚旅行が先だとそれが難しいです。

お祝いを頂くタイミングは結婚式の当日と直前が多いので、
3ヶ月前に新婚旅行を済ませていた私たちは
日本でお返しを用意することになりました。

デメリットというほどでもないですが、
私たちが気になったのはこの2点です。

まとめ

以上、
私が結婚式の前に新婚旅行した理由と体験談でした。

もともとは仕方なく選んだ方法だったのに、
経験してみると良いコトのほうが多かったです!

まだまだ少数派な「結婚式前の新婚旅行」ですが、
これから結婚を迎えられる方は
選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょう。