レイキャビクでお手頃なレストラン探し☆私が訪れたおすすめ店を紹介

スポンサードリンク


こんにちは!

アイスランド新婚旅行。
今回は私たちがレイキャビクで訪れたレストランと食べた物をまとめます。

物価の高い街ですが、
その中では比較的気軽に食べれて美味しかったなと思う3店です☆

この旅行の全体概要

  • 期間:2016年8月6日~8月15日
  • レイキャビク6泊+経由地ストックホルムとヘルシンキで1泊ずつ
  • 航空券+ホテルはエクスペディア / 現地ツアーはVELTRAで手配
  • 1ISK=約1円(2016年旅行当時)

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

宇宙一おいしいホットドッグ!?

まずは私たちが滞在中何度も通った立ち食いスタンド。

レイキャビクに来たらはずせない

Bæjarins Beztu Pylsur(バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル)

のホットドッグです !!

レストラン」ってタイトルなのに
さっそく立ち食いスタンドの紹介?!

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

Pylsurピルスルというのが
アイスランド語でホットドッグやソーセージの意味。

1937年に開店し、
アメリカのクリントン元大統領が何度も訪れたことや
「宇宙一のホットドッグ」なんてキャッチコピーなどから話題に。

ガイドブックやテレビでも必ず紹介されるお店となりました。

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

この行列で人気ぶり分かってもらえるのではないでしょうか!

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

いつ行っても行列が出来てるけど、店員さんは慣れたもの。
テキパキ手際が良いので、すぐに順番は周ってきます。

クレジットカードも利用OK。
さすがはカード普及率No1の国✨

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

実際に食べてみた感想は

わたし

宇宙一は言い過ぎかと思うけど、美味しい!

人気の秘密は素材というより
ソースとトッピングかなと思います。

パンはごくごく普通でしたが
ブラウンマスタード+マヨネーズみたいな甘いソースが特徴的です!

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

ソーセージには羊の肉がベースに使われてるそうで、
確かにちょっとラムっぽい臭みを感じます。

でもそれが
玉ねぎの辛味とフライドオニオンの香ばしさと
ソースの甘味によって調和されるというか。

注文時にトッピングで要らないものあるか聞かれると思いますが、

是非全部乗せで食べてみてください!

トッピングが揃ってこその美味しさだと思いました!

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

  • ホットドッグ480ISK
  • ドリンク200ISK

値段もお手頃なほうなので、町歩きしてて小腹が空いた時にピッタリです。

私はパンがもう少し硬いフランスパンっぽいのが好きだな~と思ったのですが、
夫はここのホットドッグがツボだったみたいで。
滞在中数えきれないぐらい食べてましたw

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

スタンド横には少しだけ飲食スペースも◎

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

歴史が書かれたパネル。

店舗情報はこちら

場所は市の中心部。
コンサートホール、ハルパの近くです。

  • Bæjarins Beztu Pylsur DATA
  • Tryggvagata 1, 101 Reykjavík
  • 10:00~翌1:00(金・土は~翌4:30)
  • 市内HAGKAUPスーパー内等にも店舗あり
    他店舗情報や最新情報はこちらをご確認下さい

営業時間、驚くほど長いです

バイヤリンス・ベストゥ・ピルスル

年越しの真夜中にも元旦にも
ばっちり営業してました!

ちなみに写真は元旦の朝2時です。
そんな時間でもこの行列…ww

魚料理ランチが美味しいレストラン

続いてランチを食べにレストランへ。

日本と同じく島国のアイスランドでは、魚介類がよく食べられます。
前日はラム肉を食べたので、この日は魚料理が食べられるお店を探しました。

オスタブージン

街のメイン通りでレストランを発見。

この店はどんなもんだろう?

店先に貼られた英語メニューを頑張って解読していると、
突然通りがかりのおじさんが登場。

おじさん

君たち、それはディナーのメニューだよ!

ランチはメインの魚料理にパンが付いてて2100ISK。
水も出してくれるよ。

注文するには店員さんに”Fish of the day”と言えば伝わるからね。

レイキャビクで食事に悩んでるならこのレストランは本当に美味しいよ。僕が保証しよう。

丁寧に全て教えてくれました 

こちらから聞いたわけでもないのに、なんて親切なんでしょう~~*

というワケで、
ランチは地元民のお墨付きレストランOstabúðin(オスタブージン)に決定!

言われた通り「フィッシュ・オブ・ザ・デイ」頼んでみました。

オスタブージン

そして言われた通り、お水も出てきました 

ヨーロッパはお水も有料な国が多いので、
頼まなくても出してくれるのは有難いですよね。

オスタブージン

まずはパンから。

オスタブージン

このパン、外はサクっと中はフワッとしてて
塩気も絶妙で、めちゃくちゃ美味しかったです!
そのまま食べても良いし、バターやオリーブオイル付けても合います☆

オスタブージン

そして来ました!メインの魚料理。

魚の種類やソースは日替わりで変わりますが、
おじさんいはく「いつ来ても間違いない!」そうです。

オスタブージン

この時は白身魚の下がバターライス。ソースはカレーマヨネーズ。

カレーマヨって聞くとパンチ効いた濃い味のイメージですが…
食べてみるとすごく上品でまろやかでビックリ!

ふわふわのお魚やライスと相性バツグンでした。

残ったソースをパンに付けても美味しかったです。

オスタブージン

店内のインテリアも可愛いし、店員さんも親切。
あとお手洗いも無料で利用出来ました!

良いお店に巡り合えて大満足。
オススメしてくれたおじさんに感謝です♡

わたし
Fish of the day おいしかったよ!

って伝えたい 

店舗情報はこちら

ハットルグリムス教会から
Skólavörðustígur通りを下っていくと左手に見えます。

  • Ostabúðin DATA
  • Skólavörðustígur 8, 101 Reykjavík
  • 11:30~22:00(土・日は12:00~)
  • ※ランチは月~金の11:30~15:00
    他店舗情報や最新情報はこちらをご確認下さい

お隣には同じ経営の惣菜屋さんも☆

オスタブージン

リーズナブルなシーフードレストラン

最後に、晩ごはんを食べに訪れたお店はこちら。

シーバロン

Saegreifinn – The Sea Baron(シーバロン)

海沿いに建つシーフードレストランです。

シーバロン

入り口はこざっぱりしてますね。
日本でいう漁師小屋の食堂のような
素朴な雰囲気です。

カウンターで注文して先に支払い。
空いてる席に座って待ってると持って来てくれます☆

私たちの目当ての料理はこちら。

シーバロン

このお店の名物、ロブスタースープ:1400ISK

アイスランドでいうロブスターは
手長エビという小さなエビのことで、名物のひとつ☆

SeaBaronはロブスタースープを
お手頃価格で味わえる店として人気です。

見た目ほど濃くなくてあっさりした味付け。
ロブスターの身が少し入っています。

シーバロン

このお店でもパンが付いてきました!
セルフのお水も用意されてます。

シーバロン

一緒にエビやホタテのグリルも注文:1500ISK前後

シーバロン

レイキャビクでディナー時に海鮮料理を食べようと思うと
1人5000円とか平気で超えちゃうのですが、、

このお店は時間帯関係なくお手頃に食べられるのが嬉しいです。

シーバロン

串焼きなどのシンプル豪快なメニューばかりですが、
海のそばのテラスで食べるシーフ―ドは
とっても美味しく感じました☆

店舗情報はこちら

  • Sea Baron DATA
  • Geirsgata 4a, 101 Reykjavík
  • 11:30~22:00
  • 最新情報はこちらをご確認下さい

まとめ

アイスランドは魚介類が豊富で、
味付けも素材を活かしたシンプルなものが多め。
日本人の口にも合いやすいんじゃないかなと思います。

私たちは自炊メインで旅行していたので
外食したのはラスト2日のみですが、
食べた料理にハズレはありませんでした!

紹介したお店はレイキャビクの中ではリーズナブルなほうなので
「予算抑えつつ現地のものを食べたい」という方は
是非候補に入れてみてくださいね。