フュッセン観光☆「ロマンティック街道終点」の家の壁ってどこ?

こんにちは!

2017年秋に訪れたドイツ・オーストリア・ハンガリー旅行。

ドイツ~オーストリア~ハンガリー周遊の日程・費用・旅行記まとめ
ドイツ~オーストリア~ハンガリー周遊の日程・費用・旅行記まとめ
ドイツ・オーストリア・ハンガリーを5泊7日で列車旅行しました。かかった費用、日程をまとめました。

半年前に書き終えた旅行記ですが、
書き急いではしょった内容があるので
追加でいくつか記事を書くことにしました!

追加1回目の今回は、
ドイツ・フュッセンで訪れたロマンティック街道の終点について☆

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 航空券+ホテルはエクスペディア で手配

日程・費用の詳細

スポンサードリンク

ロマンティック街道の終点とは?

そもそもロマンティック街道とは?

語源は「ローマへの道」。

ドイツ南西部を南北に縦断する、
約366kmの街道のことです。

といっても厳密に1本の道があるのではなく、
ほぼ直線上に点在する中世らしい街やお城・教会などを
訪れやすいように順路づけた観光ルートのことを指しています。

ロマンティック街道をめぐるツアーバスもあるぐらい、
ドイツ旅行では定番のルートとなっています。

ロマンティック街道の起点は、
ドイツ中部のマイン川沿いに位置するヴュルツブルク。

そこから南へ進むと

ローテンブルク

日本人にも人気のローテンブルクや、

ネルトリンゲン

円形の壁が特徴のネルトリンゲンなど、
中世の面影残る街がいっぱい。

猫と隕石と豚と巨人。ネルトリンゲンは逸話でいっぱいの町でした。
猫と隕石と豚と巨人。ネルトリンゲンは逸話でいっぱいの町でした。
ドイツ・ロマンティック街道沿いの町ネルトリンゲンに訪れました。『進撃の巨人』のモデルでは?と噂される、円形の壁に囲まれた町です。 聖ゲオルク教会、ダニエル塔を観光。

ノイシュヴァンシュタイン城

さらには世界遺産ヴィース教会やノイシュヴァンシュタイン城を経て…

ノイシュヴァンシュタイン城とヴィース教会。1日で周るには?
ノイシュヴァンシュタイン城とヴィース教会。1日で周るには?
ノイシュヴァンシュタイン城&ヴィース教会は個人で1日で周れるか?お城の内部は見学する時間あるか?私が電車とバスで実際にめぐった1日を記録します。フュッセンSTART⇒ザルツブルクGOAL。似たルートをお考えの方はご参考にどうぞ☆
事前ネット予約がおすすめ!ノイシュヴァンシュタイン城内の見学方法
事前ネット予約がおすすめ!ノイシュヴァンシュタイン城内の見学方法
ノイシュヴァンシュタイン城内の見学は事前予約がおすすめ!申し込み~見学の流れを書いています。

その最南端に位置するのが、フュッセンなのです!

オーストリアとの国境もほど近く
豊かな自然に囲まれたフュッセンの街は
「終着点」のイメージにぴったり。

15~16世紀にイタリアとの通商や楽器制作で栄えた歴史ある町で、
お城や教会、博物館など観光スポットも多いです。

その中で私が気になった場所。
それが「ロマンティック街道の終点」と記された門でした。

街のはずれの高台で見られると聞いて、

わたし
これは一目見てみなければ!

探してみることにしました♪

個人的に「日本最北の街」とか「ヨーロッパ最西端」とか
そういう類の場所に弱いんですよね。ミーハーなんだと思います 

ポルトガルではユーラシア最西端の岬に訪れました

ポルトガル観光|ロカ岬&シントラ観光で混雑を避けるモデルコース
ポルトガル観光|ロカ岬&シントラ観光で混雑を避けるモデルコース
リスボンから日帰りでロカ岬・シントラ・カスカイスへ訪れました。お得なチケットと、スムーズな周り方(失敗例と成功例)を紹介します。

行き方案内

大人気スポットが集まるロマンティック街道ですが、
その終着点は超・見つけにくかったです…!

地図やガイドブックに位置詳細が載ってなくて
目的地付近で探し回りました><

カーナビで目的地付近で案内終了される、あの感覚です。

なので実際に行かれる方のために、
道順をなるべく詳細に、写真をまじえつつ案内しますね!

フュッセン中心部は時計塔が見える広場

フュッセンのメイン通り

フュッセンのメイン通りは駅から東へ200m。
南北に延びるライヒェン通りReichenstraßeです。

パステルカラーのお店やホテルが並んでます。

私たちもこの通り沿いのホテルに宿泊しました。 こちら

フュッセンのメイン通り

時計塔が見える広場が町の中心です。
突きあたりがY字になっているので左手へ。

聖霊シュピタール教会

白壁の大きな建物はフュッセン博物館です。

博物館に沿ってレヒハルテ通りLechhalde を進むと、
奥に赤色の教会が見えてきます。

聖霊シュピタール教会 Hl.-Geist-Spitalkirche。

ファサードのフレスコ画が特徴的な教会で、
終着ポイントへ向かう際の起点になります

ここまでのルートはこんなかんじ。
駅からメイン通りに入り、時計塔の広場を経由してます。

ここからは2通りの行き方があるので
両方を紹介しますね!

ルート①坂道を通ってシュテファン修道院を目指す

まず分かりやすいルートから。

シュピタール教会の前の道まで来たら、
教会の正面に向かって左手へ。

聖霊シュピタール教会

シュピタルガッセ通り

⇧シュピタルガッセ通りSpitalgasseをまっすぐ進みます。

ゆるやかな坂道をのぼってくと
フランツィスカーナー修道院の敷地が見えてきます。

敷地の柵内には入らず、T字路(Y字路?)を右手に。

フランツィスカーナー修道院

白い修道院の壁沿いを進んで…

ロマンティック街道の終点

わたし
ここホントに合ってる?
友人
どんどん道が細くなってくね

自信なくなってくるけど、
黄色い家が見えたらそれで合ってます!道なりに奥へ。

ロマンティック街道の終点

ありました~~!!

門の上に “Ende der romantische Straße”(ロマンティック街道の終点) の文字!

街道を出発点から辿った訳でもないのに、、
すごく達成感があります。

たぶん見つけるのに手間取ったからですね 

ロマンティック街道の終点

黄色いマークは、フュッセン市の紋章。
3本足がフュッセンから延びる
3つの街(アウクスブルク・ケンプテン・イタリア)への道を示しているそうです。

ルート②レヒ川沿いを歩くルート

シュピタール教会からゴール地点まで、
もうひとつの行き方を紹介します。

シュピタール教会

まずは先ほど同様にシュピタール教会の前を左手に。

シュピタルガッセ通りSpitalgasseに入ると
すぐ右手に木とベンチが見えます。

シュピタルガッセ

フュッセン

木の奥の細い路地に入って右に曲がると…

フュッセン

路地の向こうに川が見えてきました!

レヒ川

フュッセンの南側を流れるレヒ川。

明るい時に見るとエメラルドブルーの色をしていて
嘘みたいな美しさです✨

レヒ川

ノイシュヴァンシュタイン城の展望台から⇧

川沿い手前の道フロサーガッセFloßergasseを東に進むと、

突きあたりクリーム色の民家の奥に細い階段が見えます。

ロマンティック街道の終点

のぼり切るとゴール横にある修道院が見えました!

距離的に近いのはこの行き方ですが、
民家の間を抜けるのは気がひけるし、
細い道をくねくね曲がるため分かりにくかったです。

どちらかというと
ひとつ目に紹介したルートのほうが
迷いにくいと思います。

まとめ

ロマンティック街道の終点は、
訪れてみると想像以上にひっそりとした場所でした・・

ひっそりしすぎて、
お隣の修道院には到着しても
目的の壁をなかなか見つけられませんでした。

それで今回このような記事にさせてもらいました!

壁のある黄色い家は地図でいうとココ。

壁自体に派手さはありませんが、
近くを流れるレヒ川と爽やかな空気感が、
散策のコースにぴったりです。

ロマンティック街道の終点

ゴール地点の高台からはホーエス城とフュッセンの中心部がよく見えます☆

ノイシュヴァンシュタイン城を訪れるため、
フュッセンを起点にするという観光客は多いと思います。

中心部に宿泊される方は、
是非この終点の壁をゴールに朝散歩など
されてみてはいかかがでしょう ✨

ロマンティック街道の終点