フランクフルト乗換ダブリンへ。空港~市内移動はエアコーチが便利☆

スポンサードリンク


こんにちは!

アイルランド夫婦旅行♪
今回は乗り換え地フランクフルトからダブリンへ。

  • ルフトハンザLH0978便の搭乗記
  • ダブリン着後の空港から市内への行き方

についてご紹介します。

この旅行の全体概要

  • 2017年12月25日~2018年1月4日
  • 9泊11日の夫婦旅
  • 日本~アイルランドの往復航空券はエクスペディア予約
  • アイルランドメインに途中アイスランドとイギリスも訪問

スポンサードリンク

ルフトハンザにてダブリンへ

日本からアイルランドへの直行便は出てなくて、
途中ヨーロッパや中東の都市で乗り換えが必要です。

ANA深夜便

私たちはドイツ・フランクフルトで乗り換えました。

(日本⇒フランクフルトの移動は前回記事をご参照下さい☆)

フランクフルト・マイン空港で

フランクフルト到着後は
Connecting flights (乗り継ぎ)の案内に従って歩きます。

途中、日本から一緒の飛行機に乗ってきた乗客の殆どが
入国審査の列に進みますが、アイルランドに向かう場合は入国しません

これは何故かと言いますとドイツをはじめヨーロッパの国の多くは
シェンゲン協定に加盟してるからなんですね

シェンゲン協定は簡単にいうと
ヨーロッパの加盟国同士が出入国審査なしで国を行き来できる協定のこと。

例えばドイツ乗り換えの場合、
イタリア行くにもスペイン行くにも乗り換え地で入国を済ませるため、
到着地では入国審査がありません。

でもアイルランドはシェンゲン協定加盟国ではないため、
ドイツでの入国審査はナシ。
アイルランドに到着してからの入国となるのです。

このへんの事は特に理解してなくても
自分の乗る便のゲート表示に従って進めば問題ないのですが、、

私たちは間違えて(人の波につられて)入国の列に並びそうになったため、
書かせて頂きました!

フランクフルト空港

フランクフルトでは4時間の乗り換え待ちがあったので、
通貨を両替したりソーセージを食べ歩いたりして過ごしました。

フランクフルト空港施設案内

フランクフルト空港

ゲートの上階にあるレストランKuffler & Bucher。
6:00~21:00まで開いているので時間つぶしにぴったり。

フランクフルト空港でソーセージ
空港価格ですがソーセージのプレートも食べられます。

お店のサイトはコチラ

フランクフルト空港でソーセージ

「はしご酒」ならぬ「はしごソーセージ」
2軒目は搭乗口のカフェにて。

カフェでもソーセージ3種ほど売られてました!
さすがはドイツですね✨

フランクフルト空港

搭乗口には椅子も多くゆったり過ごすことが出来ます。
無料Wi-fiも利用可能♪

ルフトハンザ機内で

ルフトハンザ

フランクフルト⇒ダブリンは所要約2時間。
機体はA321。3+3のシート配置です。

ルフトハンザ

エコノミーエリア。
近距離なので個人用モニタなどはないですが、
薄型シートで足元広く、過ごしやすい機内でした♪

ルフトハンザのシンプル&スタイリッシュな雰囲気好きです♡

ルフトハンザ軽食

途中ドリンクと軽食のサーブあり。
大きなクッキーかサンドイッチを選択できました。

空からのアイルランド

ダブリンはアイルランド東海岸沿いの都市なので、
イギリスを超えて海を超えて、
陸が見えてきたら間もなく着陸です。

初上陸にワクワクが止まりません…✨✨

ダブリン国際空港

到着後は入国審査と預け荷物の引き取りを済ませて、空港の外へ。

ダブリン国際空港はターミナル1と2に分かれてて、
ルフトハンザはターミナル1に到着しました。

ダブリン国際空港

両者は隣接してるので徒歩5分ほどで行き来することが可能。
写真奥に見えるのがターミナル2です。

空港⇒市内の移動方法

ダブリンの市内中心部は空港の南約12kmあたりに位置します。

空港と市内を結ぶ電車はなくて、
タクシー以外の移動方法は下記の通り。

(運賃は2018年記事投稿時 / 所要時間は空港~オコンネル・ストリートまでの時間を記載)

…なんだかバスばかりで混乱しますよね 

価格や所要時間、宿泊ホテルの近くに停まるかどうかで選ぶと良いと思います。

停車回数多くても安さ重視ならダブリンバスNo16だし、
セントラルバスステーションやヒューストン駅で降りたければエアリンクNo747
というかんじで☆

私たちはエアコーチNo.700を利用しました。
宿泊ホテルのあるオコンネル・ストリートまでの
所要時間が1番短いためです

移動方法は地球の歩き方を参考にしました

空港⇒市内の乗り場

エアコーチは第1ターミナル第2ターミナル両方に乗り場があります。

エアコーチ

第1ターミナルは出口を出てすぐ。

第2ターミナルは出口から
「BUS」の表示に従って進んだところに。

私たちは第1ターミナルに到着したので前者の乗り場です☆

チケットは乗り場にあるカウンターで購入しました。
クレジットカードは不可でした…。

片道€7 / 往復€12 (2018年記事投稿時)

往復で買うと1人€2お得。
公式サイトからのオンライン予約も少しお得になります 

エアリンク

お隣の乗り場にはエアリンクNo.747のバスが発着してました。

ちなみにエアリンクの場合は
事前に日本語でのオンライン予約が出来ます!

価格も現地で買うのと同じなので
英語での購入が不安な場合はエアリンクの利用がおすすめ♪

エアコーチの車内

エアコーチ

エアコーチNo.700の話に戻りますね。
エアコーチは車両下にトランクがあるのがメリット☆

スーツケースなどの大きい荷物を預けて乗れるので、
車内ではゆったりと座れます。

エアコーチ

競合が多いからでしょうか。エアコーチはこの旅行中4回利用したのですが
いつも乗客は2~3組。全然混んでませんでした。

エアコーチ

車内はWi-fi利用可能。
ふっくらしたシートで乗り心地も良かったです

エアコーチ降り場

オコンネル・ストリートのGresham Hotel前で下車。

バスはこのあとオコンネル・ストリートを南下して
リフィ川の橋の上にも停車します

市内⇒空港の乗り場

市内から空港へ行く際は
オコンネル・ストリート(到着したGresham Hotel前バス停の向かい)
からバスが出ています。

エアコーチ乗り場

リフィ川の南側ウェストモアランド・ストリート
にも乗り場がありました。

青とオレンジの看板がエアコーチの目印☆

乗り場に券売機がないうえに
車内で買うとおつりが出ないので、
チケットは空港到着時に往復分買っておくか
オンライン購入しておくのがスムーズです。

市内~空港を25分ほどで結ぶエアコーチNo.700。

なんと24時間運行しているので
早朝の出発・深夜の到着にも便利ですね。

エアコーチの概要をおさらい

  • オコンネル・ストリートまで最短の所要約25分
  • 3:25~23:55の15分置き、23:55~3:25の30分置きに運行(時刻表)
  • 市内中心部はオコンネル・ストリートの北側と南側に停留所あり
  • 片道€7 往復€12 オンライン予約もお得
  • チケットはオンラインか空港の乗り場で ※車内はおつりが出ない

まとめ

以上、

  • ルフトハンザLH0978便の搭乗記
  • ダブリン着後の空港から市内への行き方

でした!

フランクフルトからダブリンには
1日大体5本の直行便が出ています。
(ルフトハンザやブリティッシュエアウェイズなど)

今回利用した10時台発のルフトハンザはその中でも1番早い出発で、
午前中にアイルランドに到着しました☆

空港~市内の移動も特に不便なく、
午後の時間をまるまるダブリン観光に使えたのが良かったです!

次回からしばらくアイルランドの旅行記が続きます。