アイリッシュシチューもボクスティも☆ダブリンの美味しいレストラン

スポンサードリンク


こんにちは!

アイルランド夫婦旅行♪
今回は私たちがダブリンで訪れたレストランをご紹介します。

この旅行の全体概要

  • 2017年12月25日~2018年1月4日
  • 9泊11日の夫婦旅
  • 日本~アイルランドの往復航空券はエクスペディア予約
  • アイルランドメインに途中アイスランドとイギリスも訪問

スポンサードリンク

アイルランド料理が食べられるお店

私たちがアイルランド旅行中に絶対食べたかったもの。
それはアイリッシュ・シチューです✨

アイリッシュ・シチューとは
羊肉と野菜を弱火でじっくり煮込んだ、
寒い冬にぴったりな伝統料理。

パブメニューの定番なのですが、
私たちはパブじゃなくてレストランで
アイリッシュ・シチューが食べれる場所を探しました。

そのいきさつは、、

お酒飲めなくてもパブって入って良いのかな?
わたし
アルコール以外も置いてるらしいよ!
アイルランド来たからにはパブ体験してみたくない?

ダブリンの繁華街テンプルバー地区に行き、
伝統的なパブを覗いてみます。

わたし
・・・・・・

常連客のおじさん達が集まり、
大きなジョッキ片手に談笑してる店内。

わたし
ごめんやっぱりお酒メインのお店はハードル高い
食事メインのレストラン探そっか!
賛成…!

旅行好きなわりに超小心者な私たちです (涙)

そんな私たち夫婦でも入りやすそうなお店を探し歩いて
見つけたのがこのお店。

ボクスティ

BOXTY House

ダブリンの繁華街、
テンプルバー内に位置するレストラン&バーです!

女性も入りやすい雰囲気

ボクスティ

外から見ただけでも、ガラス張りで明るい雰囲気 ✨

わたし
ここなら私たちでも入れそう!

ボクスティ

思った通り、
カップルや家族連れ、女性客、観光客が主な客層。

ボクスティ

内装も可愛い☆

ボクスティ

バーカウンター以外に
椅子のあるテーブル席もたくさん用意されてるので、
ゆっくりと食事が出来ます。

そして
この時私たちのテーブルを担当してくれたウェイターさんによって、
初アイルランドの緊張が一気に消えました!!

とっても愛想よくてチャーミングだったんです。(男性だけど)

アイリッシュ訛り&早口で半分ぐらいしか聞き取れなかったけど、
とにかくいっぱいしゃべりかけてくれました

気さくなウェイター

日本人?

量多いからお皿2つに分けて出してあげるよ!

ほら見て!綺麗にシェア出来たよ!
肉も野菜も均等!

美味しい?味付けはどう?

アイルランド人は
おしゃべり大好きな国民性で知られてるそうですが、納得

夫があまりお酒飲めないの分かると
さっとお水を置いていってくれたり、
お会計時のレシートに
手書きで”Many thanks”の文字を添えててくれたり…

海外でこんなに丁寧な接客を受けたのは初めてで。
こういう接客ならチップも惜しくないですね♡

ただ、滞在中もう一度このお店に訪れた時は別のウェイターさんが担当で、
びっくりするぐらい事務的でした 

最初に訪れた時がアタリの店員さんだったようです。

食べたメニューを紹介

私たちがこのお店で食べたメニューがこちら。

  • サイダー(グラス)
  • 黒ビール(グラス)
  • アイリッシュ・クリーム
  • ハンバーガー&ポテトフライ
  • 肉のガーリックボクスティ
  • アイリッシュ・シチュー&パン

料理は一品€20前後、飲み物はグラス一杯€3~。
ふたりで合計€70ぐらいでした。
(レシートにチップ欄があり1割ほど上乗せしました)

メニューはお店サイトからチェック可能☆

食べたものそれぞれ簡単に紹介しますね!

サイダー

サイダーというと無色の炭酸飲料をイメージしますが、
アイルランドではリンゴの発砲酒のこと。

黒ビールとサイダー

このお店で出てきたのはStonewell社のものでした。(写真左)

アルコール度数は5%ほどなので、
さっぱりと飲みやすかったです。

黒ビール

そしてアイルランドといえば
ギネスに代表される黒ビール Stoutですよね☆

黒ビール

黒くなるまでローストした大麦を上面発酵によって醸造させていて、
きめ細かい泡が特徴です。

このレストランではギネスは取り扱ってなくて、
かわりにマーフィーズMurphy’sのグラスを注文しました。

アイリッシュ・クリーム

アイリッシュクリームとは
アイリッシュ・ウイスキーをベースに
クリームを加えた甘いリキュールのこと。

日本ではベイリーズが有名だと思います♪

アイリッシュ・クリーム

ちなみにこれ、飲みかけではありません!w

最初からこの量なので、
喉を潤すというよりは食後のデザート感覚ですね。

ハンバーガー&ポテトフライ

ハンバーガー

デクスターという牛で作ったジューシーなハンバーガー☆
チーズや野菜もたっぷり挟まれててボリューム満点。

アイルランドはジャガイモが名産だけあり、
ポテトフライが厚切り&ほくほくでした◎

アイリッシュ・シチュー&パン

目当てのアイリッシュ・シチューがやって来ました。

アイリッシュ・シチュー

スープがトロトロになるぐらい煮込まれたラムは、
柔らかくて本当に美味しい!✨

ニンジンもジャガイモもゴロゴロ入ってて食べ応え十分。

旅行中ほかのお店でも何度か食べたのですが、
このお店が1番でした

アイルランド産のバターがたっぷり添えられたパンも美味しかったです。

肉のガーリックボクスティ

アイリッシュ・シチューもおすすめですが、
このお店で是非食べて頂きたいのはボクスティという料理。

ボクスティBOXTYとは
じゃがいもで作ったパンケーキのこと。

知らずに入店したけど
このお店の看板メニューらしいので注文してみました!

わたし
店名の”BOXTY HOUSE”って料理名から来ていたんですね~

私たちが頼んだのはフィレ肉のガーリックボクスティ。
じゃがいもとバター、ベーキングソーダなどをまぜて作った生地で
くるまれた肉にソースがかけられています。

ボクスティ

日本のパンケーキとは違い、
どちらかというとクレープのような薄い生地。

わたし
美味しい!「洋風とんぺい焼き」ってかんじ!
それ褒めてる?

例えが下手ですみませんw
ボクスティ美味しいです!

ポテト生地で巻かれていることでガーリック味のお肉がマイルドに。
きのこクリームのソースの味付けもバッチリでした✨

まとめ

以上、
レストラン&バー BOXTY House の紹介でした!

今回紹介したメニュー以外にも
「フィッシュ&チップス」「牡蠣」「ムール貝のワイン蒸し」といった
アイルランド名物がひと通り食べられるので、
レストラン探しに困ったら訪れてみてください。

特に店名にもなっているボクスティは、
扱ってるお店自体少ないので是非ここで☆

テンプルバーエリアの訪れやすい立地です。

  • Gallaghers Boxty House DATA
  • 20-21 Temple Bar,Dublin 2
  • +353 1 677 2762
  • 11:00~22:30
  •  最新情報はサイトをご確認下さい。サイトから席の予約も可能☆