5連休でチェコ・トルコを訪れた日程・費用・旅行記まとめ

トルコ・チェコの費用・旅行記まとめ




こんにちは!

前回でチェコとトルコの旅行を終えたので
各日程の行動と記事をまとめました。

スポンサードリンク

旅行概要

  • 旅行時期は2013年10月なかば
  • 友人との2人旅
  • 3泊6日、ターキッシュ・エアライン利用
  • プラハ2泊、イスタンブール1泊
  • 朝食付きホテル利用

予約時にかかった費用

  • 往復航空券(ターキッシュ・エアライン深夜便利用)
  • ホテル3泊
  • イスタンブールホテルへの送迎

この3つがパックになった16万円のツアーを利用しました。

日程ごとの記事と一人あたりのかかった費用

1日ごとに行った場所の旅行記と現地でかかった費用をまとめました。

※お土産・買い物代は費用から省いています。
2013年当時概算の円表記なので、ご参考までに・・

※特にトルコはここ3年でレートが大きく変わっています!
最新レートでのご確認をおすすめします。

1日目:大阪出発⇒

仕事後、夜 (21:40) に関空発。

深夜便は便利!会社員の私が5連休でヨーロッパ+トルコ旅行した方法
深夜便は便利!会社員の私が5連休でヨーロッパ+トルコ旅行した方法
短い休みでもヨーロッパ旅行に行きたい!5連休でチェコとトルコを訪れた日程と深夜便のおすすめ点などを書いています。

2日目:⇒イスタンブール⇒プラハ観光

早朝、アタトゥルク空港(トルコ)で乗り換えて午前中にプラハ着。
午後、プラハ城観光後レストランで夕食。

初めての夜発ターキッシュ・エアライン&プラハの空港⇒市内への移動
初めての夜発ターキッシュ・エアライン&プラハの空港⇒市内への移動
日本からイスタンブール経由でチェコ・プラハの街へ。ターキッシュ・エアライン(トルコ航空)の感想と、プラハの空港から市内への移動方法について書いています。
ヨーロッパらしい景色を一望☆プラハ城の教会南搭からの展望に感動!
ヨーロッパらしい景色を一望☆プラハ城の教会南搭からの展望に感動!
プラハの町並み展望を見たくて、プラハ城を訪れました。聖ヴィート教会内部と、南塔に登った話です。
はちみつケーキとチェコ料理を求めて、雨のプラハを駆け回った話。
はちみつケーキとチェコ料理を求めて、雨のプラハを駆け回った話。
プラハ旅行初日。はちみつケーキやチェコ料理などを求めてお店探しするも、行くレストランに4連続で入れないというドタバタ話です。

この日の支出

  • トルコの空港でパンとカフェラテ:約300円
  • 空港→市内へエアポート・バス:約200円
  • プラハ市内交通3日券:約1550円
  • プラハ城の南塔入場料:約750円
  • 夕食代(肉2品、サラダをシェア、ビール、チップ):約2000円

3日目:チェスキー・クルムロフ日帰り観光

チェスキー・クルムロフへ日帰り。

バスか電車か?プラハからチェスキー・クルムロフへの行き方
バスか電車か?プラハからチェスキー・クルムロフへの行き方
チェスキー・クルムロフにプラハから日帰りしました。行きはスチューデント・エージェンシーというバスで、帰りは電車を利用。それぞれの感想や利用方法について。
プラハから日帰りにぴったり!秋のチェスキー・クルムロフを観光
プラハから日帰りにぴったり!秋のチェスキー・クルムロフを観光
チェスキー・クルムロフを日帰り観光した旅行記。お城、塔、食べたもの、おもちゃ屋、ボタニクスなど、雨の中でも楽しめました。

プラハに戻ったあと夜景めぐり。

夜景撮影スポットは「王の道」に密集。プラハのライトアップが綺麗☆
夜景撮影スポットは「王の道」に密集。プラハのライトアップが綺麗☆
プラハの歴史的な道「王の道」に沿って夜景めぐりしました。火薬塔、旧市街広場、旧市庁舎、カレル橋など。

この日の支出

  • 往路のバス代(ネット予約):約900円
  • カフェではちみつケーキ他2品、飲み物:約400円
  • 昼食代(揚げ物2品をシェア、ビール):約1150円
  • 城の塔入場料:約250円
  • 復路の電車代(現地購入):約1300円
  • 夜食(マックのセット):約600円

4日目:プラハ観光⇒イスタンブール

夕方までプラハ旧市街を観光。市場やランチなど。

チェコ旅行は町歩きが楽しい♪プラハ旧市街広場の周りを1日観光
チェコ旅行は町歩きが楽しい♪プラハ旧市街広場の周りを1日観光
プラハ旧市街をカメラ散歩。スタバのチェコ1号店、カレル橋、ハヴェルスカー市場、旧市街広場のレストランに行きました。

夜、プラハからアタトゥルク空港(トルコ)へ。
トルコの空港→ホテルは送迎付☆

この日の支出

  • 朝スタバ:約500円
  • 昼食代(サラダ、スープ、魚、肉をシェア、ビール):約3000円
  • プラハ市内→空港へ:約200円

5日目:イスタンブール観光

イスタンブールを1日観光。

乗り継ぎの1日でトルコ・イスタンブールを周ったルートを紹介します
乗り継ぎの1日でトルコ・イスタンブールを周ったルートを紹介します
乗り換えを利用してトルコ・イスタンブールを観光した1日を記録します。ブルーモスクや地下宮殿、ガラタ塔、エジプシャンバザールなど。
アヤソフィア博物館と猫のグリさん | イスタンブール観光
アヤソフィア博物館と猫のグリさん | イスタンブール観光
イスタンブールの世界遺産・アヤソフィアを訪れました。ドーム内部の写真や、アヤソフィアに住む猫「グリさん」の写真をご紹介します。

夜、ホテル→空港へ(送迎付)

アタトゥルク空港(トルコ)発

この日の支出

  • ホテルー市街地へのトラム往復:約450円
  • アヤソフィア入館料:約1200円
  • 地下宮殿入場料:約600円
  • 昼食代(屋台食べ歩き):約300円
  • ガラタ塔入場料:約750円
  • 夕食代(シシケバブ、チキンケバブをシェア、ソフトドリンク、コーヒー)
    :約3000円

6日目:イスタンブール⇒大阪

夕方、関空着

かかった費用総額

以上、ツアー代16万円+現地で使った19,400円で、
費用総額は179,400円!
買い物代入れても185,000円ぐらいでした☆

宿泊ホテル

ツアーなので、ホテルは旅行会社で決められていました。
まずプラハで2泊したのがこちら。

プラハの宿泊ホテル

ホテル マルケタ (Hotel Marketa)

Na Petynce 45, プラハ,

ホテル詳細・予約サイトへ

こじんまりと可愛いホテルで、フロントの人も親切!
部屋はスーツケース広げれられるスペースあり。シャワーもついてました。

朝食も含まれています。

…ただ、場所が少々不便です。
観光名所が集まる旧市街との位置関係はこんなかんじ。

空港に行くには
バス停Kajetánkaまで徒歩約7分。
市バスでDejvickáデイビツカー駅へ行って、
さらに市バスかエアポートシャトルに乗換え…。

旧市街に行くには
トラム乗り場Drinopolまで徒歩約13分。
そこからトラムに乗ること約20分。

旧市街まで出るのに毎回40分かかるのはけっこう大変でした。

イスタンブールの宿泊ホテル

イスタンブール ロイヤル ホテル (Istanbul Royal Hotel)

Mesih Paşa Mahallesi, Aksaray Cd No:16, 34130 Fatih/İstanbul

ホテル詳細・予約サイトへ

深夜に着いてそのまま寝てしまったので部屋の写真は撮れませんでした^^;

イスタンブールロイヤルホテル

品数豊富な朝ごはんが印象に残ってます☆

立地は、中心地よりも少し西側。
ホテルそばの停留所Aksarayからトラム1本で中心部へ行けます!

チェコ(プラハとチェスキー・クルムロフ)について

旅行してみて
私なりに感じた物価の事、治安のことなどをメモします。

まずはチェコから。

物価

通貨:チェココルナ(1Kč=約5円/2013当時~2017年投稿時も)

物価は日本より少し安い印象でした。

例えばプラハの空港-市内間のバスは30分ぐらい乗って200円。

プラハ-チェスキークルムロフ間は
バスも電車も3時間かかる移動なのに1000円前後。

豚のカツレツ

チェスキークルムロフでは
カツレツとビールで1000円ほど。
カフェでケーキとカフェラテを頼んでも、500円しませんでした。

ただプラハの中心部で食事すると高かったです。
ランチもディナーもひとり3000円しました。
一部レストランではチップの習慣もありました。(お会計に10%ほど上乗せ)

そのかわりチェコはビールの消費量世界No1!ビールが安いです!
意外にもドイツじゃないのですね 

1杯200円前後と水より安かったりするので、
お酒好きには嬉しいですよね☆

クレジットカード

レストランや駅のチケット売り場やお土産屋さんなど
殆どの場所でクレジットカードが利用できました。

とは言っても塔の入場や市場など、
必要になるシーンはあるので
少額でも両替しておくのが安心です。

ネット環境

空港や乗り物、カフェ内で無料Wi-Fiが利用できました。

英語の通じやすさ

プラハ市内では問題なく通じましたが、
チェスキー・クルムロフなど地方に行く場合は要注意!

何人か地元の方に英語で道を聞いても
全く伝わらなくて焦りました…。

ガイドブックに載ってた
チェコ語ページに助けられるコトしばしば。

わたし
ステーションが通じない… ナードラシ!ナードラシ! (チェコ語で「駅」) 
地元女性
あー、nádraží ね!あっちよ

ジェスチャーで教えてくれて
なんとか辿り着けました!

治安

多くのヨーロッパの国と同じく、
凶悪犯罪は少ないもののスリや置き引きなどに注意が必要です。

プラハの観光地は夜22時とかでも賑わっていたので怖い印象はなかったけど、
人通り少ない道は歩かないようにしました。

トルコ(イスタンブール)について

続いてトルコについて☆
1日の滞在でしかも4年以上前の情報ですが…
一応感じたことを記録します。

物価

通貨:トルコリラ(1TL=2013当時は約60円→2017年投稿時は約30円)

旅行時と現在でレートが大きく変わっているので
あまり参考にならないですが。
当時はレストランやお土産などが日本やプラハよりも高かったです。

なので値段も手頃な屋台は有難い存在でした!
美食の国・トルコでは、
屋台で適当に買ったものでも十分美味しいです☆

アヤソフィア、地下宮殿、ガラタ塔など
観光スポットにもそれぞれ入場料が必要なので、
トルコの観光には余分目にお金を準備していたほうが安心です。

チップの習慣

忘れがちなのがチップ!

トルコではホテルの送迎やレストランでの接客など、
しっかりとチップの習慣がありました。

以下はちょっと私の失敗談なんですが、
トルコではイスタンブール到着が夜中だったので
空港→市内のホテルへ送迎を依頼していました。

ドライバーさんに送ってもらいホテルに到着。

ただ、荷物を降ろしてもらってお礼を言っても
ドライバーさんが立ち去らずに何かを待っています。

わたし
…あ!チップだ!

財布を見ると、入っているのは20TL(当時で約1200円)の紙幣ばかり。

私たちは事前に日本で両替していったため
トルコリラの小銭はなく、大きいお札しか持っていませんでした。

送迎に対するチップの相場は500円ぐらいとガイドブックで読んだけど、
500円に相当する細かいお金を持っていません。

運転手さんはというと…

私の財布をじっと見て待ってる!

何も渡さない訳にはいかないので
結局20TLを手渡すことに。

運転手さん、

「こんなにくれるの!?」

と言わんばかりの表情で喜んで去っていかれました・・

ということでチップ習慣のある国では、
なるべく細かい金額での両替をおすすめします!

送迎とかホテルのポーターとか頼む場合は
現地に到着してすぐにチップが必要になるので、
くずすタイミングがありません><

クレジットカード・ネット環境

すみません、1日の滞在だったのでほぼ使う機会なく終わりました…

英語の通じやすさ

イスタンブールの観光地なら問題なく通じました!
親日国ゆえか日本語でしゃべりかけてくれる人もたくさんいました。

治安について

近年の治安情報は事前にご確認のうえでの渡航をおすすめします。

私たちの訪れた2013年でいうと、
とにかく人が多かったのでスリには常に警戒していました。

あと治安ではないけど、
トルコはバザールや観光地での客引きが凄まじいです!

時には断ったりスルーすることも必要だと学びました 

まとめ

今回、少ない日数でも2カ国を楽しめたことで
夜便の魅力に気づけました!

現地での観光時間を長くとれる夜便3泊6日。
おすすめです。

希望日数を伝えて一括見積もり

一緒に行った友人、
電車で出会った学生グループ、
愉快な町の人たち。

今回はとにかく楽しい人たちに囲まれて、弾丸ながら濃い旅行となりました。

わたし
出会った色んな人に感謝☆
最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です