旅行写真のアルバム+絵日記で思い出を整頓!私の旅ノート作り

旅行の手作りフォトブック




こんにちは!

今回は旅先からではなく、
私の旅行以外の趣味の話をしてみようと思います。

わたし
と言っても、
旅行の延長みたいな趣味ですが。。

スポンサードリンク

旅行後の楽しみ「旅ノート」作り

旅行中って、楽しさや驚きの連続で本当にあっと言う間ですよね。

旅行前も、計画や荷造りなどでワクワクする方多いのではないでしょうか。

私は旅行後の時間も結構好きだったりします。

旅ノート作りという楽しみがあるからです♡

私は勝手に旅ノートと呼んでいるのですが、
要は旅行写真に絵日記と現地のチケットなどをまとめた
「旅の雑記帳」のようなものです。

初めてのヨーロッパ旅行以来10年以上、欠かさず手作りしています。

旅アルバム

いま自宅の引っ越し準備をしてるのですが、
これまでの旅ノートを詰めてみると、段ボールがいっぱいに‼

急に10年の旅行すべてが恋しく、感慨深くなって…

今までの旅ノートを紹介する記事を書くことにしました!

(引っ越し準備進めて!という夫の声が飛んできそうですw)

カメラ屋さんのフォトブックも便利

最近は多くのカメラ屋さんで
フォトブックのサービスやってますよね。

手軽にクオリティ高いアルバムが完成するので、
私も人へのプレゼントによく利用します!

わたし
手作りのプリント代や材料費考えると
フォトブック依頼するほうがお得だったりしますしね

でも自分用の旅ノートだけは、もっぱら手作り。

  • 日記も兼ねて文字をたくさん入れたい
  • チケットやレシートを雑多にペタペタ貼りたい
  • イラストを描きこみたい

この3つが主な理由です。

根本に私が、
「何かごちゃごちゃ切り貼りしたり絵を描くのが好き」
というのもあります☆

ノートは「その国らしいもの」を利用

旅ノートというと
現地でスケッチしたり日記をつけたりしながら旅行する方も
多いと思うのですが、私は旅行中はレシートや写真などの収集に徹して、
帰国後にまとめて作っています。

(その時感じた事などを現地でメモ取ったりはします)

その理由は 現地で買ったノートを使用して作りたいから です✨

現地の文房具屋・画材屋・本屋さんなどで
「その国らしい旅ノート」を探し歩く時間が好き。

旅のミッションのひとつってかんじがして楽しいです*

フィンランド旅行の場合

例えばフィンランド旅行の記録は、
マリメッコアウトレットで見つけたファブリックノートで作りました。

マリメッコノート

この柄、フィンランドの名産・ベリーがモチーフなんです。
現地ならではのデザインですよね

A4サイズなので写真を1ページに何枚も貼れる点も良かったです。
無地でL判写真が縦にも横にも並べて入るノートって、
地味になかなか見つけられないんです ><

ポルトガル旅行の場合

ポルトガル旅行記には、
リスボンにあるアズレージョ美術館のショップで見つけたコチラの本。

ポルトガル絵本

表紙からしてポルトガル‼

ポルトガル知育本

中身はおそらく子供用の塗り絵?なんですが、
無理やり旅ノートとして利用。

ポルトガル料理

ページごとに

「今日食べた料理を描いてね」「知ってるポルトガル製品を書いてみよう」

など、ポルトガル語でお題を指示してくれています。

ポルトガル雑記帳

お題にしたがって黙々と切り貼りする大人w

フィンランド旅行記

色んな形に切り抜きやすいようにA4マット紙に写真を印刷しています。

ポルトガル写真

絵日記はラストのページにまとめて書きました。

ポルトガル旅行記

イギリス旅行の場合

イギリスの旅行記は、ロンドンの人気文具店Paper chaseで買ったスケッチブック。

イギリス旅行記
シンプルだけど、リングの黒い部分とかカッコ良いかんじが
ロンドンらしくて惹かれました。

イギリス旅行絵日記

スケッチブックは色鉛筆や絵の具がよく馴染むので、
イラストや地図が描きこみやすいのがメリット☆

可愛い文具が揃ったPaper chaseの公式サイトはこちら
日本への発送も対応しているそうです。

北欧旅行の場合

スナフキンノート

このブログでも長々と書いた北欧旅行のアルバムには、
ヘルシンキの文房具屋さん(アカデミア書店の地下)で買ったノートを使用しました。

フィンランド絵日記

ヨーロッパで売られてるノートは
罫線の入っていない無地のタイプが多いので、
旅ノートとして利用しやすいです。

ノートを発見できないことも

その国らしい気に入ったノートが見つかると嬉しいのですが、
思うようなものが見つけられないこともあります。

例えばアイスランドは物価が高すぎて、
ノートもスケッチブックも買えませんでした^^;

そんな時は帰国後日本で探します!

日本でもスケッチブックやコラージュ用のノートなど、
可愛いデザインがたくさん見つかります♡

ノートに合わせて写真プリント

帰国後は写真を現像します。

プリント方法は

  • 写真を細々貼ってコラージュノートにする⇒ おうちプリント
  • 写真を大きく見せるアルバムにする⇒ ネットプリント

というかんじで使い分けています。

おうちプリントの場合

例えば、中欧で食べ歩きした旅行のノートはこんなかんじ。

街角写真が多いので、写真を細々とコラージュにしました。
(制作途中のためまだ文字少ないですが)

用紙は切り貼りしやすい薄手マット紙を使用してます。

A4サイズを買って、印刷時に9分割設定にしたり4分割設定にしたり。
大きさを見ながら地道に家でプリントします。

ネットプリントの場合

逆にアイスランドみたいな自然が雄大な国の記録は
写真を大きくキレイに見せたいので、
普通のフォトアルバムに近い雰囲気で作ります。

一般的なL判写真で現像。

私はネットからカメラ店にお願いしてます。

印刷時やお店への注文時に「白フチ有り」にすると、
レトロな雰囲気が出て良い感じ。

白フチ写真は
特に黒い台紙やクラフト紙に貼った時に引き立ちます☆

とにかく何でも貼っています

写真とノートが用意出来たら、制作開始。

旅ノート一冊を読み返した時に
その旅行全ての思い出が蘇るように、

  • 航空券や電車のチケット
  • 観光地で買ったポストカードや切手
  • 食べたお菓子のパッケージ
  • 余ったコイン

とにかく何でも貼っちゃいます。

ポストカードやカード類は
マスキングテープで貼れば後々綺麗に剥がせるので便利 

※紙の種類によっては跡が残る場合もあります

フィンランド旅行記

小さい封筒を切って貼りつければ、簡易ポケットに☆
現地でもらったレシートやパンフレット類を入れています。

 余ったスペースに絵日記

最後に余ったスペースに文字や絵、地図などを書いていきます。

イギリス旅行アルバム

私がよくレタリングやイラストの
参考にさせてもらっている本はこちら♪

ボールペンイラストで手軽に
旅ノートが華やかになります♪

まとめ

以上、私がいつも旅行後に作る 旅ノート の紹介でした!

ただの自己満足ではありますが旅行後の楽しみがあると、
「帰ってもまた日常を頑張ろう」っていう活力になります☆

せっかくの海外旅行。
見たものや感じたものを忘れたくないですしね

家の本棚はどんどんスペース無くなってくけど…
これからも旅ノートを増やし続けたいと思います!

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です