リスボン観光ならまずベレン♪ジェロニモス修道院と発見のモニュメント

ベレン地区観光




こんにちは!

西洋史マニアの夫(当時は彼)とのふたり旅で
ポルトガル・リスボンにやって来ました!

まずは夫たっての希望でベレン地区へ向かいます。

私たちのポルトガル旅行概要

  • 旅行時期は2014年8月初旬。価格情報は当時のものです。
  • リスボンのホテルに6連泊
  • エクスペディアで航空券+ホテル個人手配

スポンサードリンク

ベレン地区とは

ベレン地区はリスボン中心部から西へ6kmほどの場所。

どのガイドブックでも大きく紹介されていて、
リスボン観光には欠かせないスポットが集まっています。

具体的に何があるのかというと、

  • 世界遺産ジェロニモス修道院&ベレンの塔
  • エッグタルトの原型パステイス・デ・ナタ発祥のお店
  • 国立古美術館、海洋博物館、馬車博物館など
  • 大航海時代の偉人を記念して建てられた発見のモニュメント

夫はこの発見のモニュメントを見るためだけに
ずっとポルトガルに来たかったんだそうです。

ベレンへの行き方は?

リスボンの中心部からは列車か市電(トラム)かバスで行けます。

私たちは所要時間の短い電車で行きました。

Cais do Sodré(カイス・ド・ソドレ)駅からCascais(カスカイス)行きに乗って
Belém(ベレン)駅まで約7分。

…なのですが、
何も考えず急行列車に乗ったところ、

ひゅんっ…

と、行きすぎました。

そう、ベレン駅はまさかの各停駅。

急行とまらないので要注意です!

リスボンの目玉観光地なのに。。

私たちは次の駅で各停列車に乗りかえて引き返しました。
ベレンに電車で行く際は普通列車で向かいましょう。

発見のモニュメント

ということで、
アタフタながらもベレン駅に到着!

まず向かったのはテージョ川沿いに建つ発見のモニュメントです。

モニュメントになった偉人たち

学生時代は日本史専攻だった私ですが
ポルトガルを訪れるにあたり、
西洋史マニアの夫に勧められて大航海時代の歴史を学びました。

ガイドブックの写真をもとに、
どの人物がどうスゴイのか解説されます・・

①エンリケ航海王子
…様々な人物を海外に探検させて「海洋王国ポルトガル」を築いた人物

②アフォンソ5世…アフリカに進出

③ヴァスコ・ダ・ガマ
…インド航路を開拓してヨーロッパへの香辛料輸入に大きな功績をもたらす

④マゼラン
…世界ではじめて西回りで世界一周を達成したマゼラン一行の船長(本人はフィリピンで戦死)

⑥ペドロ・アルヴァレス・カブラル
…はじめてブラジルに到達。ブラジルの名前の由来らしい。

⑫バルトロメウ・ディアス
…南アフリカ南端の喜望峰に到達した探検家

⑯フランシスコ・ザビエル
…言わずと知れた宣教師

以上!

像見るまでに覚えてね。

…学生時代ぶりに暗記がんばりました、私。

わたし
航海つながりか大好きなONEPIECEのキャラクター名に似てるおかげで、思ったより覚えれたけど…

で、そんな偉人たちを見るため

いざモニュメントへ行ってみると…

発見のモニュメント

工事してたww

フランシスコ・ザビエル

キレイに像全体が見えるのは、ザビエルさんと前後の方たちだけ。

あとは足場でほぼ隠されています。

わたし
せっかく名前覚えたのに!

発見のモニュメント

実は反対側にも偉人たちが並んでいるのですが、
そちら側に至っては完全にシートをかぶせられちゃってる始末。

見たかったほうの面を(足場越しに)見れただけでも
良しと思うことにしましょう><

※2017年記事投稿時は、
シートも足場も撤去されてるようです☆

展望デッキにあがれます

気を取り直してモニュメントの内部に入ってみました!
エレベーターでモニュメント上の
展望デッキにのぼることが出来ます。

料金は通常€5ですがリスボアカードで€3.5になりました。

リスボアカードとは?

適用時間内の市内交通が乗り放題、
観光名所や美術館が無料または割引になるお得なカード。
空港やインフォメーションで買えます。

料金詳細はコチラをどうぞ

360度のパノラマの眺めがキレイでした☆
デッキは地上52mとそこまで高くないですが、
周りに大きな建物がないので見晴らしはバッチリです。

テージョ川とリスボン

テージョ川沿いに栄えるリスボンの町並み。

4月25日橋

4月25日橋。
右奥に小さく見えるのはクリスト・レイの像。
ブラジルのコルコバードのキリスト像を参考に作ったんだそうです。

リスボンからの大西洋

現在地・発見のモニュメントが建ってるのはテージョ川沿いですが、
左手前に見えるベレンの塔を境に大西洋へとつながってます。

ここから未開の海へ船を出した偉人たちに思いを馳せました☆

  • DATA
  • 発見のモニュメント padrao dos descobri mentos
  • Av. Brasília 1400-038 Lisboa
  • 展望デッキ入場料:€5 一部割引もあるので詳細はこちら
  • 営業日時は季節によって異なるので公式ページをご確認ください

地面いっぱいの世界地図

発見のモニュメント前の世界地図

モニュメントが建つ手前の広場には大きな世界地図が描かれていて、
ポルトガルが各都市を発見した年号が記されています。

発見のモニュメント前の日本地図

日本は1541年に発見!

大理石の世界地図

夫は探検家達それぞれの航路をたどって地図上を歩くという、
コアな楽しみ方をしていました 

ベレンの塔

つづいて展望デッキからも見えたベレンの塔へ向かって歩きます。

ベレンの塔

かつてテージョ川を行き交う船の監視のために建てられ、
税関、灯台の役割も持っていた世界遺産の塔です。

ベレンの塔

行ってみると、中を見学するために長蛇の列が…!

この列に戦意を失った私たちは、内部見学を諦めました。

わたし
私も夫もベレンの塔よりこの後向かうジェロニモス修道院に時間を割きたかったんです・・・

ただ、後で知ったのですが
この写真にうつってる列は「チケット買うための列」だったようで。

リスボアカードを持っている私たちは
入場無料&チケット引き換えのための短い列に並べばOK
だったのでした…!

ジェロニモス修道院

陸橋を歩いて駅の北側へ。
ジェロニモス修道院にやって来ました。

航海者たちの偉業をたたえ、また航海の安全を祈願して建てられた修道院。
こちらも世界遺産です。

ジェロニモス修道院

修道院の入り口は写真奥の塔 (東搭) にあります。

教会は無料!

東搭の外にも列が出来てるぐらい大混雑でしたが、
列は有料エリアのチケットを買うためのもの。

建物に入ってすぐ右手にあるサンタ・マリア教会は無料で見学できます。

サンタ・マリア教会

ヤシの木をモチーフにしたとされる支柱と、天井のレリーフ。

壮大で、でも装飾は細かくて、どこを見ても圧巻です。

サンタ・マリア教会 ジェロニモス修道院の教会
ヴァスコ・ダ・ガマの棺

ヴァスコ・ダ・ガマの棺。

ジェロニモス修道院の教会

有料エリアの回廊へ

正直、教会のみでも満足できちゃうぐらい素晴らしかったです。

でも、せっかくリスボアカードを持ってるので
有料エリアも見学しますね!

わたし
なんたって€10の入場料が無料になるので!

↑せこい。

ベレンの塔と同じく、
ジェロニモス修道院にも2種類の列がありました。

  • 回廊見学のためのチケットを買うための長蛇の列
  • リスボアカードを持っている人がチケットに引き換えてもらうための列

引き換えの列はそんなに時間かからず進みました。
さっそく入場してみます!

ジェロニモス修道院の回廊

有料エリアのメインは修道院の回廊

ジェロニモス修道院の中庭

中庭を囲む2階建てのアーチがキレイでした。

ジェロニモス修道院の中庭

ロープや貝など海洋大国らしいモチーフの装飾✨

ジェロニモス修道院の回廊
ジェロニモス修道院のキリスト像

回廊2階から先ほどの教会に入ると、聖歌隊席に出ます。
教会内部全体を高い位置から見れました♡

ジェロニモス修道院2階から

  • Praça do Império 1400-206 Lisboa DATA
  • 10~5月 10:00~17:00
  • 5~9月 10:00~18:00
  • 月曜定休、1/1、イースターの日曜、5/1、6/13、12/25
  • 詳細はこちらのサイトをご確認下さい

エッグタルトの原型が生まれた場所

この修道院は、ある有名なお菓子の発祥地でもあります。
それはエッグタルトの原型、パステイス・デ・ナタ。

パステイス・デ・ナタ

昔、修道僧の服の糊付けに卵白が使われていて、
余った卵黄がもったいないという思いから作られたんだそう。

修道院のすぐそばにあるパステイス・デ・ベレンでは今も
伝えられたレシピ通りの味を堪能できます。

もちろん私たちも訪れたので、
後に感想書きたいと思います♪

元祖エッグタルトにカステラ!ポルトガルで食べたお菓子まとめました
元祖エッグタルトにカステラ!ポルトガルで食べたお菓子まとめました
ポルトガル旅行中に食べたお菓子をレポート♪エッグタルト(パステイス・デ・ナタ)の有名店パステイス・デ・ベレンの感想の他、生カステラやトルタ、オヴォシュ・モーレシュなど。

追加しました☆

海洋博物館

ジェロニモス修道院の西側にある海洋博物館。

エンリケ航海王子

内部には航海者たちの肖像画や衣装、
航海グッズなどが展示されています!

リスボン海洋博物館リスボン海洋博物館

ここは西洋史マニア・夫にとってかなりツボな博物館だったようで。。

リスボン海洋博物館

うわ!〇〇号の模型!
船長室まで再現されてる!!

バルトロメウ・ディアス

探検家バルトロメウ・ディアスの肖像画やん!
めちゃくちゃかっこえぇぇ~~!

いち船団に興奮する夫のほうこそ
マニアぶりがバルトロメオでしたw

リスボン海洋博物館

別棟に行くと、実物大の船や水上機がずらりと並ぶエリア。

世界ではじめて大西洋を横断した水上機、
サンタ・クルス号も展示されてます!(写真は別の船)

  • DATA
  • Meseu de Marinha 海洋博物館
  • Praça do Império, 1400-206 Lisboa
  • 入場料€6.5 リスボアカードで3割ほど安くなりました
  • 5~9月 10:00~18:00
  • 10~4月 10:00~17:00
  • 月、1/1、復活祭、5/1、12/25 定休
  • 詳しくは公式サイトをご確認ください

まとめ

ポルトガル栄華の歴史を感じたベレン観光。

西洋史マニアで大航海時代が好きな夫は人一倍楽しんでましたが、
もちろん私も楽しかったです!

個人的には特にジェロニモス修道院が
圧巻で本当におすすめ!

チケットを購入するには大混雑が予想されます。
リスボンカードも結局引き換えに並ばないといけないですが、
その場で購入する列よりもだいぶ短かったので買って訪れて良かったです。

計画やチケット購入が不安な場合は
現地ツアーに参加して訪れるのも選択肢。
効率よい方法で案内してくれるのでスムーズです☆

テージョ川

馬車博物館や古美術館、ベレンの塔の内部など
今回訪れられなかった所にもまた行ってみたいと思いました☆

発見のモニュメントも、いずれ工事中じゃない時にリベンジしたいです

ポルトガルに持って行きたいガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です