お花好き必見!ブリュッセル市庁舎のイベント・フラワータイムって?




こんにちは!

今回は、ブリュッセル市庁舎で2年に1度開催される花の祭典
「フラワータイム」をご紹介します。

この旅行の全体概要

  • 期間:2015年8月13日~8月17日
  • 4連休+午前休で3泊5日の一人旅
  • 関空発着ルフトハンザ航空利用(フランクフルト乗り換え)

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

フラワータイムFloralientimeって?

フラワータイムFloralientimeとは、ベルギー・ブリュッセルの中心グランプラスで8月中旬に開催される花の祭典。

グランプラスのブリュッセル市庁舎

普段はガイドツアーに参加しないと見れない市庁舎の内部を、個人で、しかも何万本ものお花で装飾された状態で見学することができます。

グランプラス×花の祭典といえば
偶数年に開かれるフラワーカーペットが有名です。

フラワーカーペットの公式サイト

日本がテーマ☆2016年の様子

フラワータイムは、このフラワーカーペットに対して「奇数年にも何かイベントをしよう!」という声により生まれました。

2015年度の写真

2015年夏、ちょうどフラワータイム期間中にベルギーを旅行したので
市庁舎を訪れることにしました。以下でその時の写真をご紹介します!

開催場所は『世界で1番美しい広場』といわれるグラン・プラスの市庁舎。

フラワータイム期間のグランプラス

フラワータイム期間のグランプラス

フラワータイム期間中は広場にもお花や木が植え込まれ、観光客の目を楽しませてくれます。(フラワーカーペットほどの規模ではないですが)

グランプラスのライトアップ

夜のライトアップもキレイ✨

フラワータイムのブリュッセル市庁舎入り口

さっそく市庁舎に入ります!入り口から既にお花が飾られてますね。
建物に入ったところでチケット料(記事投稿時€7)を支払ったら、階段を登ります。

フラワータイム受付

チケットを事前購入してる人は列に並ばなくて良いそうなのでスムーズです。

フラワータイム
階段を登ると早速フラワーアレンジされた作品の数々。

フラワータイム

内部は自由に見学します。

わたし
以下、宮殿のような市庁舎内部と生花の美しいコラボをご覧下さい☆

フラワータイム

フラワータイム フラワータイム議会の間

議会の間

フラワータイム市庁舎のカレッジホール

カレッジホール

フラワータイムブリュッセル市庁舎内のゴシックの間

ゴシックの部屋

ゴシックの間

ゴシックの間

フラワータイム

フラワータイム結婚式の間

結婚式の間

フラワータイム

15世紀からのゴシック建築を舞台にした最高に優雅なフラワーアレンジメント。
お花が好きな方にも歴史建築が好きな方にもオススメです!

フラワータイム出口

次回の開催

そんなフラワータイムの2019年開催情報はこちら。

  • 2019年8月14日 13:00~17:00 (最終入場 18:30)
  • 2019年8月15~18日 10:00~22:00 (最終入場 21:30)

チケット:€8

(2019/5/15から公式サイトで購入可能)

期間中ベルギーを訪れる方は是非訪れてみてください☆

ベルギー旅行でお世話になったガイドブック

\ベルギーの旅行プランを一括見積/

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事