ダブリン空港~市内の行き方は?エアコーチバスの利用レポート




こんにちは!

アイルランド夫婦旅行記1日目、
今回はダブリンの空港から市内へ移動します。

主な移動方法と私たちが実際に利用したバスについてご紹介しますので、
アイルランドを旅行される方の参考になれば幸いです☆

この旅行の全体概要

  • 2017年12月25日~2018年1月4日
  • 9泊11日の夫婦旅
  • 日本~アイルランドの往復航空券はエクスペディア予約
スポンサードリンク

空港⇒市内の移動方法

ダブリンの市内中心部は空港の南約12kmあたりに位置します。

タクシー以外の移動方法は下記の通り。

(運賃は2018年記事投稿時 / 所要時間は空港~市内中心部までの時間を記載)

…って全部バスじゃん。
わたし
電車や地下鉄はないみたいだね。

なんだか似た名前のバスばかりで混乱しますが、価格や所要時間、宿泊ホテルの近くに停まるかどうかで選ぶと良いと思います。

停車回数多くても安さ重視ならダブリンバスNo16だし、
セントラルバスステーションやヒューストン駅で降りたければエアリンクNo747
というかんじで☆

移動方法は地球の歩き方を参考にしました

なお、エアリンクなら事前に日本語でのオンライン予約が出来るので、
「英語でチケット購入が不安…」「日本語で事前予約しておきたい」という方は
エアリンクの利用がおすすめ。

価格も現地で買うのと変わらない様ですので、迷ったらエアリンクが利用しやすいかと思います

エアコーチ利用レポ

・・・と言いつつ、私たちはエアコーチNo.700を選びました。
私達の宿泊ホテル近くに停車し、所要時間も短いのが理由です

なのでここからは実際に利用したエアコーチの詳細(チケット購入場所・乗り降り場など)について記録しますね

空港⇒市内の乗り場

エアコーチは第1ターミナル第2ターミナル両方に乗り場があります。

第1ターミナルは出口を出てすぐ。

第2ターミナルは出口から「BUS」の表示に従って進んだところに。

私たちは第1ターミナルに到着したので前者の乗り場です☆
乗り場にあるカウンターでチケットを購入できます。※クレジットカード不可。

片道€7 / 往復€12 (2018年記事投稿時)
往復で買うと1人€2お得になりました。

公式サイトからのオンライン予約も少しお得に買えます 

お隣にエアリンクの乗り場もありました

エアコーチの車内

エアコーチは車両下にトランクがあるのがメリット☆
スーツケースなどの大きい荷物を預けて乗れるので車内ではゆったりと座れます。

冬場だからか他のバスのが人気なのか、車内はあまり混んでませんでした。
エアコーチはこの旅行中4回利用したのですがいつも乗客は2~3組程度でした。

ふっくらしたシートで乗り心地良かったです  Wi-fiも利用可能☆

エアコーチの市内バス停

エアコーチは市内到着時に降ろされる場所と空港行きの乗り場が少し異なります。

市内到着時の降り場

まず市内中心部で降りるには
オコンネル・ストリート北側Gresham Hotel前またはオコンネル橋の真上

私たちはGresham Hotel前で下車しましたが、市の中心部(トリニティカレッジやテンプル・バーなど)にはオコンネル橋で下車する方が近いです。

オコンネル橋のバス停

空港行きの乗り場

一方、市内から空港へ向かう時の乗り場は
オコンネル・ストリート北側Gresham Hotel前またはオコンネル橋の南側ウェストモアランド・ストリートになります。

Gresham Hotel前の乗り場は降り場のななめ向かいなので分かりやすいですが、
ウエストモアランド・ストリートの乗り場は
オコンネル橋よりもだいぶ南にあるのでご注意ください。

ウエストモアランド・ストリートのバス停

乗り場は青とオレンジの看板が目印☆

なおエアコーチの市内乗り場には券売機がありません。
そのうえ車内で買うとおつりが出ないので、チケットは空港で往復分買っておくかオンライン購入しておくのがスムーズです。

まとめ

市内~空港を25分ほどで結ぶエアコーチNo.700。
24時間運行しているので早朝の出発・深夜の到着にも便利でした☆

エアコーチの概要をおさらい

  • オコンネル・ストリートまで最短の所要約25分
  • 3:25~23:55の15分置き、23:55~3:25の30分置きに運行(時刻表)
  • 市内中心部オコンネル・ストリートの北側と南側に停留所あり
  • 片道€7 往復€12 オンライン予約もお得
  • チケットはオンラインか空港の乗り場で ※車内はおつりが出ない

アイルランド旅行でお世話になったガイドブック

\アイルランドの旅行プランを探す/

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事