タイタニック号乗客の追体験!?エクスペリエンス・コーヴを見学




こんにちは!

今回はアイルランドのコーヴで訪れた タイタニック・エクスペリエンス・コーヴ Titanic Experience Cobh をレポートします

この旅行の全体概要

  • 2017年12月25日~2018年1月4日
  • 9泊11日の夫婦旅
  • 日本~アイルランドの往復航空券はエクスペディア予約
  • アイルランドメインに途中アイスランドとイギリスも訪問
スポンサードリンク

 タイタニック・エクスペリエンス・コーヴとは?

1912年の処女航海で沈没した豪華客船タイタニック号。

イギリスのサウサンプトンを出航し、フランスのシェルブールに寄港後、
アイルランドのコーヴ(当時クイーンズタウン)にも寄港しました。

タイタニック・エクスペリエンス・コーヴ

その数日後タイタニック号はアメリカに向かう途中大西洋で沈んだため、コーヴは最終寄港地となってしまったわけです。

タイタニック・エクスペリエンス・コーヴは、
そんなタイタニック号関連資料の展示施設。

タイタニック関連の施設というと
造船所のあった北アイルランドのタイタニック・ベルファストや出航の地イギリス・サウサンプトンのSeaCity博物館などもあり、正直それらのほうが大規模です。

ただ、コーヴのタイタニック・エクスペリエンスは、コーヴから乗り込んだ乗客にスポットが当てられてる点で特徴的といえます !!

コーヴからは1912年4月11日、123名がタイタニック号に乗船して、結果大事故に巻き込まれました。このうち生き残ったのは44名だけだったといいます。

タイタニック・エクスペリエンス・コーヴはそんなコーヴから乗り込んだ乗客の気分になって、乗船~沈没の追体験が出来る施設なのです

館内をレポート

ではさっそく内部に入ってみましょう。

入り口

こちらが入り口。
星印は船を所有していたホワイト・スター・ライン社のマークです。
建物は同社の発券所だった場所に建っています。

入るとすぐにチケット売り場があります。

内部見学は時間で区切られたツアーに参加する形になっていて、料金は大人ひとり€9.5でした。予約も可能。(方法は後述しますね)

さすがは元発券所。
ほんものの乗船券風なチケットにテンションあがります

よく見ると、左下に人の名前が書いています。

受付
今日はあなたはケイティさん。26歳女性、サードクラスの乗客よ。

そして夫にも、

受付
あなたはマイケルさん。21歳男性、あなたもサードクラスよ。

なるほど。実際の乗客123人のうちの誰かになりきるという訳ですね!

ちなみに私たちの前にチェックインしてた人はファーストクラスでした。
コーヴからの乗客のほとんどはアメリカへの移民でサードクラス利用だったから、
かなり貴重なチケットらしいです。

見学ツアーするうえで何か違いがある訳ではないけど、うらやましい!笑

受付を終えるとツアー開始時間の15分前?(←ごめんなさい時間はうろ覚えです)に戻ってくるよう案内されます。

映画でディカプリオ氏が乗船券を手に入れたのはコーヴだと思い込んでいた私。パブの前で浮かれてますw

帰国後映画を見直してみると、
物語の始まりはコーヴではなくサウサンプトンでした。

コーヴについては街が登場することはなく、
「コーヴをあとに船は進み…」みたいな語りが出てくるだけでした~ ^^;

見学ツアー開始!

開始時刻になったので、奥の黒い扉から見学ツアースタートです。

まずテラスで実際の海を見ながら説明を受けます。

当時コーヴには大きな船を接岸する設備がなかったため、
タイタニック号は少し離れた沖合に停泊させ、乗客はこの施設の場所から連絡ボートで向かったそうです。

再度建物に入って、キャビンの復元展示の説明。

これはサード・クラスのキャビン。
ケイティさん(私)もこんなかんじの部屋に泊まっていたのですね!

食事のメニュー。

右上には沈没前日である4月14日の日付が…
亡くなった乗客にとっては最後の晩餐ということでしょうか ><

こちらはファースト・クラスのキャビン。

最後にスライド映像が流れて、ガイドさん付きツアーは終了!
開始からここまでは30分ぐらいでした。

展示室は自由見学

ツアー後はタイタニック号に関する展示室が続いていて、
自分のペースで見学できます。

船の見取り図や模型はもちろん、

タイタニックエクスペリエンス

ゲームや船内各所の”におい”の再現などもあり、
タイタニック号のことを五感で学べるようになっています。

あと、忘れてはいけないのが出口手前の乗客リスト!

名前の下にはSavedまたはLostの記述があり、自分の安否を確認できます。

ケイティさん(私)とマイケルさん(夫)を探してみたところ、両名ともLostの文字。

残念ながら事故の犠牲になってしまったのですね・・・

近くにはタッチパネル画面があり、
コーヴから乗船した123人ひとりずつのことを深く知ることが可能です。

ケイティさんは亡くなったためか情報少なかったのですが、
生存者の画面を見てみると乗船の経緯や、何番のボートで助けられたか、その後いつまで生きたかなど、かなり詳細が綴られていました!

これは救命ボートのデータ。
生き残った人は、自分が何時のボートで助かったのかも確認できます。

私たちの隣でリストチェックしていた子連れファミリーは、
お父さんだけが亡くなっていました。

避難時の救命ボートは婦女子が優先搭乗だったと言われてるので、
その影響もあるのかもしれませんね ><

展示室では資料の多さ、リアルさ、生存者のデータの細かさから、改めて架空の悲劇ではないんだと・・・
つい100年ほど前に実際に起こったことなんだと実感しました。

お土産屋さん

展示室を出ると、ミュージアムショップになっています。
そのまま出入口に繋がっているので、ここだけならチケット買わなくても入ることが可能です。

タイタニック関係の本や模型、グッズを中心に、
アイルランドお土産も少し並んでます。

船好きの夫は大興奮でタイタニックグッズを買いあさってました(笑)

施設情報とツアー予約方法

タイタニック・エクスペリエンスは毎日夕方まであいています。

  • DATA
  • 20 Casement Square, Kilgarvan, Cobh, Co. Cork, P24 DW63
  • +353 21 481 4412
  • 4月~9月末:09:00~18:00
  • 10月~3月末:10:00~17:30
  • ※ツアーは閉館の45分前に受付終了
  •  最新情報はサイトをご確認下さい

ツアーは夏場は15分置き、冬場は30分置きにスタートします。

希望の時間がある場合は当日だと埋まってしまう可能性があるので、
ネット予約をしてると安心☆

私たちも念のため事前に予約して行きました。
公式サイトの予約画面から可能です!

出典Titanic Experience Cobh

BOOK TICKETSのボタンをクリックすると、

出典Titanic Experience Cobh

参加日時と人数を選べます。

NEXTで名前とメールアドレスの入力画面へ。
続いて支払い画面でクレジットカード情報を入力します。

支払いが完了すると、入力したアドレス宛に確認メールが送られてきます。
これで当日は受付で送られてきたメールを見せるだけ♪

コーヴの行き方

行き方ですが、ダブリンから訪れる場合はまずアイルランド南部の都市コークCorkまで行き、コーブCobh行きの電車に乗り継ぎます。

コーク~コーヴへは運賃€6 / 所要約25分。

電車の乗り方とダブリン~コークの移動はこちらの記事をどうぞ

ダブリン~コーク電車での行き方メモ。切符は事前購入がお得です!
ダブリン~コーク電車での行き方メモ。切符は事前購入がお得です!
アイルランド旅行でダブリンからコークへ訪れました。ICインターシティ列車内の様子、切符の事前ネット予約方法、駅での発券方法などを解説します。

コーク~コーヴの車内。

途中両側に海が見え、眺めバツグンの路線です!

コーヴ駅到着。

タイタニック・エクスペリエンスは
駅舎を出てから海沿いの道を東に進むと見えてきます。

まとめ

以上、アイルランド南部にある
タイタニック・エクスペリエンス・コーヴの紹介でした!

乗客目線で歴史的大事故を振り返るという、すこし変わった展示施設。
ツアーは英語ですが、映像やパネルがたくさんあったので多少聞き取れない部分があっても楽しめると思います。タイタニック号のこと、そしてコーヴからの乗客のことを分かりやすく学べました。

コーヴ自体もキレイな街だったので、アイルランドを旅行する際は
ぜひぜひプランに入れてみてくださいね。

そして訪れる前には、やはりこの映画は必見です

アイルランド旅行でお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です