ダブリンの海沿いを走る♪近郊電車DARTダートの乗車方法




こんにちは!

アイルランド夫婦旅行。
今回はダブリンから近郊電車DARTに乗車します。
切符の買い方と乗車の様子をレポートしますね。

この旅行の全体概要

  • 2017年12月25日~2018年1月4日
  • 9泊11日の夫婦旅
  • 日本~アイルランドの往復航空券はエクスペディア予約
  • アイルランドメインに途中アイスランドとイギリスも訪問
スポンサードリンク

DARTって?

DART(Dublin Area Rapid Transit)とはアイルランド首都ダブリンと南北の地域を結ぶ電車のこと。
アイルランド鉄道Iarnród Éireannが運営していて、電化された区間を走ります。

沿線の主な見どころは

ダブリン以北

  • マラハイドMalahide…お城ありビーチありの港町。パブやレストランも多いです。
  • ホウスHowth…ダブリンの北東に突き出た半島。近くの無人島アイランズ・アイは夏場ボートで渡ることが出来ます。

ダブリン以南

  • ダン・レアリーDun Laoghaire…イギリス(ウェールズ)へのフェリーが発着する港町。日曜日には市も開かれます。
  • ブレイBray…終点グレイストーンズのひとつ手前。海岸から標高241mの丘ブレイヘッドまでは人気のウォーキングコース。

私たちは上記の場所というよりとにかくDARTに乗ってみたくて、南部のブレイまで訪れてみることにしました。

DARTに魅力を感じたポイントは、そのルート。

出典 Irish rail

…そう!

ずっと海の近くを走るのです

道中の車窓からは何度もキレイな海岸がお目見え。

そしてカエル色のレトロな見た目♡

海岸線走るところといい、緑と黄の色合いといい、
日本の江ノ電に似ているなぁと感じました!

「海×電車」

この組み合わせが好きな方はきっと乗るだけでも楽しいと思います。

切符の買い方

そんなDARTの乗車方法を書きますね。
といっても基本的な流れは日本の電車と変わらないので簡単でした☆

まずダブリンにあるDART停車駅へ。

ダブリン中心部ではコノリーConnolly駅、タラ・ストリートTara Street駅、ピアーズPearse Station駅に停まります。

私たちはタラ・ストリート駅から乗りました。
オコンネル橋やトリニティ・カレッジから近く便利な場所です。

券売機はこちら。

通常のチケット購入は真ん中のTrainTicketsを選びます。

主な行き先のボタンは予め用意されています。
ブレイ行きの往復ボタンもバッチリありました。

Tara StreetーBray Adult Return をタッチ。

行き先ボタンがない場合は最初の一文字を入力したら候補が出てくるので、行き先を選んで片道/往復を選択します。

支払い画面になったらカードを差し込み暗証番号を入力。

ここは現金OKでしたがヨーロッパの券売機は現金が利用出来ないものもあるので、クレジットカードを持参してると安心。費用かからず海外旅行保険も付いてくるエポスカードがおすすめです

支払い終えると取り出し口にチケットが出てきました。
金額は往復で€6.95(2018年1月旅行時)

他にもダブリンで交通機関を頻繁に利用するなら
1日券などの乗り放題券プリペイド式のリープ・カードもお得なのですが…

ごめんなさい利用してないので省略します><
詳細はリンクから紹介ページに飛んでみてください!

乗り方

アイルランドの駅には日本同様改札があります。

電光掲示板の案内に従ってホームへ。

DARTは平日で約15分間隔、土日は30分間隔で発着しています。
月~土は朝6時半から動いてますが、
日曜は9時からの運行になりますのでご注意ください。

ホームで待ってるとDART以外に通勤列車Commuter ServicesやロスレアRosslare行きのICもやって来ます。
下図でいうと青の線。緑の線がDARTです。

DARTよりも停車少なくBrayまで行けるのですが、あくまでDARTの車両に乗りたいので(笑)、スルーして待ちます。

⇧こういう変なこだわりが夫と共通で良かったと思います(笑)

詳しい運行時刻は公式ページから検索できます こちら

出典 Irish rail

検索結果のうち「S」の青いアイコンが表示されてない便がDARTになります。

で、待つこと10分…。

来ました来ました。カエル電車♡

3枚窓のこの車両は特に江ノ電感ありますね~

ドアにある丸いボタンが光っている時に押すと開きます。

車内もやっぱり緑が基調!

ヨーロッパの列車はがっちりした大きなシートが多いですが、
DARTは背もたれ低く、日本のローカル線のような座席です。

席に足を乗っけたら€50の罰金らしいです…!!

ブレイまでは45分ほどの道のり。
車窓風景を楽しんでたらあっという間でした!

アナウンスはなかったので、ホームの看板をチェックするか駅数を数えておくなどして降り間違えないようにしましょう。

降車時もドア横の丸ボタンを押して開きます。

乗客私たちだけだったけど…
意外と長い車両にビックリしました!

外に出る時も改札があります。

ブレイ駅の駅舎。天気がなんとも残念 !!><

クリスマスは要注意

DARTの乗車についてですが、クリスマス前後に旅行される方は要注意です!

12月25日前後は多くの交通機関が運休になるからです。

2017年末でいうと24日の夜~27日の朝まで
鉄道、路面電車LUAS、そしてDARTもストップしてました。


⇧コノリー駅に貼られてた運休案内。

タラ・ストリートも駅舎自体が閉まってます…

運休情報は事前に公式サイトでの確認をおすすめします。
アイルランドに限らず、クリスマスのヨーロッパを旅行する際は
お気をつけください。

まとめ

以上、アイルランドの可愛い電車DARTを紹介させて頂きました!

今回は乗車の様子をメインに書かせて頂きましたが、
雨の中歩いたBrayも綺麗な場所でした。

海沿いの散歩道。地元の人が行き交う穏やかな雰囲気です。

駅から海岸を南に進むとブレイヘッドという丘にのぼることも出来ます。

この写真もブレイヘッドの登りがけに撮りました。

雨あがりに虹が見れたし、下車してみて良かったです!

DART沿線には港町やビーチが多く、
都会からちょっと離れてゆったり散策するのにぴったり✨

街の観光やお土産探しに疲れたら、DARTに乗って気軽にショートトリップしてみてはいかがでしょう♪

アイルランド旅行でお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です