キューブハウスとマルクトハル。ロッテルダムは近代建築がスゴイ!




こんにちは!

ベルギー旅行中に日帰りで訪れた南オランダ。
今回は少しだけロッテルダムを観光します 。

この旅行の全体概要

  • 2018年7月24日~2018年7月29日
  • 母娘の親子旅
  • ブリュッセル4泊6日
  • 往復航空券+ホテルはエクスペディア予約

  全体の日程や費用

スポンサードリンク

近代建築がいっぱい!ロッテルダムの街

ロッテルダムはオランダ第2の都市。

「第二次世界大戦後、住民の必死な働きで復興・高度成長を遂げた。」
という歴史には日本と少し似たものを感じます。

そのため町並みはとっても近代的

ロッテルダム中央駅

モダンなガラス張りの中央駅から出て街を歩くと…

エラスムス橋

左右非対称な橋やビルなど、
とにかく個性的な建築が目立ちます。

ロッテルダムスピドービル

わたし
建物を眺めながら歩くだけでも楽しい♡

そんなロッテルダムの中でも「ここ面白い!」と思ったのが、
以下で紹介するキューブハウスとマルクトハルです。

キューブハウス(立方体の家)

キューブハウス(立方体の家)

キューブハウスDe Kijk-Kubusとは
立方体が並ぶルービックキューブの様な建造物

キューブハウス(立方体の家)

何かのモニュメントのようですが、
実は中に人が暮らすマンションなのです!

キューブハウス(立方体の家)

わたし
内装は一体どうなってるんだろう?
壁とか全部斜めなのかな?

公式ページに内部の写真が少し載ってました!

出典 キューブハウス公式サイト

天井や壁が斜めってるけど、普通に住みやすそうな住宅です✨

キューブハウス(立方体の家)

観光客も見学できるように、
キューブハウスでは一室を公開してくれてます。

見学料金は€3(2019年記事公開時)
お手頃なので気になる方は是非☆

  • DATA
  • Overblaak 70, 3011 MH Rotterdam, 
  • +31 10 414 2285
  • 10:00~18:00
  •  最新情報はサイトをご確認下さい

マルクトハル

集合住宅?フードマーケット?

キューブハウスの向かいにあるマルクトハルMarkthalという建物も
かなりの存在感を放ってます。

ロッテルダムのマルクトハル

かまぼこみたいな特徴的なデザインは建築家集団MVRDVの設計。
2014年秋にオープンしました。

ロッテルダムのマルクトハル

驚いた事にこの建物も集合住宅とのこと !!
グレーのアーチ部分に人が住んでいます。

ロッテルダムのマルクトハル

正面から見た時は信じられなかったけど、
側面を見ると確かに普通のマンションのベランダですね!
生活感がかいま見えました。

しかもこの建物、居住空間だけじゃなくて…

マルクトハルフードモール

アーチの内部が巨大なフードマーケットになっているんです!✨

マルクトハルのチーズ屋

マルクトハルのアジア食品スーパー

4000㎡ものスペースに食品スタンドが100店以上、
レストラン8店、地下にはスーパーもあります。

マルクトハルフードモール

マルクトハルフードモール

住人は窓から(最上階の住人は床窓から!)
眼下に広がるマーケットを眺めることが出来るのですね

わたし
なんて誘惑だらけのマンション!

市場と食べることが大好きな私は、
ココに住んだらきっと大変です(笑)

色んな食品が揃ってます

今までヨーロッパの市場に訪れた経験から、
「マーケットに並ぶ食品はその国の名物にかたよりがち」
っていう印象がありました。

例えばフィンランドはベリーを売るお店がすごく多かったり、
ハンガリーではパプリカ店の隣がパプリカ店でその隣もパプリカ店だったり(笑)

なのでマルクトハルも

わたし
食料品店100店舗」とは言ってもチーズとストロープワッフルのお店が大半なんだろうな。

と予想してました。

でも訪れてみると、
その予想は良い意味で裏切られました!

マルクトハルのチーズ屋

もちろんチーズやストロープワッフル、コロッケ、
それにハーリング(オランダでよく食べられる発酵ニシン)
といったオランダ名物を扱うお店もあります。

でも店舗数で言うとそれぞれ1~2店ずつ

マルクトハルのアジア食品店

それ以外はアジアの食品を扱うスーパーや軽食スタンド、

マルクトハルのポルトガル菓子店

ポルトガル菓子専門店、

他にもホットドッグやオリエンタル料理のレストラン、コーヒー豆の店、紅茶店、ベルギーチョコ、ドーナツ、ナッツ、BOXサラダ、スムージーなど。

とにかくお店のバリエーションが豊富でした!✨

イメージとしては日本でいうデパ地下のような。

国籍問わず良いモノ美味しいモノが売られてて、
見て周るのに飽きなかったです。

マルクトハルのチーズ店

マルクトハルの果物店

果物屋さんに並ぶカットフルーツの盛り合わせ。
なんとお値段€1♥

どんなお店が入ってるか詳細は
マルクトハル公式サイトのマップからチェックできます♪

出典 マルクトハル(画像は2019年記事投稿時のもの)

↑リンク先でお店の名前クリックすると、写真&営業時間が表示されます◎

マルクトハル2階

各店横の階段をのぼると、
上階はフードコートになっています。

買った物を味わいながらゆったりくつろげました ✨

マルクトハルの壁画

アーチ内側の壁面は巨大なアート。
フードマーケットということで食材の絵が色鮮やかに描かれています。

マルクトハルの壁画

マルクトハルはオランダ名物を味わうにはもちろん
アジア料理が恋しくなった時にも重宝しそうだし、
建物自体を鑑賞するにも見応えある場所でした!

  • Markthal DATA
  • Dominee Jan Scharpstraat 298, 3011 GZ Rotterdam,
  • +31 30 234 6486
  • 営業時刻は曜日とお店により異なるのでマルクトハルのサイトをご確認下さい

キューブハウスとマルクトハルの場所

最後に場所をお伝えしますね。

マルクトハルとキューブハウスは同じ広場内にあるので
セットで訪れやすいと思います。

最寄りはBlaak駅。
国鉄・地下鉄・トラムが停車する便利な駅です☆

Blaak駅

右側の白い円盤みたいな建物がBlaak駅。
中央にキューブハウスも見えますね。

マルクトハルは写真でいうと駅の右側にそびえ立ってます!

中央駅から2kmないので徒歩でも行けます。
私たちも歩いて訪れましたが所要30分ぐらいでした ♪

まとめ

ということで今回は、
ロッテルダムのBlaak駅周辺に少しだけ寄り道しました◎

朝からゴーダのチーズマーケットキンデルダイク風車群など
中世らしい景色をめぐってきた私たち。

そのあとロッテルダムの街を歩くと、
なんだかタイムスリップしたような気分になりました(笑)

ゴーダのチーズマーケット

チーズマーケットからの・・・

のどかな風車群からの・・・

キューブハウス(立方体の家)

モダン建築!!

日帰りで1日だけでしたが、
南オランダの異なる景色を楽しめました✨

アムステルダムからもブリュッセルからも日帰りしやすい街ロッテルダム。

観光の際はキューブハウスとマルクトハルおすすめです 

お世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事

『キューブハウスとマルクトハル。ロッテルダムは近代建築がスゴイ!』へのコメント

  1. 名前:もっち 投稿日:2019/03/15(金) 08:55:05 ID:bf3047f46 返信

    こんにちは!
    キューブハウスお洒落ですよねー。
    昔行ったときは、遅い時間だったので入れませんでした。。。
    船着き場近くのカフェでビール飲んだ記憶があります(笑)
    マルクトハルは今度行ってみたいです!

    • 名前:なっつ 投稿日:2019/03/16(土) 15:15:28 ID:7c0028ff4 返信

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      キューブハウス面白いですよね^^
      ロッテルダムは寄り道がてらのつもりだったのですが、
      建物が独創的で期待以上に楽しかったです。
      オランダの川沿いでビール良いですね!
      私はかなり駆け足観光だったので、マルクトハルで色んな物食べたり飲んだりすれば良かったなぁと思いました☆