掘り出し物いっぱい*ベルギー・リエージュの蚤の市がおすすめ!




こんにちは!なっつです。

2018年夏ベルギー旅行。
滞在4日目はベルギー南部のワロン地方を観光しました。

その中で訪れたリエージュの蚤の市が期待以上に良かったので、
今回紹介したいと思います☆

この旅行の全体概要

  • 2018年7月24日~2018年7月29日
  • 母娘の親子旅
  • ブリュッセル4泊6日
  • 往復航空券+ホテルはエクスペディア予約

  全体の日程や費用

スポンサードリンク

リエージュの蚤の市

「リエージュのマーケット」といえば日曜日に開催される朝市が有名です。
街の中心を流れるムーズ川沿いに食べ物や衣類などのお店が並び、
ベルギー最大最古の市場として知られます

…が、今回私たちが訪れたのは金曜日に開催される蚤の市

リエージュの観光中、散歩してる地元民に

わたし
今日は川沿いのマーケットやってないよね?日曜だけだよね?

ダメ元で聞いてみたところ…

地元男性
あぁ、川沿いじゃないけど蚤の市なら近くでやってるよ!
わたし
そうなの!? ぜひ行き方教えてください!
地元男性
いいけど…。食べ物は売られてないし、かなり小さいマーケットだから期待しないで行ってね。

そんなかんじで、
たまたま教えてもらった超穴場のマーケットです。

しかもお兄さんは「期待しないで」って言ったけど、
私からすると想像以上の規模で。

予定よりリエージュ滞在時間を伸ばしても足りないぐらい、
楽しい蚤の市でした!!

(多分リエージュの住人は日曜マーケットの大きさを見てるから、
それと比べて小規模って思うんだろうなぁと推察しました)

細かい場所と開催情報は記事の後半でお伝えするとして、
まずはその雰囲気を写真でお伝えしますね♡

マーケットの様子

リエージュの金曜蚤の市

リエージュ中心部から少しだけ離れた、閑静な住宅街。
約600mの並木道に200以上のブースが並びます。

リエージュの金曜蚤の市

隣接する公園にもお店がずらり!

リエージュの金曜蚤の市

適度な賑わいで、ゆっくりのんびり見て周れました。

リエージュの金曜蚤の市

売られてるものはアンティーク品からガラクタまで。

リエージュの蚤の市本屋さん

レースやリネン、衣類、食器、手作り品、本やおもちゃなど様々です✨

リエージュの金曜蚤の市

リエージュの金曜蚤の市

リエージュの金曜蚤の市

BOCHの食器

ベルギー王室御用達BOCHの食器もよく見かけました!

リエージュの金曜蚤の市

ここリエージュの蚤の市は、全体的にお手頃価格なのが良かったです。

例えば私が買ったほんの一部ですが…

リエージュの蚤の市レース

レースふたつで €1

リエージュの蚤の市手作り品

手作りボード €1

リエージュの蚤の市リネン

リネン(シュールなデザインに一目惚れ♡) €2

ボタンのセット €3

リエージュの蚤の市キッチン用品

右端のパエリア鍋みたいなの €7

以前ブリュッセルやブルージュのマーケットを記事にさせて頂きましたが(コチラ)、それらと比べても物の相場が安いと感じました。

リエージュが地方都市だからか
単にブリュッセルで私が吹っ掛けられてたのかは分からないけど(笑)、

とにかく気になったものを気軽に買えて楽しかったです。

わたし
多くのブースで値下げ交渉も応じてくれました☆

リエージュの蚤の市

端から端までじっくり見ながら歩いて、大体3時間かかりました!

リエージュの蚤の市

開催情報は?

そんなリエージュの蚤の市。

日本語での情報はあまり見つけられませんでしたが、
Brocante de Saint-Pholien
で検索するとヨーロッパの人の口コミや写真が出てきました。

ベルギーの蚤の市をまとめたサイト(Fleamarket Insiders)によると、
毎週金曜日の朝6時~昼の1時まで開かれているようです。

場所は?

開催場所はムーズ川の南東。
Saint Pholienという教会から東へ続く道+道沿いの公園で出店されています。

最寄りの鉄道駅はリエージュ・パレLiège-Palaisになります。

リエージュの鉄道駅はリエージュ・ギーメンLiège-Guilleminsが大きいですが、
ギーメン駅から蚤の市までは約2.5kmの距離があるので…

ブリュッセルから列車で行くならギーメン駅で乗り換え後、
パレ駅で下車して歩くのが分かりやすいかと思います。

リエージュ・ギーメン駅

↑近代的なリエージュ・ギーメン駅。

リエージュ・パレ駅

リエージュ・パレは山の麓にある小さな駅でした。

リエージュ・パレ駅からの道順

リエージュ・パレ駅

ということで、ここではリエージュのパレ駅からSaint Pholien教会に向かう経路を簡単に道案内しますね。

距離でいうと約1km、ほぼ直進なので簡単です!

まずパレ駅の出口から地上に出ると、
目の前に立派な建物プランス・エベック宮殿が現れます。

リエージュのプランス・エベック宮殿

宮殿の南側正面(↑写真でいうと右手奥)に周り込むと、、

リエージュのプランス・エベック宮殿

Place Saint-Lambert サン・ランベール広場 に出ます。

そこから広場の南東に伸びる大きな道 Rue Léopoldをまっすぐ進みます。

リエージュのムーズ川

ムーズ川にかかるアルシュ橋を渡って、

リエージュの町並み

さらに通りを進むと…

リエージュの町並み

左手の石壁がSaint Pholien教会☆

教会奥を左手に曲がると蚤の市のブースが見えてくるはずです。

駅から歩いて15分ぐらいで着きました!

まとめ

以上、リエージュで訪れたSaint Pholien教会前の蚤の市を紹介させて頂きました。

位置的便利さからヨーロッパ各国の物品が集まりやすいベルギーでは、
アンティークマーケットや蚤の市がよく開催されます。

その中でリエージュの蚤の市は規模が大きすぎず小さすぎず、
ゆったりした時間が流れてて、全体的に値段もお手頃。

個人的にかなり好きな雰囲気でした !!

また、今回の滞在は平日がメインだった私にとって、
金曜開催という点もポイントでした。

  • 「手頃にアンティークや古い雑貨を探したい」
  • 「蚤の市に行きたいけど土日は日程の都合で行けない」

そんな方にオススメです。

ベルギー旅行でお世話になったガイドブック

\ベルギーの旅行プランを探す/

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事