旅先の街歩きにオススメ!アクションカメラGoProレンタル体験記




こんにちは!なっつです。

わたし
なかなか海外に行けない日々が続いているので今は国内で近場&長期な旅を楽しんでいます。

今回は人気のアクションカメラGoPro HERO7 Blackを初めてRentioでレンタルしてみたので、その体験記を書きたいと思います。


レンタルのきっかけと感想

私は旅先では動画より写真を撮ることのほうが多いのですが、最近しまなみ海道をサイクリングする機会があり「せっかくだしサイクリングの様子を広角の動画で残したいなぁ」とアクションカメラに興味を持ちました。

でもGoProを筆頭とした性能の良いアクションカメラを探してみると、その相場は少なくとも3万円以上ということが分かりました。

これに加えて予備バッテリーやSDカードといった関連品も必要になってきます。

おそらく日常的に使わないだろう商品に何万円も払うのには勇気が要ります。そこで行きついたのがレンタルという選択肢でした。

DMM.comのいろいろレンタル! Rentioといったサイトでは、カメラなどの旅行用品や家電を一時的に貸し出してくれます

私はRentioの「GoPro HERO7 Black 初心者セット」をレンタルしました。

  • GoPro HERO7 Black 本体
  • カメラアーム(自撮り棒・グリップ・三脚の3WAY)
  • 充電器と予備バッテリー
  • SDカード(64GB)
  • 防水ケース

がセットになっています。

価格は3泊4日で7980円1日延長+800円したので合計8780円でした。(2020年10月当時)

このレンタル料が高いか安いかは人によると思います。日常的に動画撮影する方や「毎週末のサイクリングが趣味で走行動画を撮りたい!」という方にとっては最初に数万円かかっても自分の物にしてしまったほうがお得だし、でも私のように「数日だけ使う予定があるけどその後はどうだろう…」という利用者にとっては、動画撮影に必要な一式をまとめてレンタルできるこのセットはとてもお得に思えました!

GoProレンタルはこんな方にオススメ
  • 旅行やイベントで一時的に使いたい
  • 買う前にお試し的に使ってみたい
  • 最新モデルを使ってみたい

 私は自分にとって必要な機能と予算を考慮してHERO7を選びましたが、もちろん他のモデルも貸し出し中でなければ選べます。型落ちさせればもう少しレンタル料を抑えられるし、逆にもう少し予算を上げて最新モデルを試してみるのも良いかもしれません。

レンタルの流れ

ということで、以下では私が実際にRentioで申し込み~返却した流れをご紹介します。カメラのレンタルってどんなかんじか知りたい方のご参考になると嬉しいです。

申し込み

まずはRentioのサイトにアクセスしてアカウントを作成します。

GoProで商品検索すると色んなモデルやセットが出てきました!気になる商品を選んで詳細と在庫を確認します。

使用開始希望日・返送日・数量を選んでカートに入れます。

続いて住所を入力します。

国内でしたら旅先に配達してもらうことも可能…ですが一部地域は除きます。私は宿泊地が広島本土から橋を渡ったところにある島だったので宿への配達指定ができず、本土のヤマト受け取りにしました。その場合はヤマト運輸センターの住所を調べて届け先に入力します。次の画面で出てくる備考欄に「営業所止め」の文言と宅急便センターコードを調べて入力すればOKです☆

クレジットカード情報を入力すると注文内容の確認画面が表示されます。「注文を確定する」ボタンを押せば完了!登録したメールアドレスに受付完了メールが届くはずです。

その後も出荷状況や操作方法についてメールで案内してくれるので到着まで安心して待つことが出来ました。

到着

届いた商品はこちら。

GoProレンタル

本体の入ったケースとSDカードや充電器の入ったポーチ、そして3WAYでマウントできるカメラアームが段ボールに収納されていています。この段ボールは返送時にそのまま使えて便利でした。

GoProレンタル

同梱品一覧についてはRentioの商品ページから確認できます。初心者セットにはSDカードが付いているため、到着後すぐに撮影に繰り出すことができました。

サイクリング時は付属のシール状マウントで自転車やヘルメットに取り付けて走行動画を撮影。

3WAYカメラアームは街歩きする時に重宝しました。

延長の場合

レンタル4日目。だんだんGoPro撮影が楽しくなってきた私は1日だけ延長しようと決めました。Rentioは予約状況に空きがあればレンタル途中でも日数変更が可能です。延長は1日800円で、注文履歴の画面から簡単に手続きできました。延長方法について詳細

返却

そしていよいよ返却日がやってきました。SDカードは撮影データを消去して返さないといけないのでPCへの移行・保存を忘れないようにしましょう。

返却作業はとても簡単で、到着時の段ボールに商品一式を戻し、同梱されていた着払い伝票の送り主欄を記入。あとは最寄りのコンビニなどに持って行くだけです♪ セブンイレブンかファミリーマートならヤマトを扱ってるのでスムーズでした!

返却日=発送日と考えてOKなので、Rentioへの到着日は気にせず返却日の23時59分までに手元を離れれば大丈夫です。返送について詳細

ちなみに届け時は島への配達不可でしたが、返却時は島のセブンイレブンからでも発送できました!

壊してしまった場合

私は幸いトラブルなく使用し終えましたが、レンタル中もし壊してしまったらどうなるのか気になりますよね。Rentioではレンタル料に補償プランが含まれており、過失による破損でも負担額は最大2,000円までとなっています。詳しくはこちら

 

気に入ったら買い取りも可能

Rentioにはさらに嬉しいサービスがあります。なんとレンタル中の商品を気に入ったらそのまま買い取りができるんです!

GoPro HERO7 Black 初心者セットの場合40,000円を追加で支払えば、送り返さず自分の物にできます。中古ということにはなりますが、3泊4日試したうえで決断できるのはありがたいです。失敗のない買い物ができそうですね!

最後に撮影動画を少し紹介

Rentioでのレンタルは思っていた以上にスムーズで返却手続きも簡単。たっぷり動画撮影を満喫できました。

GoProとミラーレス一眼の比較

GoPro HERO7 Blackは普通のカメラで撮る動画と比べて画角が広く、手ブレ補正が効くので街歩き動画も撮影しやすかったです。

サイクリングの様子も自分が見たまま記録できて大満足!自転車で走っている時の景色やスピード感ってなかなか普通のカメラでは残せないので、GoProがあって良かったです。

いつか海外旅行に行ける日が戻ってきたら今度は10日ぐらいレンタルしてヨーロッパ街歩きを動画に残したいと企んでます♡

旅をさらに楽しくしてくれること間違いなしのアクションカメラ。限られた期間で利用したいという方は、是非レンタルも検討してみてはいかがでしょう。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!


Recommend

Recommend ピックアップ記事