尾道に長期滞在したので美味しいパン屋さんとオススメ商品レポします




こんにちは!なっつです。

わたし
ヨーロッパに行けない日々が続いてるので一時的ですがブログヘッダー変更しました。

今回は尾道ワーケーション中に訪れたパン屋さんを紹介します!

気づけばここ1年で計4ヶ月近く尾道に滞在し、そのあいだ日々近くのパン屋さんに通いました。

毎朝仕事前に海や街並みを眺めながら美味しいパンを食べると、我ながら単純ですが「今日も1日頑張ろう!」と思えます。

尾道水道デッキ

天気が良ければ海沿いのデッキで食べることも。尾道市では観光地のベンチ&テーブル整備が進められていて、夏はパラソルも設置されるのでテイクアウトグルメを味わうのにピッタリ!

わたし
潮風効果か海辺で食べるパンは何となく香ばしく感じます(笑)

というわけで、以下では私なっつが実際に訪れたパン屋さんと、買った商品の中からお気に入りのパンを (好みに偏りつつ) レポートしたいと思います!

JR尾道駅から訪れやすい順に記載しますので観光客の方の参考になると嬉しいです。


パン屋航路

パン屋航路外観

尾道本通り商店街にあるパン屋さん。観光客に大人気でお店の前には開店7時から列ができることも。尾道ゆかりの小説家・志賀直哉の作品名をもじった店名がイイですね♪

朝に食べたい食パンやクロワッサンから、ワインに合うフォカッチャや総菜パンまで種類様々。

1番人気はカレーパン。私は初めて行くお店でよくカレーパンを買うため尾道でも食べ比べたのですが、個人的にコチラのカレーパンは今まで食べた中でもナンバーワンでした!ザクっとした粗めの衣ともっちり、しっとりした生地がたまりません。中のカレーは自家製で、コクと旨味がたっぷり。

パン屋航路売り場

そして種類豊富なベーグル。毎回どれにしようか迷ってしまいます。

パン屋航路ベーグル

写真は店員さんオススメのずんだペッパーチーズ。枝豆を練り込んだ生地にチーズが入ってます。ベーグルの生地がもちもちで食感バツグン!

パン屋航路ベーグルとバターロール

そして私が訪れるたび必ずトレーに乗せてしまうのがバターロール(写真右)。少し塩気のきいたパンにじゅわっとバターがしみ込んでいて、シンプルながらクセになります。しかもお値段なんと100円。パン屋航路のパンはひとつ100円~400円と価格の幅がかなり広いのですが、お気に入りが100円というのはちょっと得した気分です(笑)

場所と営業日時をチェック

パンのなる木

パン屋航路はどちらかというとハード系のパンが多いので、昔ながらのソフト系がお好みの方はコチラのお店がオススメ。

パンのなる木外観

朝7時から営業&福本渡船乗り場近くという立地なので、サイクリングや観光前の朝食調達にも便利◎

ラインナップは総菜パンより菓子パンが目立ちます。バターロールなどのまとめ売りもあるので、家庭用に良さそうです。

パンのなる木レモンパン

瀬戸内らしい爽やかな風味のレモンパンや、

パンのなる木カレーパン

ふわっとやさしい味わいのカレーパンなど。

人気は紅茶のクリームパン。紅茶が練り込まれた上品な生地にカスタードクリームがよく合います。

パンのなる木アイスメロンパン

こちらはアイスメロンパン。メロンパンの中に凍らせた生クリームが入った、夏に食べたい一品です。

場所と営業日時をチェック

ネコノテパン工場

ネコノテパン工場外観

千光寺山の坂道の途中に建つネコノテパン工場。ガーラントが目印の、小さくて可愛いお店です。人ひとり入ったらいっぱいになるので、店員さんの陳列中や先客がいる場合は外で待ちます。のんびりゆるい雰囲気が良きです☆

ネコノテパン工場売り場

チョコクロワッサン80円やフレンチトースト60円、リュスティック140円~、木苺あんぱん170円などなど。

ネコノテパン工場のパン

お手頃な価格&サイズなので「色んなパンをちょっとずつ味わいたい!」という私のような一人旅にピッタリのお店です。

フレンチトーストは会計時にお好みでシナモンをかけてくれます。

尾道の猫

お店のある千光寺山ではよく猫ちゃんに出会えます。もしかしたらお店までの道のりを案内してくれるかも …!?

場所と営業日時をチェック

Butti Bakery

ONOMICHI U2

駅の西側、古い倉庫をリノベーションした施設ONOMICHI U2内にもButti Bakeryというパン屋さんが入ってます。広島弁の「ぶち(=すごい)」が店名の由来☆

クロワッサンが1番人気とのことですが他にも季節の果物を使用したデニッシュ、大葉とベーコンのエピなど、聞くだけで美味しそうなパンがいっぱい。迷ったら売り場の黒板にオススメ商品が書かれているので是非チェックしてみてくださいね◎

ONOMICHI U2Butti Bakery

外のデッキに出て、尾道水道を眺めながら頂くのもオススメ!ゆったり爽やかな時間を過ごせます。

場所と営業日時をチェック

サンモルテ

サンモルテ外観

尾道渡船のりば近くのパン屋さん、サンモルテ。黒い壁に白いドアがヨーロッパの街角のようです。パンの種類はそこまで多くありませんがレジ横のチルドコーナーではハムやチーズ、スイートポテトなどパン以外の商品も売られています。常連さんから「ここはサンドイッチとスイートポテトが美味しいよ」と勧められました。 

サンモルテのパン

入口手前にはイートインスペースも。基本の生地はドイツパンのように噛み応えがあり、酵母の風味がしっかり感じられます。季節のフルーツがトッピングされたデニッシュ(この時はレモンでした)は程よい甘さでサクサク!

サンモルテのフレッシュ

1981年の創業時から続く看板商品「フレッシュ」。ほんのり甘い生地にバタークリームがサンドされています。しゃりしゃりしたシュガーバターに懐かしさを感じました。

場所と営業日時をチェック

CASTLE ROCK

CASTLE ROCK外観

かつて船着き場があった繁華街・新開エリアに建つクロワッサン専門店

CASTLE ROCKクロワッサン

種類豊富なクロワッサンは大体ひとつ200~300円。「クロワッサンにしてはちょっと高いかな」と最初は思ったのですが、クリームを注文後挟んでくれたりひとつずつのクオリティが高いこと、また大ぶりサイズでひとつでも食べ応えあることを思うと納得です。パリッパリの側生地と中のふわふわ食感は「さすがは専門店…!」と感動ものでした。

「ラム・ダイアリー(=ラムレーズンとバタークリーム)」「小栗旬(=マロン入り)」「恋する千利休(=抹茶クリーム、ホワイトチョコに桜クランチ)」など、商品のネーミングセンスが最高!笑

CASTLE ROCKクロワッサン

JR尾道駅から約2kmと離れていますが、クロワッサン好きな方は是非。まるでスイーツの様な贅沢クロワッサンを味わえます。

場所と営業日時をチェック

住田製パン所

住田製パン所外観

尾道の対岸・向島にある老舗パン屋さん。「わざわざ船に乗って行くの!?」と思われるかもしれませんが、尾道の渡船は60~100円運賃手渡しで乗れてとってもお手軽。乗船時間も3~5分ほどです。向島には大きいスーパーや薬局などがあるので、私も尾道滞在中はよく買い出しのため向島に渡っていました。

わたし
気軽に船旅気分を味わえて楽しいですよー♪

渡船は発着地の異なる3社から選べますが住田製パン所は兼吉エリアにあり「尾道渡船」で行くのが便利です。尾道の渡船について別記事にしています

住田製パン所外観

お店はなんと大正5年創業!朝6時から開いているのでサイクリングや早朝散歩の腹ごしらえにも重宝します。

住田製パン所のあんぱん

名物はあんパン、ねじパン、メロンパンなど。元は和菓子屋さんだったそうであんぱんの中に入ってるこしあんが上品。素朴な美味しさでした✨

住田製パン所のねじぱん

ネジパンはねじりドーナツに砂糖をまぶした商品。粉砂糖じゃないところが、いまどきじゃなくて良いですよね ♪ どっしりした食感が昔なつかしく感じます。

住田製パン所のメロンぱん

ちなみに夕方はパンが65円になるというサービスがあるので狙い目です!

場所と営業日時をチェック

ブーランジェリー・ポワン

ブーランジェリー・ポワン外観

中心部からは離れるのですが、地元の方からよく利用すると聞いて訪れたパン屋さん。JR尾道駅と新尾道駅の間ぐらいに位置します。

ブーランジェリー・ポワン売り場

いつも午前中大量に売れるそうで、お昼に訪れたら「朝のいっぱい並んでる時に来てほしかったわー」と店員さん(笑) 

ブーランジェリー・ポワン売り場

とはいえ、惣菜系バゲットから甘い菓子パンまでじゅんぶん豊富なラインナップ。お値段も観光エリアのパン屋さんと比べお手頃なので、気になる商品を気軽に試せました。「色んな種類のパンを試したい!」という方にオススメのお店です。

焼きカレーパン、もちもちミルク、

ブーランジェリー・ポワン

レモンあんぱんとミルクフランス。コチラのお店はハード系のパンやバゲットが評判のようで。ミルクフランスの生地はしっかりと噛み応えあり、美味しかったです。

場所と営業日時をチェック

ゆういちのパン屋 ムッシュ

ゆういちのパン屋 ムッシュ外観

こちらも中心部から離れた東尾道駅近くのお店になりますが、珍しい「砂ズリカレーパン」が食べられます。

ゆういちのパン屋 ムッシュ
ゆういちのパン屋 ムッシュ砂ずりカレーパン

外はサクサク、中の生地はしっとり!カレーがたっぷり詰まってて、尾道でお好み焼きの具として定番の「砂ずり」が入っています。そのためかレモンサワーとも相性よかったです(笑)

ゆういちのパン屋 ムッシュ

ドーナツとキャベツパンも購入。キャベツパンは揚げパンにマヨネーズで和えたキャベツの千切りが挟まっていてシンプルながら美味しい。サイクリング前などガツンと気合入れたい時にピッタリです!

場所と営業日時をチェック

まとめ

以上、尾道長期滞在中に私が訪れたパン屋さんを紹介させて頂きました!

長々と9店舗にもなってしまいましたが、個人的には少しハードでもっちりしたパンが好みなのでパン屋航路がお気に入りです。有名店だし今さらではありますが、本当に商品全部ハズレない美味しさだしパンのバリエーションも豊富で、やはり観光客に1番オススメしたいお店です。JR尾道駅から近く朝7時から開いているという点もポイント☆(ただし月・火は定休日なので要注意!)

皆さまも是非お気に入りのパン屋さん見つけて尾道滞在楽しんでくださいね。

 

尾道で朝食

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

尾道のホテル・旅館を探す

ヨーロッパ旅行の記事については新型コロナ以前の訪問に基づきます。観光地やお店の営業状況・イベントの開催・交通の運行状況が現在と異なる場合がございますので、実際に計画する際は公式サイトなどで最新情報のご確認をオススメします。


Recommend

Recommend ピックアップ記事