私のプロフィールと旅行スタイル

はじめまして。旅行ブログ「1weekヨーロッパ」にお越し頂いてありがとうございます!運営者のなっつといいます。

わたし
このブログ内の全記事を書いております。

このページでは、当ブログの概要と私について自己紹介させて頂きたいと思います。




私とヨーロッパの出会い

昭和生まれのB型  ヨーロッパ旅行が大好きで、たまの渡欧を楽しみに普段は日本で暮らしています。

20歳の時に好奇心から参加した大学の研修旅行で、初めてヨーロッパを訪れました。行き先はパリとローマ。飛行機欠航や荷物破損などトラブルだらけの旅行だったのに、歴史のある町並みとしっかり日々の暮らしを楽しむヨーロッパの人々に一瞬で心奪われたのを覚えています。

美しい教会、市場の賑わい、当たり前に遅れる鉄道、陽気でフランクな店員さん… 出会うもの全部が新鮮でした。

それまでにもアジアやアメリカに訪れたことはあったのですが、その時とは違う感情だったので、単純に自分が「いいな」と思う暮らしや雰囲気と当てはまっていたんだと感じています。

わたし
歴史・古い建物・絵画・デザイン・洋菓子など、元々自分が好きだった物がヨーロッパに揃ってたことも理由と言えます。

それから約15年、会社勤めしながら時間を作ってはヨーロッパの色んな国へと旅立ってきました。旅行頻度は大体年1~2回。「毎年の渡欧のために日々働いてる」と言っても過言ではありません!

今まで訪れた国は27カ国。旅行の頻度に対して訪れた国が少ないのは、一度お気に入りの場所を見つけると同じ場所に何回も再訪するオタク気質だからだと思います(笑)

↑ 5年連続でイギリス・コッツウォルズの村ばかり訪れた時期もありました。

訪れた国(訪問回数多い順に記載)

ヨーロッパ

イギリス ×8・フィンランド ×5・ベルギー ×3・フランス ×3・スウェーデン ×3・ドイツ ×3・オランダ ×2・イタリア ×2・アイスランド ×2・エストニア ×2・デンマーク・ポルトガル・ギリシャ・オーストリア・ハンガリー・チェコ・アイルランド

ヨーロッパ以外

トルコ・中国・マカオ・韓国・台湾・ベトナム・カンボジア・アメリカ・カナダ・オーストラリア

私の旅行スタイル

自分のことは旅人というよりも 個人旅行者 だと分類しております。3週間以上の長期的な旅に出たことはないし、バックパックもユースホステルも利用したことがありません。でも、日本人団体で行くタイプのガイド付きツアーはちょっと苦手。。

わたし
昔は参加していたけど、途中から「私は観光地に連れて行ってもらうよりそこまでの行き方やルートを自分で考えて計画する時間が好きなんだ」ということに気づきました。

そのため基本の旅行スタイルはこんなかんじ。

1~2人旅

人数は1~2人が多いです。多くても3人まで。人と楽しみを共有できるふたり旅も良いけど、完全自分のペースで行動できるひとり旅も好きです。

1週間前後

仕事の連休を利用して行くため、1週間前後の短期日程 が基本。

わたし
ブログ名「1weekヨーロッパ」もこれに由来しております!

過去一番短いのは 4連休で「3泊5日ベルギー」 という 超弾丸旅!5日目の朝に帰国した足で仕事へ・・・なんて無茶な日程で訪れました。

3泊5日でベルギーに訪れた話

3泊5日でヨーロッパ旅行は可能?4.5連休でベルギーに訪れた話
3泊5日でヨーロッパ旅行は可能?4.5連休でベルギーに訪れた話
8月の4連休+午前休でベルギーを旅行しました。概要・旅行記・かかった費用をまとめます。弾丸でヨーロッパを訪れてみた感想・反省と、どうやったら短い期間でも楽しめるかを考察。

利用ホテル

現地での宿泊先は価格や立地を重視したホテルやB&Bが多いです。ユースホステルではないけど高級ホテルでもないところ。最近は航空券をエクスペディアで手配してるので、同時割引を利用してホテルも一緒に予約しています。

現地発着ツアーも場合によっては利用する

団体旅行が苦手と書きましたが、どうしても時間的に自力で訪れるのが困難と判断した場所には、現地発着のツアーを利用することはあります。

たとえばアイスランドの大自然を見に行くときは、公共交通機関があまりに少なかったので、都市部発着の日帰り現地ツアーを利用しました。現地ツアーサイト VELTRAはヨーロッパのオプショナルツアーが充実してて、日本語で予約できるので便利です

荷物はスーツケース

たくさん買い物するので荷物はスーツケース派。毎度、石畳での酷使にも負けないリモワさんが15年来の相棒です☆

私の荷づくり方法

旅行前の荷造りでお土産スペース確保!私のスーツケースパッキング術
旅行前の荷造りでお土産スペース確保!私のスーツケースパッキング術
たくさんのお土産をスーツケース1台に入れて無理なく持って帰りたい。そんな私が実践している旅行前の荷造り方法をご紹介します。

プランはきっちり決める派

短い日程だけど (だからこそ?) 事前のリサーチはしつこいぐらいに行います。電車の時間や晩御飯を食べるお店、お土産を買うお店、町歩きのルートなど細かく計画してから現地に訪れるようにしています。

「プラン通りの旅行なんて楽しくない!」という考えもあると思うし、実際旅行してると計画通りにならないトラブルも多々起こるのですが、帰国後「あの国にそんな場所があったんだ~行けばよかった!」とか「ここも行くつもりだったのに時間が足りなかった」という後悔がない様に、可能な限りの準備はしておきたい!というのが私の考えです。

ちなみにこれは私がこのブログをはじめたきっかけにも繋がるのですが、リサーチの際はガイドブックはもちろん、旅ブログやSNSの情報も大いに参考にします。実際に訪れた方による口コミや現地情報は特に情報の少ない場所へ行こうとするとき本当に助かります。そして旅行後、自分の経験も発信することで、次にその場所へ行く誰かの参考にしてもらえると良いなぁと思います✨

旅行ブログ1weekヨーロッパについて

ということで、今の私の旅行スタイルについてまとめると、

  • 1週間前後の連休見つけてはヨーロッパ
  • 個人手配で航空券+ホテルを予約
  • 現地での行動は事前リサーチを行い徹底的に計画
  • 節約できる部分は節約
  • でも絶対行きたい場所や食べたい物には惜しまない

このブログでは、そんな私が1週間前後で訪れたヨーロッパ旅行の記録 をつづっています。

私が旅先で体験した

  • 行って良かった町や観光スポット
  • 美味しかった食べ物やレストラン
  • おすすめのお土産
  • 交通機関の利用方法やお得なチケット

などをメインに記事を書いています。行き先も感想も私個人の趣味嗜好に偏りがちですが、旅行スタイルの似てる方や同じ場所を訪れる方のお役に立てれば最高に嬉しいです✨

さらに、今後はもっと深くたくさんの情報をヨーロッパの地からお伝えしたくて、2019年の冬から仕事を会社勤め→在宅ワークに変更しました。勤務形態を変更することで仕事しながら 現地に暮らすようなマイペースにヨーロッパ周遊 することを計画していたのです…が、そう。この計画は新型コロナウイルスによって打ち砕かれました。。

【近況報告】2020年はヨーロッパに1年滞在!のはずだったけど…
【近況報告】2020年はヨーロッパに1年滞在!のはずだったけど…
久々更新なので2020年の旅予定と近況報告。今後のブログ内容についてもお知らせします。

現在終息を願いながら日本で待機しておりますが、いつか安心して渡航できるようになった時には今までよりもっとブログ内容も充実させたいと思ってます!

それでは、つたない旅行ブログではありますが長期的に書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

旅行記を読む

私の渡欧記録♪ 今までのヨーロッパ旅行記まとめ
私の渡欧記録♪ 今までのヨーロッパ旅行記まとめ
筆者が今まで訪れた旅行記を分かりやすく整頓しました。各記事内でその旅行のスケジュールや旅行記をまとめています。

プライバシーポリシー

「https://1week-europe.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

免責事項

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

当ブログに関するご連絡はこちら

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

当サイトに掲載されている広告について

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。

広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。

Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。

また、当サイトは Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

お問い合わせ先

当サイトや記事内容に関するお問い合わせはこちらのページからお願いします。