【近況報告】2020年はポルトガル~ヨーロッパ周遊予定だったけど…




こんにちは!なっつ(@nattu_sampo)です。

新型コロナウイルスが世界的に拡大しており、旅行業界はもちろん旅好きの方も多大な影響を受けている2020年春現在。

実は私なっつも、本来なら今頃ポルトガルに居る予定でした

1年間ヨーロッパを旅するためずっと計画を立ててきて、ながらく更新ストップしていたこのブログもようやくヨーロッパの地から再開できると張り切っていたのですが、とても海外渡航どころではない状況となってしまい泣く泣く断念しました。

今回は久々の更新なので、そんな近況報告と当面の予定などをお知らせしたいと思います。


ヨーロッパで暮らすような旅を計画

今までこのブログでは、会社員である私が連休を見つけては訪れた弾丸ヨーロッパ旅の情報をメインに発信して参りましたが

「一度時間に縛られずゆっくりヨーロッパを訪れてみたい」

そう思って2020年3月出発を目標に、水面下で色々準備していました。

まず仕事の雇用形態を変えて100%リモート職に。PCとネット環境があれば場所に捕らわれず働けるようになりました。

ルート計画としてはポルトガルからスタートし、ヨーロッパをゆっくりと周遊。

シェンゲン協定加盟国にはノービザだと「あらゆる180日のうち90日」までしか滞在が認められていないため、90日ごとにシェンゲン圏(ポルトガルやドイツ)とシェンゲン圏外(イギリスやクロアチア)を行き来しながら1年ぐらいヨーロッパを旅しようと考えておりました。

現地のアパートや飛行機を予約し、海外旅行保険にも加入。日本のアパートやライフラインは全て引き払い、あとは出発の3月を待つのみ!

という状態まで準備を進めていたのですが、、そう。

現在世界中を混乱させている新型コロナウイルスによって、私の渡欧計画は阻まれてしまったのです(泣)

渡航延期に至るまで

初めてその存在を知ったのは確か1月初旬。その頃はこんなに世界中で大変なことになるとは思っていなくて「3月までには終息してくれてると良いなぁ」と、呑気に出発準備を進めていました。

2月に入って日本でも少しずつ感染者が確認されるようになりました。それでもまだヨーロッパでは影響少なくポルトガルのアパートオーナーさんも「来月会えるの楽しみにしてるね」って言ってくれたし、変わらず荷造りや外貨両替などおこなっていました。

一気に事態が深刻化してきたのは3月。流行の中心はついにヨーロッパに。各都市で交通機関のストップや一斉休校のニュースを聞くにつれて、私の心境もだんだん変化していきます。

今訪れて旅を楽しめる状況なのだろうか?アパートやホテルは旅行者を受け入れてくれる?予約してた飛行機は飛ぶのか?出入国の制限は?

何よりこの事態に国をまたぐ移動をすることで、自分が感染拡大させてしまうかもしれないという恐ろしさ。。

わたし
とはいえ、日本の家や持ち物も処分した状態で渡航中止したとして、来週からどうしよう・・・。

ギリギリまで悩みに悩みましたが、やはり今は行けないと判断して出発5日前にようやく延期を決めました。

それから数日のうちに、予約していた飛行機を含めヨーロッパ行きの飛行機はことごとく欠航。EU域外からEUへの入域制限措置、外務省が発表しているヨーロッパの感染症危険レベル引き上げ、そして当初私が出発を予定していた3月25日には、全世界を対象に不要不急の渡航中止要請が発表されました。物理的にも渡航は不可能だったということですね…。

航空券やアパートに関してのキャンセル体験詳細はこちらをどうぞ

これからの予定

ということで、しばらくは仮住まいで暮らしながら終息を待つこととなりました。

今まで準備してきた時間や費用を思うと正直かなり落ち込みますが(泣)、コロナ流行前にリモートという働き方を手に入れたのは不幸中の幸い。ステイホームしながら仕事&ブログ執筆に打ち込みます!

また、不安だった語学力を上達させる時間を与えられたのだと前向きにとらえ、今のうちに勉強して過ごそうと思います。

おすすめブログ:【33社比較】目的別おすすめできる厳選したオンライン英会話を紹介

出典:英語学習ひろば

わたし
有名なオンライン英会話33社を徹底比較されているので、自分の学習目的や予算に合わせたオンライン英会話を探せます♪

数か月後か、1年後か、もしかしたら数年後か・・・先の見えない日々が続きますが、いつかまた安心して海外旅行できる日が戻ってきますように✨

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

ヨーロッパ旅行の記事については新型コロナ以前の訪問に基づきます。観光地やお店の営業状況・イベントの開催・交通の運行状況が現在と異なる場合がございますので、実際に計画する際は公式サイトなどで最新情報のご確認をオススメします。


Recommend

Recommend ピックアップ記事