湖水地方に泊まりたい!私が宿泊したボウネスのB&Bを紹介します




こんにちは!

今回はイギリス湖水地方のB&Bに泊まります。

湖水地方はイングランド北部に広がる美しい自然スポット。
あたりには可愛い村々が点在し、ピーターラビットの舞台としても知られます。

本来は都会の喧騒から離れてゆったり時間を過ごすのに
ぴったりな場所なのですが…

私たちは日程の都合で 超 弾 丸 !

1日目の夕方17時に湖水地方の玄関口である鉄道駅ウィンダミアWindermereに到着し、翌朝11時にはウィンダミアを出発。マンチェスターに戻ります。

(鉄道チケットはレイルヨーロッパから予約しました)

「このスケジュールだと湖水地方では散歩と食事ぐらいしか出来ないだろうなぁ」と、覚悟はしてたのですが、さらに電車の遅延が重なったことで

到着時間が17時ではなく 20時に…。

夜のウィンダミア駅

夜中到着して1泊して翌朝出発という、
何しに行ったんだかよく分からないかんじになっちゃいました(笑)

私たちが訪れた季節(12月)もあまり良くなくて、
11月~2月の湖水地方は多くの観光施設は営業していないし、
交通機関も縮小運行します。

今回訪れて見て湖水地方は夏に行くほうが楽しそうって感じました。

曇りの日のオレストヘッド

⇧ 展望の丘オレストヘッドに登ってみるも、
霧深くてなんにも見えません(泣)

ということで
今回は湖水地方の魅力をほとんど体験できなかった訳ですが、、

それでも
宿泊したB&Bは良かったです!!

B&Bとはイギリスによくある朝食付きの宿。
日本でいう民宿のような、家族経営・個人経営のところが多いです。

ボウネスのB&Bウェストボーン

今回私たちが利用したB&Bも
可愛い建物にインテリアに、美味しい朝ごはん。
オーナーご夫妻の人柄とか、全部が素敵でした。

ボウネスのB&Bウェストボーンの朝食

この記事ではそんな B&Bの感想 をメインにお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

The Westbourne Bed&Breakfast

宿泊したのはこちらのB&B。

ザ ウエストボーン ベッド & ブレックファースト
The Westbourne Bed & Breakfast

 Hotels.comで詳細を見る

場所は?

ウィンダミアの駅からは少々離れていて、約30分(2kmぐらい)歩きます。

ウィンダミアの町を抜けて南へ進み、
ボウネスの町の入り口あたりBiskey home roadという小道を左折。

ボウネス

ゆるやかな坂をのぼってくと左手に宿が見えてきます。

ボウネスのB&Bウェストボーン

実は徒歩じゃなくてもウィンダミア駅~ボウネスはStage coachという路線バスがあるのですが、18時台までしか動いておらず…。

私たちの到着時には既に運行終わってました><

ウィンダミア

利用する方のため時刻表のリンクだけ貼り付けておきますね。
 6番 または599番 のボウネスピアBowness Pier 方面に乗って、Royalty Cinemaというバス停で下車すると近いです

内装

入り口の扉を開けるとオーナー男性が出迎えてくれました。

オーナー
やぁ!大変だったね。マンチェスターからウィンダミアの電車はいつも遅れるんだよ。

※宿のチェックイン時刻は18時までなので、道中の駅から到着遅れる旨を連絡しておりました。

わたし
いつも…!?

ボウネスのお店情報なども教えてくれて、親切なご主人でした。
早速部屋を案内してくれます。

ボウネスのB&Bウェストボーン

入り口左手には談話室。

The英国なインテリアが可愛すぎます♡

ソリティアやオセロなどのボードゲームが揃ってました!

ボウネスのB&Bウェストボーン

階段をあがって客室へ。

ボウネスのB&Bウェストボーン

客室もコンパクトながら素敵な雰囲気です☆

暖房やテレビあり、ベッドもふかふかで快適でした。

ボウネスのB&Bウェストボーン

ボウネスのB&Bウェストボーンのバスルーム

バスルームはこんなかんじ。
右手奥に小さなシャワースペースがあります。

日本人女性の私が何とか入れる広さ。欧米の男性とか入れるのかな・・・?

ドライヤーは室内にありました!

B&Bのティーセット

イギリスでは多くのB&Bでティーセットが用意されてます。

さすがは紅茶の国ですね ✨

朝食

朝食は1Fのダイニングルームで。

楽しみにしていたイングリッシュ・ブレックファーストです。

B&Bのイングリッシュブレックファースト

クラシックで上品な空間…!
こんな場所で朝食食べれるなんて最高です✨

B&Bのイングリッシュブレックファースト

シリアル、ジュース、ヨーグルトなどはビュッフェ式。

温かい飲み物と食事、トーストは席についてから尋ねられ、
できたてを持ってきてくれます。

B&Bのイングリッシュブレックファースト

焼き立てのベーコンや卵、マッシュルームなどがたっぷり。
寒い時期の旅行だったので温かい料理が嬉しかったです!

味も美味しいし朝からお腹いっぱいになりました◎

周辺の町並み

到着日の夜と翌日出発までの時間、
少しだけボウネスの町を散歩したので、写真で紹介しますね。

宿からボウネスの中心部には歩いて5分ほど。

夜のボウネスの町並み

夜のボウネスの町はこんなかんじ。

夜のボウネスの町並み

お土産店・雑貨店といったお店は夕方で閉まりますが、
レストランは22時まで、遅い所なら24時まで営業してました。

あと小型のTesco(スーパー)もあり、夜23時まで開いてて助かりました!

つづいて翌朝。

ボウネスの町並み

12月の湖水地方の日の出は遅く、
朝は8時半頃からやっと明るくなってきました。

ボウネスの町並み

メインロード沿いにレストランやショップが並びます。

ボウネスのコーニッシュベーカリー

南イングランドでチェーン展開するパン屋さんコーニッシュ・ベーカリー。
湖水地方は朝食付きの宿が多いとは思いますが、
ちょっと小腹がすいた時に活躍しそうです。

ボウネスの教会

ウィンダミア湖のボウネスピア

遊覧船やフェリーが発着するボウネスピアまでは
宿から10分~15分歩きました。

ウィンダミア湖のボウネスピア

ここからフェリーで対岸に移動して路線バスに乗れば、
湖水地方の村々をめぐるのに便利です。

ボウネスのピーターラビットギフトショップ

湖水地方生まれのキャラクター・ピーターラビットに関するスポットも♪
写真はギフトショップ。

ボウネスにはピーターラビットの世界を模型で再現したアトラクションもあります。 The World of Beatrix Potter Attraction

なおピーターラビット関連の一番の見どころであるニア・ソーリー(作者が住んでいた村)はウィンダミア湖の対岸に位置していて電車通っていないため、個人で訪れるにはバスやフェリーに乗ります。

湖周辺の主な町と交通手段

湖水地方のおおまかな位置関係と交通

バスやフェリーも本数はあまり多くないので、
1日で色んな町を周りたい方は現地発着ツアーを利用したほうがスムーズだと思います☆

湖水地方ボウネスの雑貨屋さん

さて、ただでさえバタバタの滞在なのですが、
このタイミングで突然わたしのブーツの底が
すっぽり抜けるというアクシデントが発生しました。

わたし
!!!!!!
どんな歩き方したらそうなる?(汗)

幸い朝9時、10時になると
多くのお店が開いたのですぐに代わりの靴を調達できましたが、、
まさか湖水地方で靴を探すことになるとは^^;

ブーツを買ったボウネスのスポーツ用品店

⇧オープンと同時に駆け込んだスポーツ用品店。お世話になりました!

ウィンダミアかボウネスか?

湖水地方での滞在場所として
ウィンダミアかボウネスか悩む方が多いと思います。

個人的には、
もし到着が夜で一泊しかしないなら
駅から近いウィンダミアのほうがおすすめです。

湖水地方の玄関口ウィンダミアの町並み

⇧ウィンダミアの町並み

ボウネスに宿泊しといてなんですが…
大きな荷物持って30分歩くのはけっこう大変でした!

わたし
もう、靴の底も抜けるぐらいに!

でも2泊以上ゆっくり湖水地方に滞在する場合は、
最初にボウネスまで移動を済ませて宿泊するのもアリです!

湖周辺の主な町と交通手段

湖水地方のおおまかな位置関係と交通

フェリー乗り場が近いボウネスを拠点にすることで、
対岸のニア・ソーリーをはじめ
他の町をめぐりやすくなると思います

ウィンダミアもボウネスも
町の雰囲気はどちらも素敵だったので、
旅程にあわせてお好きな宿泊先を選んでみてください☆

★Hotels.com★ヨーロッパホテルが最大40%OFF!

まとめ

湖水地方には大型ホテルは少ないですが、

今回宿泊したような
可愛らしいB&Bやゲストハウスは至る所にあります!
数えきれないぐらいB&BやGest houseの文字を目にしました。

これらの宿は個人で経営してることが多いため
アットホームな雰囲気や家庭的な朝食を味わえるはず。

私は昔コッツウォルズのB&Bに宿泊したときに
宿のクリスマスパーティに参加させてもらったのが楽しくて。
以来イギリスの地方に行くときはあえてホテルでなくB&Bを探します☆

価格もホテルと比べて良心的なところが多いので、
湖水地方やコッツウォルズを訪れる際は
ぜひB&Bを利用してみてはいかがでしょう。

湖水地方に持って行きたいガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です