24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆

こんにちは!

今回はブダペストの地下鉄を紹介します。

気づけばこのブログって乗り物の話ばかりですね・・

でも、おすすめせずにはいられないぐらい
ブダペストの地下鉄が素敵だったんです…!

今回もよろしくお付き合いください 

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

ブダペストでの宿泊ホテルはこちら

スポンサードリンク

世界遺産の地下鉄!?

ロンドン、イスタンブールに続き、
ブダペストの地下鉄は世界で3番目の1896年に開通しました。

町の中心から市民公園を結ぶ
アンドラーシ通りの地下に建設されたメトロ1号線は、
「アンドラーシ通りとその地下」という形で世界遺産に登録されています。

世界遺産の地下鉄

個性豊かな4路線

そんな1号線にはじまり、
現在ブダペストには合計4路線の地下鉄が走っています。

出典 BKK(ブダペスト交通局)

運行時間は路線によりますが、04:30~23:30頃が目安。
3~8分ほどの間隔で運行しているので気軽に利用しやすいです。

※正確な運行時刻はサイトをご確認ください。

ブダペストで地下鉄を利用してみて
ときめいたのが、各路線の車両デザイン♡

1号線 2号線3号線4号線と色分けされてるのはもちろん、
駅や車両のイメージも路線ごとに分けられているのです。

「次はどんなデザインの電車だろう?」って、
毎回の乗り換えが楽しみでした 

レトロ可愛い♡1号線

上述した、世界遺産にも登録されてる1号線。

中心地からセーチェニ温泉のある市民公園を経由して
メキシコ公園まで伸びる全長4.4kmの路線です。
シンボルカラーは黄色。

古くに作られただけあって地上との距離が近く、
駅どうしの距離も短いです。

ブダペスト地下鉄1号線

おもちゃみたいな黄色い電車が可愛すぎる 

世界遺産の地下鉄

停車駅の内装は統一されていて、
どの駅もタイル貼り+ドアや窓口は木製なのが印象的でした。

世界遺産の地下鉄

わたし

こんな駅が自分の生活エリアにあったら素敵だなぁ‥

かっこいい正統派の2号線

市を東西に走る路線。シンボルカラーは赤。
ブダペストはドナウ川を挟んでブダ区とペスト区に分かれているのですが、
2号線に乗ればその両端を横断できるため観光に便利です。

ブダペスト地下鉄2号線

近年はすべての駅と車両が新しいものに統一され、清潔な印象。

ブダペスト地下鉄2号線

白黒の外装やドア上のBUDAPESTマークがかっこいい!

ブダペストの長いエスカレーター

Széll Kálmán tér駅の長ーーーいエスカレーター。

ヴィンテージ感あふれる3号線

市を南北に走る路線。シンボルカラーは青。
地下鉄+バスで空港に行く時などに利用します。

ブダペストの地下鉄3号線

旧ソ連製の古い車両を使用。
錆び感あって、無骨なかんじで、ちょっと薄暗い。

ブダペストの地下鉄3号線

カッコよく言うとインダストリアル風‥? ヴィンテージ風‥?

古い配管とかブリキとか無機質な物に惹かれる私は、
この路線の雰囲気がツボでした

ただ、3号線は老朽化の影響で現在改修工事中(2017~2020年予定)!
一部駅で臨時バスによる代替え輸送になるのでご注意ください。

最新情報:BKKの工事情報(ハンガリー語)より

モダンで広々!4号線

東駅からドナウ川を超えて西南へ伸びる路線。
中央市場やゲッレールトの丘に行くのに便利です。
シンボルカラーは緑。

ブダペストの地下鉄駅

2014年に開通した新しい路線なので
駅のデザインがモダン。広々していて博物館のようです。

ブダペストの地下鉄4号線

車両も2番線と同じものを使用してるためキレイでした。

トラベルカードと利用方法

ブダペストの地下鉄利用におすすめなのは、トラベルカードです。

トラベルカードとは
24時間/72時間/7日間いずれかの有効時間内で
市内の地下鉄、トラム、バス、トロリーバス、郊外列車へーヴ
乗り降りが自由になるお得なフリーパス。

もちろん1回乗車券シングルチケットもありますが、
調べてみると色々ややこしくて・・

たとえば、

  • 乗車前に刻印が必要。
    刻印を忘れて検察時に有効切符を提示できなかったら
    高額の罰金が課せられる。
  • 有効時間は刻印後80分以内
  • シングルチケットでの乗り換えルールが複雑
    地下鉄⇒地下鉄はOK、地下鉄⇒バスやトラムはNG、
    バス⇒バスやトラム⇒トラムはNG。
  • シングルチケットじゃなく乗り換えチケットなら
    どの乗り換えもOK。
  • トラムの停留所には
    券売機が設置されてない場合があるので
    多めに買って持ち歩いておく。

などなど。

友人

駄目だ。ギブアップ。

わたし

絶対どこかでうっかり罰金される‼

1日の滞在のためにルール全部を頭に入れるのも大変だし
毎回忘れずに刻印する自信がなかったので、
乗り放題券を買うことにしました。

トラベルカードなら持ってるだけで
有効時間内どの乗り物も乗り換え自由なので
難しいルールを考えなくても大丈夫!

金額的にも
24時間で5回以上 交通機関を利用するなら、
トラベルカードがお得です。

  • シングルチケット 350Ft (約170円)
  • 24時間券 1650Ft (約810円)
  • 72時間券 4150Ft (約2030円)
  • 7日券 4950Ft (約2430円)

(2017年旅行時の金額)

私たちも滞在時間20時間ほどでしたが
地下鉄・バス・トラムに計9回乗ったので、
購入してて良かったです。

ちなみに「1日券」ではなく「24時間券」なので
日をまたいでも使用できました☆

また、美術館などによく行くなら
交通費+観光施設の入場が無料または割引になる
ブダペストカードもあります。

  • 24時間 €19
  • 48時間 €29
  • 72時間 €37

(2018年記事投稿時)

日程と相談して
お得なチケットを選んでみてくださいね。

ブダペストカードなら日本語で事前購入も可能

24時間券の買い方

24時間券は駅の窓口か券売機で買えます。

窓口は駅によって見つけにくかったり閉まってる時間もあるので、
ここでは券売機での購入方法をご紹介しますね。

ブダペスト券売機

地下鉄駅に行ったら、
まずはこのような券売機を探してください♪

英語で操作するには画面下のイギリス国旗をタッチ。

今回は24時間チケットを買うので、
緑のマーク 24-hour Budapest Travelcard を選びます。

今から使用する時は From now を選択。

2枚以上買う場合は Pieces の欄で追加します。

金額を確認して、
レシートが必要なら青いボタン、不要なら緑のボタンをタッチ。

支払い画面に進みます。

私が利用した東駅ではカード・現金ともに使用できましたが、
小さな駅では高額紙幣が利用できない場合もあります。ご注意を。

ブダペストに限らず、
ヨーロッパの券売機は現金が利用出来ないことがあるので
カードを持参してると安心です。

費用かからず海外旅行保険も付いてくるエポスカードがおすすめ

ブダペスト券売機

支払いすると
下の取り出し口からチケットが出てきます。
これで購入完了♪

地下鉄の乗り方

続いてホームに向かいます。

ブダペスト地下鉄

打刻が必要な切符はこちらの機械で刻印します。

ちょうど駅員さんがいて「その切符なら打刻要らないよ」
と教えてくれました。

このように切符に使用期限の記載があれば
刻印の必要はないようです!

出典 BKK(ブダペスト交通局)

構内の案内板やガイドブックで路線図を確認。

利用する路線番号(または色)をチェックしておきます。

ブダペスト地下鉄

各路線の乗り場は構内各所に表示が出ているので、
自分が乗る路線の案内にしたがって進むだけ!

ブダペスト地下鉄

ホームに行くと、エレベーターの降り口や壁面などに
終点駅名と停車駅名が表示されているので分かりやすいです。
目的地の表示があるほうのホームで電車を待ちます。

ブダペスト地下鉄

右端の青い服のおじさんが検察員。
切符チェックのため到着電車を待ち構えています。

検察は改札の出口だったり、乗り継ぎ時に通るせまい通路だったり、
とにかく唐突にはじまるので気が抜けません 

有効チケットを提示できなかった場合の罰金は、
なんと16000Ft !! (約8000円)

チケットは絶対なくさないように注意しましょう。

ブダペスト地下鉄

電光掲示板の数字は、電車が到着するまでの時間。
「あと3分で電車来るよ」っていう表示です。

ブダペスト地下鉄

電車が到着したら、ドアについてる丸いボタンを押して開きます。

ブダペスト地下鉄

車内や駅での食事、タバコ、自転車は禁止。

降りる時もドア横の丸いボタンを押してドアを開けます。

バスやトラムにも乗れる

トラベルカードならバスやトラムへの乗り継ぎも可能☆

ブダペスト地下鉄バス案内

地下鉄の出口にはこのようにバスの路線番号が
案内されてるので分かりやすいです。

わたし
さすがは同じ運営元!

ブダペスト路線バス

バス乗り場はこんなかんじ。
前方ドアから乗って運転手さんにチケットを見せます。

ブダペスト路線バス

次の停車駅案内に自分の目的地が表示されたら、
車内のボタンを押して降ります。降車時は後方ドアからでOK。

トラムはさらに簡単で、
トラベルカードを持っていれば刻印も提示もなく
ふらっと乗り降り出来ます。

ドナウ川の両岸を頻繁に走っているので、
歩き疲れた時に見かけたら
足代わりに乗ってみてはいかがでしょう

空港~市内の移動にも利用できる

空港~市内の移動方法はいくつかあるので
詳しくは別の記事にしますが、

路線バス200E+地下鉄を乗り継いで行くなら
トラベルカードで乗車できます。

空港のバス乗り場から200Eのバスに約30分乗り、
Kőbánya-Kispest駅で地下鉄に乗り換え、
3号線で北上して市内に出るという方法です。

大きい荷物を持ってバスと地下鉄を利用するのは大変ですが、
移動代を抑えたい方は利用してみて良いかもしれません。

ブダペスト空港バス乗り場

ターミナル2Aと2Bの間にあるバス乗り場。

券売機があるのでここでトラベルカードを買って市内に出れば、
その後の観光にも利用できます。

ブダペスト空港バス乗り場

ちなみに・・

同じ乗り場に停まる100Eというシャトルバスに乗るには
900Ftで専用の切符を購入する必要があります。

トラベルカードでは利用できないのでご注意ください。

空港~市内の移動方法を記事にしました

ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた
ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた
ブダペスト市内⇒空港の移動に2017年新しく出来た100Eエアポートシャトルバスを利用しました。切符の買い方と乗ってみた感想を書いてみます。

まとめ

東駅前に宿泊していた私たちは
ブダペストのどこへ行くにも乗り物が必須でした。

特に夜景がきれいなブダ王宮やゲッレールトの丘は
歩いて登ると時間がかかるので、交通機関利用が便利です。

そんな中、
路線ごとに変わる地下鉄デザインは
移動時のささやかな楽しみでした♡

特に世界的にも珍しい
世界遺産の地下鉄 1号線は乗ってみる価値あり!

トラベルカードなら切符の買い方も乗り方も簡単なので、
ぜひ利用してみてくださいね。

交通+観光施設の料金が割引or無料になるカード