ドイツ~オーストリア~ハンガリー周遊の日程・費用・旅行記まとめ




こんにちは!

2017年秋にドイツ・オーストリア・ハンガリーを周遊しました。
各都市での旅行記と費用、宿泊ホテルをまとめたいと思います。

どんな旅行をして、旅費はいくらかかったのか?

同エリアを個人旅行する方の予算・プランの参考になれれば幸いです。

今回とっても長い記事になってしまったので、下記の目次をご活用下さい☆
読みたい見出しをクリックすると各項目に飛びます

スポンサードリンク

旅行概要

まずはこの旅行の概要です。

  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ⇒オーストリア⇒ハンガリーを鉄道移動
  • ルフトハンザ航空利用(ミュンヘンINブダペストOUT)

ルートはこんなかんじ。

ドイツ・オーストリア・ハンガリー移動プラン

ちょっと番号表記が分かりづらいですが、青マルが移動ルートの順番。
赤マルは宿泊した都市です☆

以前チェコに一緒に訪れた友人との二人旅だったので
今回も旅人代理は友人→もぐらのクルテク 私→ねずみくん です♡

/よろしくお願いします!\

旅費まとめ

結論から書いてしまうと、
この周遊旅行にかかった旅費はズバリ¥184,500でした!

ざっくり分けると

  • 航空券代¥124,000
  • ホテル代¥18,000
  • 現地でかかった費用¥42,500

お土産代も含めた旅費は総額20万円ぐらいになりますが、
買い物量は人によってそれぞれだと判断して
当記事では移動・ホテル・食・観光にかかったお金をまとめています。

航空券代¥124,000

航空券は約5ヶ月前に予約。

希望のフライトで比較して
1番安かったエクスペディアで手配しました。

ちなみに大阪在住の私と東京在住の友人は
出発空港が異なるので航空券は各々に購入してます。

わたし
  • 伊丹ー羽田ーミュンヘン
  • ブダペストーミュンヘンー羽田ー伊丹

友人

  • 羽田ーミュンヘン
  • ブダペストーミュンヘンー羽田

というかんじで、羽田-ヨーロッパの便と座席だけ合わせました。
このへんの詳細は別記事にて

羽田発でも伊丹発羽田経由でも、
合計金額の差は殆どありませんでした☆

ホテル代¥18,000

今回の旅行は5泊7日なので計5カ所のホテルを利用。

電車で移動しながら
各都市で駅近くのホテルに1泊ずつしています。

全て駅のそば・同じ場所には連泊してないにも関わらず、
ひとり1泊¥2000~4500で泊まれました!

(各ホテルの詳細は記事後半にまとめます☆)

安く抑えられた要因はいくつかあって、

①ふたり旅だったこと

ヨーロッパのホテル料金は人数ではなく部屋数で決められてる場合が殆ど。
例えば8000円の部屋だと、ひとりあたり4000円。
ひとりで一部屋に泊まることを思うと実質半額になるという訳です☆

②朝食をつけなかった

この旅行でやりたいことを挙げていった時に、
「ホテルでの朝食要らないのでは?」ということに気づきました。

  • 2日目は早朝から電車で地方へ向かいたい
  • 3日目はドイツのベーカリーで朝食したい
  • 4日目と5日目は空いてる朝のうちにザッハトルテ食べに行きたい

朝食ナシの素泊まりプランを選んだのことで宿泊代が安く済みました。

そのぶん外食代がかかってるけど(笑)

③予約時にホテル割を利用した

私達が利用したエクスペディアには
「航空券の予約後19日以内ならホテルが割引」という嬉しいシステムがあります。
これのおかげで、他のサイトから同じホテルを予約するより
お得に手配することが出来ました。

現地でかかった費用¥42,500

ホテル代を抑えた代わりに、今回の旅行は
オーストリアの老舗カフェやフォアグラの人気レストランなど
食べ物には惜しみませんでした!

また、ドイツからハンガリーの距離を移動する電車代も必要だったので、
現地で使うお金が多かったです。

以下で旅行中にかかった費用の内訳、
日ごとの
訪問先と詳細記事へのリンクを公開しますね。

各日程の訪問先と費用内訳

※価格とレートは2017年10月旅行時のもの。
お土産・買い物代は省いています。

1日目:日本⇒ミュンヘン

ミュンヘンのビアホールでラドラー

  • 友人と羽田合流してミュンヘンへ
  • 着後ミュンヘンで夕食、スーパーで買い物など
2017年ルフトハンザ☆羽田⇒ミュンヘン便エコノミークラス搭乗記
2017年ルフトハンザ☆羽田⇒ミュンヘン便エコノミークラス搭乗記
2017年10月末に羽田ーミュンヘンのルフトハンザ(ANA運航)利用でドイツに行きました。機内の様子や機内食などを紹介。
白ソーセージは午前中!ミュンヘンで訪れたおすすめビアレストラン
白ソーセージは午前中!ミュンヘンで訪れたおすすめビアレストラン
ビール醸造所直営のビアレストラン、ツム・フランツィスカーナーの行き方と店内を紹介します。ミュンヘン中央駅で食べた名物・白ソーセージ情報も☆
ドイツのお土産に♪クナイプのバブルバス入浴剤シャウムバドがスゴい
ドイツのお土産に♪クナイプのバブルバス入浴剤シャウムバドがスゴい
ドイツのドラッグストアで買ったクナイプKneippのバブルバス入浴剤SCHAUMBADを使用したところ、期待以上の泡と良い香りが広がりました!使用した様子をレポートします。

この日の支出

  • 空港⇒市内 シャトルバス 11€(約1400円)
  • 夕食(ソーセージ盛り合わせ・サラダをシェア、ラドラー)€18(約2400円)
  • レストラン⇒ホテル 地下鉄(復路のみ)€2.8(約370円)

2日目:ミュンヘン⇒ネルトリンゲン観光⇒フュッセン

ネルトリンゲンの塔から

  • 朝 ミュンヘン→ネルトリンゲン列車移動
  • 午前 ネルトリンゲン観光
  • 午後 フュッセンへ列車移動
  • フュッセン町歩き後、夕食
サマータイム終了日にヨーロッパを旅行して現地時間に大混乱した話
サマータイム終了日にヨーロッパを旅行して現地時間に大混乱した話
2017年ヨーロッパのサマータイム終了日10/29にドイツを旅行しました。現地の時計やスマホの切り替えに困惑したドタバタの朝をレポートします。
ミュンヘンからの鉄道移動に!バイエルンチケットの買い方と使い方
ミュンヘンからの鉄道移動に!バイエルンチケットの買い方と使い方
ドイツ版青春18切符・バイエルンチケット(ドイツ南東部のRBとRE列車乗り放題券)を使ってミュンヘンからネルトリンゲン・フュッセン・ザルツブルクに訪れました。チケットで行ける場所、券売機での切符の買い方、乗り換え案内の検索方法、車内の様子などを記載します♪
猫と隕石と豚と巨人。ネルトリンゲンは逸話でいっぱいの町でした。
猫と隕石と豚と巨人。ネルトリンゲンは逸話でいっぱいの町でした。
ドイツ・ロマンティック街道沿いの町ネルトリンゲンに訪れました。『進撃の巨人』のモデルでは?と噂される、円形の壁に囲まれた町です。 聖ゲオルク教会、ダニエル塔を観光。
フュッセンにある「ロマンティック街道終点の家」って?行き方は?
フュッセンにある「ロマンティック街道終点の家」って?行き方は?
ノイシュヴァンシュタイン城に訪れる際に南ドイツの街フュッセンに宿泊しました。 フュッセンの高台にあるという家の壁「ロマンティック街道の終点ポイント」の場所が分かりにくかったので、写真付きでご案内します。
フュッセンのおすすめレストランとパン屋さんを紹介!シュネーバルも♪
フュッセンのおすすめレストランとパン屋さんを紹介!シュネーバルも♪
ドイツ旅行でフュッセン宿泊時に訪れた夕食レストラン、ツム・シュバーネンの感想。早朝の朝食にぴったりなパン屋さんや日曜営業のシュネーバル専門店も紹介します。

この日の支出

  • コインロッカー代(ミュンヘンでスーツケース2泊÷2人) €6(約800円)
  • バイエルンチケット(ドイツバイエルン州の交通乗り放題券) €15.5(約2000円)
  • 朝食(プレッツェル、コーヒー、白ソーセージ) €7(約900円)
  • ネルトリンゲンのカフェ(ケーキ、紅茶) €6(約780円)
  • 聖ゲオルグ教会の塔入場料 €3.5(約460円)
  • 夕食(ソーセージ・ポテト・ローストポークのワンプレート料理、ビール)
    €16.3(約2200円)

3日目:フュッセン観光⇒ミュンヘン⇒ザルツブルク

ノイシュヴァンシュタイン城マリエン橋から

  • ヴィース教会
  • ノイシュヴァンシュタイン城
  • フュッセン→ミュンヘン→ザルツブルク列車移動
ノイシュヴァンシュタイン城とヴィース教会。1日で周るルートは?
ノイシュヴァンシュタイン城とヴィース教会。1日で周るルートは?
電車・路線バス利用でノイシュヴァンシュタイン城&ヴィース教会を1日で周ったルートを記録。お城の内部も見学しました。フュッセンSTART⇒ザルツブルクGOAL。ミュンヘンから日帰りパターンも考えてみました。個人旅行で似たルートをお考えの方はご参考にどうぞ☆
事前ネット予約がおすすめ!ノイシュヴァンシュタイン城内の見学方法
事前ネット予約がおすすめ!ノイシュヴァンシュタイン城内の見学方法
ノイシュヴァンシュタイン城内の見学は事前予約がおすすめ!申し込み~見学の流れを書いています。
ミュンヘン~ザルツブルク列車移動はバイエルンチケットがお得☆
ミュンヘン~ザルツブルク列車移動はバイエルンチケットがお得☆
ミュンヘン~ザルツブルクの移動記録。直通の列車で2時間・バイエルンチケット利用。
オーストリアのお土産探しにおすすめ!ザルツブルク駅のスーパー
オーストリアのお土産探しにおすすめ!ザルツブルク駅のスーパー
ザルツブルク駅構内にある便利なスーパーマーケットSPARと、そこで買ったオーストリアのおすすめお土産を紹介します。一部ドイツの商品も。

この日の支出

  • バイエルンチケット(ドイツバイエルン州の交通乗り放題券) €15.5(約2000円)
  • フュッセン⇒ヴィース教会バス(バイエルンチケット有効時間外) €6.3(約850円)
  • ノイシュバンシュタイン城ツアー代(事前予約) €14.8(約2000円)
  • 麓からマリエン橋までのバス €1.8(約250円)
  • 夕食代(ソーセージと飲み物購入して電車内持ち込み) €7(約900円)

4日目:ザルツブルク観光⇒ウィーン観光

ザルツブルクの馬車

  • 朝 ザルツブルク観光、朝食(カフェ・ザッハーのザッハトルテ)
  • 昼 ザルツブルク→ウィーン列車移動
  • ウィーン観光後、夕食
早朝3時間で歴史地区をぐるり。ザルツブルクは歩きやすい町でした!
早朝3時間で歴史地区をぐるり。ザルツブルクは歩きやすい町でした!
早朝~朝10時までのザルツブルク観光記録。カフェザッハーのザッハトルテ・市場・看板が可愛いゲトライデ通りなど、早朝&短い所要時間でも行けたスポットを紹介。
ザルツブルク⇔ウィーンの電車移動はウェストバーンで!中央駅も発着
ザルツブルク⇔ウィーンの電車移動はウェストバーンで!中央駅も発着
ザルツブルクからウィーン西駅へ移動した時の列車の乗り方・車内の様子を紹介!2017年末からウィーン中央駅にも乗り入れ開始になったウエストバーンwestbahn鉄道。国鉄より安く所要時間も変わらないのに、期待以上に快適でした。
ウィーン観光は地下鉄が大活躍!24時間乗り放題チケットと利用方法
ウィーン観光は地下鉄が大活躍!24時間乗り放題チケットと利用方法
ウィーン観光で利用した地下鉄とチケットの種類をご紹介します。おすすめの24時間乗り放題券24hカードの買い方、利用方法についても。
ウィーンの人気レストランで名物ウィンナーシュニッツェル食べてみたよ
ウィーンの人気レストランで名物ウィンナーシュニッツェル食べてみたよ
オーストリア旅行記晩ごはん編。ウィーンのフィグル・ミュラーでウィンナーシュニッツェルを食べた感想です。お店は予約がおすすめ☆

この日の支出

  • 朝食(ザッハトルテ、ホットチョコレート) €11.7(約1600円)
  • ザルツブルク⇒ウィーン列車代 €27.5(約3600円)
  • ウィーン市内交通24h券 €7.6(約1000円)
  • 夕食(ウィナーシュニッツェル・グラーシュ・サラダをシェア、ビール)
    €21.5(約2800円)

5日目:ウィーン観光⇒ブダペスト

ウィーン国立図書館

  • 朝食(デーメルのザッハトルテ)
  • ウィーン観光(国立図書館、シュテファン大聖堂、アンカー時計)
  • ウィーン→ブダペスト列車移動
  • ブダペスト夜景めぐり後、夕食
お土産にもできる!カフェザッハーとDEMELのザッハトルテめぐり
お土産にもできる!カフェザッハーとDEMELのザッハトルテめぐり
オーストリアのスイーツといえばザッハトルテ。ザッハーとデーメルDEMELで食べ比べしました!お店で食べた感想と、日本に持ち帰り出来るお土産の情報も記載します。
ウィーン観光|オーストリア国立図書館プルンクザールが美しすぎる☆
ウィーン観光|オーストリア国立図書館プルンクザールが美しすぎる☆
ウィーンの王宮にあるオーストリア国立図書館(プルンクザール)。まるで宮殿のような美しすぎる図書館でした。内部写真や行き方をご紹介します。
オーストリアのばらまき土産におすすめ!Mannerのウエハース
オーストリアのばらまき土産におすすめ!Mannerのウエハース
ウィーンのお菓子屋さんManner(マンナー)☆ウエハースは軽くてお手頃で美味しくて、パッケージも可愛いのでバラマキお土産にぴったり。日祝も営業してたウィーン中心部の店舗を紹介します。
ウィーンからブダペストへ列車移動。切符は事前購入がお得でオススメ
ウィーンからブダペストへ列車移動。切符は事前購入がお得でオススメ
オーストリア・ウィーン中央駅からハンガリー・ブダペスト東駅へ電車で移動。割引チケットの買い方や券売機の操作方法、車内の様子をレポートします。
24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
世界で3番目に古いブダペストの地下鉄に乗ってみました。観光客が利用しやすいフリーパス「24時間トラベルカード」の買い方も♪
ブダペストの夜景スポットゲッレールトの丘へ!地下鉄+バスの行き方
ブダペストの夜景スポットゲッレールトの丘へ!地下鉄+バスの行き方
ブダペストの夜景が見える展望スポット、ゲッレールトの丘のシターデラを訪れました。主に私たちが利用した地下鉄+バスでの行き方について書いています。
ブダペスト王宮の丘にあるレストラン「21」でハンガリー料理初体験
ブダペスト王宮の丘にあるレストラン「21」でハンガリー料理初体験
ハンガリー料理を食べられるお店を探して訪れたブダペストのレストラン「21」を紹介します。ブダ区の王宮の丘に位置するため訪れやすく、料理も美味しかったです!

この日の支出

  • 朝食(ザッハトルテ、惣菜数種、メランジェコーヒー) €21.8(約2900円)
  • 国立図書館入館料 €7(約910円)
  • ウィーン⇒ブダペスト €39.20(約5200円)
  • ブダペスト市内交通24h券 1650Ft(約700円)
  • 夕食(フォアグラ・グラーシュ・サラダをシェア、白ワイン)
    8000Ft(約3500円)

6日目:ブダペスト観光⇒ミュンヘン

ブダペストのセーチェニ温泉

  • 朝風呂(セーチェニ温泉)
  • ホテルで朝食
  • 中央市場
  • 夕方 ブダペスト発ミュンヘンで乗り継ぎ、日本へ
ハンガリーで温泉?!ブダペストのセーチェニ温泉で朝風呂してみたよ
ハンガリーで温泉?!ブダペストのセーチェニ温泉で朝風呂してみたよ
ハンガリーにあるセーチェーニ温泉訪問記。料金や入浴方法など。その他ブダペストにある有名な温泉も概要まとめました。
食品も刺繍も*ハンガリー土産買うならブダペスト中央市場がおすすめ
食品も刺繍も*ハンガリー土産買うならブダペスト中央市場がおすすめ
ブダペストの台所・中央市場。1Fの食品コーナーだけでなく、地下にはスーパーALDI、2Fには工芸品などを扱うお土産店が並んでいます。ハンガリーのお土産は全てここ一カ所で買えてしまいました!行き方と内部の様子をご紹介します。
ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた
ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた
ブダペスト市内⇒空港の移動に2017年新しく出来た100Eエアポートシャトルバスを利用しました。切符の買い方と乗ってみた感想を書いています。

この日の支出

  • セーチェニ温泉入場料(朝割) 4600Ft(約2100円)
  • カフェ(ケーキ、メランジェコーヒー) 1580Ft(約700円)
  • 市内⇒空港バス代 900Ft(約400円)

7日目:ミュンヘン⇒日本

ANAからの景色

夕方日本着。

2017年ANA便☆ミュンヘン⇒羽田エコノミークラス搭乗記
2017年ANA便☆ミュンヘン⇒羽田エコノミークラス搭乗記
2017年10月に搭乗したミュンヘン⇒羽田ANA便のエコノミークラス搭乗記。機内食や設備について☆ブダペスト⇒ミュンヘンへのルフトハンザ便も少し。

鉄道周遊の感想

改めてみると、
電車乗らない日がないぐらい移動だらけのスケジュールでした!

各都市に半日~1日ずつしか滞在しておらず、
だいぶ詰め込み過ぎた気はします(笑)

でも、私の中で列車移動は観光のうち☆
車窓からの景色を眺めたり、持ち込んだ現地の名物を食べたり、
相席になった地元っ子としゃべってみたり。。

そんな鉄道旅ならではの時間も楽しかったです。

ドイツ鉄道DBの車内

旅行情報

治安やお金のことなど、
旅行のしやすさについて私なりに感じたことを綴ります。

治安

ドイツやオーストリアは
ヨーロッパの中でも治安が良いと言われています。

スリや置き引き、夜遅くまで出歩かないなどといった点に注意していれば、
比較的安心して観光できる雰囲気がありました。

特にオーストリアは全体的に上品で、
住みたい街ランキングに度々ウィーンがランクインするのも納得です!✨

ブダペストは、巻き込まれることはなかったものの
暗い中一人で叫んでる人とか結構いてドキッとしました><

王宮の丘のライトアップ

ドナウ川沿いの夜景がキレイな街ですが、
人通りの少ない場所は避けての行動をオススメします。

通貨と物価

ドイツとオーストリアの通貨はユーロ。

外食代や地下鉄代は日本より高いけど、
スーパーで買う食品などは日本より手頃な印象を受けました。

ハンガリーではフォリントという通貨が流通していて、
物価はユーロ使用の国よりも安いです♡

クレジットカード

3カ国とも殆どのレストラン・カフェ・券売機などで
クレジットカードが利用できました。

現金が利用できない券売機とかも稀にあるので、
カードは持っていると安心です。

もしこれから旅行用に作る予定でしたらエポスカード(VISA)がおすすめ

入会金や年会費無料なのにバッチリ海外旅行保険が付いてくるという、
良いことづくしのカードです◎

それでも市場やちょっとした移動や
「カードは€10以上購入の場合に限る」という様に利用額を設定しているお店など、
現金が必要なシーンも時々あります。

ブダペスト中央市場

カード払いを基本にする場合も、
多少は現地のお金も用意してるほうが良いでしょう

宿泊ホテル

今回宿泊したホテルを紹介します。
どれも駅近なので鉄道旅にはオススメのホテルばかりです♡

(価格や設備は私が宿泊した際の情報になります)

ミュンヘン:ホテル ドロミット

Hotel Dolomit(Goethestrasse 11 Munich)

ホテル・ドロミット

ミュンヘン中央駅の南口から3分程で歩けます!
近くに飲み屋やショーパブがあって道中は騒々しかったけど、
ホテル内は思ってたよりずっと広くて清潔。Wi-Fiが有料€4でした。

空室と料金をチェックする

Hotels.com  Expedia  agoda

フュッセン:ホテル & レストラン ルドウィッグス

Hotel & Restaurant Ludwigs(Reichenstr. 17 Fuessen BY)

ホテル & レストラン ルドウィッグス

ドイツに多い、レストランの上階がホテルになっているタイプの宿。
フュッセンのメイン観光通りに面していて窓から可愛い街並みが見えました♪
エレベータなし。€8.5で朝食を付けられます。

空室と料金をチェックする
Hotels.com  Expedia

ザルツブルク:アハト プラザ ツム ヒルシェン ザルツブルク

ACHAT Plaza Zum Hirschen Salzburg (St.-Julien-Strasse 21-23 Salzburg)
アハト プラザ ツム ヒルシェン ザルツブルク

駅から5~10分ほど。Wi-Fi無料。木目調で落ち着くインテリア☆
鹿クッションのうしろにはモーツァルトチョコが添えられていました♡
親切なスタッフさんで、
私たちが失くしたガイドブックを拾って保管してくれてました(笑)
ホテルの斜め向かいにはショッピングセンターあり。

空室と料金をチェックする

Hotels.com  Expedia  agoda

ウィーン:メルキュール ウィーン シティ

Mercure Wien City(Hollandstrasse 3 Vienna)
メルキュール ウィーン シティ

ここホントにひとり¥3800で良いの?って思うぐらい快適なホテル!
ツインじゃなくダブルベッド部屋を予約したけど
セミシングルを2つ並べたタイプのベッドだったので広かったです。
西駅の真ん前、Wi-Fi無料、バスタブ付き。予約すればサウナも無料で利用可。

空室と料金をチェックする

Hotels.com  Expedia  agoda

ブダペスト:ガライ テラツェ レジデンス

Garay Terrace Residence(Garay Ter,20 Budapest)

ガライ テラツェ レジデンス

東駅から歩いて5~10分。途中にスーパーが3件ほどありました。
アパートのようなビルの6階にあり看板も小さいので、
最初見つけるまでにあたりを3周しましたw

2段ベッドで古めのお部屋、24時間フロント対応ではありません。
でもエレベーターあって、朝食込みで、
部屋にはシャワーや冷蔵庫も付いててWi-Fi無料で、
一人¥2000という破格料金を考えると満足です☆

空室と料金をチェックする

Expedia  agoda

利用したガイドブック

最後に、私と友人が
ドイツ~ハンガリーで利用したガイドブックを記載します。

ドイツには地方の町のことも詳しく載っている『地球の歩き方』を持参。

オーストリアには持ち歩きしやすくて買い物と食の情報が豊富な『aruco』を。
ウィーンだけじゃなくザルツブルクやブダペストの情報も載っています☆

ハンガリーのみのガイドブックはあまり売られてないのですが
(大抵オーストリアのガイドブックにくっつけられてるので)、
出発前にたまたま見つけたコチラの本を持って行きました。

この「旅のヒントBOOK」シリーズは、メジャーな観光地だけでなく
その国の人々や食文化など日常生活的なことにも触れられているので、
はじめての国に訪れる前によく読みます♡

まとめ

以上、長くなってしまいましたが
鉄道で周ったドイツ・オーストリア・ハンガリー旅行の記録でした!

今回個人旅行にかかった費用をシェアさせて頂きましたが、
ツアーで訪れる場合の料金を調べるには見積もりの一括比較がおすすめ 

「タウンライフ旅さがし」で問い合わせ

旅行会社のツアーを1つずつ探すのは大変なので、
この一括見積もりならフォームに希望の行き先や日程、予算などを入力するだけで
旅行会社が無料でプラン作成・提案してくれます!

また、
「航空券とホテルは予約出来たけど現地での列車チケット購入や下調べが不安…」
という方は、下記の様なオプショナルツアーだったり鉄道予約サイトを
適宜活用するのも良いと思います☆

個人かツアーか、
旅行スタイルと費用にあわせて良い方法を検討してみてくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事