ブダペスト市内⇒空港を新しい100Eシャトルバスで移動してみた




こんにちは!

ハンガリーの観光を終えて、市内から空港へ向かいます。

移動に利用したエアポートシャトルバス100Eの
感想を書いてみたいと思います。

今回ちょっとマイナス意見ですが
あくまで個人の感想というコトでご覧くださいませ ^^;

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

 ブダペストでの宿泊ホテルはこちら

スポンサードリンク

エアポートシャトルバス100Eって?

従来までブダペストの空港~市内移動は、

  • 地下鉄M3と路線バス200Eを乗り継ぐ
  • 混載シャトル
    (数人の乗客を乗せて各目的地に向かう。詳しくは後述 )
  • タクシー

この3択でした。

わたし
空港~市内を結ぶ電車はないんだね。

友人
どれにしよう?

迷いながらネットで情報収集していたところ、
あらたな選択肢を発見!

どうやら2017年7月に、
新しく空港への直通バス100E線が誕生したらしいのです。

出典 BKK

従来の200Eとの違いは
バスが市の中心Deák Ferenc térまで乗り入れている点。

200Eのバスは、
市の中心から約8km離れたKőbánya-Kispest駅に発着します。

そのため中心部までは地下鉄3号線に乗り換えて、20分の移動が必須なのです。

例えば東駅近くのホテルに宿泊する私たちが
200Eを利用する場合、

  • 東駅(Keleti Pályaudvar)
  • ⇩地下鉄M4線(約5分)
  • Kálvin tér
  • ⇩地下鉄M3線(約20分)
  • Kőbánya-Kispest
  • 路線バス200E(約25分)
  • 空港
  • 地下鉄・バスともに
    乗り放題券トラベルカード(24hで1650Ft/約800円)で乗車可能。
  • 1回券で乗車する場合、
    通常のシングルチケット(350Ft/約170円)で
    バスと地下鉄の乗り継ぎすると
    罰金対象になるので、必ずトランスファーチケット(530Ft/約260円)を買う。

…重いスーツケースを持って2回の乗り換えは大変。

しかも地下鉄3号線は2017年から改修工事のため
ちょこちょこ利用出来ない駅があってややこしそう。

一方エアポートシャトルバスの場合は

  • 東駅(Keleti Pályaudvar)
  • ⇩地下鉄M2線(約5分)
  • Deák Ferenc tér 
  • ⇩シャトルバス100E(約30分)
  • 空港
  • 地下鉄はトラベルカードやシングルチケットで乗車可。
  • シャトルバスは別途900Ft(約450円)の券を購入。

シンプルですね!

合計運賃は200E利用よりも高くなりますが、

所要時間が短縮できるし
乗り換えが1回で済むぶん楽そうです。

私たちの旅行直前に運行開始したエアポートシャトルバス100E。

これも何かの縁だと思って利用してみることにしました!

地下鉄乗車方法とトラベルカードの説明は別記事をご覧ください。

24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
世界で3番目に古いブダペストの地下鉄に乗ってみました。観光客が利用しやすいフリーパス「24時間トラベルカード」の買い方も♪

チケットの買い方

それでは、チケットを購入します。

エアポートシャトルバスの乗車券はBKKの窓口か券売機で買えます。

窓口は混んでたり閉まってる時間もあるので、ここでは券売機での購入をご紹介しますね。

操作はすごく簡単です!

ハンガリーBKK券売機

まず地下鉄駅などで、このような券売機を探してください♪

空港のバス乗り場にも同じものが設置されてます。

ハンガリーBKK券売機

英語で操作するには画面下のイギリス国旗をタッチ。

今回はシャトルバスのチケットを買うので、
左下 マークの Airport shuttle bus single ticket を選びます。

ハンガリーBKK券売機

100Eバス用の専用チケット片道分。
問題なければ Confirm で進みます。

ハンガリーBKK券売機

現金かカードか選べます。

私が利用した東駅ではカード・現金ともに使用できましたが、
高額紙幣が利用できない場合もあります。

ブダペストに限らず、
ヨーロッパの券売機は現金が利用出来ないことがあるので
カードを持参してると安心です。

もしこれからカードを用意するなら
費用かからず海外旅行保険も付いてくるエポスカードがおすすめ

ハンガリーBKK券売機

支払い完了すると取り出し口からチケットが出てきます。

ハンガリーBKKの空港バスチケット

日にちが印字されてるので当日のみ有効なのかも…?

(ごめんなさい確認は出来てません!)

エアポートシャトルバスに乗ってみる

100E線は早朝から深夜まで20分置きに出ています。

空港⇒市内

  • 05:00~01:20の20分置き
  • 空港発後、Kálvin tér、Astoria、Deák Ferenc tér に停車。

市内⇒空港

  • 03:40~00:40の20分置き
  • Deák Ferenc tér発後、直接空港へ。
    (03:42~4:42発の便のみAstoriaにも停車)

2018年8月情報/最新はBKKサイトをご確認ください

乗り場は?

Deák Ferenc térの乗り場はこちら。

地下鉄駅Deák Ferenc térから地上に出て、
南東にあるVárosháza Parkという公園沿いにあります。

スーツケースを持ってる人が
たくさん集まってたのですぐに分かりました!
バスの前で待ってる係員さんにチケットを見せて、乗り込みます。

13:00発のバスで出発!!

車内の様子と感想

車内の写真は、ほとんど撮る余裕がありませんでした。

なぜならば・・

ブダペスト市内~空港100E車内

友人
ぎゅうぎゅうすぎる。

わたし
な、なんか想像してたシャトルバスと違うぞ…

車内は明らかにキャパオーバー。

それでもどんどん押し込まれる人。人。人。

それぞれ東京と大阪で
毎朝通勤ラッシュを体験している私たちですが、

このバスでの30分間は
日本の満員電車よりも過酷でした・・。

ブダペスト市内~空港100E車内

写真だと言うほどぎゅうぎゅうには見えませんが、
足元にこの人数分のスーツケースがひしめき合ってるのを想像してください!><

スーツケースを置く場所が足りないから
座席に座ってる人の足の前とか膝の上(!)にまで詰め込まれてます。

通路も荷物で埋め尽くされ、人がまともに立つことさえ出来ません。

私も30分間ずっと片足立ち。
片方の足は感覚なくて、たぶん誰かの荷物の上でした。

「足の踏み場もない」とはまさにこの事…‼

勝手なイメージなんですが、

私は「エアポートシャトル」という名称から
車両下部のトランクに荷物を預けて乗るバスを想像してたんですね。

アイルランドの空港バス

こういうかんじの。

なので荷物も一緒に持ち込むというのは予想外でした!

揺れの大きいバスでスーツケースを抱えながら乗るのはけっこう大変。

車両下のトランクが無理でも、
せめて車内の荷物棚を増やして欲しいなぁと思いました><

ブダペスト市内~空港100Eバス

ともあれ、何とか空港の到着ゲート前に着きました。
バスはターミナル2Aと2Bの間あたりに到着します。

ちなみに私たちは市内⇒空港便を利用していますが、空港⇒市内も到着と同じ乗り場から出ています。

ブダペスト空港100Eバスのりば

チケットは乗り場に設置された券売機で購入できます。

空港~市内の移動方法まとめ

現在ブダペストの空港~市内の移動方法としては
この100Eバスが主流になっています。

確かに市の中心から空港に直行出来るのは便利です!

でも、それゆえに観光客の利用が集中しちゃってて、
スシづめ状態になったり下手したら満員で乗れない可能性もあります。

(もちろん時間帯によっては私たちが乗った時ほど混んでないかもしれませんが・・)

友人
じゃあ結局どの移動方法が良いの?

っていう疑問に突き当たる訳なんですが、
4つの交通手段それぞれに良い点悪い点があります。

ひとつづつ概要を紹介しますね。

①地下鉄M3号線+路線バス200E

ブダペスト空港200Eバスのりば

24hカードやトランスファーチケットで乗れて運賃は1番安い。

ただし路線バスなので停車回数が多い
さらにバスから地下鉄への乗り換えが必要なので、
大荷物での移動に自信がある人向け。所要時間は合計1時間前後。

※地下鉄3号線は現在改装工事中(2017~2020年予定)!
一部駅で臨時バスによる代替え輸送になるのでご注意ください。

BKKの工事情報(ハンガリー語)より

②エアポートシャトル100E

ブダペスト市内~空港100Eバス

今回私たちが利用した路線。
900Ft(約450円)の専用乗車券が必要。

市の中心Deák Ferenc tér駅に発着するので、
その近辺に宿泊していればバス1本で空港へ行くことが可能。

停車駅数も最小限、市内~空港を30分ほどで結ぶ。

所要時間こそ少ないものの、
①同様スーツケースをバスに持ち込まないといけないので
混んでいる時に当たってしまうと結構大変。

③混載シャトル

空港から8~11人の乗客を乗せ、
それぞれの指定した目的地で降ろしてくれる。
所要約30~60分。

市内から空港に向かうにはピックアップしてもらうため
24時間前までに要予約。

チケットは空港のカウンターまたはウェブで購入。
タクシーよりも安い代わりに、
同じ方面に行く人が集まってからの出発となる。

料金は行先により異なりますがminiBUDのサイトでチェックできます。
往復予約だとお得☆

英語が不安な場合はコチラの日本語予約サイトが便利。

④タクシー

ブダペスト市内を4つに区切って料金設定されています。
市の中心までは7000~8000Ft(約3500~4000円)、
所要30~40分。

1番高いけど、1番快適に移動出来ます。

まとめ

②以外は実際に乗った訳ではないので
ガイドブックやネットで得た情報ですが、
概要はこんなところです。

私は次回ブダペストを訪れるなら、
迷いなく③の混載シャトルを選びます!

混載シャトルならタクシーほど高くないし、
ホテルまで迎えに来てくれるのはありがたいです

移動代を安く抑えたい気持ちもありますが、
やっぱり大荷物での満員バスは想像以上に
体力的ダメージが大きかったです。

ハンガリー名物・温泉の癒し効果も吹っ飛ぶぐらいに 

今回すこし批判的なレビューになってしまってすみません。

皆さまも旅行スタイルに合わせて
良い移動方法を検討してみて下さいね☆

ハンガリー旅行でお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です