ブダペスト王宮の丘にあるレストラン「21」でハンガリー料理初体験

ブダペストレストラン21




こんにちは!

ドイツ~ハンガリー列車旅。

今回はブダペストで訪れた
ハンガリー料理のレストランをご紹介します♪

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

ハンガリーの名物って?

ドイツ名物といえばソーセージとビール。

オーストリアではザッハトルテと
ウィナーシュニッツェル(カツレツ)を食べました。

わたし
ハンガリーの名物って何だろう?

簡単に調べてみたかんじだと、

  • トカイワイン
  • フォアグラ
  • パプリカ

が有名みたいです。

ドイツ=ソーセージの定着具合と比べると
今ひとつピンときません。

でもブダペストの中央市場に行ってみると、、

ブダペスト中央市場

パプリカ パプリカ パプリカ パプリカ …

ブダペスト中央市場

フォアグラ フォアグラ ワイン フォアグラ…

これでもかと言うほどお店が並び、
ハンガリーでいかに愛されているかが分かりました☆

トカイワイン

トカイワイン

ハンガリーのトカイ地方は 世界3大貴腐ワイン 生産地のひとつ。

貴腐ワインとは、ブドウを菌に自然感染させることによって
糖度と芳香を高めた白ワイン。
その希少性から高級品として知られていますが、
ハンガリーでは市場でもふつうに目にします。

フォアグラ

フォアグラ

「世界3大珍味」のひとつとして有名ですよね。

内陸国ハンガリーでは鴨やガチョウの飼育が盛んなので、
色んな種類のフォアグラが売られていました。

パプリカ

パプリカ製品

ハンガリーでいうパプリカは、
日本で売られているピーマン似のカラフル野菜とは別物。

香辛料としてパウダーやペースト状のものが売られており、
ハンガリー料理には必ずと言って良いほど使用されます。

わたし
ハンガリーグルメ、良いかも!

どれも私の日常では味わう機会がないものばかり。
楽しみです。

ハンガリー料理が食べられるレストラン

ハンガリーに到着する頃には、
私の頭の中はフォアグラとパプリカ料理とワインで
いっぱいになっていました。

特に肉製品であるフォアグラは日本に買って帰れないから、
なんとしても現地で食べたい!

とはいえブダペストには1泊の滞在なので、
食べられるチャンスは一度だけ。

3つともメニューにあるお店を探して、
行き着いたのがこのレストランでした。

21

…っていう店名です。ちなみに番地も21 (笑)

ハンガリー語で「フソネッジ」と読みます。

レストラン21

ガイドブックにも記載される有名店。

王宮の丘に位置するので、観光のついでに訪れやすいです。

マチャーシュ教会

マーチャーシュ教会から歩いてすぐ☆

運よく座れましたが、
ほぼ満席だったので予約がベター。

すこし敷居高そうな雰囲気と対照的に、
店員さんがとってもフレンドリーでした!

私たちが持ってたガイドブックのお店紹介ページに目をやったかと思うと
「この写真に写り込んでるウェイターはあの人だよ!」って教えてくれ、
「少しだけこの本借りて良い?」と言って他のお客さんにまで写真見せてました(笑)

トカイワインを飲んでみた

さっそくトカイワインを注文!

「極甘のトカイワイン」を希望したところ、
Tokaji late harvest という種類をおすすめしてくれました。

21

冒頭で書いた貴腐ワインとはまた異なる、
遅摘みのブドウで造られたワイン。

全てのトカイワインに貴腐ブドウが含まれるとは限らないんですね。

でも Late harvest もじゅんぶんに美味しかったです。

デザートワインとして飲まれるだけあって
酸味は少なく、一口飲むと口の中に深い甘味が広がります。

お酒が苦手な友人も驚き!

友人
なにこれ高級なブドウジュースみたい

グラスにちょっとの量だったのに、
おいしさの余韻がずっと残りました

確実に貴腐ブドウを使用したワインが良ければ、
Tokaji Aszú の6pt*はメニューに記載されてました。

*糖度のレベル。6は5段階中2番目に高い。

ちなみに
貴腐ブドウのみを使用したトカイワインはTokaji Eszenciaといって、
あの『ファイナルファンタジー』の回復アイテム
「エリクサー」のモデルにもなっているのですが・・

これは残念ながら扱ってませんでした。

わたし
たぶん扱ってても予算オーバーで頼めてないだろうなぁ・・
FFの世界でもエリクサーは高級品だし。

ハンガリー産のフォアグラ

続いて、ワインに合わせて頼んだフォアグラ。
ジャムと自家製ブリオッシュが添えられたプレートで出てきました。

フォアグラパテ

友人
こんな濃厚なフォアグラ食べたことない☆

フォアグラだけだと脂がスゴいので、
ブリオッシュに乗せて食べるのがおすすめ。

チキンパプリカ

メインとして注文したチキンパプリカは、
炒めた玉葱にパプリカを加え、鶏肉と一緒にじっくり煮込んだ料理。

チキンパプリカ

お肉が柔らかくて美味しい♪
パプリカソースもまろやかで食べやすいです。
添えられているパスタがボリューミーなので
お腹いっぱいになりました。

お会計はいくら…?

さて、お会計の時。

テーブルチェックなので
店員さんにレシートを持ってきてもらいます。

グラス1杯とはいえ良いワインを飲んで、
フォアグラもメインディッシュも食べた。

地味に途中サラダやソフトドリンクもちょこちょこ頼んだ。

おそらくサービス料も必要。

一体いくらになってるんだろう・・

恐る恐るレシートを見てみます。

わたし

ぎゃーーーやっぱり!

14,000円越えちゃった…

金額に衝撃が走ったけど、
そういえばここはハンガリーでした。

2017年の旅行当時、1Ft = 0.49円 。

つまり日本円にすると 約7000円 が正解です。

ハンガリーの通貨である Ft フォリント は桁数が日本円と同じだから、
日本円の感覚で見て一瞬びっくりしちゃうんですよね。

(これハンガリー旅行あるあるだと思います!)

友人
こんな豪華な食事がひとり3000円ちょっとなんだね。

わたし
その土地産のものを食べることって、なんて素晴らしいんだろう。

まとめ

フォアグラがメニューにあるぐらいだから
ハンガリーの中でも高級店の部類だと思います。

そのわりにはお手頃に、
美味しい料理を味わうことが出来て嬉しいです。
店員さんも気さくで素敵なレストランでした!

最後にお店の情報を記載しますね☆

お店のサイトからは
食事とドリンクのメニューもチェックできます。

  • 21 DATA
  • Budapest, Fortuna u. 21, 1014 
  • +36 1 202 2113
  • 12:00~00:00
  • 年中無休
  • 最新情報はサイト(英語)をご確認ください

ハンガリーにはこちらのガイドブックを持って行きました!

⇧ウィーンメインですがブダペストの情報も数ページ載っています。

⇧記事内で登場した、店員さんに貸してって言われた本はコチラです(笑)

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です