食品も刺繍も☆ハンガリー土産買うならブダペスト中央市場で決まり!




こんにちは!

今回はブダペストの中央市場をご紹介します。

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)
  • 電車で移動しながら各都市で駅近くのホテルに1泊ずつ

日程・費用の詳細はこちら

ブダペストでの宿泊ホテルはこちら

スポンサードリンク

お土産が何でも揃う!?ブダペスト中央市場

中央市場は自由橋近くにある屋内のマーケット。

昔ブダペストにはドナウ川から物資を運搬していたため、
川沿いにあるこちらの市場は市民の台所として栄えました。

ブダペスト中央市場

レトロなレンガ造りの建物内には300近い店舗が並び、
現在も地元の人や観光客で賑わいます。

建物は3フロアで構成されており、

  • メインフロアの1Fは食品
  • 2Fは軽食屋+衣料や雑貨
  • 地下1Fはスーパー

となっています。

私が中央市場で買ったもの。

食品にとどまらず
探していたスノードームや刺繍、木のおもちゃまで手に入りました‼

さっそく内部の様子をレポートしますね。

1Fは食品エリア

建物に入ると
1Fは肉屋や青果店がずらりと並ぶホールになっています。

ブダペスト中央市場

各店から呼び込みが聞こえてきて、市場らしい活気ある雰囲気!

人は多いけど通路が広いためかごちゃごちゃした印象はなく、
ゆったりと買い物できました。

ブダペスト中央市場

色とりどりの野菜や果物がいっぱい✨
カットフルーツとか、旅先での栄養補給に良いですね。

フォアグラ

ハンガリーでは鴨の飼育が盛ん。

ブダペスト中央市場

中央市場のお肉屋さんには
生のフォアグラやパテなどが山積みにされています。

フォアグラ

含有率や種類によってお値段はピンキリ。

1回分の小さなフォアグラパテなら400Ft~でした。(約200円)

わたし
…フォアグラが200円!?

世界三大珍味が驚きの安さです。

肉製品のため日本へ持って帰るのはNGですが、
せっかくなので現地でパンと一緒に味わってみてはいかがでしょう☆

ブダペスト中央市場

パプリカ調味料

中央市場内でさらによく目にするのはパプリカ。

食品店の半分はパプリカ販売店が
占めてるんじゃないかと思うぐらい 

パプリカ

ハンガリーでいうパプリカは
日本で見るピーマン似の野菜とは別物。
唐辛子の一種です。

パプリカ製品

パウダーやペースト状の調味料として売られており、
赤いパッケージが目を引きます。

辛くないタイプCsemegeと辛いタイプCsípősがあり、
どちらも料理の味付けに使われます。

パプリカ製品

特にパウダータイプは
可愛い缶に入ったものや木のスプーンが付いたものなど、
とにかくバリエーション豊か!

パプリカペースト

ペーストタイプはこちら。
チューブの場合1本300Ft(約150円)~。

そんなハンガリーの定番おみやげ。
お手頃だし日本では手に入りにくい点でおすすめなのですが、

「そもそもパプリカ調味料って料理にどう使ったら良いの?」

という方も多いと思います。(私がそうでした)

お店の人に聞いたところ、

パウダーだったらお肉やパスタ、スープに振りかけたり
ペーストだったら煮込み料理に少量加えたり・・

とにかく何にでも入れてOK!とのこと。

ハンガリーではビタミンCのメイン摂取源とされるほど
栄養ある調味料なので、気軽に料理にチョイ足ししてみてください

私が実際に作ってみて感動したパプリカ調味料レシピ
紹介させていただきますね。

ポルトガル料理なんですが、これは本当におすすめ!

豚+アサリ+カリッとしたじゃがいもの組み合わせが
意外とすっごく合うんです。

私はパプリカペーストの辛くないほうCsemegeを使って作りました。

パプリカペースト

はちみつ・プロポリス

養蜂が盛んなハンガリー。ミツバチ製品も豊富に売られてます。

ハンガリー産のアカシアはちみつは日本でも時々目にしますよね。

でも はちみつをたくさん買って帰るのは重くて大変・・

そんな方におすすめなのがプロポリスです!

ハンガリープロポリス

プロポリスとはミツバチが
自分の巣を守るために集めてきた樹脂で出来た固形物。

抗菌性に優れ、あらゆる効能があると言われる健康食材です♪

  • がんや生活習慣病の予防
  • 風邪、冷え、花粉症対策
  • 美肌・美髪にも効果

などなど、もう体に良いコトしかありません…‼

これなら軽いからたくさん買っても持ち帰りやすいです。
タブレット以外にプロポリスキャンディなんかも売られていて、
日本より安く買えました。

貴腐ワイン

さらに、ハンガリーはワインも名産!

特にトカイ地方は 世界3大貴腐ワイン生産地 のひとつとして有名です。

ハンガリーワイン

貴腐ワインとはブドウを菌に自然感染させることによって
糖度と芳香を高めた白ワインのこと。

貴腐ブドウを使用したTokaji Aszú(写真右)は
ラベルの3~6ptの数値が大きいほど糖度が高くなっています。

私は既にドイツでビールを買い込んでしまってたため
トカイワインはレストランで味わうのみでしたが、
びっくりするほど甘くて美味しかったです。

ブダペスト王宮の丘にあるレストラン「21」でハンガリー料理初体験
ブダペスト王宮の丘にあるレストラン「21」でハンガリー料理初体験
ハンガリー料理を食べられるお店を探して訪れたブダペストのレストラン「21」を紹介します。ブダ区の王宮の丘に位置するため訪れやすく、料理も美味しかったです!

王宮の丘にある「21」はパプリカ料理やフォアグラも食べれるおすすめレストラン

2Fは軽食屋+雑貨類

2Fにはセルフサービスの軽食屋さん+物販店が並びます。

中央市場で買ったもの

物販はスノードームやマグネットなどを扱うお土産屋さんから、
木製品やアンティーク品、革製品を売る店舗まで。

ハンガリー刺繍

ハンガリーの伝統工芸である刺繍のお店もありました。

花やパプリカをモチーフにした柄と鮮やかな配色が可愛いです 

地下1Fはスーパー

ブダペストスーパー

エスカレーターで地下へ。

地下1Fには
ドイツ発のディスカウントストアチェーンALDIが入ってます。

ブダペストスーパー

ガム155Ft(約75円)、500mlのお水が60Ft(約30円)、
ワイン599Ft(約300円!?)・・

1Fに市場が入っているため生鮮食品は少ないものの、
お菓子や水などを安く買えるので便利です。

パプリカポテトチップス

パプリカ味のポテトチップスはコンソメやバーベキュー味に似てて美味しいです。

日本では手に入りにくいので、見かけたら是非☆

行き方と施設情報

そんな中央市場への行き方を記載します!

場所はこちら。
地下鉄4号線のFővám tér駅が最寄りとなります。

ブダペスト地下鉄

地下鉄の乗り方は別記事をどうぞ。

24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
24時間券が便利!ブダペストではレトロ可愛い地下鉄に乗ってみて☆
世界で3番目に古いブダペストの地下鉄に乗ってみました。観光客が利用しやすいフリーパス「24時間トラベルカード」の買い方も♪

ブダペスト中央市場

地下鉄駅から出てドナウ川を背に道を少し進みます。
道路右手に建つレンガの建物がマーケットホールです。

ブダペスト中央市場

市場での買い物は現金払いが基本で、施設内のATMにはたくさんの人が並んでいました。

フォリント以外にユーロでの支払いも意外と受けてくれます。

  • DATA
  • 1093 Budapest, Vámház körút 1-3.
  • ●中央市場 CENTRAL MARKET HALL
  • 06:00~18:00(月は~17:00、土は~15:00)
  • 日曜定休
  • ※店舗により異なります。
  • ※最新情報は公式サイト(英語)をご確認ください
  • ●スーパーマーケット ALDI
  • 06:00~21:00(日は08:00~18:00)
  • 公式サイト(ハンガリー語)

地下1Fにはトイレもありました☆

まとめ

中央市場は想像以上に規模が大きく、
商品も充実していました。

もともと市場ではパプリカペーストだけ買って
そのあと他のお土産店やスーパーにも訪れる予定だったのですが、
結果的に買う予定だったもの全て中央市場で手に入れることが出来ました。

  • フォアグラパテ
  • パプリカペースト
  • トカイワイン
  • ハチミツ&プロポリス
  • 刺繍品
  • スノードーム
  • 木のおもちゃ
  • パプリカ味のポテチ
わたし
短時間でお土産全て買えて大満足です!

ブダペストでお土産を探すなら、
まずは中央市場に行ってみることをおすすめします

日曜は定休日なのでご注意を