ヨーロッパらしい景色を一望☆プラハ城の教会南搭からの展望に感動!




こんにちは!

3泊6日のチェコ・トルコ旅行。
今回はプラハ城に訪れます!

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅行
  • 2013年10月中旬 / 3泊6日でチェコ・トルコ
  • ターキッシュエアライン利用

スポンサードリンク

プラハ城への行き方

プラハ城は、プラハを代表する観光スポット。
市街を見渡す丘に位置する歴代王の居城です。

プラハ城

カレル橋から望むプラハ城。

徒歩で向かう場合

お城への行き方は?

もし時間があれば、
プラハ本駅や旧市街広場のある川の右岸から
「王の道」ルートを歩いて向かうのがおすすめ!

王の道とは
15~19世紀頃の歴代王が戴冠パレードを行っていたルートのことで、
旧市街の火薬塔~プラハ城まで約2.5kmに及ぶ道。

火薬塔からスタートしてこのルートを辿ることで、
プラハの有名建築や観光スポットを眺めながらお城を目指すことが出来ます。

王の道ルートを夜景めぐりした話

夜景撮影スポットは「王の道」に密集。プラハのライトアップが綺麗☆
夜景撮影スポットは「王の道」に密集。プラハのライトアップが綺麗☆
プラハの歴史的な道「王の道」に沿って夜景めぐりしました。火薬塔、旧市街広場、旧市庁舎、カレル橋など。

トラムで向かう場合

  • 「歩いて周る時間がない…」
  • 「旧市街広場周辺とプラハ城はそれぞれ別の日に観光したい」
  • 「お城の手前の坂道をのぼるの大変そう!」

そんな方はお城の入り口近くまでトラムで向かうと便利です。

私たちも丸一日観光する時間はなく

  • プラハ到着日半日でプラハ城近辺(左岸)を観光
  • プラハ出発日の半日で旧市街広場周辺(右岸)を観光

というプランを考えていたので、お城にはトラムで向かいました。

イラスト内の点線がトラム22番
旧市街~プラハ城を含むプラハの東西を結んでいます。

正確な路線図・最新情報は公式サイトをご確認下さい。
(トラムと地下鉄の路線図がTram lines欄からダウンロードできます)

22番線のPražský hrad停留所で下車すると、
坂道をのぼることなくプラハ城に入れます。

私たちはプラハ城よりもさらに西にあるホテルに泊まっていたので西から向かいましたが、川の右岸(旧市街広場周辺)からプラハ城へ向かうことも勿論可能です☆

プラハ城のトラム停留所

Pražský hrad停留所はコチラ。
お城の敷地に入ってまっすぐ進むと、「第2の中庭」に直結しています。

プラハ城の敷地内

ということで、トラムで訪れたプラハ城。
早速城内を歩いてみます。

プラハ城正門

プラハ城の正門。
ここでは毎正時に衛兵交代式が行われます。

正門横の城壁から見るプラハの町並み。

プラハ城のスタバ

城壁沿いにはスタバがあって、
街並みを眺めながらお茶することができます♡

プラハ城

プラハ城は、ひとつの大きな建築物というよりは
いくつかの施設から成って出来ています。
その敷地内はまるでひとつの町のよう。

教会や王宮、庭園、美術館などが集まっているので、
その全部を満喫しようと思うと多分1日がかりになります。。

なので私たちは、城内でひときわ目立つ
聖ヴィート教会に絞って見学することにしました。

聖ヴィート教会って?

聖ヴィート教会

正門から2つの中庭を抜けて進むと、
目の前にそびえるのが聖ヴィート教会。

大きなバラ窓が特徴的なゴシック建築の教会!
歴代王のお墓が納められています。

ステンドグラスがキレイな内部

まずはその内部に入ってみましょう。

聖ヴィート教会

教会内も圧巻の美しさ。
私は教会建築の中でも1番ゴシック様式が好きです。

聖ヴィート教会

キレイで、カッコよくて、あったかくて落ち着く空間 ✨

聖ヴィート教会

ステンドグラスやアーチを眺めてるだけで心が洗われました。

聖ヴィート教会

しかもこの教会、
ステンドグラスの中に有名画家・ミュシャの作品があります。

ミュシャのステンドグラス

右側の写真がミュシャ作のステンドグラスなんですが…
無料エリアからは、この角度が限界!><

正面から見るには、入場料が必要です。

  • DATA
  • 聖ヴィート教会 St. Vitus Cathedral
  • 4月~10月:9:00~17:00(日曜のみ12:00~17:00)
  • 11月~3月:9:00~16:00(日曜のみ12:00~16:00)
  • 入場:無料 有料エリアは250Kč(約1250円/2017年投稿時)

南塔からは絶景が見られます☆

聖ヴィート教会の南塔

一度教会の外に出て、南側の入り口へ。

聖ヴィート教会の南側にはもうひとつ入り口があって、
プラハの景色を一望できる塔になっています。

入り口で入場料150Kč(約750円/2017年投稿時)を支払ったら、
細い階段をぐるぐる上ります。

287段登り切った先には、
プラハの絶景が広がっていました。

聖ヴィート教会から

わたし
うっわぁぁぁ~~
友人
すごいすごい!

オレンジの屋根がどこまでも続く町並み。モルダウ川。カレル橋。

すごすぎて感嘆しか出てきませんでした。

お城入り口にある城壁からもプラハの町並みは見えましたが、
見晴らしが全然違います。

頑張って階段のぼった甲斐がありました!

聖ヴィート教会から

プラハは別名「百塔の街」と呼ばれているそうです。
確かにこの角度だけでも、教会などの尖塔がたくさん見えますね☆

聖ヴィート教会から

聖ヴィート教会の2つの尖塔も、目の前に。

すごくヨーロッパらしい景色に大満足して、
プラハ城をあとにしました。

  • DATA
  • 南塔 Great South Tower of St. Vitus Cathedral
  • 4月~10月:10:00~18:00(入場は~17:30)
  • 11月~3月:10:00~17:00(入場は~16:30)
  • 入場料:150Kč(約750円/2017年投稿時)

プラハで思い出した、ヨーロッパな人々。

ついでに、この塔で起こったおまけ話を。

塔に登る階段でのこと。

もうすぐ頂上って時に、上から降りてきた男性が

男性
戻って戻って!It’s クローズ!

って…

ええ?!

友人
なんで!?ここまで登ってきたのに!?
わたし
入場料も払ったよ?

必死に訴える私たち。

するとお兄さんたち、大爆笑で

男性
ノー!ノー! I t’s ジョーク!
頂上もうすぐだから楽しんできて!

と、爽やかに降りていきました…。

もう、完っっ全に騙されました!

ボヘミアンジョークに!

景色だけでなく、人々のノリもヨーロッパ?な
チェコなのでした◎

まとめ

以上、プラハで訪れた聖ヴィート教会の紹介でした!

プラハ城は時間があればじっくり見て周ることも出来るし、
なくてもトラムでふらっと訪れて景色や教会だけを見ることも出来ます。

私たちは聖ヴィート教会のためだけに訪れましたが、
そのためだけでも行く価値アリです♡
南搭からのプラハの眺望は、忘れられない絶景でした!

スケジュールに合わせてぜひプランに入れてみてくださいね。

チェコ旅行でお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事