バスか電車か?プラハからチェスキー・クルムロフへの行き方




こんにちは!なっつです。

5連休で訪れたチェコとトルコ旅行記。チェコ2日目は「世界で最も美しい町」といわれるチェスキー・クルムロフに行きました。

チェスキー・クルムロフ城

街の雰囲気や見どころは次回記事にするとして(コチラ)
今回はプラハからチェスキー・クルムロフへの行き方について。

バスと電車の両方を利用して感じた
両者のメリット・デメリットをシェアしたいと思います。

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅行
  • 2013年10月中旬 / 3泊6日でチェコ・トルコ
  • ターキッシュエアライン利用
スポンサードリンク

バスか電車か?

チェスキー・クルムロフは南ボヘミア地方の山あいに佇む世界遺産の町。
プラハからは南へ約180km。日帰りも出来ます。

旅行を計画するときに悩んだのがチェスキー・クルムロフへの移動方法。
ガイドブックを見たところバスか電車で行けるそうです。

  • バスの場合 所要約3時間、199Kč~
  • 電車の場合 チェスケー・ブディェヨヴィッツェ経由で所要約3時間40分~4時間。
    2等で277Kč~

参考 地球の歩き方(2017年記事投稿時)

時間的に見ても運賃的に見ても、断然バスの方が良さそう

なのに私たちが電車も捨てきれなかった理由は、
単なるヨーロッパの鉄道への憧れでした!^^;

イギリスの駅

映画のようなヨーロッパの駅とか

車窓から

車窓からの眺め

漠然と「ヨーロッパといえば鉄道旅♡」という思いがありました(笑)

価格&便利さを取るか、憧れを取るか。
悩みに悩んで結局行きはバス、帰りは電車 という折衷案で落ち着きました。

以下で両社の利用方法を記述しますね。

バスはStudent Agencyがおすすめ!

バスの中でも安くて快適と有名なのはスチューデント・エージェンシー。

チェコを拠点とする中・長距離のバス会社です。

スチューデントという名前ですが
学生以外も利用できますよ~!
日本の「青春18切符」並みにまぎらわしい名前ですよねww

予約方法

チケットはバスターミナル窓口や運転手さんからでも買えますが、プラハ~チェスキー・クルムロフは人気の路線なので事前の予約をおすすめします。

予約は乗車日の2カ月前ぐらいからStudent Agencyのサイトで可能☆

出典 Student Agency

まずはBus/train ticketsと書かれたリンクに飛びます。

この画面で発着地と日付を選択し、Passengers のバーを動かして人数を選択します。私たちは片道 One way ですが、往復 Return も選べます。

発着地については

  • プラハのバスターミナルはPrague, Na Knížecí
  • チェスキー・クルムロフはČeský Krumlov – ŠpičákまたはČeský Krumlov, AN

になります。

Český Krumlov – Špičák と Český Krumlov, AN は
どちらも旧市街から歩ける停留所なので、お好みや観光ルートに合わせてお選びください。

※ただし帰りの便はČeský Krumlov – Špičákには停まらないのでご注意を!

Český Krumlov – Špičák(お城に近い。帰りは停車しない)

Český Krumlov -AN(終点。旧市街の東側)

項目を入力後Searchボタンで検索すると、すぐ下に時刻・料金一覧が表示されます。

出典 Student Agency

グレーになっていない便は空席があるという意味なので、
青い金額が表示されてる部分をクリックしてカートに追加。

上の Purchase ボタンからカードで支払いできます。

画面に従い座席を選んでカード番号やメールアドレスを入力すれば完了。

予約確認メールを印刷して、当日乗車時に運転手さんに見せればOKです!

ちなみに海外旅行に持って行くカードにはVISAのエポスカードがオススメです

入会金や年会費無料なのにバッチリ海外旅行保険が付いてくるし、
海外キャッシングも可能。

VISAはカードを使えるお店なら基本使えるので、今回海外用に初めて作る方はもちろん、既に他のカードブランドをお持ちの方のサブカードとしても◎持ってて損はないはずです✨

ナ・クニーゼツィ・バス・ターミナル

バスの話に戻りますね!当日はプラハ近郊にあるナ・クニーゼツィ・バス・ターミナル Autobusove Nadrazi Na Knížeciへ。

中心部からは少し離れてるので公共交通機関で行くのが便利!

  • 地下鉄の場合:B線Anděl駅
  • トラムの場合:Na Knížeci停留所

が最寄りになります。

スチューデント・エージェンシー

ここからStudent Agencyのバスが出ています。

快適な車内に驚き

バス車内では、想像以上の設備にびっくりしました!

出典 Student Agency

Wi-fiやコンセント利用OK、各席にテーブルとモニターがついていてゲームをしたり音楽を聴くこともできます。

そして、なんとドリンクサービス(無料)付き。
バスの乗務員さんが注文を聞きに来てくれます。

まるで飛行機みたい♡

スチューデント・エージェンシー

チェスキー・クロムルフの ANターミナル

2時間半~3時間の所要時間で運賃は片道900円ほど(2013年10月旅行時)

安いのに設備・サービス良し。驚きのコストパフォーマンスでした☆

スチューデント・エージェンシー

スチューデントエージェンシーは他の国へ行く長距離便も運行しているので、中欧を周遊する際などに使えそう。また利用してみたいです。

帰りは憧れの電車旅!

続いては、往路で利用した電車について。

鉄道はプラハ本駅とチェスキー・クルムロフ駅を結んでいます。
途中チェスケー・ブディェヨヴィチェという駅で乗り換えが必要です。

時刻の下調べが必須!

私たちはチケットの予約はしませんでしたが、
それでも発着時刻だけは事前に調べておくことをおすすめします。

乗り換えが必要だし、特にチェスキー・クルムロフに発着する電車は本数が約2時間置きと少ないからです。

チェコの鉄道会社ČDのサイトから行先を入力、日にちを選んで調べられます。

発着駅名と日付を入力して検索ボタンを押すと…

出典 ČD

発着時刻と乗り換え情報が出てきます!

  • ちなみに駅名の表記はこちら!検索の際にコピペしてご活用ください。
  • プラハ:Praha hl.n.
  • チェスキー・クルムロフ:Český Krumlov
  • チェスケー・ブディェヨヴィツェ:České Budějovice(経由地)

チェスキー・クルムロフ駅へ

私たちは帰り道に鉄道を利用。

ブディェヨヴィツェ門

ブディェヨヴィツェ門から旧市街を出て、駅へ向かいました。

チェコ鉄道看板

看板も少なくガイドブックにも詳しい記載がありませんでしたが、
人に聞きまわりながら何とか到着しました。


旧市街の門から徒歩13分と表示されていますが、駅はかなり分かりにくい場所だし道中はのぼり坂だったので、もっと余裕見て向かうのが無難です。

駅で切符を購入する時間も考えると、30~40分は見ておいたほうが良いかと・・!

チェスキークルムロフ駅舎

パッと見は駅って気づきませんが…この白い建物が駅舎です。

チケットを買って、乗り込みます。
2013年当時は2等が日本円で1300円ぐらいでした。

列車移動の様子

チェスキー・クロムルフの電車

まずはチェスキー・クルムロフからチェスケー・ブディェヨヴィツェまで45分。

のどかなローカル線でした。

チェスケー・ブディェヨヴィツェでプラハ行きの電車に乗り換えます。

チェスケー・ブディェヨヴィツェ

車内に入ってみると…

コンパートメントタイプの電車

まさかのコンパートメントタイプ!

コンパートメントタイプとは1つの車両の片側が通路で、座席が個室のように区切られたレイアウト。ハリー・ポッターに出てくるホグワーツ特急みたいなやつです♡

移動の疲れを忘れてテンション上がりました。

すごく「ヨーロッパ鉄道旅」っていうかんじがしませんか?

思わぬ車両にワクワクしながら座れる席を探したのですが、
コンパーメントタイプの問題点がひとつ…。

各個室に先客がいると、想像以上に入りにくいということです。

それぞれの個室は6人座れるから どこも2席ぐらいは余裕で空いてるんですが・・・中でカップルや友達グループがワイワイやってるとドア開けるのに気が引けるのです。

入りやすそうな個室を探してウロウロしていると、救いの手が✨

チェコに留学中という日本人が声をかけてくれて
「自分たちのところ2席あいてますよ」と、仲間に入れてくれたのです!

同じ大学の友達だという皆さんは
それぞれ出身がトルコ、インド、ウクライナ、ブルガリア…と国際色豊か。
この日はみんなでプラハへ旅行に行く道中なんだそう。

ウクライナ美人
日本でメジャーなカードゲームを教えて!

って言われて、皆でババ抜きをして過ごしました(笑)

旅用のお菓子や飲み物も分けてくれて、本当に親切な皆さんでした☆

こんな出会いがあるなら日本のお菓子でも持ってきていたら良かったなぁ…。

プラハ駅

2時間半でプラハに到着。楽しすぎた帰り道でした。
優しい留学生の皆さんに感謝です!

プラハ駅

近代的なプラハ本駅☆

まとめ

以上、プラハ~チェスキー・クルムロフのバス&電車それぞれの乗車レポートでした。

所要時間、安さ、快適さで言うとStudent Agencyのバスは本当におすすめ!デメリットをあげるなら、プラハのバスターミナルが中心部から離れている事ぐらい。

一方の電車はプラハ本駅に発着するのでプラハ市内での移動は楽です。

ただ、本数の少なさや乗り換えが必要なこと、チェスキー・クルムロフでの旧市街~駅の移動など、バスに比べると不便に感じました。

総合すると、安くて早くて快適なバスが便利でした。

それでも私たちは鉄道旅ならではの素敵な出会いがあったので「電車も利用して良かった」と思ってます!

「多国籍ババ抜き」はこの旅で1番の思い出☆
  • 時間に余裕がある方
  • 時刻表調べたりするのも含めて鉄道が好きな方
  • プチ冒険したい方

には、電車移動も良いかもしれません♪

英語予約や移動が不安な場合は
日本語で予約できる現地発着ツアーもあるので選択肢にどうぞ☆

チェコに持って行きたいガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事