プラハから日帰りにぴったり!秋のチェスキー・クルムロフを観光




こんにちは!なっつです。

2013年秋に3泊6日でチェコとトルコを旅行しました。

今回はチェコ南部の町チェスキー・クルムロフについて☆

前回プラハからの行き方を紹介したので、
当記事では町自体の様子や実際に行ってみて良かったお店などをシェアします。

スポンサードリンク

チェスキー・クルムロフとは?

チェスキー・クルムロフは
プラハから約180kmに位置する南ボヘミア地方の町。

モルダウ川沿いの山あいに中世の街並みが広がる、人気の観光地です。

チェスキー・クルムロフの展望

この地方の貴族が城を建築したのが町のはじまりで、
16世紀に最盛期を迎えました。

その後は徐々に近代化から取り残されたものの
かつての繁栄が残る町並みが見直され、
現在は世界遺産にも登録されています。

可愛くてコンパクトな町並み!

チェスキー・クルムロフは「世界一美しい町」なんて呼ばれていて、
きっと観光客でいっぱいなんだろうなと思っていたのですが・・

チェスキークルムロフ街角

私たちが訪れた日は
オフシーズンの平日だからか雨だったからか、町を歩いている人は少なめ。

そのぶんカメラ散歩や町歩きをゆったりと楽しめました。

午前10時頃に旧市街近くのバスターミナルに到着して、
まずはぐるっと町歩き!✨

地図でいうとオレンジっぽい部分が旧市街となっています。

蛇行するブルタバ(モルダウ)川の周りに石畳の街並みが広がります。

チェスキー・クルムロフ

わたし
ヨーロッパらしい、雰囲気ある町並み♡

前日観光したチェコの首都プラハは
大きすぎて1日では周り切れなかったですが、
チェスキー・クルムロフはコンパクトなので日帰りでも観光しやすいです。

歩いて周れる範囲にお城やお店、レストランが詰まっていました。

スヴォルノステイ広場

旧市街の中心にあるスヴォルノステイ広場。
観光案内所もあります。

この広場を起点の目印にすれば、
気ままに歩いても道に迷いにくいです。

聖ヴィート教会

訪れた飲食店

チェスキー・クルムロフは観光業によって栄える町。

旧市街にはカフェやレストランが軒を連ねています。

チェスキー・クルムロフ

トゥルデルニーク

⇧これはチェコでよく見かける、トゥルデルニークの屋台。

小麦粉の生地を焼いて砂糖などをまぶしたお菓子です。
見た目は大きなコルネパンみたいでした。

はちみつケーキ・メドヴニーク

旧市街には可愛らしいカフェもたくさんあって、

ふらっと入った川沿いのカフェでは
念願のはちみつケーキを食べることが叶いました!

前日、はちみつケーキを食べ損ねた話

はちみつケーキとチェコ料理を求めて、雨のプラハを駆け回った話。
はちみつケーキとチェコ料理を求めて、雨のプラハを駆け回った話。
プラハ旅行初日。はちみつケーキやチェコ料理などを求めてお店探しするも、行くレストランに4連続で入れないというドタバタ話です。

ケーキ食べたい欲が溜まっていたので、
欲望のままに3つもオーダー(笑)

ひとつ45Kč(約230円)と、価格もお手頃でした。

はちみつケーキ

わたし
軽くて食べやすい☆

はちみつの素朴な甘さが優しいケーキです。

私が入ったカフェは現在別のお店に変わっているようですが、
旧市街内には他にもたくさんのカフェがあります。

お好みで居心地良さそうなお店を探してみてくださいね♪

チェコで魚料理?マスのフライが美味しい!

内陸の国・チェコですが
南ボヘミア地方ではマスやコイなど川魚の養殖が盛んです。

チェスキー・クルムロフのレストランでは
肉も魚も食べられるということで、行ってみました。

私たちが訪れたお店はこちら

川沿いにあるチェコ料理のレストランです。

チェコビール

まずはビールで乾杯☆
ビールと一緒に出される紙製コースターはお持ち帰りOKとのこと♪

豚のカツレツ

豚のカツレツは衣サクサク!
美味しすぎて、次の日もプラハで豚のカツレツ探しました♡

マスのフライ

マスのフライ。中はふわふわで淡白な味わい。
外はカリっとしていて美味しいです。

揚げ物×揚げ物×ビール の組み合わせは最高✨笑

料理2品とビール2人分を頼んで、お会計は460Kč(約2300円)でした。
ヨーロッパの外食代としてはお手頃なほうかも?

チェスキー・クロムルフはプラハ中心部と比べて
全体的に物価が安かったです。

  • DATA
  • Restaurace a Penzion Parkán
  • 住所:Parkán 102, 381 01 Český Krumlov, チェコ
  • 営業:11:00~23:00
  • 最新の営業情報はお店サイトをご確認ください

 

訪れたお土産店

食事の次は買い物です。
チェコのお土産はほぼチェスキー・クルムロフで探しました。

子供向けお土産には困りません

チェスキー・クルムロフ

旧市街にはマリオネットや
木のおもちゃを売ってるお店がいっぱい!

素朴で可愛いお土産達に出会えます。

チェスキー・クルムロフお土産屋さん

クルテクとピノキオに惹かれて、ふらっと入ったお土産屋さん。

チェスキー・クルムロフお土産屋さん

店内はおもちゃ箱ひっくり返したような、とっても可愛い空間です♪

チェスキー・クルムロフお土産屋さん

チェコの国民的キャラクター・クルテクの塗り絵は、
なんと日本円にして150円ぐらいでした!

クルテクの塗り絵

ここぞと全種買い 

かなり余談ですが
先日、私の誕生日に弟夫婦が本のプレゼントをくれました。

「なっつが好きそうで買ってみた」と、受け取った瞬間、二度見しました。

わたし
このお店は…‼

チェスキー・クルムロフのお土産屋さん

チェスキー・クルムロフで訪れたこのお土産屋さんが、
たまたま誕生日にもらった本の表紙になっていたのです。

世界に数ある「店先」の中で、すごい偶然です!

知らずに買った弟たちもびっくり。

わたし
「好きそう」どころか
姉は表紙の店でクルテクグッズを爆買いしていたよ…

タイトル通り、世界中の素敵な店先写真が
190ページに渡って紹介されています。
興味のある方はチェックしてみてください♪

そんなお店の場所はこちら。
チェスキー・クルムロフ城のすぐ近くにあります。

女性へのお土産はBotanicusボタニクスで決まり!

ボタニクスBotanicusはチェコで1992年に誕生したブランド。

プラハ郊外にある小さな村オストラーの自社農園にて採集された
草花や果実で作ったスキンケア用品が有名です。

ボタニクスはプラハにも、
さらには日本にも店舗があるのですが、
チェスキー・クルムロフ店の雰囲気が
特に素敵だったので紹介したいと思います!

ボタニクス

町の雰囲気に溶け込む外観☆

ボタニクス

可愛すぎるディスプレー。
店中に良い香りがただよってます!

ボタニクス

ばらまき土産にぴったりなミニサイズの石けん。45Kč(約230円/2013年旅行時)

日本の1/4ぐらいの価格で売られてるものも。
日本未発売の商品も販売されてます。

ボタニクス

チェスキー・クルムロフに訪れた際は是非のぞいてみて下さい♪

場所はこちら。

チェスキー・クルムロフ城

最後に町の展望を見るため、お城を訪れました。

チェスキー・クルムロフ

旧市街からラトラーン通りを登っていくと・・

チェスキー・クルムロフ城

赤い門が見えてきます。お城へはここから入れます。

(写真は逆光で黒いけど、実物は赤いので目立ちます!)

チェスキー・クルムロフ城

領主が変わる度に増築されたチェスキー・クルムロフ城。
ゴシック、ルネサンス、バロックなど色んな様式が混在してます。

チェスキー・クルムロフ城

中庭から見る壁や窓は、よくよく見るとだまし絵になっていました。

城には第1~5までの中庭があり、
一番奥にある第5の中庭から無料で町を眺望できます。

チェスキー・クルムロフ城

ここからも十分素敵な景色なのですが、
ちょうど雨があがって来たので有料の塔にも登りました。

チェスキー・クルムロフ城

塔に登るには50Kč(約250円/2013年旅行時)。
細い階段を登っていきます。

チェスキー・クルムロフ城

濡れた屋根に日が当たってキラキラの町!
雨あがりの青空の中でいっそうキレイに見えました。

チェスキー・クルムロフ城 チェスキー・クルムロフ城

お城では城内のガイド付き見学ツアーもあります。
時間や料金は公式ページ(英語)をご確認ください。

※11月~3月と毎週月曜日は休業のスポットが多いです。ご注意ください。

まとめ

10:00~16:00ぐらいまでの短い滞在でしたが、
食べ物、買い物、お城など、
チェスキー・クルムロフ旧市街をぐるっと楽しめました。

チェスキー・クルムロフ

最初は残念に思ってた雨天でしたが、
実際に町を歩いてみると
雨が石畳や屋根に反射してて、晴れの日とは違った趣を感じました。

特に雨上がりの塔からの展望は絶景‼

チェスキー・クルムロフ城

プラハからの日帰り旅行にぴったりなチェスキー・クルムロフ。
チェコに訪れた際は是非ぜひ足をのばしてみてくださいね ✨

個人での行き方はこちら

バスか電車か?プラハからチェスキー・クルムロフへの行き方
バスか電車か?プラハからチェスキー・クルムロフへの行き方
チェスキー・クルムロフにプラハから日帰りしました。行きはスチューデント・エージェンシーというバスで、帰りは電車を利用。それぞれの感想や利用方法について。

専用車によるプラハからの現地発着ツアー

チェコ旅行でお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事