ニューハウン・人魚姫・衛兵交替式!半日で周ったコペンハーゲン観光

コペンハーゲン観光スポット




こんにちは!

女3人で周る北欧旅行。
今回はデンマークの首都・コペンハーゲンを観光します。

この旅行の全体概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行
  • 期間:2013年8月末~9月初旬
  • フィンエアー利用(コペンハーゲンINヘルシンキOUT)
  • 9泊11日でデンマーク・スウェーデン・フィンランドを周遊

スポンサードリンク

午前中で市内観光

観光にはコペンハーゲンカードを利用しました。

コペンハーゲンカードとは
公共の交通機関の運賃や、観光地の入場料が無料になったり
一部のレストランが割引になったりするフリーパスカード。

詳しくは別記事にしました。

コペンハーゲンカードって?お得?いくら節約できたか計算してみた
コペンハーゲンカードって?お得?いくら節約できたか計算してみた
コペンハーゲンカード利用で観光して、いくら節約できたか計算してみました。お得な交通チケットについても触れています。

このカードを使いながら
午前中で市内の主な見どころを周り、
午後からは郊外にあるフレデリクスボー城を観光します。

コペンハーゲン観光計画

市庁舎からニューハウンへ

自転車社会に驚き

ホテルを出て1番にびっくりしたことが、自転車の多さ。

コペンハーゲンの朝は自転車通勤ラッシュ

大きい道には必ずと言って良いほど自転車専用道があって、
間違って一瞬でも足を踏み入れようものならチリンチリンの嵐にあいます。

わたし
特に通勤ラッシュ時は大迷惑になるので自転車道に入らないよう注意しましょう!

近郊列車エストーにも自転車OK車両が設けられていたし、
国全体で自転車に優しい町作りを進めている印象を受けました。

オーデンセの石畳に自転車専用道マーク

オーデンセの自転車専用道。

市庁舎とトーヴァルセンの蚤の市

そんな自転車専用道に注意しながら、
市庁舎まで歩きました。

まずはデンマークといえばこの人!

コペンハーゲン市庁舎前に建つアンデルセンの像

童話作家アンデルセンの像に挨拶。

デンマークのトーヴァルセン広場アンティークマーケット

8:00すぎ トーヴァルセン広場の蚤の市に着きました。

私の旅先での朝は
市場やアンティークマーケットからスタートすることが多いです。

観光地が開いてない早朝からやってるし、
地元の人としゃべったりできるのが楽しい!♡

蚤の市の詳細は長くなるので別記事にまとめますね。

コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり
デンマークのコペンハーゲン駅近くで開催されるトーヴァルセン広場の蚤の市を訪れました。オーデンセで偶然見かけたマーケットも紹介☆

ニューハウン

9:30 蚤の市から歩いてニューハウンへ。

ニューハウンとは色とりどりの木造家屋が並ぶ
コペンハーゲンの代表的観光スポットです☆

コペンハーゲンの観光スポット・ニューハウン

運河沿いに並ぶカラフルな家並みはイメージしていたデンマークそのもの!

あのアンデルセンも
ここを気に入って晩年の住居にしていたんだとか。

コペンハーゲン観光計画

現在は地図の③番。

ここから水上バスで人魚姫像が建つ公園に移動します。

港町として栄えたコペンハーゲンでは、
水上バスが地下鉄やバス同様に市民の足として発達しています。

ガイドブックによると
水上バスはコペンハーゲンカードで無料とのことなので、
乗ってみることにしました。

コペンハーゲンの木造家屋・ニューハウン

ニューハウン沿いの運河の一番奥に
人魚姫像の写真が載った看板があり、
船が止まっているのを見つけました。

わたし
ここが水上バスの乗り場かな?

チケット売り場でコペンハーゲンカード見せると、

スタッフ
あら、そのカードは使えないわよ。でももう出発時間だし
お金は出発してからで良いから先に乗ってね!

と、スタッフのお姉さん。

わたし
え、これ水上バスじゃないの? コペンハーゲンカード使えないならちょっと考えたいんだけど…
でも他の乗客たち待たせてるよ

叔母
他に水上バスらしき乗り場も見当たらないよね

わたし
そうやね… 人魚姫像には間違いなく行くみたいだし、乗っちゃおっか!!

運河ツアーで水上から見るニューハウン

金額も聞かずに飛び乗って、出航です。

きっちり船上で徴収されました。
ひとり95DKK(約1400円)。

3人で5000円近く。

あとで調べたところ、やっぱり水上バスではありませんでした。

水上バス乗り場は
ニューハウンの入り口側(地図の赤ピン部分)にあったのでした。

左側の「Canal Tours」と書かれているのが
私たちが間違えて乗船した場所。

ニューハウンの船着き場奥からは
いくつか運河ツアーの船が出ていて、
私たちはそれに飛び乗っちゃったみたいです。

水上バスに乗るなら黄色い見た目が目印です!

出典 visitcopenhagen

うぅ… とっさの判断ミス。

せっかく水上バスが無料になるカードを持っていたのに、
ほぼ同じ航路のツアーに有料で参加してしまいました。

今のところコペンカード全く活用しておりませんね ><

しかも!!

さらなる新事実があとから発覚。

私たちがとっさに参加したDFDS運河ツアー。

ニューハウンから乗るツアーRed lineは有料だけど
ガンメルストランドの乗り場から乗るツアーYellow lineなら
コペンハーゲンカードで無料になったらしいのです。

ルートによってカード利用可否が変わるという謎の仕組み…!!

しかもしかも!!

ガンメルストランドがどこにあるかと言いますと…

さっき蚤の市で訪れた場所じゃないですかぁぁああ(;゚Д゚)

つまり、
無料の乗り場から10分歩いて、
わざわざ有料の乗り場まで移動したってことです。

わたし
おバカすぎる…

ガンメルストランドから出発するYellow lineも
人魚姫像を通ります。

なのでニューハウン見学は後回しにして、
蚤の市のあとそのまま運河ツアーに参加すれば
時間的にも費用的にも効率良かったんですね;

  • ②蚤の市のあと近くの乗り場から運河ツアー参加
  • ④人魚姫の像で下船
  • ⑤⑥③の順に歩いて南下
  • ⑦地下鉄駅からフレデリクスボー城へ

⇧こんなかんじで。

人魚姫像から衛兵交替式へ

…と、あとから反省してますが、
旅行当時はその情報知らなかったので
運河ツアーを満喫しておりました 

水上から見るコペンハーゲンは陸を歩くのとはまた違った良さがあります。

人魚姫の像

運河を眺めながら20分ぐらいボートに乗ってたら、見えてきました。

10:30 人魚姫像到着です。

運河からは背中しか見えないので、船から降りて見物。
像の周りは人だかりでした。

コペンハーゲンの人魚姫像

「世界三大がっかり」っていう不名誉な称号をお持ちですが、
やっぱりコペンハーゲンに来たら見ておきたい像ですよね。

緑いっぱいの公園(カステレット要塞)の中に建っています。

コペンハーゲン観光計画

現在地図の4番。

ここからは、⑥衛兵交替式のあるアマリエンボー宮殿を目指して南下していきます。

式の始まる12:00まではまだ時間ありそうなので、
道中にあった⑤デザインミュージアムに立ち寄りました。

デザインミュージアム

デザイン大国デンマーク。

町を歩くと乗り物や案内標識など、
機能性と見栄えがうまく融合してて…

随所でこの国のデザインへのこだわりを感じてました。

そんなデンマークデザインを集めたミュージアム。
時間があれば見てみたいなと思っていたのです☆

コペンハーゲンのデザインミュージアム

そして、ようやくコペンカード使える場所でもあります‼
(これ重要ポイント!)

大人115DKKの入場料が無料になりました。

内部は中世~現代の家具を中心に展示されていて、
1階には有名なデザイナーズチェアがたくさん。

邸宅のような建物も素敵でした☆

  • DATA
  • Bredgade 68, 1260 København
  • 10:00~18:00オープン(水曜は~21:00)
  • 月曜、クリスマス、年末年始定休
  • 詳細は公式サイトをご確認ください

交替式の時間が近づいていたので、
博物館を切り上げてダッシュ!

衛兵交替式

交替式が行われるアマリエンボー宮殿の前には
12:00前から既にカメラ持ってスタンバイしてる人たちがちらほら。

アメリエンボー宮殿の衛兵交替式

デンマークの国旗が掲げられている時は王様在宮とのことです☆

アマリエンボー宮殿の衛兵交替式

衛兵交替といえばのロンドンと比べると小規模だけど、
そのぶんこちらは間近で見れる点が好きです。

ロンドンでは宮殿の門の中で式を行うから、
柵があってちょっと見えにくいんですよね><

びしっと並んで行進する衛兵さんたちはやっぱりカッコよかったです!

コペンハーゲンの衛兵交替式

交替式の行われるアマリエンボー宮殿もコペンカードで入れますが、
私たちは郊外にあるフレデリクスボー城へ行きたかったので
内部には入らずコペンハーゲン中心部を離れることにしました。

ちょっと駆け足での観光でしたが、
コペンハーゲンで見たかったものは一通り周ることが出来ました!

次回はこの続き。

午後からの観光の様子を書こうと思います☆

デンマークでお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です