コペンハーゲンカードって?お得?いくら節約できたか計算してみた




こんにちは!なっつです。

今回の記事は、タイトルからしてセコくてすみません‼(笑)

物価の高いデンマークを楽しむために購入したフリーパス・コペンハーゲンカードについてです。デンマークでの観光を終えたので、結局元は取れたのか 計算してみようと思います。デンマーク旅行でコペンハーゲンカードを買おうか悩んでいる方の参考になれれば幸いです。

この旅行の全体概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行
  • 期間:2013年8月末~9月初旬
  • 9泊11日でデンマーク・スウェーデン・フィンランドを周遊

そもそもコペンハーゲンカードとは

公共の交通機関の運賃や、観光地の入場料が無料になったり一部のレストランが割引になったりするフリーパスカードです。使用時間は24時間以外に4種類から選べます。空港や駅・観光案内所やホテルなどで購入可能。

  • 24時間:359DKK(約5000円)
  • 48時間:499DKK(約7000円)
  • 72時間:589DKK(約8300円)
  • 120時間:799DKK(約11200円)

参考 公式サイト(2017年投稿時・大人料金)

私たちはコペンハーゲン空港で24時間分を買って、市内への移動と翌日の観光に利用しました。カードを利用した移動と観光スポットは下記の通り。

  • 空港から市内へ移動
  • チボリ公園入場
  • デザインミュージアム入館
  • 市内から近郊の町・ヒレロズに往復
  • フレデリクスボー城入場
  • ラウンドタワー入場

各スポットの旅行記はコチラをどうぞ☆

ライトアップがきれい!コペンハーゲンカードで夜のチボリ公園を散歩
ライトアップがきれい!コペンハーゲンカードで夜のチボリ公園を散歩
デンマーク・コペンハーゲンの駅前にあるチボリ公園に訪れました。到着した当日の夜だったので1時間だけの散歩ですが、イルミネーションや屋外劇を見たりしました。コペンハーゲンカードで入場。
ニューハウン・人魚姫・衛兵交替式!半日で周ったコペンハーゲン観光
ニューハウン・人魚姫・衛兵交替式!半日で周ったコペンハーゲン観光
デンマーク・コペンハーゲンを半日観光したルートを紹介。ニューハウン・人魚姫の像・デザインミュージアム・アメリエンボー宮殿の衛兵交替式など。24時間コペンハーゲンカードを使用しながら、基本は徒歩、途中船にも乗りました。
デンマーク人もイチ押し☆フレデリクスボー城の絶景ポイントとは?
デンマーク人もイチ押し☆フレデリクスボー城の絶景ポイントとは?
コペンハーゲンから電車で40分、フレデリクスボー城へ半日観光した時の話です。行き方やお城の内部、地元の親切なおじさんが教えてくれた写真スポットを紹介します。

公式サイトで自動計算してくれます

コペンハーゲンカードの公式サイトを見ていると、便利な機能を発見

出典 コペンハーゲンカード公式サイト

”How much do you save?”の欄にある行きたい観光スポットを選択していくと、カードを使う場合と使わない場合の金額を教えてくれます!

カードを買うことでいくら得する(損する)のか、計算してくれるのです。普通は購入前の検討材料として利用する機能かなと思うのですが、今さらながら計算してみました。

出典 コペンハーゲンカード公式サイト

場所の名前はデンマーク語なのでガイドブックで照らし合わせながら訪れた場所のボタンをぽちぽち。next ボタンを押して、

出典 コペンハーゲンカード公式サイト

大人/子供を選んで、交通機関も利用する場合は Public transport にチェックを入れます。交通費を含めた上で、どちらがお得か計算してくれるみたいです!

出典 コペンハーゲンカード公式サイト

最後に何時間タイプのものにするか選びます。私の場合は24h。

…出ました!

Price without card 440,00 DKK

Price with Copenhagen Card 389,00 DKK

Your discount 51,00 DKK(約700円の節約)
わたし
700円!?

カードなしで周った場合は440DKKで、カード利用すれば389DKKってことですね。ギリギリ節約できてましたw

でも思ったほど得しなかったのは、カード適用の24時間内にニューハウン・蚤の市・人魚姫像・衛兵交替式など入場料がかからない場所ばかり、しかも歩いて周っていたからだと思います。

お城や宮殿、美術館など入場料がかかるスポットによく行く方や市内交通やボートツアーなど利用する方はもっとお得になるのではないでしょうか。基本的に町歩きの時間が多い私たちは大きく得した訳ではないけど、毎回チケット買う手間が省けたのは良い点でした!

交通のみの乗り放題券も豊富

入場料が要る観光スポットには入らないけど、市内交通はよく利用する予定の方には交通のみのフリーパスもおすすめ!

  • エストー(近郊列車)
  • 地下鉄
  • 市バス共通

コペンハーゲンにはこれら交通機関を共通で利用できる乗り放題チケットCITY PASSというのがあります。コペンハーゲン近郊はゾーン制になっていて、CITY PASS Smallタイプを購入するとゾーン1~4内(図のピンク部分)の乗車が自由になります。

この中には空港も含まれます☆

出典 CITY PASS公式サイト

※画像の路線図は記事投稿時のものなので最新は上記サイトに飛んでご覧ください。

価格は24時間で80DKK(約1200円/2019年更新時/大人料金)。駅の券売機やキオスクで買えます。公式サイトを見てみると24時間以外の時間や4ゾーンよりも有効範囲の広いLargeタイプもあるので、滞在日数や行きたい場所に合わせて選んでみてくださいね。

本当はCITY PASSの他にもゾーンごとの回数券や7日券など色々あるみたいなのですが、全部把握するには種類が多すぎて諦めました。。

個人的には観光客が利用しやすいのは

  • CITY PASS(コペン中心部のエストー・地下鉄・市バス)
  • コペンハーゲンカード
    (観光施設の入場料+コペン中心部と近郊も含む交通・水上バスも利用OK)

このどちらかかな~と思います!両方空港へも行けますし♪

まとめ

ということで、

  • 入場料のかかる観光スポットに何カ所も行くならコペンハーゲンカード
  • 入場料のかかる観光地にはあまり行かないけど
    交通機関を使って市内を効率よく周りたいならCITY PASS

市内の主な観光スポットは歩いて周れなくもないので、何もパスを利用しないのも選択肢です!旅行スタイルに合わせて検討してみてくださいね

北欧旅行でお世話になったガイドブック


Recommend

Recommend ピックアップ記事