コペンハーゲンのトーヴァルセン広場とオーデンセで蚤の市をぶらり

コペンハーゲンとオーデンセのマーケット




こんにちは!

女3人の北欧旅行。
今回はデンマークで訪れた蚤の市とその感想です

この旅行の全体概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行
  • 期間:2013年8月末~9月初旬
  • フィンエアー利用(コペンハーゲンINヘルシンキOUT)
  • 9泊11日でデンマーク・スウェーデン・フィンランドを周遊

私はアンティークに詳しいほうではなく、
ただ市場の存在とか、遠い国の誰かが使っていた古い物に惹かれて
立ち寄ってしまいます

なので紹介するのは観光ついでにふらっと覗く小さなマーケットですが、
訪れる方の参考に少しでもなれば幸いです✨

なお、北欧では冬場は屋外マーケットの開催が少なく、
今回記事にしている蚤の市は全て夏季のみの開催なのでご注意ください~

スポンサードリンク

トーヴァルセン広場の蚤の市

まず訪れたのは、こちら。

コペンハーゲン・トーヴァルセン広場の蚤の市

トーヴァルセン広場で開催されている蚤の市です。

開催日程と場所

コペンハーゲン中央駅からもニューハウンなどの観光地からも
歩いて行ける便利な立地が魅力。

わたし
市内観光がしたい
でも蚤の市も覗きたい

そんな人におすすめです。

  • DATA
  • Thorvaldsens Plads Antikmarked
  • 毎週金曜・土曜 7:00~17:00開催(夏季のみ)
  • 参考 公式ホームページ

2019年の開始日は2月現在まだ不明ですが、
決定されたらまた上記の公式サイト更新されると思います !!

コペンハーゲン観光のついでに是非覗いてみてくださいね♪

行ってみた感想

デンマークのトーヴァルセン広場アンティークマーケット

ブースは30ほどですが地元の常連出店者さんが多いため
各店の品数が豊富です。2時間近く滞在しました。

1番よく目にするのは
デンマークといえばのロイヤル・コペンハーゲン。

他にはコペンハーゲン出身のアーティスト、
ビョルン・ウィンブラッドの食器も目立ちました。

他に絵本やおもちゃも多かったです。
さすがおとぎの国✨

母はレース模様の入った
アンティークのフォーク(35DKK/約500円)を購入。

アンティークのフォーク

少しディスカウントしてもらったお礼に、
売り手のおじさんに折り鶴をプレゼントしてみました。

国旗柄折り鶴

おじさん
Oh!ビューティフルバード!

喜んでくれました。
スワンおじさんといい折り紙は皆すごく喜んでくれます♡

スワンおじさんに折り紙を渡した話

おじさん
鶴のお礼にコレをあげよう

と、おじさんからさらにお返しが。
そもそも折り鶴は値引きのお礼だったのに、お返しのエンドレスです

トラムのコイン

頂いたのは人魚姫柄の古いコイン。

聞くと、1970年代までコペンハーゲンを運行していたトラムで
使用されていたコインなんだそうです!

思いがけず貴重な品をゲットしました☆

わたし
オリガミパワー恐るべし・・

オーデンセ市庁舎前の蚤の市

翌日はデンマーク第3の都市・オーデンセに日帰りで訪れました。

オーデンセへの行き方はこちら

オーデンセでは特にマーケットに行くつもりはなかったのですが、
到着後ぷらぷら町を歩いていると
市庁舎広場Flakhavnでたまたま蚤の市が開かれていたのです!

出店者さんによると、
この市庁舎広場では夏場の土曜日、
何かしらのイベントが催されているんだそう。

私たちが訪れた日は
運よくちょうどフリーマーケットの開催日だったのです!

10~15ブースほどなので規模は大きくないですが、
地元の家族連れが多く出店するアットホームな雰囲気。

オーデンセ市庁舎前の蚤の市

食器やカゴなど可愛い物が並んでいます。

ここではポーランド製の陶器プレートを買いました。
1500円ぐらい。

思いがけず出会えたマーケット、楽しかったです。

オーデンセの定期開催の蚤の市をお探しの方は、
駅の北側にあるオーデンセハーバーというところが有名です!

2019年は3月24日~10月20日までの日曜日(9:00~15:00)の開催です。

私は訪れていないため写真や詳細はコチラをご覧ください。

まとめ

以上、デンマーク旅行中に訪れた
トーヴァルセン広場とオーデンセの蚤の市でした!

市場を歩いてると、買い物を通して
地元の人と触れ合える機会が増える気がします。

「どこから来たの?」とか話しかけてくれて、
そこから日本の話題になったり、街のおすすめスポットを教えてもらえたり。

物価の高いデンマークでお手軽に、しかも楽しく買い物できる蚤の市。

今回紹介した以外にも
夏場の週末はデンマーク各所で開催されているので、
見かけたら是非ぜひ寄り道してみてくださいね。

デンマークでお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事