『進撃の巨人』の世界!?ロマンティック街道・ネルトリンゲン街歩き




2017年秋に訪れたドイツ~ハンガリー旅行記。ドイツ2日目はミュンヘンから電車で2時間ほどのネルトリンゲンという街に訪れました。町の見どころや行き方などをレポートしたいと思います。

この旅行の全体概要

  • 友人との女2人旅
  • 期間:2017年10月28日~11月3日
  • 5泊7日でドイツ・オーストリア・ハンガリーを訪問
  • ルフトハンザ航空エコノミー利用(ミュンヘンINブダペストOUT)

日程・費用の詳細はこちら


ネルトリンゲンって?

ネルトリンゲンNördlingenはドイツ・バイエルン州にある小さな町。ロマンティック街道の中ほどに位置しています。

どんな町か軽く調べてみると…

  • 1500万年前の隕石落下跡にできた円形の町
  • 町がまるい壁で囲まれているため人気漫画『進撃の巨人』の舞台ではないかという噂がある
  • ブタが敵軍から町を救ったことがある
  • 町の教会でネコの職員が働いている

なんか色々とカオスで面白そう・・・!

ネルトリンゲンイメージ図

さっそく壁外 壁内調査に乗り込みますね。

ネルトリンゲンを町歩き

見どころ①『進撃の巨人』みたい!円形の壁

駅から歩いてまず目に飛び込んでくるのが旧市街をぐるっと囲む壁。

「壁に囲まれた街」と聞いたら、やはりこちらの漫画を思い出す方は多いのではないでしょうか。


壁内の人類と壁の外との戦いを描いた、言わずと知れた大人気作品。ネルトリンゲンはその街の形と建物の雰囲気から「物語のモデルなのでは?」と噂されています。

ネルトリンゲン

航空写真を見ると円形の壁の中にオレンジ屋根の家々が建ち並び、噂になるのも納得!

壁は一部途切れる部分もありますが、旧市街の周りをキレイに一周しています。このような城壁がほぼ完璧な形で残っている町は世界的にもめずらしいそうです。

ちなみに『進撃の巨人』では壁の高さ50mという設定ですが、ネルトリンゲンの壁は僅か10mほど。超大型巨人でなくても即突破されちゃいそうですね…

壁の存在も勿論ですが、壁内に建ち並ぶ民家がよりいっそう『進撃の巨人』の世界を彷彿とさせました。

屋根の色や形、窓のつくりがアニメで見た街並みにそっくりで、調査兵団が飛び回ってるんじゃないかという錯覚さえ起きます(笑)

また、余談な上にマニアックですが、ネルトリンゲンの昔の地図を見た時に、壁の外側に三角の突起が突き出ているのが目に止まりました。聞くとこの突起、現在は2つしか残ってないですが、当時は壁の複数個所に設置され、敵軍の攻撃を防ぐ「堡塁」の役目を持っていたそう。

「壁の外側に向けての囮的な役割」というと、物語に登場するシガンシナ地区みたいですよね。こちらは人が住むほど大きくはないけれど、進撃の世界との思わぬ共通点にちょっと興奮しました・・・!

見どころ②ブタが救った町

ドイツの実際の歴史でも、ネルトリンゲンは何度も戦いの舞台になりました。そんな中、敵から町を守ったのは調査兵団…ではなくて1匹のブタだったそうです。

15世紀のある時、敵軍がこの町に夜襲をかけようとしていた時に町で飼っていたブタが城門から逃走!!「豚が逃げたぞ!」と皆が飛び起きて、町の中は大騒ぎに。敵も襲撃を諦めたんだとか。

そのためネルトリンゲンでは町を救った英雄として色んな所にブタさんオブジェが飾られているのを目にします。

ネルトリンゲンのブタ

街歩きをしながら、カラフルで可愛い豚さんたちを是非探してみて下さいね。

見どころ③聖ゲオルク教会 St.Georgs-Kirche

ネルトリンゲン町並み

ネルトリンゲンで必ず訪れておきたいのは町の中心にそびえる聖ゲオルク教会とダニエル塔。聖ゲオルク教会は無料で内部見学が可能です。

ネルトリンゲンは、巨大隕石のクレーター上に築かれた町だそうです。それこそフィクションみたいな話ですが、こちらは実際のお話。その証拠としてネルトリンゲンが位置するリース盆地では衝突時にできる鉱石スエバイトがたくさん採取されています。

聖ゲオルク教会

聖ゲオルク教会の建築にもこのスエバイトが用いられていて、外壁の黒いつぶつぶが特徴です。壁内にあるリースクレーター博物館には衝突時の様子や月の石が展示されているので興味のある方は是非!

Rieskrater Museum

見どころ④ダニエル塔とネコ職員

聖ゲオルク教会の塔 (通称ダニエル塔) には階段で登ることができて、上からの展望は絶景です。

オレンジ屋根の家々と、その先に広がる平原。塔は約90mという高さがあるので、まるで超大型巨人になったような気分で町を見下ろせますよ~~!

ネルトリンゲン

塔は教会部分とは別の入り口になるのでご注意を。350段の階段をひたすらのぼります。

頂上目前の左手に展示コーナーがあって、ここで入場料€3.5(訪問当時)を払います。塔の番人が待ち構えていました(笑)

ダニエル塔チケット

レトロなチケットが可愛いですね。

また、私がこの塔を登ったのは、景色以外にもう一つ目的がありまして、、、

ヴェンデルシュタイン

そう!この塔で働くネコさんに会うためです。名前はヴェンデルシュタイン  名前からして威厳漂うこのネコは、実は立派な市の常勤職員なんです。

展示室から展望台まで観光客を案内したり、塔にやって来るハトやネズミを追い払うことがお仕事。代わりに食事と寝床が保証されているそうです。

私たちが訪れた時は、最初どこにも見当たらなかったので、番人に聞いてみました。

今日は猫ちゃん出勤してますか?

番人
あぁ、彼女は休憩中だよ!会わせてあげよう。

受付裏の管理室に案内してもらいました。アイドル猫との初対面にドキドキしてると…

めちゃくちゃ眠そうwww 超不機嫌なヴェンデルシュタインさんがお迎えしてくれました。番人によると、この直後に完全に寝落ちしたそうです(笑)

休憩中にお邪魔しました~~ ^^;

行き方

そんなネルトリンゲンへの行き方もシェアしますね。

ミュンヘンから列車で約1時間半~2時間半。直通またはアウグスブルクやドナウヴェルトで乗り換えが必要な便もあります。

赤い車両のRE(快速)とRB(各駅停車)利用ならバイエルンチケットで乗車できるため安く行けます。

私達のルートとバイエルンチケット利用法

ネルトリンゲン駅から旧市街までは徒歩5分ほど。

駅から北西へ進んでいくとダイニンガー門Deininger Torという旧市街への入口が見えてくるので、ここをくぐると城壁の中へ入れます。

おすすめ訪問日

ネルトリンゲンはミュンヘンから遠すぎず日帰りでも訪れやすい町ですが、訪問する曜日は要注意。私たちが訪れたのは日曜だったのですが、ドイツでは「日曜日は極力お店を閉めて休みましょう」という閉店法なる決まりがあり、地方の町はほとんどのお店が閉まります。雨が降っていたこともあってこの日は町が全体的にガランと静まりかえってました。

ネルトリンゲンのマルクト広場

お昼12時でこの様子。お土産屋さんもカフェやレストランも、ほとんど開いていませんでした。

  • 日祝…ほとんどのお店が閉まっている
  • 平日…バイエルンチケットが9時からしか利用できない

これらを踏まえるとネルトリンゲンのような小さい町に日帰りで訪れるには土曜がベストかなと思います。

まとめ

ということで、町は閑散としていましたが、大好きな漫画の世界に浸りながら円形の壁を実際に歩けたし猫ちゃんにも会えたので個人的には大満足。

バイエルン地方には、ネルトリンゲンの他にも可愛い町が点在しています。

近くにはドナウヴェルトDonauwörthというパステルカラーの町や、子供祭で有名なディンケルスビュールDinkelsbühlという町などなど。

ネルトリンゲン自体はとても小さく、半日もあれば周れてしまうので、近隣の町とあわせて訪れてみるのが良いかもしれません。

\ドイツへの旅行プランを一括見積/


ヨーロッパ旅行の記事については新型コロナ以前の訪問に基づきます。観光地やお店の営業状況・イベントの開催・交通の運行状況が現在と異なる場合がございますので、実際に計画する際は公式サイトなどで最新情報のご確認をオススメします。


Recommend

Recommend ピックアップ記事