世界一広い露天風呂!アイスランドの現地ツアーでブルーラグーン満喫




こんにちは!なっつです。

今回はアイスランド新婚旅行で訪れた露天風呂・ブルーラグーンを紹介します。


ブルーラグーンって?

アイスランドには国内各地に地熱で温められた温水を使用したプール(=温泉)が点在しています。

その中でも1番有名で、1番大きくて、1番入場料お高いのがブルーラグーン

アイスランドのブルー・ラグーン

ブルーラグーンとは隣接する発電所で汲み上げた地下熱水の排水を再利用した温泉施設です。その成分に皮膚病治癒の効果があることが発見されて以来、温泉施設として公開されるようになりました。

面積は約5,000m²と露天風呂の中では世界最大規模!アイスランドを代表する観光スポットです☆

事前予約が必須!

場所はアイスランドの玄関口・ケプラヴィーク国際空港の南東に位置しています。

車利用で訪れる場合、ブルーラグーン~空港は約20分、ブルーラグーン~市内は約50分の所要時間。

ただし人気施設のため当日訪れて予約なしで入場することは難しく・・・最近は1ヶ月前でも予約が埋まってたりします!><

  • レンタカーで自分で訪れる場合はBLUE LAGOONサイトから入場チケットのみ予約
  • 車がない場合は入浴・送迎が含まれた現地ツアーを予約

このどちらかの方法で早めの事前予約をおすすめします !!

私たちはレンタカーを借りなかったので、現地ツアーで訪れました。

選んだのは「空港お迎え付き」のプラン。まず空港からバスでブルーラグーンに連れてってくれて、入浴後は市内(空港も可)まで送ってくれるという到着日に便利なスケジュールです。

空港近くというブルーラグーンの立地を考えると市内到着後の別日に出直すよりも効率的なんです☆

しかもツアーといっても自由度はかなり高くて空港⇒ブルーラグーンのバス時間だけ予約時に指定すれば、ブルーラグーンには開館中なら何時間滞在してもOK

入浴後ブルーラグーン⇒市内へ向かうバスは10:00~21:00の1時間置きに出ていて(夏季はさらに遅い時間の増便アリ)事前の時間指定なしで乗ることができます。

  • ブルーラグーンをプランに入れたい!
  • レンタカーは借りず空港~市内をバスで移動する予定。

そんな方ににぴったりのツアーです☆逆にレイキャビク出発日にブルーラグーンを組み込んだ市内⇒ブルーラグーン⇒空港(市内も可)というプランもあります。旅程に合わせて都合良いプランをチェックしてみてくださいね。

私たちのブルーラグーン訪問レポート

それでは私たちが実際にブルーラグーンに訪れた1日をレポートします!

この旅行の全体概要

  • 期間:2016年8月6日~8月15日
  • レイキャビク6泊+経由地ストックホルムとヘルシンキで1泊ずつ
  • 航空券+ホテルはエクスペディア / 現地ツアーはVELTRAで手配

日程・費用の詳細はこちら

※ブルーラグーンでは2017年に拡張工事が行われました。設備が記事内容と変わっている部分あるかと思われますがご了承ください><

ケプラヴィーク空港⇒ブルーラグーンへ移動

ケプラヴィーク空港

空港で到着口を出ると、目の前にツアー催行会社のカウンターがあります。予約時に印刷しておいたバウチャーを見せてチケットに引き換えてもらいます。

なお、このツアーの催行は現在Gray lineではなくReykjavik Excursionsになっているようです。カウンターはGray lineカウンター(写真)の右隣にあります。

ケプラヴィーク空港

カウンターで教えてもらった乗り場で、ツアーバスを待ちます。バスが来たら運転手さんにチケットを見せて乗り込みます。

アイスランドの空港~市内

雄大な景色を眺めながら揺られること20分。

アイスランドのブルー・ラグーン入り口

溶岩が広がる一帯に突然現れました!念願のブルーラグーンに到着です✨

ブルー・ラグーン入り口

入り口の看板前でバスを降ろされます。

この看板のそばにスーツケース預かり所がありました。80L以上のスーツケースは施設内のロッカーに入らないので、ここで預けてから向かわなければなりません。(2016年旅行時で1つ500ISK/約500円)

ブルーラグーン利用までの流れ

看板からエントランスまでは約5分。溶岩に囲まれた小道を歩いて向かいます。

ブルー・ラグーン入り口

ブルー・ラグーン入り口

建物に入って右手にはスキンケア用品やお土産を扱うショップがありました。レストランやクリニック、ホテルも併設されているそう。受付でチケットを見せると、ロッカーキー兼お財布がわりになるリストバンドをもらえました。

ヨーロッパの温泉は男女混合なので水着着用が義務付けられています。受付で水着はレンタルしないか聞かれましたが、レンタル料お高いので日本から持って行くほうが良いと思います。(タオル1枚はプランに入っています。)

ゲートでリストバンドをかざして、入場 !!

更衣室やシャワーの利用方法が日本のプールと若干異なるのでメモしておきますね。男女それぞれのロッカールームへ行き、空いているロッカーに荷物と脱いだ服を入れます。

扉を閉めてリストバンドをスキャンすると鍵がかかる仕組み。

リストバンドにはICチップが埋め込まれていて、同じリストバンドで再度スキャンすれば開きます。自分がどのロッカーに入れたか番号を覚えておきましょう!

鍵をかけたらバスタオルと水着を持ってシャワールームへ。シャワージェルが用意されているので身体を洗ってから水着を着用します。

ロッカールームに日本語の説明もあって助かりました☆温泉から出たあとも勿論シャワーしますが、更衣室を濡らさないため体はシャワールームで拭きます。そのためタオルは温泉まで持って行っておきましょう。プールサイドにタオルラックが設置されているので入浴中は掛けておけます☆

湯上り後のドライヤー&スキンケアスペースもありました!

露天風呂の写真

ではいよいよ温泉に入浴します。

ちなみにブルーラグーンでの撮影はOKでしたので、防水カメラ持ってると楽しいですよ

⇧使い捨てのカメラですが、これ持ってると他の観光客に沢山褒められました

イギリス人
水に浸かってるのに壊れないの?アメイジング!!
アメリカ人
さすがジャパニーズは便利な物持ってるね!

アイスランドのブルー・ラグーン

「ブルーラグーン」の名前通り、全景を見るとまるで青い湖。

ブルー・ラグーンを近くから

でも近くで見ると、透明度が低い乳白色でした。なので水中にリストバンドとか落としちゃうと見つけるの困難です!ご注意を。

ミネラル豊富な塩水で、舐めるとしょっぱかったです。あと髪が浸かるとパサパサになります!シャワー室にコンディショナーがあるので入浴前後につけておきましょう。髪の長い方はアップにするためヘアゴムもお忘れなく~~

アイスランドのブルー・ラグーン

温度はコンピューター制御で38度前後に調整されていますが、場所によって変わるため皆さん適温を求めてうろうろしています。私が訪れたのは夏場の天気良い日だったので長風呂するのにちょうど良い湯加減でした。熱すぎず、ぬるすぎず。冬はぬるく感じるかもしれませんね。お湯に入るまでが寒そうです><

水深は深い所で1.4m。私は身長150cm台なので油断してると顔が浸かっちゃうような危険箇所もありました 

アイスランドのブルー・ラグーン

溺れないよう早々に浮輪をGET。(温泉内でスタッフさんが配ってます) 無心でプカプカ浮いてる時間が最高でした!✨

ブルー・ラグーン内のバー

温泉の中にはバーがあり、お湯から出ることなく飲み物を買えます。お酒やペットボトルのドリンクなどが売られていてリストバンドで支払えました。

お湯からあがれば建物内にもお菓子などを購入できる休憩スペースがあります。

もう、何時間でもくつろげちゃいますね ✨✨

アイスランドのブルー・ラグーン

ところで… 温泉に入ってる人の顔が真っ白なのお気づきでしょうか?

実は温泉の片隅にシリカ泥を塗れるコーナーがあって、入浴客は自由に顔に塗ってパックすることが出来ます。

アイスランドのブルー・ラグーン

10分ほど放置してから温泉のお湯で洗い流すと…

わたし
何だかお肌すべすべになってる!

アンチエイジングや皮膚病に効果があるそうです☆ 他にもサウナや打たせ湯など、施設内をここぞと満喫しました。

ブルーラグーン⇒レイキャビク市内へ

施設内には合計で4時間ぐらい滞在!そろそろレイキャビク市内へ向かいます。

ブルー・ラグーン入り口

スーツケースを引き取って、最初に到着した看板の辺りで待っているとバスがやって来ました。帰りは時間指定不要なので、チケット見せて乗車すればOKです。

レイキャビク市内のバスターミナルまで所要約50分。そこで一度乗り換えがあり、宿泊ホテルによって各方面に向かうミニバスに振り分けられました。

滞在ホテルの真ん前で降ろしてもらえるためスーツケースを持っていても移動が楽でした♪ ※市の中心部のホテルに宿泊する場合はバスの乗り入れが出来ないので、ホテルではなく決められた停留所に降ろしてもらう形になります。

まとめ

ということで!アイスランド到着早々、思い切りくつろいだ1日でした✨

正直最初は7000円という超高額の入浴料に躊躇しました。でもやっぱり大自然の中に広がる露天風呂は行ってみる価値あり !!

溶岩に囲まれた周りの景色。開放感。淡い青色。

最高に幸せな時間でした✨

日本の温泉とはまた違った良さがあるアイスランドの温泉。おすすめです。

なお到着日にそのままブルーラグーンに行く方は、水着セットを手荷物に入れておくのをお忘れなく ←預け荷物は遅れて届く可能性もあるため

アイスランドに持って行きたいガイドブック


Recommend

Recommend ピックアップ記事