アイスランドの自然を満喫!氷河湖と滝をめぐるツアーに参加しました




こんにちは!

今回はアイスランド新婚旅行で
私たちが参加した氷河湖と滝を周るツアーの紹介です。

この旅行の全体概要

  • 期間:2016年8月6日~8月15日
  • レイキャビク6泊+経由地ストックホルムとヘルシンキで1泊ずつ
  • 航空券+ホテルはエクスペディア / 現地ツアーはVELTRAで手配

日程・費用の詳細はこちら

スポンサードリンク

現地発着ツアーを利用

アイスランド旅行の魅力は何と言っても雄大な大自然!

でも国内に電車が通っていないため、
自然スポットへ訪れる交通手段は限られます。

(長距離バスはありますが便数が少ないので旅行者向きではないんです‥)

レンタカーで周るのが便利ですが
私たちは車の運転に自信がなかったので、
レイキャビクを拠点に
日帰りツアーでちょこちょこ自然スポットを訪ねる
という方法を取りました。

ブルーラグーンゴールデンサークルなどの定番スポットを周り、旅も後半。

滞在5日目に参加したツアーがこちらです。

日本語予約できるオプショナルツアーサイトVELTRAから申し込みました。

ヨークルサウルロン氷河湖ツアーとは?

ヨークルサウルロンとは
アイスランド最大の氷河湖!

アイスランド最大の氷河湖

これまたアイスランド最大の氷河である
ヴァトナヨークトルの南端に位置し、
氷河から崩れ落ちた氷山や流氷が浮かんでいます。

今回参加したツアーは、
この氷河湖をボートでクルーズできるという
なんとも贅沢な内容✨

(※乗船は夏季のみ)

氷河湖までの道のりは
首都レイキャビクから約370km!

バスで片道約5時間の大移動です。

スコーガフォス

途中にはスコーガフォス、セリャラントスフォスという
有名な滝があり、この2カ所にも立ち寄ります。

セリャラントスフォス

1日の流れ

それでは、実際に私たちがツアーに参加した1日をレポートします!

ツアー開始までの流れ

このツアーはホテル送迎付き☆

Gray lineバス

バウチャー記載の時刻(この時は7:30でした)に
ホテルの前で待っていると白いミニバスがやって来て、
まずGray lineのバスターミナルまで連れてってくれます。

※市の中心部のホテルに宿泊する場合はバスの乗り入れが出来ないので、
ホテル前ではなく決められた停留所に発着します。

Gray lineターミナル

バスターミナルで一旦降りて、
カウンターにて予約時のバウチャーを見せてチェックイン。

Gray lineのバス

ツアー用の大型バスに乗り換えます。

設備と休憩について

車内でのWi-fi利用は可能です。

ツアーには色んな国からの観光客が参加していて
ガイドさんの説明は英語でした。

バス内は飲食禁止。
途中の休憩ポイントで各自軽食を取ることが出来ます。

片道2回ずつ休憩所に停まりました。

アイスランドバスツアー

アイスランドバスツアー休憩所

アイスランドバスツアー休憩所

お手洗いも車内にないので
出発ターミナルや休憩ポイントで済ませておきましょう。

各観光スポットにもありますが、
有料な場合が多いし
せっかくなら景色を見るのに時間費やすほうが良いと思うので

スコーガフォスの滝

2時間ほどで到着したのはスコーガフォスSkogafoss
幅25m、落差60mというダイナミックな滝です。

スコーガフォス

この距離でも水しぶきがかかるぐらいの水量にびっくり!

私たちは見られませんでしたが
虹の出現率が高いことで有名だそうです。

スコーガフォス

右側の丘には登ることができ、滝を上から見られます。

ツアーの場合滞在20~30分ほどなので、
上から見たい場合は到着後すぐに上り始めた方が良いかと!

各スポットでは基本的に自由行動。
到着時にガイドさんから出発の時間と場所が伝えられるので、
それまでにバスに戻ればOKです。

Gray line

⇧このように出発時間を書いた紙を貼っててくれる場合もあれば、
口頭で伝えるだけの場合も。ガイドさんによって様々です。

ここでは10:30の到着時にガイドさんが
30分後に出発します」と言ったのですが、
11時30分に出発します」と聞き違えた参加者がいて…

全員の出発が大幅に遅れてしまうというハプニングがありました!

このあと予定ではスカフタフェットル国立公園でお昼休憩だったんですが、
クルーズの時間に間に合わなくなるため短縮となってしまうのでした 

ヨークルサウルロン氷河湖

そんな訳でお腹空かせながら午後の部です。

南海岸をひたすらバスで進むと、
車窓左手に氷河が見えてきました!!

ヴァトナヨークル

山奥から溶け出した氷河が迫力満点。

ヨークルサウルロン氷河湖Jökulsárlónに到着する前に、
バスの席でボートツアーの開始時刻が振り分けられます。

氷河湖を周るボートにはバスの乗客全員は乗り切れないため、
1時間半の間で前半組・後半組に分かれて45分ずつ参加するんだそう。

私たちは前半の時間を言い渡されました。

水陸両用車

なので到着後はバス降りて早々、
この水陸両用車に乗り込みます!

氷河湖クルーズ

ライフジャケット着用したら出発!

氷河湖クルーズ

ボートのガイドさんが超絶美人すぎて
私も夫もしばらく釘付けでした…♡

わたし
はっ( ゚Д゚)
私たち氷河を見に来たんだった!

ボートからは氷山や流氷を間近に見ることが出来ます。

氷河湖クルーズ

曇り空にも負けない鮮やかな水色!

氷河湖クルーズ

この色が人工じゃなく自然の産物というのだから驚きです。

氷河湖クルーズ

氷河湖クルーズ

氷山の形は個性豊か!
波の浸食パワーを感じますね~~

氷河湖クルーズ

中には火山灰がまじっている氷河も。

氷河湖クルーズ

お皿に乗って出てきたのは、1000年前の氷を砕いたもの。

氷河湖クルーズ

参加者は氷塊を持ち上げてみたり、
食べてみたりも出来るんです!

氷河湖クルーズ

貴重な体験ができて楽しいツアーでした◎

ヨークルサウルロン氷河湖

下船後は自由時間。
氷河湖全体を見渡せる丘に登って過ごしました。

ヨークルサウルロン氷河湖

ヨークルサウルロン氷河湖

ボート乗船45分+自由時間45分

約1時間半の滞在を経て、
帰途につきます。

ヨークルサウルロン氷河湖

駐車場そばにはカフェもありました。

スカフタフェル・ビジターセンター

帰りに20分ほど休憩したのは
スカフタフェル国立公園 Vatnajokull National Park
のビジターセンター。

個人で訪れる旅行者は
こちらで氷河トレッキングやキャンプの申し込みが出来ます。

スカフタフェル・ビジターセンター

駐車場から少し歩くと
ここでも氷河を見れました!

スカフタフェル・ビジターセンター

小道の脇には苔が茂っています。

アイスランドの苔

ちなみに…
アイスランドの大地を覆っているこの苔。
ふかふか柔らかくて気持ち良いのですが、
デリケートで一度傷つくと回復に何十年もかかります。

罰金の可能性もあるので
苔をむしったり蹴ったりしないよう気をつけましょう!

ヴィークで夕食

氷河湖とレイキャビクの
ちょうど中間に位置する町・ヴィークVikで夕食。

食事代はツアー代に含まれませんが、
宿に戻るのは22時ぐらいになるため
この旅行ではじめて外食することにしました。

メニューを見ると、

  • ハンバーガーセット:2200ISK(円)
  • アイスランド産ラムステーキ:2500ISK(円)

…ごく普通のハンバーガーと変わらない値段でラムステーキが食べれるなんて!

わたし
さすが人口より羊が多いと言われる国
というよりハンバーガーが高すぎるのか・・

迷わずラムステーキを選びました。

アイスランドラム

涼しく広大な大地でのびのびと育っているためでしょうか、
アイスランドの羊は柔らかくて臭みが全然なくて、私が今まで食べたラム肉で一番の味でした!

バターでソテーされた付け合わせ野菜も美味しかったです。

セリャラントスフォスの滝

最後に立ち寄ったのはセリャラントスフォスSeljalandsfoss。
約30分の滞在です。

セリャラントスフォス

この滝は前から見るよりも…

セリャラントスフォス

このアングルのほうが有名なのではないでしょうか♪

セリャラントスフォス

そう。セリャラントスフォスは
滝壺の奥がくりぬいたような地形になっているため、
水流の裏側を歩けるのが特徴なんです。

セリャラントスフォス

地平線を背景に滝を眺めれるって珍しいですよね。

訪れた時間は夜20時。
おそらく曇ってなければ滝越しの夕日が見られるように
ツアー組んでくれてるんだと思います✨

まとめ

丸一日アイスランドの自然風景を満喫し、
レイキャビクの宿に戻りました。

朝7時半から夜22時過ぎまでという
みっちりスケジュールですが、
ホテル送迎が付いていたので思ったより疲れは感じませんでした。

アイスランドの醍醐味である大自然。

氷河も滝も期待以上の規模で、
言葉にならない絶景でした!

ヨークルサウルロン氷河湖

もちろんレンタカーで周るのも手段ですが、
ヨークルサウルロン氷河湖までは片道5時間という長距離なので、
運転が不安な方・車を利用しない方は
ツアーも選択肢に入れてみて良いかと思います。