2018年夏☆フィンエアーFinnairビジネスクラス搭乗記




こんにちは!なっつです。

2018年夏のヘルシンキ⇒関空のフライトにてビジネスクラスに乗る機会がありましたので、搭乗記を書きたいと思います。

日本とヨーロッパのヘルシンキを約9時間半で結ぶフィンエアー。

その「所要時間の短さ」が魅力の航空会社ですが、ビジネスクラスに乗ると

わたし
9時間半じゃ足りない!もっと乗ってたい!

近さを惜しく感じるぐらい幸せな時間でした

そんなフィンエアービジネスクラスの魅力が少しでも伝われば良いなと、
食事や座席周りの写真多めでお送ります☆

スポンサードリンク

いきさつ

今回ビジネスに乗れた理由は、インボランタリーアップグレードでした。

座席番号SBYって?オーバーブッキングでキャンセル待ちした話
座席番号SBYって?オーバーブッキングでキャンセル待ちした話
ベルギー旅行の帰りの飛行機フィンエアーでSBYというはじめて聞く座席表示!SBYの意味は?結局飛行機は乗れた?そんな体験記を書きました。

詳細は↑前回記事にしましたが、ざっとまとめるとエコノミー席を予約してたけどオーバーブッキングに遭ってしまい、でもビジネス席に空きが出て乗せてもらうことが出来たのです✨

無償でエコノミーがビジネスになったのは本当にラッキーでした!

サービス一覧

フィンエアー長距離路線のビジネスクラスにはこのようなサービスがあります。

  1. チェックイン、セキュリティおよび搭乗時の優先サービス
  2. ビジネスクラスラウンジ利用
  3. 手荷物3個まで(1個当たりの最大重量32kg)
  4. 1時間分の機内Wi-Fi
  5. 限定の無料の食事とワイン、各種軽食
  6. マリメッコのパーソナルアメニティキット
  7. フルフラットシート

参考 フィンエアー公式サイト

ただ今回の私は搭乗直前に決まったアップグレードなので、
1~3については恩恵受けれませんでした。

欲を言えばラウンジにも行ってみたかったけど、
そのぶん5~7のサービスを満喫したので下記でレポートしますね ♪

設備とアメニティ

機体はA350-900のヘルシンキ⇒関空行き。
入り口入ってすぐの座席で、CAさんが案内してくれました。

フィンエアービジネスクラスのフルフラットシート

わたし
まさか自分がこんな立派なシートに座れる日が来るとは…☆

座席シート

A350-900のビジネスエリアは1-2-1の4列配置で、
全ての席が通路沿いになっています。

出典 Finnair

ただ、シートは上の図のように通路を背に斜め配置&仕切りで区切られてるため、座ってしまえば通路を通る人はあまり気になりませんでした✨

フィンエアービジネスクラスのフルフラットシート

私は窓際じゃなく中央の並び席でしたが、
隣とは収納棚とサイドテーブルで仕切られています。

完全プライベート空間…とまではいかないけど、
それでも自分の思い通りにくつろげて居心地良かったです。

フィンエアービジネスクラスの足元

脚を十分に伸ばせて、収納スペースもたっぷり。
棚にはミネラルウォーター、雑誌、アメニティなどが用意されてました。

フィンエアービジネスクラスヘッドレスト

枕はエコノミーのものと比べ大きくふかふか!

座った状態で手の届く範囲に、ライトやリモコンが設置されてます。

フルフラットシートの座席はボタンひとつで調整可能。
まるでベッドみたいに水平に倒せます。

食事する時、映画見ながらくつろぐ時、がっつり眠る時。
シーンに応じて簡単に切り替えできました✨

フィンエアー機内ビジネスクラス

USBポートやコンセント(日本のプラグもOK)、イヤホンジャックも備えられてます。

BOSEのノイズキャンセリング付きヘッドホン。
耳へのフィット感良すぎて、つけたまま眠ってしまうという(笑)

写真左のサイドテーブルは
くつろぎ時に飲み物や眼鏡、本などを置いておくのに便利。

食事や仕事をする時はすぐ下に収納されてる折り畳みテーブルを広げます。

フィンエアー機内ビジネスクラス

タッチパネル式の個人モニタ。
トップページでフライト中のタイムテーブルが表示されて分かりやすいです

使わない時は壁に収納も出来ます。

フィンエアー機内ビジネスクラス

新しい映画やテレビ番組、音楽など充実!
ゲームは残念ながら入ってません ><

今回は利用しませんでしたが公式サイトによると
1時間の無料Wi-fiも利用できるようです

アメニティ

枕や薄掛け布団、スリッパの柄は
フィンランドが誇るテキスタイルブランドmarimekkoマリメッコ♡

フィンエアーマリメッコアメニティ

フィンエアーは2012年からマリメッコとコラボしてて、
アメニティや機内食アイテムにデザインが取り入れられてます。

中でも特にテンションあがったのは持ち帰りOKなフィンエアー限定ポーチ!

フィンエアーマリメッコアメニティ

歯ブラシ、耳栓、アイマスク、
そしてロクシタンのクリームやローションが入ってました。

靴下とかもリクエストするともらえるハズなので、
必要な物あれば聞いてみるのが良いと思います♪

フィンエアーマリメッコアメニティ

↑こちらは行きで利用したプレミアムエコノミーのポーチ。
ポーチの形状やコスメの有無が異なりますね。

ビジネスのポーチのほうがマチ付きでしっかりしていました

なお、2019年からアメニティのデザインが一新されたようで、
ポーチのデザインと内容は当記事と異なります。

出典 フィンエアー公式サイト

わたし
従来のデザインよりもシックで落ち着いた印象ですね☆

コスメもロクシタンではなくスウェーデンのブランドL:a Bruketになりましたので詳しくは公式サイトをどうぞ☆

機内食とサービス

担当してくれたCAさんは笑顔が優しいフィンランド人女性。

私達はビジネス料金を払った乗客でないにも関わらず、
ほんとうに親切丁寧な接客でした!

席に着いて一段落すると、
ウェルカムドリンク(ブルーベリージュースorシャンパン)を聞かれます。

フィンエアービジネスクラスのウェルカムドリンク

iittalaのグラス&キヴェットのペーパーナフキンにてサーブされたシャンパン♡

離陸して1時間ほど経つと、さっそく食事の時間になりました。

ドリンクメニュー

予め各席にメニューが用意されてて、
ドリンクメニューは英語・食事メニューは日本語の表記でした。

フィンエアービジネスクラスのワインリスト

まずビックリしたのはドリンクの種類の多さ!!

ワインリストを見ても赤白それぞれ5種類以上。
イタリアやドイツ、フランスなど、様々な産地から選べます。

ずっと飲んでみたかったアイスワインも初めて味わえました ♪

フィンエアービジネスクラスのカクテルメニュー

カクテルも数種あり、私は真ん中のDOUBLE BILBERRYをチョイス。

わたし
大好きなブルーベリージュースにブルーベリーリキュールとレモン…美味しくないワケがない♡

フィンエアービジネスクラスのカクテルとアミューズ

アミューズと一緒に✨

リキュールの味がしっかりするのに甘ったるくなくて、のどごし爽やか!!

期待以上の美味しさで おかわりしたかったけど、
ワインも飲みたいから1杯で我慢です(笑)

夕食メニュー

そして料理が順にやって来ます。

正直なところどれもこれも美味しすぎました

前菜もメインもデザートも、
盛り付けや味が高級レストランレベル・・・!

特にミートボールは肉々しく味もしっかりしていて、
我が人生のミートボール部門No.1でした。

って、一品ずつ私の感想つづってもキリがないので、、
サクサクっと写真だけ載せていきますね^^;

まず前菜は2種類から選べました。

フィンエアービジネスクラス機内食・前菜

ビーツと豚肉のリエット

フィンエアービジネスクラス機内食・前菜

or サーモンのマリネ

続いてメインは3種類から。

フィンエアービジネスクラス機内食メイン

ニジマスの燻製

フィンエアービジネスクラス機内食・メイン

or シェフのおすすめ(この日はミートボール)

もうひとつは、豚角煮でした。

デザートも3種から。

フィンエアービジネスクラス機内食アイス

フィンランド産オーガニックアイスクリーム

フィンエアービジネスクラス機内食ケーキ

プティフール

もうひとつは、チーズ盛り合わせでした。

後で知ったのですがデザートは必ずしも1つに絞らなくてもOKだったようで。

なんせビジネスに乗り慣れてない上に突如決まったアップグレード。
知らずに逃したサービスいっぱいあると思います(汗)

わたし
トイレ行かなかったので水周りのアメニティは試せてないし、機内のギャレーにスナックバーがあることも気づきませんでした。もったいないですよね。

フィンエアービジネスクラス紅茶

食後の紅茶またはコーヒー。マリメッコのカップが可愛いです ♪

添えられてるFazerのチョコに喜んでたら、担当のCAさんが

CA
Fazerチョコ好きなの?ちょっと待っててね。

フィンエアービジネスクラス食後のコーヒー

追加チョコ持って来てくれました!

わたし
こういう細かな気配り、嬉しいですね♡

他にもフライト中はいつでもドリンクやスナック、スイーツを注文できました。

朝食メニュー

朝食は、下記から希望を選べます。

フィンエアービジネスクラス機内食

  • 到着90分前に温かい朝食
  • 到着60分前に軽い朝食
  • 朝食は取らない

私はもちろん90分前からたっぷり頂きました♡

メニューは和と洋の2種類。

フィンエアービジネスクラス朝食

和食:サーモンの塩焼き、ごはん、みそ汁、フルーツなど

フィンエアービジネスクラス朝食

洋食:チーズ入りポテトパイと鶏肉、パン、スープなど

朝食を終えてしばらくすると着陸準備開始。
味も配膳のタイミングとかも、文句なしの機内食サービスでした!

メニューは時期や路線によって異なり、
公式ページから確認・予約が可能です。こちら

まとめ

ということで!
普段ビジネスクラスとは縁遠い私ですが、
今回は運よく夢のような時間を体験できました。

フィンエアーは以前から好きな航空会社で、エコノミーでも紙コップとかブランケットとかマリメッコだし、CAさん親切だし、フライト時間も9時間半と短め。

今までエコノミークラスでも十分満足していたので、
正直「ビジネスクラス利用」という選択肢はありませんでした。

そんな私でさえ、いざ乗ってみると

わたし
ビジネスってこんな美味しい料理が出てくるのか!!!足腰の楽さもいつもと全然違う!!

ビジネスならではの食事サービス・乗り心地に感動せざるを得ませんでした!

  • 「ヨーロッパに行きたいけど長時間の飛行機が辛い。」
  • 「機内食って美味しくないイメージ。」

そんな方は是非、
フィンエアー・ビジネスクラスでの旅行を検討してみてください

最初からビジネスを予約することは勿論、
下記のようにエコノミー予約後アップグレードする方法もあります。

私も今後フィンエアー利用する際
お得なアップグレードあれば申し込んでみようと思ってます

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事