フィンエアーのアップグレードで55分だけビジネスクラスに乗れた話




こんにちは!

アイスランド新婚旅行の帰り道。
レイキャビク出発後ストックホルムとヘルシンキを乗り継いで日本へ戻りました。

その道中で思いがけずビジネスクラスに乗れたので、
今回はその体験についてシェアしたいと思います

スポンサードリンク

ビジネスクラスにアップグレード!いきさつは?

帰りの旅程

アイスランドから日本へ。
私たちのフライトスケジュールはこんなかんじです。(発着時刻は2016年当時のもの)

帰りの旅程

  • 帰途1日目:
  • レイキャビク07:40発
  • ストックホルム12:25着
  • (ストックホルム泊)
  • 帰途2日目:
  • ストックホルム08:40発
  • ヘルシンキ10:35着
  • ヘルシンキ17:15発
  • 帰途3日目:
  • 関空08:35着

レイキャビク⇒ストックホルムはアイスランド航空利用、
ストックホルム⇒ヘルシンキ⇒関空はフィンエアーを利用します。

ケフラヴィーク国際空港

まずはレイキャビク=ケプラヴィーク空港で当日チェックイン。

カウンターにて確認したところ、この旅程だと日にちまたいで違う航空会社を2回乗り継ぐから、レイキャビク~日本までのフライト全てをまとめてチェックインすることは無理なんだそうです。

スタッフ
レイキャビクではストックホルムまでの航空券だけチェックインして、その先はストックホルムで手続きしてね。

スーツケースに関してもストックホルムにて一度ピックアップが必要で、
翌日フィンエアーに乗る時に預け直すよう案内されました。

ということで帰途1日目はひとまずストックホルムまで移動。
空港近くに建つホテルに宿泊しました!( 利用ホテル詳細)

ストックホルム空港近くグッド モーニング アーランダ

そして帰途2日目の朝。

ストックホルムアーランダ空港

ストックホルム=アーランダ空港で日本までのフライトをチェックインします。

自動チェックインの機械にEチケットの予約ナンバーとパスポート情報を入力すると、搭乗券がプリントされました。

まずストックホルム⇒ヘルシンキが印刷され、

続いてヘルシンキ⇒関空の搭乗券も出てきました。

…‥‥ん?

ストックホルム⇒ヘルシンキ便のチケット画像をもう一度。

わたし
・・・ビジネスクラス!?

チケットの右端に、なんとBUSINESS CLASSと印字されています!

わたし
まさか予約の時に間違えてビジネスを選んじゃってた…?

でも予約のEチケットには間違いなくエコノミーと記載されているし、先ほどのチェックイン機での操作を思い返しても座席クラスを選択するような場面はありませんでした。

これは…
噂に聞くアップグレードというやつでは??

アップグレードの理由を考えてみる

アップグレードとは細かく言うと「インボランタリー・アップグレード」

エコノミー席がオーバーブッキングで満席かつビジネス席に空きがある時に、
エコノミーの誰かに良い席へ移動してもらうというもの。

私たちはどうやらその誰かに選ばれた様です!

  • どの乗客がエコノミー席から移動するのか?
  • なぜ私たちがアップグレードされたのか??

選ぶ基準は航空会社にもよりますが、アップグレードの対象になりやすいとされる条件を私たちに当てはめて考えてみました。※あくまで私が聞いたことある噂です

わたし
ビジネス席にふさわしいちゃんとした服装なら声かかりやすいらしいよ!
いやどう見ても俺らビジネスな格好じゃないけど!?
わたし
新婚旅行者は配慮してくれるって聞いたこともあるよ。今回新婚旅行だからかな?

でも私たちみたいに自動チェックインでの発券だと仕事とか新婚旅行なんて分からないし、これらの理由は当てはまりません。

わたし
上級のマイレージ会員は優先されるらしいけど・・・
2人とも無料のマイレージカードしか持ってないし・・・

あと考えられる理由としては

  • 出発の2時間半前という早い時間に発券した
  • ストックホルム⇒ヘルシンキだけでなくヘルシンキ⇒大阪までフィンエアーを予約してた

長距離区間フィンエアーを利用するから、機械が優先してくれたのかも!? と勝手に推測しています。

真相は分からずじまいですが、とにかく私たち、人生初のビジネスクラスです!✨

乗ってみた感想

フィンエアーの場合、日本の都市~ヘルシンキのような長距離路線のビジネスクラスにはこんなサービスがあります!

  • 1時間分の機内Wi-Fi
  • チェックイン、セキュリティおよび搭乗時の優先サービス
  • ビジネスクラスラウンジ利用
  • 手荷物3個(1個当たりの最大重量23kg)
  • 限定の無料の食事とワイン、各種軽食
  • マリメッコのパーソナルアメニティキット
  • ビジネスクラスのフルフラットシート

参考 フィンエアー公式サイト

ただ、今回私たちが乗ったのはストックホルム~ヘルシンキという短距離路線なので、上記とは異なるサービス内容です。

フィンエアー短距離路線のビジネスクラス

フィンエアー短距離路線のビジネスクラス

まず、機内の座席はエコノミー席と変わらない普通のシートでした。

出典 フィンエアー公式サイト

また、フィンエアーのビジネスクラスはマリメッコポーチがもらえるのが有名ですが、残念ながら短距離路線はアメニティサービス自体ありません。

なので機内の快適度でいうと正直エコノミーと大きな違いは感じませんでした。

わたし
もともと55分だけですしね。エコノミー席でも苦じゃない距離です。

それでもビジネス航空券ならではの良い点もありました!

私たち夫婦が体験したメリット5つを挙げてみます☆

メリット①預け荷物超過分が32kgまで無料に!

フィンエアーのエコノミークラスでは23kgを超えると超過手荷物料金を払わなければいけないのですが、ビジネスクラスの場合は32kgまで追加料金がかかりません☆

今回私のスーツケース重量はレイキャビク出発時は20kgほどだったのに、
ストックホルムの町で買い物したためうっかり24kgになってしまってました。

もし今回エコノミーのままだったら、思わぬ出費がかかるところでした!
幸運にもアップグレードに救われたという訳です✨

メリット②ビュッフェ付きのラウンジが利用できた

ストックホルム=アーランダ空港では、
ビジネスクラスの乗客はラウンジを利用することが出来ます。

ラウンジ情報は搭乗券(左下)に記載されてました☆
第2ターミナルの手荷物検査後、Himmel&Havというレストランの奥に行くと入れます。

入り口で搭乗券とパスポートを提示

内部は北欧らしくお洒落で広々。快適な空間です。

リクライニングチェアや一人掛けソファ、カウンターチェアなどが並び、皆さん仮眠をとったりパソコン仕事をしたり食事をしたりして思い思いの時間を過ごしていました。Wi-fiも使えます。

ラウンジ内には軽食ビュッフェもありました。
アルコールの提供は11:00以降でしたが、コーヒーやジュースがお替りできるドリンクバー、パンやハム、サラダなどの軽食、クッキーなどのお菓子が並んでました!

  • Aurora Lounge
  • ストックホルム=アーランダ空港
    第2ターミナル セキュリティチェック後
  • 月~金 05:15–21:00
  • 土 05:30–20:30
  • 日 05:30–21:00
  • 最新情報は空港サイトをご確認下さい

メリット③優先搭乗できた

ビジネスの乗客はセキュリティチェックや搭乗時、優先的に進めます。

いつもは当たり前に並んでる長い列ですが、
これが無くなると飛行機移動での疲れが全然違いました!

エコノミーの列を横目にさくさくっと進む私たち…
テーマパークのファストパスのような感覚です✨

さらにヘルシンキから関空へ向かう便でも、席や食事に関してはエコノミーのサービスなのですが、搭乗券に「PRIORITY SECURITY(優先)」の記載。

普通のエコノミーチケットの乗客より早くに搭乗できました☆

メリット④マリメッコ食器の軽食

55分だけのフライトにも関わらず、
機内ではビジネス客用の軽食を出してくれました!

この時のメニューはサーモンと野菜のマリネ。
あっさりしてるのでラウンジで軽食食べたあとでもペロッと食べれちゃいます♪

フィンエアー短距離路線のビジネスクラス機内食もマリメッコの食器

しかも食器がマリメッコ♡

わたし
マリメッコ食器での食事、憧れだったから嬉しい!

うしろに写ってるのはフィンエアー特製のブルーベリージュース。
サッパリ美味しくておすすめです。

メリット⑤降りる時もスムーズ

飛行機って着陸してベルト着用サインが消えたあと、
エコノミーの列が進み始めるまでに時間かかりますよね。

立ち上がって荷物用意したものの全然列が進まなくてソワソワしたり、結局もう1回座ってみたり、飛行機乗るとよくある経験です 

でも今回はビジネス席の1番前だったので、
飛行機の扉が開くと1番最初に降りることが出来ました!

小さい飛行機だから窓からボーディング・ブリッジを接続する様子も見えました☆

ヘルシンキに10:35に到着したあと17:15の出発まで乗り継ぎ時間は6時間。
「6時間で市内に出るか空港で過ごすか」を到着間際まで悩んでいたのですが、
スムーズに飛行機を降りれたのが決め手となり市内観光に踏み切れました!

ヘルシンキ

ヘルシンキ市内への移動方法は過去記事にて◎

ヨーロッパ旅行が近くに感じる!フィンエアー5つのおすすめポイント
ヨーロッパ旅行が近くに感じる!フィンエアー5つのおすすめポイント
私が旅行でよく利用しているフィンエアー。おすすめの理由を書きました。市内からの移動や空港、機内食の写真も。

まとめ

以上、私たちの「初めてのビジネスクラス体験記」でした!

長距離路線のビジネスみたいに豪華な食事、快適なフラットシートはありませんが、それでもいつもより少し特別な時間を過ごせたことは間違いないです。

離陸前のコックピットが席から見えたり、
CAさんがスタンバイしてる場所と近いので度々話しかけてくれたり♡

CAさん
ショート・ビジネス・フライトだったわね!でも楽しめたみたいで何より!

私たちは運よくアップグレードに選ばれましたが、フィンエアーではエコノミー席の予約後に自分からアップグレードを申し込む方法もいくつかあります。

今回で短距離ながらビジネスの魅力に触れることが出来たので、
次回フィンエアーに乗る時は長距離路線のアップグレードに
挑戦するのも良いなと企んでおります

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 

※旅行記は筆者の訪問時と記事公開時の情報をもとに記述しているため、
今後変更になる可能性がございます。

 

スポンサードリンク

Recommend

Recommend ピックアップ記事