『かもめ食堂』をめぐるヘルシンキ旅行♪映画に出てきた6つのロケ地

かもめ食堂ロケ地めぐり

こんにちは!

今回はヘルシンキで、映画『かもめ食堂』のロケ地をめぐります。

スウェーデンの『魔女の宅急便』めぐりといい、
どうやら私、ロケ地やゆかりの地に訪れることが好きみたいです♡

『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
『魔女の宅急便』のモデルになった街!ストックホルムとヴィスビー
スウェーデンの首都ストックホルム【ガムラスタン】とゴットランド島【ヴィスビー】。ジブリ映画『魔女の宅急便』のような景色を探してカメラ散歩しました。

わたし

そう、ただのミーハーです。

この旅行の全体概要

  • 母と叔母と私の女3人旅行。
    平均年齢50歳につき、体力的に無理のないゆったりした日程。
  • 旅行時期は2013年8月末~9月初旬
  • 9泊11日でデンマーク・スウェーデン・フィンランドを訪問。
    フィンランドからはエストニアのタリンにも日帰り。
  • フィンエアー利用(コペンハーゲンINヘルシンキOUT)

全体の日程や費用はこちら

ヘルシンキでの宿泊ホテルはこちら

スポンサードリンク

ヘルシンキの魅力がいっぱい!『かもめ食堂』

『かもめ食堂』はオールフィンランドロケの邦画。

ヘルシンキで食堂を営む日本人女性・サチエさんと、
そこに集まってくる人達との交流が描かれています。

くすっと笑えて、ほっこりして、お腹がすくお話。

ヘルシンキの魅力がたっぷり詰まった素敵な作品なので、
フィンランドを訪れる方、訪れた方には是非見て頂きたいです☆

郊外には、DVDジャケットにもなっている
ヌークシオ国立公園 があります。

かもめ食堂の常連客、トンミヒルトネン風に言うと

「森が、あります。」

キノコ狩りのシーンにも出ていた森なのですが、
ここだけはまだ行けていません。

その他のロケ地は全てヘルシンキの中心地から
気軽に訪れやすいので、すべて周ることが出来ました♪

ロケ地はトラム2番線+3番線で周りやすい

市内にあるロケ地はこちら。

かもめロケ地めぐり

緑の線はトラム2番線+3番線というヘルシンキのメイン路線。

2番線と3番線は繋がっていて、
途中切り替わりながら8の字に巡回してます。

ロケ地の最寄り停留所は偶然にも全てこの路線沿いにあるので、
トラムをマスターすれば周りやすいです。

1日乗り放題券・デイチケット
まとめて周ってみるのも楽しそうですね。

各スポットを紹介していきます!

①「カハヴィラ・スオミ」改め「ラヴィントラかもめ」

カハヴィラ・スオミ

まずは物語の舞台、かもめ食堂。

カハヴィラ・スオミ

窓際のトンミ席は、人気なのかいつ訪れても先客がいます。

私たちはお店の真ん中あたり、
映画に出てくるお客さんでいうと
フィンランドのおばちゃん3人組の辺りに着席。

おばちゃん達と同じシナモンロール&コーヒーを頂きました 

カハヴィラ・スオミ

私たちが訪れた時は写真のような
映画よりも少しごちゃっとした印象でしたが、
2016年春にリニューアルオープンしました。

内装はより映画に近いシンプルな雰囲気に変わり、
店名もラヴィントラかもめ(日本語で「かもめ食堂」)になったそうです。

かもめ食堂の場所はこちら。

トラムを降りて歩いていると、何組も日本人を見かけました。

かもめ食堂の前の道

サウナ帰りのシーンを再現する母たち。
お店まわりの静かな雰囲気が映画のままでした☆

②「カフェ・ウルスラ」 Cafe Ursula

私個人的に1番お気に入りなロケ地はコチラ。

海に面して建つ「カフェ・ウルスラ」です。

カフェ・ウルスラ

みんなでビールを飲んで休日を過ごすシーンで登場しました。

映画の画像は使用できないため、ミーハー女たちの再現でご容赦くださいませ。。

かもめ食堂に比べると観光地化されていなくて、日本人も少ないです。

地元の人たちがお茶や読書したり、お酒飲んでくつろいだり。
海を眺めながらのんびりできます。

カフェ・ウルスラで小エビのスモーブロー

…いえ、ゆっくりではなかったです。

デンマーク名物スモーブローをフィンランドでも注文したのですが…
この後エビにどんどん蜂が集まってきて大変でした‼

格闘しながら食べること10分。

テラスでエビを食べる時は要注意です~~!><

カフェ・ウルスラから

映画のように日光浴も素敵ですが、
「カフェ・ウルスラ」にはぜひ夕暮れ時にも訪れて頂きたいです。

ヘルシンキの夕暮れ

ヘルシンキの南端に位置するこのカフェ。

お天気良い日はとってもキレイなサンセットが見られます。

カフェの前にある石塀。
マサコさんがカモメに餌をやっていた場所かと!

カフェ・ウルスラ

  • DATA
  • トラム2+3番線または1番線 OlympialaituriかKaivopuisto下車
  • 月・火曜 9:00~21:00
  • 水~土曜 9:00~22:00
  • 日曜 9:00~20:00
  • 詳細はサイトをご確認ください。

自然に囲まれた場所にあるカフェ・ウルスラ。
トラムの停留所からへココへ向かう道中も良い感じです。

せっかくなのでおすすめの2つのルートをご紹介しますね☆

Ehrenströmintie通りを通る海岸ルート

ヘルシンキ海岸の道

Olympialaituriでトラムを降りて南へ進むと、ひたすら海沿いに遊歩道が続きます。
カフェはその途中に見えてきます。

エテラ港

写真を撮り忘れたのですが、
カフェからさらに海岸に沿って西へ進むと
海辺に並ぶ洗濯場があるMerikatu通りに出ます。

ミドリさんが地元男性と(勝手に)自転車競走していた場所です

Iso Puistotie通り。 カイヴォプイスト公園を縦断するルート

ヘルシンキの教会

Kaivopuistoでトラムを降りると、そばに教会が見えます。

カイヴォプイスト公園

南側には広い公園が広がり、この道の先にカフェ・ウルスラが建っています。

カイヴォプイスト公園

緑が広がっていて、犬の散歩や家族でのんびり過ごす人々がいました。

③「カフェ・アアルト」とエスプラナーディ通り

カフェの流れでもう1軒!

フィンランドを代表するアルヴァ・アアルト建築のアカデミア書店です。

アカデミア書店

この2階にあるのが「カフェ・アアルト」

カフェ・アアルトとエスプラナーディ通り

映画を見た方はご存知の
サチエさんとミドリさんがはじめて出会った場所です!

店内も店員さんもスタイリッシュでとってもお洒落。

この空間で『ガッチャマンの歌』ハモってる日本人がいたら
そりゃ注目の的です(笑)

カフェ・アアルト

ここは全体的に良いお値段でしたが、
ブルーベリータルトが甘くて美味しかったです。

  • DATA
  • アカデミア書店内 Pohjoisesplanadi 3900100,Helsinki
  • トラム3番線他 Ylioppilastalo下車
  • 月~金曜 09:00~21:00
  • 土曜 09:00~19:00
  • 日曜 11:00~18:00
  • 詳細はサイトをご確認ください。

このアカデミア書店が位置するのは、エスプラナーディ通り

「♪誰だ、誰だ、誰だ~~~」

と、サチエさんが口ずさみながら歩いていた道です☆

エスプラナーディ通り

細長い公園沿いにフィンランドの有名店が軒を連ねています。
マサコさんが服を調達しに訪れたマリメッコもありますよ~~

④エテラ港

エテラ港

「私の荷物、まだ届かないかしら」

マサコさんが何度も何度も電話していた港。

今回の私たちの旅は、はからずもロストバッゲージに
遭うところまで映画に倣ってしまいました><

フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
フィンエアーでロストバゲージ改めディレイドバゲージした話
コペンハーゲンの空港で荷物が届かないというトラブル発生!対応方法や反省点をまとめています。フィンエアー利用。

エテラ港のかもめ

物語の冒頭や合間あいまに出てくるエテラ港の風景。

フィンランドのカモメは本当にデカいです。

⑤ハカニエミ・マーケット Hakaniemen Halli

ハカニエミ・マーケット

サチエさんが買い出しに訪れていたハカニエミマーケット。

ハカニエミ・マーケット

野菜やキノコ、ベリーのお店などで賑わっています。

ここで買ったブルーベリーが美味しかったです。
新鮮で甘くて、スーパーで買ったものとは全然違いました♡

ハカニエミ・マーケットホール

屋内に入ると生鮮食品やパンを売るお店が並びます。

ミドリさんがトナカイ肉を購入していたお肉屋さんもありました!

  • ハカニエミマーケットDATA
  • Hämeentie 1a, 00530 Helsinki
  • トラム3番線他、地下鉄 Hakaniemi下車
  • 月~金曜 08:00~18:00
  • 土曜 8:00~16:00
  • 日曜休
  • 詳細はサイトをご確認ください。

ハカニエミは中心部から少し距離があるので
地下鉄かトラムで訪れるのがおすすめです。

ミドリさん初登場シーンのように 

⑥ウヨンカツの公共プール

サチエさんの通うスイミングプールも
ヘルシンキ駅の近くにあって、実際に泳ぐことが出来ます!

ウヨンカツスイミングセンター

水着を持ってきていなかったので中には入らず。

わたし

地元の皆さんは割と裸で泳いでるらしいですが。。

映画でもレトロな内装が印象的でしたが、それもそのはず。

なんとフィンランド最古のプールだそうです。

私はここでのラストシーンが大好きです♡

まとめ

以上、ミーハー女達による
『かもめ食堂』6つのロケ地めぐりでした!

今回訪れたロケ地はもちろんなんですが、
ヘルシンキという町の空気感が映画のままでした。

首都とは思えないぐらいゆったりした時間が流れてて、
雑音少なく、素朴でシンプルなかんじ。

映画の登場人物たちが
この町に惹かれて集まってくるのも納得です☆

ヌークシオ国立公園でハイキング!現地発着ツアーはこちら☆

『かもめ食堂』出演の片桐はいりさんが
撮影裏話やフィンランドの魅力を綴っています。
映画同様、くすっと笑えて面白い内容です!