羽田⇒フランクフルトANA深夜便エコノミークラス搭乗記☆2017




こんにちは!

今回からは2017年末の夫婦旅行記を書きたいと思います♪

いつも私の旅行ブログでは最初に費用や日程などをまとめた記事()を書いているのですが、今回はナシで!いきなり出発します。

なぜならば今回の旅行は…

  • ダブリン市内3泊
  • マンチェスター1泊
  • イギリス湖水地方1泊
  • アイスランド2泊
  • ダブリン空港近く2泊

っていう変な旅程だったからです(笑)

元々冬休みでアイルランドに行くことは決めていたのですが、

わたし
アイスランドにも足を伸ばして年越し花火を見に行きたい!
じゃあイギリスでマンチェスターユナイテッドの試合も見たい!
わたし
マンチェスター行くなら湖水地方のB&Bにも泊まってみたい!

お互いの希望をどんどん追加していった結果、この様なまとまりない日程になってしまいました。。

おそらくこの旅程の費用総額や行動ルートは公開してもあんまり役立たないと思うので、省くことにしました^^;

かわりに各所での食・移動・観光などの情報を小分けに細かく書いていきますね!

ということで、アイルランド夫婦旅行1回目の今回は
羽田⇒フランクフルトANA深夜便の搭乗記です。

スポンサードリンク

ANA深夜便でヨーロッパへ

アイルランド~日本は直行便がないので、
ヨーロッパや中東などで乗り換えて向かいます。

私たちはANAの深夜便(羽田ーフランクフルト)を利用しました。

フライト予定はこんなかんじ⇩

    • 伊丹 20:20発
    • 羽田 21:35着
    • 羽田 翌00:50発
    • フランクフルト 6:00着
    • フランクフルト 10:25発
    • ダブリン 11:25着

仕事が終わったあと夜のうちに移動することで、ヨーロッパの日本から直行便がない都市にも連休初日の午前到着が可能となります☆

航空券はエクスペディアで往復予約。
「航空券+ホテル割」という割引があって、
ホテルも予約するならエクスペディアがお得です!

NH203便の機内レポート

まずは伊丹から国内線で夜の羽田へ。

シャトルバスでターミナルを移動して、
フランクフルト行きNH203便に搭乗します。

NH203機内について

機体はB777-300の全264席タイプ。

出典ANA公式サイト

エコノミーエリアは3席+4席+3席。

かなり詰め込み配置ですが
幸いお隣が空席だったのでゆったり座ることが出来ました。

年末旅行ということで満席を覚悟していたのですが、
12/25の夜(搭乗は12/26の00時台)はまだ出国ラッシュが始まっていなくて
空席が目立ちます。狙い目かもしれません☆

ANAなのでもちろん日本人CAさんが多くて、
細かい要望を伝えやすいのも良かったです。

座席

座席にはあらかじめイヤホン、ブランケット、枕がセッティング。
アメニティはありませんでした。

座席はシートを倒さずリクライニングできる
Fixed Back Shellスタイルが採用されていて
うしろを気にすることなくリクライニングが可能です。

薄型のシートは前後間隔が約86cmと広々。
私は身長150cm台なので足元の広さ狭さはあまり気にならないのですが、
180cmの夫はゆったり足を伸ばせることに喜んでました*

座席ごとにタッチパネル式液晶モニタが設置。
コントローラーもついてます。

あとUSBポートもありました☆充電に便利ですね。

以前B787便に乗った時は有料のWi-fiサービスがあって驚いたのですが、
今回はB777の機材なので取り入れられてませんでした。

機内食

離陸後1時間ほどで、軽食とペットボトルの水が配られました。

ANA深夜便の機内食は離陸後の軽食+到着前の朝食のみ。

てっきりボリューミーな機内食が出てくると思ってたので、配られた時には愕然としてしまいました。

まさかこれだけ…?
わたし
機内食を期待して晩ごはん食べずに乗ってしまった…

深夜便NH203に乗る方!!
軽くでも夕食たべてからの搭乗をおすすめしますよ~!(>o<)

そのあと間もなく暖色系の灯りに。
8時間ほどぐっすり眠りました。

日中の移動と比べて眠りやすいのが深夜便の魅力。
ここでよく寝ておけば現地での時差ボケも少ないです☆

朝です。到着2時間前に朝食。

ドリンクメニューはこちら

野菜だしスープなどもあり充実してます☆

朝食を終えてしばらくすると着陸準備。
定刻通り、朝6時にフランクフルトに到着しました!

感想

はじめて乗ったNH203便。

機内食は少なめだし
シートは3+4+3だし(満席だったら結構しんどいですよね;;)、
設備・サービス的に快適という訳ではありませんでしたが・・・

この便はとにかく時間帯が最高なのです!

  • 羽田 00:50発
  • フランクフルト 6:00着

朝6時に到着するのでフランクフルトが目的地ならそのまま電車で市内へ行くことが可能。

乗り換えて他の都市に行く場合の接続も良いです。(私たちもこの後乗り換えて、ダブリンには午前中に到着できました。)

日本からヨーロッパ方面に向かう夜便の中でも
一段と遅い00:50出発

23時前までに羽田に行ければ良いので、
仕事後に出発するという方も利用しやすいと思います

なお、予約の際は日にち間違いにお気をつけくださいね! 例えば26日00:50に出発したい場合は25日の夜に空港に行くことになるのでご注意を。

ドイツに持って行きたいガイドブック

アイルランドでお世話になったガイドブック

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です