アイスランド新婚旅行の日程・費用・旅行記まとめ

スポンサードリンク


アイスランド旅行スケジュール

こんにちは!

2016年8月に
新婚旅行でアイスランドを旅行しました。

日程、費用、感想、宿泊ホテルをまとめます。

持ち物準備編はこちら

アイスランド旅行の準備録♪夏場の服装は?両替は?ガイドブックは?
アイスランド旅行の準備録♪夏場の服装は?両替は?ガイドブックは?
2016年夏にアイスランドを1週間旅行しました。服装・持ち物・両替・ガイドブック・持って行って良かった物など旅行の荷造り、準備の記録です。

今回も長めの記事になってしまったので
下記の目次をご活用くださいませ

スポンサードリンク

旅行概要

2016年8月6日(土)~15日(月)で8泊10日の日程。

アイスランドには6泊。
乗り換え地であるヘルシンキやストックホルムにも宿泊しながら移動したため、
行き帰りに2日ずつかかって全10日の旅程となりました。
もっと接続良い便を利用すれば8日で6泊も可能です!

わたし
私たちはアイスランド以外にも寄りたかったので
乗り換え時間の長いフライトを選んでみました!

航空券とホテルはエクスペディアで予約。
両方予約することで「航空+ホテル割」が適用されてお得です。

アイスランドでは首都レイキャビクに宿泊して
ちょこちょこ現地ツアーに参加しました。

アイスランド旅行スケジュール

(番号が訪れた順番。各所での日程は後述します。)

人口約33万人の島国アイスランド。

見どころは何といっても雄大な自然!ですよね。

グルフォスの滝

でも国内は電車が通っておらず
各スポットへのアクセスに悩むところ。

長距離バスはあるものの頻度がかなり少ないので、
観光客の移動方法は下記3択が基本です。

  • 目的地まで国内線飛行機+レンタカー
  • レンタカーで周遊
  • 現地ツアーに参加

普段から運転に慣れていない私たちにとっては
現地発着ツアーに参加が無難な選択でした☆

現地ツア-はこちらのサイトで探しました

日程と旅費のまとめ

予約時にかかった費用

まずは予約段階での費用です。

予約時の費用

  • 1人当たりの航空券代 / フィンエアーとアイスランド航空利用
    (関空→ヘルシンキ→レイキャビク→ストックホルム→ヘルシンキ→関空)
    :約220,000円
  • 1人当たりのホテル代
    (ヘルシンキ1泊5,000円+レイキャビク6泊30,000円+ストックホルム1泊5,000円)
    :約40,000円

現地ツアーも出発前に予約してますが、
その費用は以下で日ごとのスケジュールと共に記載します。

それでは1日目からスタートです

  • ※費用は2016年旅行時の価格。お土産・買い物代は省いています
  • €1=132円で計算しました
  • ※アイスランド通貨は1ISK=約1円なので円表記省略します

1日目:日本⇒ヘルシンキ

フィンエアー

  • 関空 ⇒ ヘルシンキ
  • レイキャビク便は翌朝のためヘルシンキ空港近くのホテル泊
  • ホテルから歩いて行けるショッピングセンターjumboで21時まで過ごす

以前の旅行で訪れた際のjumboレポート

サウナもスーパーも☆ヘルシンキ乗り継ぎ時間はユンボに行ってみて♪
サウナもスーパーも☆ヘルシンキ乗り継ぎ時間はユンボに行ってみて♪
ヘルシンキ・ヴァンター空港近くにあるショッピングセンターJumboユンボに行った時の話です。フィンランドブランドのお店やスーパーで買い物が出来て、プールやサウナもあるのでフィンエアー利用の乗り換え時間におすすめ!

この日の出費

  • 空港→ホテルはシャトルバス利用のため0円!
  • jumbo隣接の屋内プール・サウナ利用料€24(約3,200円)
  • jumbo内でハンバーガーセットの夕食€8(約1,000円)

2日目:ヘルシンキ⇒レイキャビク

ブルーラグーン

  • 午前中ヘルシンキ⇒レイキャビク(ケプラヴィーク空港)
  • 午後から空港⇒露天風呂ブルーラグーン⇒夕方市内の宿泊ホテルへ
  • 夕食は日本から持参の食料
日本⇒レイキャビクへ!フィンエアー&アイスランド航空搭乗記☆
日本⇒レイキャビクへ!フィンエアー&アイスランド航空搭乗記☆
関空発ヘルシンキ乗換えでレイキャビクに行きました。フィンエアーとアイスランド航空の機内と乗り換えの流れを記録します。
世界一広い露天風呂!アイスランドのブルーラグーンに行ってみました
世界一広い露天風呂!アイスランドのブルーラグーンに行ってみました
アイスランドのブルーラグーンに行きました。ケプラヴィーク空港に到着後、バスでブルーラグーンに立ち寄ってからレイキャビク市内のホテルに送り届けてくれるという便利な現地ツアーに参加☆

この日の出費

  • 空港~市内バス代(ブルーラグーン立ち寄り・入浴料込):14,000ISK
  • 入浴中のスーツケース預け料:500ISK

3日目:レイキャビク観光

ハットルグリムス教会

  • レイキャビク観光(ハットルグリムス教会、ハルパ、チョルトニン湖など)
アイスランド旅行の朝食はこれで決まり!名物スキールにハマりました
アイスランド旅行の朝食はこれで決まり!名物スキールにハマりました
アイスランド旅行中にハマり、朝食に毎日食べた乳製品スキール。その感想と魅力をお伝えします♪
カラフルでコンパクト♪アイスランドの首都レイキャビクを観光
カラフルでコンパクト♪アイスランドの首都レイキャビクを観光
アイスランドの首都レイキャビク。コンパクトな町なので歩いて観光しやすいです。訪れたスポットをレポートします。

この日の出費

  • 朝食にパンとアイスランド名物スキール:400ISK
  • ハットルグリムスの時計台入場料:900ISK
  • 昼食にレイキャビクで人気のホットドッグ:400ISK
  • 夕食は日本から持参の食料

4日目:ゴールデンサークル観光ツアー参加

間欠泉

  • ゴールデンサークル(間欠泉、地球の割れ目・ギャウ、グルフォスの滝など)を周る
    日帰りツアーに参加
アイスランドの自然絶景が凝縮☆ゴールデンサークルツアーがおすすめ
アイスランドの自然絶景が凝縮☆ゴールデンサークルツアーがおすすめ
アイスランドの自然スポットをめぐるならゴールデンサークル!レイキャビク発着の現地ツアーに参加した1日をレポートします。シンクヴェトリル国立公園にあるギャウ、天然噴水ゲイシール(ストロックル)間欠泉、グトルフォスの滝、スカルホルトの教会など。

この日の出費

  • 朝食・昼食は買いだめしたパン2つとスキール:700ISK
  • ゴールデンサークル(ホテル送迎付き)ツアー料金:9,000ISK
  • 夜は日本から持参の食料

5日目:スナイフェルスネス半島観光ツアー参加

スナイフェルスネス半島

  • 西部のスナイフェルスネス半島を周る日帰りツアーに参加
アイスランド・スナイフェルスネス半島へ!日帰りツアーの感想☆
アイスランド・スナイフェルスネス半島へ!日帰りツアーの感想☆
アイスランド・スナイフェルスヨークトル国立公園へ。レイキャビクから日帰りで訪れるGraylineの観光ツアーに参加しました。ヴァッツヘトリル洞窟、デューパロンサンドゥル・ビーチ、グルンダルフィヨルズルなど。

この日の出費

  • スナイフェルスネス半島(ホテル送迎付き)ツアー料金:直前特価で12,000ISK
  • カフェのホットチョコレート:700ISK
  • 朝食・昼食は買いだめしたパンとスキール:500ISK
  • 夕食は日本から持参の食料

6日目:ヨークルサウルロン氷河湖観光ツアー参加

ヨークルサウルロン氷河湖

  • 南部の滝2カ所(セルヤランズフォス&スコーガフォス)
    ヨークルサウルロン氷河湖を観光する日帰りツアーに参加
アイスランドの自然を満喫!氷河湖と滝をめぐるツアーに参加しました
アイスランドの自然を満喫!氷河湖と滝をめぐるツアーに参加しました
アイスランドの南海岸をめぐるツアーに参加した1日をレポートします。ヴァトナヨークトルの最南端のヨークルスアゥルロゥン氷河湖をクルーズ、スコーガフォス、セリャラントスフォスという2つの滝など大自然を満喫!

この日の出費

  • ヨークルサウルロン氷河湖(ホテル送迎付き)ツアー料金:25,000ISK
  • バスの休憩スポットで朝兼昼食のパンとコーヒー:600ISK
  • バスの休憩スポットでラム肉のグリル:2,500ISK

7日目:レイキャビクで結婚指輪探し

レイキャビク

  • レイキャビクでショッピング
  • 新婚旅行らしくお土産と結婚指輪を探す日にしました
レイキャビクでお手頃なレストラン探し☆私が訪れたおすすめ店を紹介
レイキャビクでお手頃なレストラン探し☆私が訪れたおすすめ店を紹介
アイスランド新婚旅行。レイキャビクで訪れたレストランと食べた物をまとめます。物価の高い国ですが、その中では比較的気軽に食べれて美味しかった3店です☆

この日の出費

  • カフェでスキールケーキと紅茶:1,500ISK
  • 魚料理のワンプレートランチ:2,100ISK
  • カフェでコーヒー:500ISK
  • 夕食はエビのグリルと手長エビのスープ:2,500ISK

8日目:レイキャビク⇒ストックホルム

ガムラスタン

  • 午前レイキャビク⇒ストックホルムへ飛行機移動
  • 夕方ガムラスタン観光
  • ストックホルム空港そばのホテルに宿泊
レイキャビク市内~ケプラヴィーク空港のバス移動|アイスランド旅行
レイキャビク市内~ケプラヴィーク空港のバス移動|アイスランド旅行
アイスランド旅行最終日、レイキャビク市内~ケプラヴィーク空港の移動方法を紹介します。Gray Line社のAirport Expressをネット予約して利用。空港内の紹介も少しだけ。

この日の出費

  • レイキャビク市内ホテル⇒空港バス:2,700ISK
  • ストックホルム空港⇔市内バス往復:SEK215(約2,600円)
  • 昼食(マックセット):SEK60(約750円)
  • スウェーデン料理の夕食:SEK200(約2,500円)
  • ノーベル博物館入場料:SEK100(約1,200円)
  • ノーベル晩餐会のアイス:SEK100(約1,200円)

9+10日目:ストックホルム⇒ヘルシンキ⇒関空

ヘルシンキ大聖堂

  • 朝ストックホルム⇒ヘルシンキ飛行機移動
  • 日中ヘルシンキ観光
  • 夕方ヘルシンキ発⇒翌朝関空着
フィンエアーのアップグレードで55分だけビジネスクラスに乗れた話
フィンエアーのアップグレードで55分だけビジネスクラスに乗れた話
新婚旅行の帰り道。ストックホルム⇒ヘルシンキの55分だけですがアップグレードでフィンエアーのビジネスクラスに乗れました!その様子や感じたメリットを紹介します。

この日の出費

  • ヘルシンキ空港⇔市内バス往復:€11.5(約1,500円)
  • サーモンクリームスープとコーヒー:€8(約1,100円)

かかった費用総額は?

以上、買い物代をのぞいた旅費合計は約352,000円でした!

アイスランドクローナ

高い…!

けどこれは
乗り換え地ストックホルムとヘルシンキでの
宿泊・市内観光も含めた金額。

アイスランドで使った費用だけを計算してみると…

約326,000円。

わたし

それでもやっぱり高いですね…!

ホテルはレイキャビクの中で1番安いところ探して
アパートタイプだから自炊を基本にしたけど、
とにかく観光代が高額です。

温泉入るにも、氷河湖に行くにも。

たまに食べる外食も
ざっと日本の3倍の印象を受けました。

ハンバーガーセットが2,000円とか

レストランの一品が5,000円とか…

なんだか高すぎて笑えてきますよね ^^;

ただ海外としては珍しく
多くのお店がお水を無料で出してくれたのは助かりました。

アイスランドを訪れた感想

ここまで物価の高さばかり強調してしまったので
引かれてしまいそうですが、

もちろんお金かかっても訪れて良かった!

というのがアイスランドを旅行した素直な感想です。

その1番の理由はやっぱりダイナミックな自然風景。

セルヤランズフォス

地球の割れ目、国内至るところに流れる滝、露天風呂、
地底から吹き上げる天然の大噴水、氷河、見渡す限りの溶岩。

他の国では見られない景色がいっぱい。

首都を少し離れただけで手つかずの自然が広がります。

アイスランド

うまく言えないんですが、
他の国で味わった「異国を旅行した」感覚を超えて
「地球を見た」という感動がありました。

ふとした車窓からの眺めだって、こんなに壮大!!!

もし運転に自信があれば
レンタカーでの観光が1番アイスランドを
満喫できると思います。

夏は明るい時間が長いし、
絶景の中のドライブは最高に気持ち良いはず!

冬は日が短いかわりにオーロラを見れる可能性があります。
レイキャビクの年越し花火も有名です✨

(実は私たち夫婦は冬のアイスランドも見たくなって、2018年冬に再訪しました。)

また、アイスランドは治安の良さも魅力。

世界平和度指数*において
ほぼ毎年一位を獲得しているんです

*イギリスのエコノミスト紙が犯罪件数など23個の指標を元に分析したランキングのこと

現地ガイド
アイスランドでは自然の中で暮らすリスクや厳しさはあっても
人的な危険を感じたことはないわね

と、現地ガイドさんが話してました。

確かに首都レイキャビクの町を歩いていても
時間の流れがゆったりしてて安心感がありました。

観光施設やお店での
Wi-fiやクレジットカードも普及しているし、
お料理は素材をいかしたヘルシーなものが基本なので
日本人の口にも合いやすい。

物価以外はすごく旅行者に優しい国だと思います。

わたし
この辺の魅力は
各スポットの旅行記でお伝えしますね!

宿泊ホテル

最後に今回宿泊したホテルをご紹介して終わります。

inレイキャビク:アトランティック アパートメンツ&ルームズ

  • Atlantic Apartments and Rooms
  • Grensasvegur 14 Reykjavik

レイキャビクで6連泊したホテル。というかアパート。

受け付けのスタッフさんは不在が多く、
チェックイン・チェックアウトはセルフでした。
掃除も毎日ではありません。(電話するとタオル交換などは応じてくれました)

ミニキッチン、レンジ、冷蔵庫、食器が付いているので
自炊するのに助かります!
シャワー付き浴槽なし。無料Wi-Fi利用可能。
テレビなし(←ちょうどリオオリンピックの時期だったのに見れなかったのは残念でした><)

あとエレベーターはないので
スーツケースの場合は結構大変です!

市の中心部から少し離れていてハットルグリムス教会まで約3km。

レイキャビク観光には便利な場所と言えませんが、
ホテル送迎付の現地ツアーで郊外に行くには不自由ありませんでした。

東に5分ほど歩くとHAGKAUPというスーパーがあります。

 エクスペディアで料金チェック

inヘルシンキ:ホリデイ・イン・ ヘルシンキ・ヴァンターエアポート

  • Holiday Inn Helsinki – Vantaa Airport
  • Ralssitie 2 Vantaa

ヘルシンキ・ヴァンター空港近くのホテル。
空港から巡回シャトルバスを無料で利用できます。
ショッピングセンターjumboが徒歩圏内☆

室内はシャワー付き浴槽なし。
無料Wi-Fi利用可能。TVあり、冷蔵庫なし。

さすがはフィンランド、ホテル内には共用サウナもあります。

朝食は朝5時から!
早朝フライトの利用客にも嬉しいです。

エクスペディアで料金チェック

inストックホルム:グッド モーニング アーランダ

  • Good Morning Arlanda
  • Lindskrogsvägen 7Arlanda

北欧らしくシンプルながら温かみある内装のホテルです。

空港からホテルまでは3kmほど。
シャトルバスは電話で呼ばないといけないので、
携帯を海外設定してない場合は空港から電話する必要があります。
ホテル⇒空港は30分置きで予約可能。

室内はシャワー付き浴槽なし。
ドライヤーが設置されてなくてフロントで貸し出してくれます。
無料Wi-Fi利用可能。

朝食はなんと朝4時半から!
ロビーに24時間無料のコーヒーマシーンも設置されてました。

エクスペディアで料金チェック

以上、アイスランド旅行(ヘルシンキ&ストックホルム経由)の
日程、費用、感想、宿泊ホテルでした。

この旅行は個人旅行ですが、
行きたい場所からツアーを探す方法もあります。

複数の旅行会社へ見積り・プランを問い合わせ出来るサイト 

旅行スタイルと日程にあわせて良い方法を検討してみてくださいね。