ベルギー+オランダ旅行の日程・費用まとめ




こんにちは!

2018年夏にベルギー(+日帰りオランダ)を旅行しました。

この記事では、
おおまかな旅程と宿泊したホテルの紹介、
各スポットでの費用をまとめます

スポンサードリンク

旅行概要

以前にもひとりで訪れたぐらい大好きな国、ベルギー。

3泊5日でヨーロッパ旅行は可能?4.5連休でベルギーに訪れた話
3泊5日でヨーロッパ旅行は可能?4.5連休でベルギーに訪れた話
8月の4連休+午前休でベルギーを旅行しました。概要・旅行記・かかった費用をまとめます。弾丸でヨーロッパを訪れてみた感想・反省と、どうやったら短い期間でも楽しめるかを考察。

今回もチョコレートとワッフルとムール貝が食べたくて行きました♡笑

  • 期間:2018年7月24日~7月29日
  • 4泊6日のふたり旅
  • 関空発着フィンエアー利用(ヘルシンキ乗り換え)
  • ブリュッセルに4連泊して日帰りで周辺都市へ

予約時にかかった費用

出発1ヶ月半前に
往復航空券とホテル(4泊分)をまとめてネット予約しました

その金額は¥165,000。

7月というシーズンもあり航空券もホテルも高めでしたが、
航空券とホテルを一緒に予約するなら
エクスペディアが割引になるので少しお得です☆

日程ごとの記事とかかった費用

ブリュッセルに4連泊し、
毎日列車で周辺都市へと日帰りしました。

ベルギー旅行スケジュール・ルートの計画

訪れた場所とかかった費用を日ごとにまとめますね。

  • お土産・買い物代は省いています。
  • ※ひとりあたりの金額を記載しています。

各スポットについて詳細は今後記事を増やしていくので、
その都度こちらの記事にもリンク追加して更新したいと思ってます 

1日目:関空⇒ブリュッセル

夜のグランプラスライトアップ

関空⇒ヘルシンキ乗り換え⇒ブリュッセルへ。

フィンエアーでベルギーへ☆関空⇒ヘルシンキ⇒ブリュッセル移動記録
フィンエアーでベルギーへ☆関空⇒ヘルシンキ⇒ブリュッセル移動記録
フィンエアーでベルギーに訪れた旅行記。関空発⇒ヘルシンキ乗換⇒ブリュッセル空港の移動を記録します。
ブリュッセル空港から市内中央駅への行き方。電車での移動が便利♪
ブリュッセル空港から市内中央駅への行き方。電車での移動が便利♪
ベルギー旅行記、空港からブリュッセル中央駅への移動記録。列車利用での移動方法と券売機の操作手順を記載します。

20時頃市内のホテル到着。
夕食にムール貝を食べに行きました。

2015年にも訪れたシェ・レオン

ブリュッセルのレストラン☆シェ・レオンのムール貝が美味しくて感動
ブリュッセルのレストラン☆シェ・レオンのムール貝が美味しくて感動
ベルギー・ブリュッセルで人気の老舗レストラン、シェ・レオンchezLEON。定番のムール貝の白ワイン蒸しを食べに行きました。

この日の支出

  • 空港⇒市内 列車代 €9(約1200円)
  • ムール貝、フライ、ビールをシェア:ひとり€24.00(約3200円)

2日目:蚤の市&ブルージュ観光

ブルージュの運河クルーズ

2日目は前回の旅行で周った思い出の地をめぐりました☆
内容が重複するためリンクは前回旅行時の記事を貼りますね。

まずは早朝から散歩を兼ねてジュ・ド・バル広場の蚤の市へ。

ブリュッセルのジュ-ド-バル広場&ブルージュの運河岸で蚤の市訪問
ブリュッセルのジュ-ド-バル広場&ブルージュの運河岸で蚤の市訪問
ブリュッセル市内にあるジュ・ド・バル広場とブルージュの運河沿いにある蚤の市を訪問。ベルギーのアンティークマーケットの感想と買ったものを紹介します。

そのあと朝からOPENのワッフル店Aux Gaufres De Bruxellesで
ブリュッセルワッフルの朝食。

ブリュッセルワッフル大好き!ブルージュやアントワープのお店情報も
ブリュッセルワッフル大好き!ブルージュやアントワープのお店情報も
ベルギーといえばワッフル☆ブリュッセル、アントワープ、ブルージュで訪れたお店を紹介します。リエージュ風よりもブリュッセル風の情報に偏ってます。

中央駅を出発して電車で北部の町ブルージュへ!

ベルギー旅行ならブルージュがおすすめ!日帰りした感想と町の見所
ベルギー旅行ならブルージュがおすすめ!日帰りした感想と町の見所
ブリュッセルから電車で1時間ほどの町ブルージュを旅行しました。運河沿いにレンガの並ぶ絵本のような街並み。ベルギーに行くなら是非訪れてほしいスポットです。

町歩きを楽しんだり、
前回旅行時に訪れたチョコレート店を再訪したりしました。

ベルギーでお気に入りのチョコレート屋さん3店を紹介します♪
ベルギーでお気に入りのチョコレート屋さん3店を紹介します♪
ベルギーと言えばチョコレート☆私がブリュッセル、アントワープ、ブルージュで訪れた中でおすすめのチョコ―レートショップをまとめました。

この日の支出

  • ブリュッセルワッフルとドリンク:€13(約1700円)
  • 回数券Rail pass(€77)購入:ひとりあたり€38.5(約5100円)
  • 夕食(ワーテルゾーイと海老クロケットをシェア):ひとり€25.00(約3300円)

3日目:オランダ日帰り

オランダの世界遺産キンデルダイク風車群

オランダへ日帰り旅行。ゴーダ市で開かれるチーズマーケットへ。

そのあとロッテルダムから水上バスに乗って、
風車で有名なキンデルダイクを散策。

この日の支出

  • ブリュッセル⇒ゴーダ列車代:€22(約2900円)
  • 朝食はスーパーで:€3(約400円)
  • ゴーダ⇒ロッテルダム列車代:€5.1(約650円)
  • ロッテルダム市内地下鉄代:€1.75(約250円)
  • 水上バス代:往復€8(約1100円)
  • ロッテルダム⇒ブリュッセル列車代:€19(約2500円)
  • 夜食ブリュッセルワッフル:€6(約800円)

4日目:ワロン地方へ日帰り

ワロン地方の町デュルビュイ

ベルギー南部のワロン地方へ日帰り。

午前はリエージュの蚤の市へ。
午後は山あいの小さな町デュルビュイを観光。

この日の支出

  • 列車は初日に購入した回数券を利用
  • バルヴォー駅⇒デュルビュイへのバス代:往復€5(約600円)
  • 昼食代(美食の街なので奮発してコース料理):€44(約5900円)
  • 展望台へのプチトラム:€6(約800円)
  • 夜食GODIVAの苺チョコレート:€9(約1200円)

5+6日目:ブリュッセル⇒関空

早朝は蚤の市をうろうろ。

ブリュッセル中央駅

9:00市内⇒空港へ。
ブリュッセルを出発してヘルシンキで乗り換え。6日目の朝に関空着。

この日の支出

  • 市内⇒空港 列車代 €9(約1200円)

かかった旅行費用総額

…ということで、
現地での食費と交通費、観光費は33,400円でした!
航空券+ホテルの165,000円も合計した旅費は約20万円

お料理にビールにスイーツなど、食に関する誘惑が多いベルギー。

しかも物価・外食代は日本より高め。

なので外食代にお金がかかってしまいました。

列車代も基本的には安くないのですが、
ベルギーにはレイル・パス回数券Railpass週末往復割引Weekend Ticketというお得なチケットがあるので、うまく利用すれば運賃抑えることができます☆
詳しくはまた近々記事にしますね。

宿泊ホテル

ブリュッセルで4連泊したホテルはこちら。

ウォーウィック ブリュッセル Warwick Brussels
Rue Duquesnoy 5, 1000 Bruxelles

ウォーウィック ブリュッセル Warwick Brusselsホテル客室

館内はエレベーターあり。
客室もキレイで快適でした。

  • Wi-Fi
  • 湯沸かしケトル
  • 冷蔵庫
  • テレビ
  • バスタブ
  • ドライヤー
  • バスアメニティ

これら全て備わってました!設備も文句なし☆

ウォーウィック ブリュッセル Warwick Brusselsホテル客室

チェックイン時に1泊€50(4泊€200)のデポジットを求められるので
一瞬ビックリしますが…
特に支払いなければ、請求くる事はありません

ホテルの場所はここ♪

ウォーウィック ブリュッセル Warwick Brusselsホテル外観

駅から徒歩2分という最高のロケーション。
(写真手前がホテルで、正面に見えてるのが駅です!)

観光の中心部グラン・プラスにも歩いて5分ほどで行けます。

ブリュッセルはエリアや道によって
治安の良し悪しが大きく変わる町だと言われています。

前回旅行時に宿泊したホテルが北駅の裏通りだったのですが…

何度か変な人に話かけられたりして怖い思いをしたので、
早朝や夜は出歩く気になれませんでした。

その反省もあり、今回は中央駅のすぐそばのホテルを選びました。

その結果、大正解!!

早朝は散歩がてら小便小僧を見に行ったり蚤の市を覗いたり。

ホテルの朝食を付けなかった代わりに近所のワッフル屋さんでお茶したり。

日中は中央駅から電車でブルージュなどを訪れて、
夜ブリュッセルに戻ったら一旦荷物をホテルに置いて、
グランプラスのライトアップを見に出かける。

そんな楽しみ方を出来たのは、
ホテルが中心部にも駅にも近かったおかげだと思ってます ✨

わたし
多少金額が高くなっても立地って大事ですね。

中央駅~グランプラス周辺は人通り多く、
遅くまで観光客で賑わっている点でも安心感がありました。
(もちろんスリやひったくりには注意が必要ですが)

また中心部のチョコレート屋さんやお土産店は
22時とか23時まで開いているため、お土産調達にも困りませんでした

持参したガイドブック

今回はベルギーやオランダを電車で周るため、
両方が詳しく記載されてる『地球の歩き方』をメインに持参。

また、ブルージュやデュルビュイでの町歩きや、
チョコレートなどのお土産探しには
コチラのガイドブックも重宝しました⇩

arucoは食と買い物に関する情報が豊富で、お気に入りのガイドブック。
持ち歩きしやすいコンパクトなサイズも魅力です ✨

ベルギーを訪れた感想

以上、
私の4泊6日ベルギー旅行について
まとめさせて頂きました。

ベルギー旅行計画

ベルギーの国土は九州ぐらいで、あまり大きくありません。

しかも首都が国のほぼ中央に位置するため、
ブリュッセルに滞在すれば
国内ほとんどの街に日帰りで訪れることが可能 ✨

オランダやドイツ、フランスといった近隣国にも
高速列車で気軽に行けちゃいます!

地理的に便利だし、食べ物美味しいし、英語通じやすいし、
カードも殆どの場所で問題なく使えたし、成田から直行便もあるし、

ヨーロッパの中でも旅行しやすい国のひとつだと思います。

わたし
マイナス点といえば、物価が高めなのと
電車がよく遅れたり運休になることかな…

↑わりと毎日振り回されましたw

次回からは各日程で訪れた場所や利用した交通機関などについて
詳細を綴っていこうと思います。

この旅行は個人旅行ですが、
行きたい場所からツアーを探す方法もあります。

複数の旅行会社へ見積り・プランを問い合わせ出来るサイト 

旅行スタイルと日程にあわせて良い方法を検討してみてくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

 


スポンサードリンク

Recommend こちらの記事も人気です